今夜も本をまくらに。

山歩きが好き、落語が好き、おいしい物が好き、中島みゆきが好き、
でもやっぱり活字がなければ生きていけない私。

中島みゆき 夜会工場VOL2

2018年01月30日 | 「暮らし」のひきだし
みゆきさんの公演に行ってきました。
今回のはコンサートでもなく夜会でもなく「夜会工場」2回目です。

前回は4年前、愛知の日本特殊陶業市民会館というややこしい会館でした。12月でクリスマスに彩られた金山の街をうろうろした記憶があります。
今回は渋谷のオーチャードホール、文化村の中にあります。

そもそも夜会工場とはなんぞや?  一言でいうと夜会のダイジェスト版。
欠かさず夜会を見ている人なら、あ~あのシーン・・・憶えてる、などと思い出して楽しめますでしょうし、
あんまり見ていない人は、ふ~ん夜会ってこういうものかと雰囲気が味わえるかと思います。

私は夜会はあまり見ていない方なので、一回目はめまぐるしさだけの記憶しかありませんでした。

《ここから少々ネタバレします。これから見に行かれる方、予備知識いらんわ、という方読まないでくださいませ》

さて今回は、1回目の反省などを踏まえて(みゆきさんの弁)より分かり易く工夫を凝らしたということでした。
まず、ステージの上の電光掲示板に、何回目、テーマ(演目)のテロップがが流れます。みゆきさんいわく「今回いちばん金がかかった」らしいです。

そして、合間にみゆきさんによる各場面の解説、その折のエピソードなどが入ります。これはうれしかったです。

第1回目から19回まで次々と変わっていく舞台、シーンに合わせてその折々の衣装、小道具。
そして工場らしく、舞台の大道具を設定するつなぎの作業服を着た人たち、
みゆきさんを支える、圧倒的な歌唱力のボーカル陣、みゆきさんの楽曲のすべてのアレンジを手掛ける瀬尾一三さん率いるバンドの面々、

そして最後にちょっことサプライズのサービス・・・
夢のような、お得感満載の2時間30分でした。

東京は月曜日に降った雪がまだ結構道端に残っています。
帰りの頃はカチカチ、ツルツル。
こんな寒い東京初めてかも。



今回も山の上ホテル、この界隈は静かで人もまばら、渋谷の雑踏は私には耐えられません。




来る途中に新幹線から。


平成30年1月26日(金)

ブルーインパルス、彦根城上空を飛ぶ

2017年06月05日 | 「暮らし」のひきだし
彦根城の築城410年を記念して、3月18日~12月10日までいろいろなイベントや企画展が開催されます。
そのうちのイベントの一つとして、ブルーインパルスがやってくるというので見に出かけてきました。
滋賀にやってくるのは初めてだそうです。


看板の前で、赤備えの車夫のお兄さんがポーズをとってくれました。


1000円の入場券を買って城内に入ります。


天守閣の前、すごい人です! 今日は予行で本番は明日ですよ・・・

今回は岐阜の各務原から飛んでくるそうです。
予定の1時ちょっと過ぎにやってきました。各務原から彦根までわずか15分足らずでやってくるそうです(@_@。

まず一機が先導するようにやってくると会場は大きなどよめきに包まれ、連帯飛行、五輪やハートを鮮やかに描き、
飛び去って行きました。時間にして20分くらいかな、あっという間でした。



私スマホで動画を撮っていたので、ここにうまくアップできません。
また機会があればseikitiさんの写真を披露したいと思います。

帰り際、休憩中だというひこにゃんをちょっと待って見てきました。

ブルーインパルスをもって飛ぶまねをするひこにゃん。


エビフライを持っているひこにゃん。
初めて見ましたが想像以上にゆるくてかわいかったです。
タンバリンを鳴らしたり、これも動画をお見せできないのが残念です。


折しも大河ドラマ「井伊直虎」が放映中ということもあり彦根城は大変な盛り上がりとなっておりました。
以前はいつ来たやろ? と思い出せないぐらいですが、今度は天守閣にも登り、ゆっくり見学したいです。


本番は予行以上の混雑が予想されますので、seikitiさんが前もって調べておいたとっておきの場所でゆっくり見ることができました。

ちょっと望遠で彦根城。


こういう場所。


ついでに遊んで帰りました。




平成29年6月3日・4日

どくだみの花で虫刺されの薬

2017年06月02日 | 「暮らし」のひきだし
先日ラジオを聴いていたら、「どくだみの花を摘んで虫刺されの薬を作ります」という投稿が紹介されていました。
ふ~ん、どくだみなら植えたわけでもないのにどんどん繁殖しているぞ、という訳で
ネットで詳しい作り方を調べてみました。

あまり情報は無かったのですが、ようは花を摘んでホワイトリカーに漬け込むというだけ らしいです。
摘んだ花は洗う、とか花粉に効果な成分が含まれているので洗わない、とかまちまちでしたが、
私は断然洗わない、を採用しました。
口に入れるものではないし、ホワイトリカーである程度殺菌できますでしょう。ずぼらな私にぴったり・・・



こんなもんでどうでしょう。花はほのかに甘い香りがします、気が付きませんでした。



花を入れて、ホワイトリカーをドボドボと注ぎます。
さて分量なのですが、花の量もホワイトカラーの分量もどこにも載っていませんでした。
ですから適当です。濃いほうが効き目があるかなと、若干ホワイトカラー少なめにしました。


あたりかまわずはびこるどくだみですが、私は今回のことを知る以前からもそんなに邪険にはしていないのです。
お茶を作ったり(手間の割に効果を実感できずやめましたが・・・)



ちょんちょんと切って、花瓶に飾ったりしています。
白い花はよく見るととてもかわいいですよ。

十薬というくらいですから、この薬もきっと効果が期待できるのではないでしょうか。
色が茶色く変わってきたら出来上がりらしいです。

使ってみて効果のほどお知らせします。







幼稚園で使う絵本袋。
お兄ちゃん二人に引き続き、末っ子も使用してくれています。
絵本の中の1場面、ぐりとぐら大好き。



お花見

2017年04月19日 | 「暮らし」のひきだし
お天気の良い日を見計らい
喪失感から抜け出せないで元気のない友達を誘ってお花見に出かけてきました。

私はというとまだ体調がいまいちなのですが、そんなことを言っているとお花は待ってくれません。


ほんとに近くの公園、スーパーでそれぞれ食べたいものを見繕い、自転車で行きました。



ちょうど近江鉄道の駅が見下ろせて、電車が止まっています。

石段をふ~ふ~言いながら上り、暑いので日陰を探してまずは花より団子。
食べながらいろんな話をして、私は聞いて相づちを打つくらいしかできません。
元気のない人に、元気を出して! なんて口先だけで無責任なことは言えません。

花が咲いて花が散って、葉っぱが繁り葉っぱが色付き、そんな風に季節とともにゆっくり日々の移ろいに任せるしかないのかな、と思いながら
今年初めてで最後のお花見をしたのでした。



家の春蘭も満開です。ジジババとも言いますよね?へんなの・・・



平成29年4月14日(金)晴れ

復興支援? 九州に行ってきました。

2016年09月29日 | 「暮らし」のひきだし
復興支援というわけでもないのですが、2泊3日で九州に出かけてきました。
思えば高校の修学旅行で行ったきり、今回2回目です。
遠いイメージでしたが、京都から博多まで新幹線で3時間弱で行けてしまう、東京へ行くのと変わりがありません。
おまけに西方面へいく新幹線は運賃が安い、どういう訳でしょうか・・・


わいわいがやがや言っているうちに博多です、博多駅前。


まず訪れたのは、太宰府天満宮。(ここで雨に降られる)

「東風(こち)吹かば匂いをこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな」
折しも今日は25日、天神さんの日です。京都の北野天満宮なら賑やかに市がたちますが、こちらではそういうことはないようです。
25日限定という、よもぎの梅が枝餅をいただきました。

次は私のリクエストで

福岡城跡。
ついこの前、NHKの大河ドラマ「軍師 官兵衛」が放映されたばかりなのに、う~~ん?という感じ。
雑草の手入れ、施設の整備、ちょっと残念でした。


天守台から福岡ドームが見えています。

この日は福岡に宿泊。
夜はタクシーの運転手さんに教えてもらったお店にとり鍋を食べに行きました。鶏尽くしでした。
日曜日は、中州の屋台の数が少ないそうで確実なお店にしたのですが、あきらめきれない人たちは散策の帰りに屋台でラーメンを食べたりしました。

福岡というと私が思い浮かべるのは数々のミュージシャンです。
甲斐バンド、海援隊、チューリップ、スピッツ、井上陽水・・・・私の関心のあるミュージシャンばかりをあげましたが、その他にもたくさん、数えきれないぐらい福岡からでています。
それぞれ、希望や夢を抱いてこの地から東京を目指したんだなぁと感慨深いものがあります。

中州をタクシーで走っていて、「春吉橋」なんて標識を見つけて、わっ!チューリップの歌に出てくる・・・とか電車で「天神駅」を見つけてスピッツの歌にある・・・とひとり心の中で静かに感動しているうちに福岡の夜は更けていくのでした。


翌日は湯布院に行きます。

今回の旅の楽しみ。「ゆふいんの森号」乗車です。
床や腰板など木材を基調にした落ち着ける内装でした。


エンブレム。



博多から湯布院まで2時間強の旅。

湯布院は・・・想像していた以上に観光地化しておりました。勝手に鄙びた温泉地というイメージを抱いていましたが。
ここは地震の影響はなかったそうですが、それでも一時は客足が途絶えて最近やっと戻ってきたと、喫茶店のマスターはおっしゃってました。

ここに来たら温泉だけが楽しみです。部屋付きの温泉に入ったり、大浴場に行ったり、温泉三昧です。
源泉かけ流し、とろりとしたいいお湯でした。


宿の夕食。

最終日はまた博多駅に戻り、お土産を買ったり、ぶらぶらしたり・・・
あっという間の3日間でした。少しは復興の支援になったでしょうか。


天気予報は晴れマークも出てまずまずの予定だったのに、雨男女を自認する惣兵衛さん、「もう幹事やめさせてもらうわ」というぐらい3日間どこかで雨に降られました。まあまあそれぐらいで大したアクシデントもなく、無事帰って来られてよかったよ。と慰めたのでした。