郡保家の一日

極く有りふれた家庭です。その生活の一端を記録していきたいと思います。

寒さぶり返す

2013年02月08日 | 日記
 雪が舞い、寒い一日になりました。そんな中、明日の栄養フェアの準備をするため、自転車であちこち走り回りました。
 家人は今日からまた歯医者に通うことになりました。睡眠時に無意識の歯軋りは力の加減ができないので義歯の石灰質をもともと壊していたところに堅い近江せんべいを食べてさらに石灰質を壊して、金属部分が大きく現れてしまい、それを治すためです。睡眠時にマウスピースを入れるスプリント療法もあるそうです。インビザラインで矯正するマウスピースは透明で、マウスピースを付けていないようなものもあります。
 今日の夕食は、寒いので鍋にしました。







◆まぐろのはりはり鍋 ◆ブロッコリーサラダ ◆ご飯     歯は噛むほど強くなる!?
  子どものころはしっかり噛むことは顎の成長(→脳に刺激を与える)、歯並びによい影響があります。歯周病の大人では歯茎を鍛えるためにガムを噛むと歯の周囲の骨に負担を掛け、歯周病が逆に進行するらしい。また、噛み過ぎると歯が磨り減り、葉表面のエナメル質に目に見えないヒビが入り、虫歯の原因になるそうです。一方、よく噛むと唾液の分泌がされ、歯の表面を再石灰化する補修してくれる。だから、「よく噛む⇒(物理的→)破壊+(唾液→)再生」でバランスが大切です。そのため、食間を空けて再生時間をとる規則正しい食生活が重要です。