銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

サブウェイ123 激突!!

2009-09-11 | 映画:シネコン

 原題:THE TAKING OF PELHAM 123


123号車、応答せよ──
要求は何だ?

この車両ひとつで、
NYはハイジャックできる。

もたもやリメイクか~~!と呟いてしまった。何と35年前の作品「サブウェイ・パニック」をリドリー・スコットの実弟であるトニー・スコット監督が監督と製作を手がけたリメイク作品である。リメイクですが、調べると今回で3度目となるそうです。1974年版、1988年版、そして2009年の本作。
主演はあのデンゼル・ワシントン 。トニー・スコット監督と3度目のタッグを組んでいる。この後も2011年公開予定の作品でまたタッグを組むという事らしい。デンゼルさんを監督はかなり気にいっておられるような・・・・。う~んそうに違いない。

そしてもう一人の主演はあのジョン・トラボルタ。まさに悪役がぴたりとハマっている。本当に強面って感じだ。こんな奴に狙われたら、やっぱりビビるかもしれないよね。

さてサブウェイというから地下鉄。ぺラム123号が、1時23分発にぺラム駅を出発。何か123が上手くゴロ良く使われているのところがどうもね・・・・。

その123号が緊急停止したのだ。運行指令室で指示を送っていた地下鉄職員ウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシントン)は無線で運転士に呼び掛けるが、なぜか返答がない。実はこの時、123号は4人の男にジャックされていた。一味は先頭の一両を切り離し、そこにいた乗客と運転士計19人を人質にとる。運行指令室で犯人からの無線連絡を受けるガ―バ―。無線の男はライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る。ガ―バ―を交渉人に指名する。




トラボルタ、血の気が多そう・・・・。いかにも悪い奴って感じですかね。

目的はもちろんお金。市長に電話にして、1時間以内に1000万ドル、用意させろ!遅れたら1分後に1人ずつ殺す。という凄い要求。

残り時間48分。警察から人質救出班のカモネッティ警部補(ジョン・タートゥーロ )が到着。ガーバーは協力しょうとするも、上司ジョンソンが無理やり帰宅命令。
ガーバー、実は車両調達に絡む収賄容疑のために左遷され、停職寸前の身だった。ところがガーバーが交渉人から外れたことを知ったライダーは激怒!その報復として運転士を射殺する。

ということで、ガーバーは再び交渉役として運行指令室に呼び戻される。


カモネッティの指示の元、ガーバーは粘り強い交渉を続け、人質解放と事件解決に向けての糸口を探る。

地下鉄の事を熟知しているガーバー、ライダーたちは逃げ切れないと確信していたが・・・・。ライダーの自信は揺るぎないものがあるようだ。
何とガーバーの汚職事件まで調べていた!そのことをネタに揺さぶりをかけてくるのだ。

残り37分。

市長は人質となった18人の命を救うため、身代金を払うことを決断。連邦準備銀行から市長命令で調達できる限度額らしい。

残り21分。

連邦準備銀行から、乗っ取られた車両が停車してる42丁目に向かって現金輸送車が出発。乗客たちの焦りの色が濃くなる中、人質の少年のノートパソコンのビデオチャットがガールフレンドに繋がり、車内の映像がネット配信された。そのおかげで、犯人の1人が元地下鉄運転士レイモスであることが判明。

残り8分。

追突事故を起こしながら猛スピードで走る輸送車。もし間に合わなかったら、ライダーは容赦なく殺すだろう。時間を延ばす唯一の方法は会話でライダーを追い詰めることだ。だがライダーは余裕で、株で大儲けした時のことを話し始める。
実はライダー、市長とNYに恨みがあり、そのことで狙いは別にあったようだ。

制限時間切れ。予告通り、ライダーは乗客を一人射殺。直後、構内に待機していた機動隊誤射によってレイモスが射殺される。車内と外の銃撃戦に!!収まるとライダーは計画を変更し、ガーバーを身代金運搬係りに指名。

制限時間は7分。

株価が暴落したのをネットで見届けたライダーは計画の最終段階に入ろうとしていた。指令室に連絡をして、進行方向のすべての信号をすべて青にすることを命じる。

一方ガーバーは危険な運搬を控え、妻に最後となるかもしれないと電話する。事件のニュースを見守っていた妻は、夫が死を覚悟していることに動揺を隠せない。ガーバーが頼れる武器は警察に渡された拳銃だけ・・・・。大金を台車に積み、構内へと進むガーバー。

ライダーの身元が判明!レイモスの服役歴から分かる。本名デニス・フォード。ウォール街の元証券マン。市長に不正を告発されて9年間服役し、2週間前に出所。

ついにガーバーとライダーは対面。
ライダーに命じられ、電車を発信させるガーバー。その後ライダーたちは途中で電車停止させて電車を降りる。そして無人運転の仕掛けを施す。隙をみてガーバーも脱出、ライダーたちが廃駅から脱走しようとするのを知る。そしてガーバーのライダーたちへの追跡が始まる・・・・。

無人運転の仕掛けをされた電車は猛スピードで走りだす!


ガーバーの追跡が始まる!ライダーたちは逃げ切れるのか??



ただの地下鉄職員という設定なので、ちょっとおさえ気味のアクションのデンゼルさんですが・・・・。


さて良かったという人、ありきたりで面白くないという人、さまざまなようです。確かに上手くまとめられていて、ありがちな感じかもしれません。どうかな?まあそれなりに楽しめたらそれはそれでいいのかも・・・・。集客するにはメインの俳優さんの顔ぶれが必要だし。なんて言いながら、私も飽きることなく鑑賞できました。

 

 デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの豪華2大スターを主演に迎えたクライム・サスペンス。ジョン・ゴーディのベストセラー小説を原作に、1974年の「サブウェイ・パニック」に続いて再映画化。ニューヨークの地下鉄を白昼堂々ハイジャックした凶悪犯と、その交渉相手に指名された地下鉄職員との息詰まる駆け引きの行方を緊迫感溢れるタッチで描く。監督は「トップガン」「スパイ・ゲーム」のトニー・スコット


右がトニー・スコット監督。

メディア 映画
上映時間 105分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2009/09/04
ジャンル サスペンス
映倫 G
オフィシャル・サイト
http://www.catchthetrain.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/thetakingofpelham123/


 

Comments (3)   Trackbacks (54)   この記事についてブログを書く
« リリィ、はちみつ色の秘密 | TOP | ウルヴァリン:X-MEN ZERO »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2009-09-12 01:56:01
私も飽きることなく楽しめました。時間制限が
あるのと、ライダーが切れるとすぐカウントダ
ウンするので。(笑)
ストーリーそのものはさすがに古い感じは否め
なかったですが、その分2大スターのやり取り
に熱中でした♪
オリジナル (にゃむばなな)
2009-09-12 19:58:51
オリジナルのロバート・ショーが演じたライダーは一発の銃弾を使うことなく地下鉄をジャックするのですが、それと比べるとジョン・トラボルタ版ライダーはちょっと物足りなさが残りましたね。

やっぱりこの手の話の犯人は最後まで知的でないと。
そうなんす (sakurai)
2009-09-12 22:42:29
そこそこおもしろいし、俳優さんは言うまでもなくうまいし、それなりに楽しめたんですが、それ以上でも、それ以下でもない・・。
可もなく不可もなく・・・・っていう感じでしょうかね。
トラちゃんは、似合いすぎました。

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

54 Trackbacks

サブウェイ123 激突 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『123号車、応答せよ─ 要求は何だ? この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。』  コチラの「サブウェイ123 激突」は、1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されているジョン・ゴーディのベストセラー小説「サブウェイ123」を再映画化した9/4公...
サブウェイ123 激突 (LOVE Cinemas 調布)
『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントンと『ヘアスプレー』のジョン・トラボルタという豪華2大スターが共演!1974年の『サブウェイ・パニック』を監督は『トップ・ガン』のトニー・スコット、脚本を『ボーン・スプレマシー』、『ミスティック・リバ...
サブウェイ123 激突 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE TAKING OF PELHAM 123。トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ。1974年公開の「サブウェイ・パニック」のリメイク。
サブウェイ123 激突 (だらだら無気力ブログ)
1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 ニューヨークの地下鉄をハイジャックした犯人と身代金の交渉役を務める ことになった地下鉄職員との緊迫感溢れるやりとりを描く。 ハイジャック犯をジョン・トラヴォルタが、犯人と交渉することに...
サブウェイ123 激突 (Akira's VOICE)
安全管理は万全に。  
サブウェイ123 激突 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル・ワシントンもジョン・トラヴォルタも好きなので観に行きました~【story】午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切...
サブウェイ123 激突/The Taking of Pelham 123 (いい加減社長の映画日記)
平日、特に週末金曜日のレイトショーは、仕事の疲れもあって、よく記憶がなくなるんだけれど^^;眠気を誘わずに見せてくれるかどうか期待しながら、「サブウェイ123 激突」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかな(平日のレイトショーなら、こんなもんか?)。「サブウェ...
サブウェイ123 激突 ヤクルトホール 2009.8.25 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
試写で観てきました ジョン・トラボルタ×デンゼル・ワシントン競演のクライム・サスペンス、観ずにはいられない~ しかも『サブウェイ・パニック』のリメイク作品。 ・・・と言っても観てないんですがね
『サブウェイ123 激突』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日の映画はね、 読み方がちょっと変わっているんだ。 「サブウェイ」のあとの「123」、 これは「ひゃくにじゅうさん」って読むんだって。 「いちにさん」じゃないんだよ。 これ、配給会社からの指定。 どういう意味かって? 「サブウェイ」だから、その車両の番号に...
■『サブウェイ123 激突』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ主演。
劇場鑑賞「サブウェイ123 激突」 (日々“是”精進! ver.livedoor)
ここは「サブウェイ123 激突」レビューのミラーです。TB&コメントは、http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200909040006/にお願いします。出来ない場合はミラーの方へ。ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは、緊急停車したペラム...
「サブウェイ123 激突 」  THE TAKING OF PELHAM 1 2 3 (俺の明日はどっちだ)
・ 公開前から随分と繰り返し予告編を見せられた1974年に公開された「The Taking of Pelham One Two Three(邦題:サブウェイ・パニック)」のリメイク版。 デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタといった顔合わせ、そして監督がトニー・スコットということに加え...
サブウェイ123 激突 / THE TAKING OF PELHAM 123 (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 1974年の『サブウェイ・パニック』を 『トップガン』他数々の名作&大作を送り出してきた名匠、 トニー・スコット監督(65)がリメイク! (兄はリドリー・スコ...
サブウェイ123 激突 (そーれりぽーと)
公開スケジュールを見てると、この秋以降は超話題作じゃなくてもフライングで金曜に公開されるパターンが増える。 そんな無意味にフライングする最初の映画『サブウェイ123 激突』を観てきました。 ★★★ オリジナルは観てません。 トニー・スコット節炸裂なカッコ...
サブウェイ123 激突 (勝手に映画評)
1974年の映画『サブウェイ・パニック』のリメイク。ただし、設定は異なっており、ガーバーが、鉄道警察官からMTAの輸送司令になっている。 ガーバーを演じるのは、アカデミー俳優のデンゼル・ワシントン。彼は、わざわざ太って役作りに励んだという。その役作りの成果は...
サブウェイ123 激突 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡する...
「サブウェイ123 激突」みた。 (たいむのひとりごと)
これはスゴイ!・・なんて月並みな言葉になってしまうけれど、ホント緊迫感に満ちた約2時間を堪能。≪地下鉄職員VSハイジャック犯、二人の頭脳が激突するサスペンス・アクション≫の宣伝どおり、リアルタイムに進
サブウェイ123 激突 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
本日は「サブウェイ123 激突」を観てきました。あの名作「サブウェイ・パニック」のリメイクでございます。監督はトニー・スコット、犯人役...
サブウェイ123 激突 (めでぃあみっくす)
原作の『サブウェイ・パニック』は知的で洒落っ気のある名作だったのに対し、リメイク作はまさにトニー・スコット印の「ザ・ハリウッド」なドンパチ映画でした。知的な面白さが全くないうえに、ラストではテーマが「対決」から「NYに潜む孤独」にすり替えられていたことに...
『サブウェイ123 激突』 ('09初鑑賞117・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 9月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:25の回を鑑賞。
サブウェイ123 激突/デンゼル・ワシントン (カノンな日々)
劇場予告編を何度観ても主人公らしき人物がデンゼル・ワシントンだというのが信じられなくて思わず公式サイトに行って確認しちゃいましたけど、ちゃんとデンゼル・ワシントンでした。今までとは髪型がガラリと変わっちゃっってビックリです。この映画は1974年の『サブウェ...
映画 【サブウェイ123 激突】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「サブウェイ123 激突」 1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 おはなし:NY地下鉄、1時23分ぺラム発の列車の一両目がハイジャックされた。ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分...
サブウェイ123 (迷宮映画館)
トニーさんにしちゃあ、痛さが少なかったような。
『サブウェイ123 激突』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日の夜は、新橋・ヤクルトホールでの『サブウェイ123 激突』の試写会に行ってきました。 開場して10分くらいで会場に到着したら、結構席がもう埋まっていて、後ろの方の空き席を探すのが大変でした。 これだけお客さんが入るってことは期待値のあらわれかもしれな...
サブウェイ123 激突 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
名作サスペンス「サブウェイ・パニック」を、トニー・スコット監督がリメイク。デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタという2大スターの競演が魅力的だ。ガーバーはNY地下鉄運行司令部で働いている平凡な地下鉄職員。1台の電車が緊急停車し、1両だけ切り離され...
サブウェイ123 激突 (心のままに映画の風景)
午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。 1...
サブウェイ123 激突 (映画の話でコーヒーブレイク)
公開後初の週末はやっぱり混みますねぇ。久々に満席の映画館で鑑賞。 でもエンドロールが始まると、直ぐに席を立って退場する方が多かったのでちょっと驚きました。 暗い中、階段を下りるのは危ないよ。 あと5分くらい余韻を楽しんで、明るくなるまで待ちましょうよ~。 ...
サブウェイ123 激突 (Movies 1-800)
The Taking of Pelham 1 2 3 (2009年) 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ、ジェームズ・ガンドルフィーニ 1974年作「サブウェイ・パニック」のリメイクで、ニューヨークの地下鉄をジャックした犯人と交渉役と...
サブウェイ123 激突 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
主導権を握るのはどっちだ!?・・・緊迫の交渉劇、ある言葉が闘いの流れを変える。 物語:大都会ニューヨークのある日の午後2時、地下鉄ハイジャック事件が発生した。 ペラム駅1時23分発の列車“地下鉄(サブウェイ)ペラム123号”の運転室が占拠されたのだ。犯人は...
[映画『サブウェイ123/激突』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆母親が、<MOVIX昭島>で、アンケートに答えたら郵送されてきたフリーチケットをくれたので、私が行ってきた^^    ◇  物語は、NY地下鉄の管制官ガーバー(デンゼル・ワシントン)が、地下鉄を乗っ取った犯罪者集団と、心ならずも交渉しなくてはならない...
『サブウェイ123 激突』・・・情けないぞNYPD (SOARのパストラーレ♪)
ジョン・トラボルタ演じる地下鉄ジャック犯ライダーと、デンゼル・ワシントン演じる地下鉄職員ガーバーの心理戦。二人の名優のぶつかり合いはそりゃあもう見応えがあった。しかしながら、う~ん、逆に言えば主演がこの二人じゃなかったらあまり記憶に残らない作品のような...
『サブウェイ123 激突』:オリジナルは緩急、リメイクは急急(汲々) (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
デンゼル・ワシントンvs.ジョン・トラヴォルタ、監督が細切れカットが得意のトニー・スコットと来れば、オリジナルとは全く別の代物と想像がつく。 で、結果は、期待どおりというか予想どおりというか。
サブウェイ123 激突 奥さんの云うことはちゃんと聞きなさい! (労組書記長社労士のブログ)
【 44 -10-】 大阪労働大学に行きだしてから、週に2日(たまに3日)が潰れてしまうので、その他の日に仕事や用や飲み会やらが押し込まれてしまってなかなかフリーな日がない。 たまに友人から「飲みに行こうよ、いつが空いてる?」って聞かれて、「えーっと2週間後の・・...
サブウェイ123 激突 / The Taking of Pelham 1 2 3 (うだるありぞな)
今回は、1974年の「サブウェイ・パニック」のリメイク「The Taking of Pelham 1 2 3 / サブウェイ123 激突」 ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、...
映画『サブウェイ123/激突』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「銃の力」かぁ……。 『サブウェイ123/激突』 "THE TAKING OF PELHAM 1 2 3" 2009年・アメリカ・105分 監督・製作:トニー・スコット 製作:トッド・...
サブウェイ123 激突 (描きたいアレコレ・やや甘口)
1両目に乗ってはいけない デンゼル・ワシントンは11kg増量し、ださメガネ、彼らしくないカッコ悪いキャラに作ってあるんで、似顔絵は当然...
サブウェイ123 激突 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE TAKING OF PELHAM 1 2 3公開:2009/09/04製作国:アメリカ上映時間:105分鑑賞日:2009/09/05監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフ...
「サブウェイ123 激突」 (てんびんthe LIFE)
「サブウェイ123 激突」試写会 ニッショーホールで鑑賞 トラボルタ大好きなんです。 すべてに見とれる。 「ナイトフィーバー」してる頃、2枚目だか同課は知らないけど痩せてて青臭いトラボルタなんてどうでもよくて、体系の崩れたあごのえぐれたどう見ても?の...
【サブウェイ123 激突】 (日々のつぶやき)
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ 「地下鉄職員のガーバーは変な動きをしている地下鉄に気付いた。無線の呼びかけにも応えない。 その地下鉄は四人の男たちによってジャックされていた。 一両目だけ切
『サブウェイ123 激突』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「サブウェイ123 激突」□監督・脚本 トニー・スコット □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □原作 ジョン・ゴーディ □キャスト デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、ジェーム...
サブウェイ123 激突 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  1974年に上映された『サブウェイ・パニック』のリメイク作品だという。ハイジャックされた二ューヨークの地下鉄を舞台に、乗客を人質とした犯人たちとの身代金交渉にスポットがあてられる。地下鉄版の『ダイハード』という感じなのだが、ヒーローは警官で...
サブウェイ123 激突 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月21日(月) 19:00~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:500円(買っていない) 『サブウェイ123 激突』公式サイト 「大地震」「エアポート75」そして本命「タワーリング・インフェルノ」のパニック映画ブーム...
「サブウェイ123 激突」プチレビュー (気ままな映画生活)
1974年の「サブウェイパニック」をリメイクした作品。 オリジナルは未観賞ですが、予告編で興味がわき 観賞してきました。
「サブウェイ123 激突」 ハズレのトニー・スコット作品 (はらやんの映画徒然草)
4度目のタッグとなるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコンビに、キレた
「サブウェイ123 激突」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Taking of Pelham 1 2 3 」2009 USA/UK    ウォルター・ガーバーに「デジャヴ/2006」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」のデンゼル・ワシントン。 ライダーに「ママの遺したラヴ・ソング/2004」「ヘアスプレー/2007」のジョ...
映画「サブウェイ123 激突」 (FREE TIME)
映画「サブウェイ123 激突」を鑑賞しました。
映画「サブウェイ123 激突」 (FREE TIME)
映画「サブウェイ123 激突」を鑑賞しました。
サブウェイ123 激突(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告観て観たかった「サブウエェイ123 激突」をやっと観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン 上映時間:105分  ぺラム発1時23分の電車が緊急停止した...
「サブウェイ123 激突」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
トラちゃんとデンゼルのやりとりは迫力ありでした・・
サブウェイ123 激突 (こんな映画見ました~)
『サブウェイ123 激突』 ---THE TAKING OF PELHAM 1 2 3--- 2009年(アメリカ) 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ ニューヨーク、午後2時。 地下鉄運行指令室で勤務中のガーバー(デンゼル・ワ...
映画評「サブウェイ123 激突」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督トニー・スコット ネタバレあり
【映画】サブウェイ123 激突…トラボルティング微減 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
九州よりも東京の日没が早いのが違和感だったピロEKです。 今週は夜勤週。お仕事は多めです 毎年この時期は少し忙しいらしく、去年のこの頃からコメントへの返事が停滞…未だに...
映画『サブウェイ123激突』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-51.サブウェイ123■原題:TheTakingOfPelham123■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:105分■字幕:寺尾次郎■鑑賞日:9月9日、渋東シネタワー(渋谷)スタッフ・キャ...
サブウェイ123 激突 (mama)
THE TAKING OF PELHAM 123 2009年:アメリカ 原作:ジョン・ゴーディ 監督:トニー・スコット 出演:ジョン・トラボルタ、デンゼル・ワシントン、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン ...