野の花ガーデンblog

野バラが大好きのんのんです。江戸時代に咲いていたような古いバラに興味を持っています。

バラのアクリルたわし

2010-04-16 19:44:35 | 編み花
今日も寒かったですね。
雨も降っているし、こんなに寒くては仕方がないので、
こたつに入ってアクリルたわしを編みました。


定番のバラのアクリルたわしです。
こうして写真に写すと一緒に見えるかもしれませんが、今日は花びらの形を少しずつ変えてみました。
これはダマスクローズに見えるかな、お、マイカイかも、ん?これはイングリッシュローズ?、、
なんて思い描きながら次々編むので、あっというまに楽しく時間が過ぎていきます。

このバラの編み方は、以前教えてもらったエコたわしのバラの編み方をちょっとアレンジしたものです。
きちんとした編み図はきっと、エコたわしの本や手芸店店頭などで見られると思いますし、ご存知の方も多いと思いますが、今日はその手順を簡単に紹介しますね。



ラディッシュのたわし・・・ではなくて、これがバラ土台になります。
作り目は輪にして、細編みを6目、それから2目ずつ細編みの筋編みを入れながらぐるぐると渦巻きに編んで、最後に葉を編みつけます。
この葉はフックに掛ける部分をかねています。


次に花びらを編みます。
どこを拾うのかわからなくなるので、青いペンでしるしをつけてみました。
渦巻きになっているのがわかるでしょうか。
この筋に1目に2目ずつ長編みを編んでいけばできあがりです。

なんにも考えずにどんどん編めるし、それはそれでかわいいのですが、
今日はもうちょっと花びららしく編んでみたかったので工夫してみました。
カーブのつけ方は、鎖3目で立ち上がり長編みを何目か編み、中長編み、細編み、引き抜き編み、というように低くしていきます。



中心からぐるぐると、筋編みの鎖半目ずつに針を入れて拾ってきたのですが、
最後の周は1目をまとめて編みます。
そうすると花びらがベースと一体化しますね。


はい、できあがり、
の裏側です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 桃花のイチゴ | トップ | ロサ・プリムラ開花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

編み花」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事