ニシヘルマンリクガメ & アルダブラゾウガメ

ニシヘルマンリクガメの繁殖日記&アルダブラゾウガメ、ビルマ・インドホシガメ、アカミミガメ、うさぎ、極小ヨーキー

チビボスの甲羅

2010年01月31日 | 産卵・孵化仔
ニシヘルマンの孵化仔、チビボスこと09メアリー4号です。

最高体重は47gになり、確実に50gに近づくほど順調に成長中です。


そろそろチビボスの将来のことを考える時期に入りました。

婿殿・チェリオの脱のこともあり、もしチビボスがオスならお家の仔に、

あるいは同腹で成長の遅い09メアリー5号がもしオスならお家の仔にする・・・。

孵化仔の成長はとても嬉しいですが、全部をお家の仔にすることはできず、

我が家にいるよりは幸せになる飼育環境などであれば、チビボスは手離すことになると思い

ます。

その時はご予約済および仮ご予約済の方々から、順番にお伺いしたいと考えています。

現在ご予約は承っていませんので、どうぞご了承くださいませ。

とりあえず、雌雄がほぼ確定するまではみんなお家の仔です。


チビボスは各甲羅の成長線近くに、それぞれ放射線模様が入っています。

どんな美しい甲羅になるのかとても楽しみな仔です。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント (12)

突き刺さり寝

2010年01月30日 | 産卵・孵化仔
ヒガシヘルマンの孵化仔・09ヨーク12号(右)と11号(左)です。

突き刺さり寝をしていたのは、09ヨーク11号でした。

頭に血がのぼってしまいそうだったので、すぐに助けましたが、一体いつからこの体勢で寝

ていたのでしょうか。

私の頭がのぼせそうでした。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村

コメント (10)

まだ出しちゃった・・・。

2010年01月29日 | ニシヘルマンリクガメ
ニシヘルマンの婿殿・チェリオ(♂)です。

昨年12月22日早朝 初○○○脱をしました。

まだ温浴時にブツをご披露しています。

排泄時に出した後、戻りが少し悪いようです。

対策として、排泄期間を把握し、それに合わせて温浴をしています。

しかし、排便は把握できても、排尿は予測できないことがあります。

刺激を与えないように、温浴の友はヨーキーのルーシィ(♀)です。


今 一番私を悩ませているのがこの脱です。

飼育ケージ内で出されると困るので、伸縮性の包帯などで尻尾を縛ることもあります。

ガーゼで尻尾カバーを作りました。

日々 少しずつ良くなっているようですが、油断ができない状態は続いています。

脱を除けば、婿殿・チェリオは食欲旺盛、オスらしく元気にケージ内を歩き回る日々です。

たとえ、繁殖不能になっても、私にとっては婿殿・チェリオです。

(もちろんまだ可能性は残されています。)

これからも大切に飼育します。


昨晩もケージ内で脱(この場合の脱は、先端のラッパ部分を外に出す)になりました。

一旦 総排泄孔内へ戻しましたが、そのままケージ内に放置することはできませんでした。

ルーシィが婿殿・チェリオの体を温めるように一緒に寝てくれました。



婿殿・チェリオのために、添い寝をしてくれるルーシィに、ポチをしていただけたら嬉しい

です。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへにほんブログ村
コメント (10)

ニシヘルマン孵化仔の腹甲

2010年01月29日 | 産卵・孵化仔
ニシヘルマンの孵化仔・チビボスこと09メアリー4号の腹甲です。

典型的なニシヘルマンの腹甲です。

チビボスは四肢ともまっ黄色の肌です。

足の裏もまっ黄色です。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント (10)

立ち寝

2010年01月28日 | 産卵・孵化仔
ニシヘルマンの孵化仔・10アン2号(2010年1月19日生まれ)です。

甲羅が黒いので黒アンです。

動かないなぁ~~と思って確認したら寝ていました。

立ち寝でした。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント (14)

気温11度の屋外へ

2010年01月27日 | アルダブラゾウガメ
チビアルダのジョアン(♀)です。

今日は気温11度、少し風も吹いていましたので、体感温度はもう少し寒いと感じた日でした。

早朝からチビアルダのジョアンは出せ~、出せ~~!と大暴れをしていました。

保温電球が破壊されそうだったので、しかたなくジョアンをバルコニーへ出しました。

排泄するわけでもなく、太陽光の下でぼ~~~としていました。

植木鉢やプランターの雑草を採集し、ジョアンの朝ごはんにしました。

与えた餌量はこの画像の2倍でした。

運動量が少ないため、真夏の屋外飼育と比較するとかなり少ない量です。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント (14)

誰の左脚?

2010年01月27日 | 産卵・孵化仔
ニシヘルマンの孵化仔・10アン2号(右)と10メアリー1号(左)です。

ふと見ると、10メアリー1号の甲羅の上に誰かの左脚が・・・。

その左脚は・・・、09メアリー5号、10メアリー1号の甲羅の上に脚を乗せて寝ていました。

10メアリー1号も寝ていました。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント (6)

小さなお尻

2010年01月26日 | 産卵・孵化仔
ヒガシヘルマンの孵化仔・09ヨーク11号(右)&12号(左)です。

2匹ともお誕生日は同じ、2009年11月30日です。 

時間差で11号と12号になりました。

同じケージには他の孵化仔たちもいるのですが、2匹はいつもこうして一緒にくっついて寝

ています。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント (8)

混浴?復活

2010年01月25日 | 産卵・孵化仔
最近孵化した仔たちです。

まだ他にもいますので、一部の孵化仔たちです。

この状態で温浴させたのではありません。

三つの温浴桶を一つして、記念写真を撮ろうと試みましたが、

この状態になりました。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント (18)

ぎょっ! 餌が動いた??

2010年01月24日 | 産卵・孵化仔
ニシヘルマンの孵化仔・09アン8号(右端)です。

首の付近から餌が垂れ下がっていると思いました。

う、うごきました!!

青虫でした。

今朝の餌は自家栽培の野草、レンゲソウなどでした。

きれいに洗ったつもりでした。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント (20)

メスだったね。

2010年01月23日 | 産卵・孵化仔
ニシヘルマンの孵化仔・09アン1号(2009年3月18日生まれ)です。

孵化時からず~~とオスっぽいと思っていましたが、どうやらメスのようです。

現在体重は90gぐらいです。

メスだったね。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント (18)

新入りチビと仲良し同居

2010年01月22日 | 産卵・孵化仔
チビボスことニシヘルマンの孵化仔・09メアリー4号(左)と09アン6号(右)です。

新入りの09アン6号は昼間だけチビ孵化仔ケージ内で生活させています。

2匹は仲良く並んでいました。

チビボスの最高体重は43g、09アン6号は19gになりました。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント (10)

大寒の日光浴

2010年01月21日 | アルダブラゾウガメ
チビアルダのジョアン(♀)です。

暖かくなるという天気予報どおりに、昨日は16度を超える暖かさでした。

なぜかジョアンが外気温を察したのか、朝から出せ~~、出せ~~~攻撃をしていました。

大寒の日に日光浴をさせることができました。

ジョアンは溝に溜まっていた枯れ葉を全部食べてくれました。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村





コメント (26)

ニシヘルマン孵化仔3匹勢ぞろい

2010年01月20日 | ニシヘルマンリクガメ
ニシヘルマン・アンの孵化仔たちです。

左から、10アン1号(2010年1月18日生まれ)、10アン2号(2010年1月19日生まれ)、

10アン3号(2010年1月19日生まれ)です。

10アン2号が一番甲羅が黒いので黒アン、他は白アンですが、母亀・アンは黄色が強い個体

なので、白アンから黄アンに変わると思います。

卵の重量は17g、18g、19gでしたが、甲長3.2cm、体重はそれぞれ13g、非常に驚いた事実

でした。

どうして大きな孵化仔にならなかったのか、原因を考えました。

卵の殻が硬く、重量があったこと、孵化仔たちの体全体を守っていた粘膜がかなり大量だっ

たためだと思いました。

とはいえ、13gの孵化仔は我が家では最大です。

ヨークサックの吸収も早く、孵化の翌朝には初温浴をさせることができました。

画像は初温浴後の大興奮状態のものです。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
コメント (18)

10アン2号&3号の誕生

2010年01月19日 | 有精卵・無精卵
ニシヘルマンの孵化仔・10アン2号(左)と3号(右)が無事に誕生しました。

孵化日数は54日です。

卵の重量は19gと18gです。

ヨークサックは小さいですが、腹甲が折れ曲がっていますので、まだ体重測定はしていませ

ん。

同腹でもかなり甲羅の色が違います。

孵化時の体重は重くても、飼育の難しさは同じです。

気を抜かず、しっかりお世話をします。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
コメント (10)