私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

かんむりに思うこと

2018-01-18 07:25:21 | 日常
2018年1月18日(木)

さかなへんをかんむりの位置につける漢字を探してみた。
ヒマだねえ。
なんと「魯」しか見つからず、
固有名詞としての意味を除くと「おろかな」ということらしい。
こういう時間の使い方自体、確かに愚か者じゃね。

ついでに「かんむり」の部首をいろいろ見てたら
家・・・ウかんむり・・・・なるほど
冠・・・ワかんむり・・・・ふむふむ

だとすれば、
草・・・クサかんむり・・・法則的にサかんむりじゃの?
算・・・タケかんむり・・・ケケかんむりと呼ぶのは無理があるかなあ?

と、
雪・・・アメかんむり・・・このあたりで私の法則はもろくも崩れてしまうのである。

腹ただしくて、すっかりオカンムリ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加