勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

アマンダと僕 / Amanda

2019年07月07日 | 洋画(フランス系)
突然の悲劇で肉親を失った青年と少女の絆を映画いた作品。2018年の第31回東京国際映画祭で最高賞の東京グランプリと最優秀脚本賞をダブル受賞。

“突然の悲劇”と言う事は「交通事故かな?」と思っていたんですが、いやぁ、余りにも現代の“突然の悲劇”ですね。ちょっと驚かされました。って言うか、フランスだと、シャルリー・エブド襲撃事件、パリ同時多発テロ事件など、リアルに起きている出来事。それが、映画で、こういう形で描かれるとは・・・。一般市民が、テロを恐れながら生きていかなければならない時代なんですね・・・。

ダヴィッドは、24歳。はっきり言って、ニートすれすれの生活の様です。そんな時に、いきなり姪っ子の面倒を見なければならないと言うのは、非常に困惑するのは間違いないです。でもそれが、彼の“何かのスイッチ”を入れたのかもしれませんね。それまでも、仲の良かったアマンダですが、良い保護者になっていきそうな感じがしました。

ラストシーンが、なんとも印象的。希望がある事を示しているんですね。

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門 マジックランタン賞
第31回東京国際映画祭 東京グランプリ/最優秀脚本賞
第44回セザール賞 主演男優賞/オリジナル音楽賞 ノミネート

タイトル アマンダと僕 / 原題 Amanda

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2018年/フランス
監督 ミカエル・アース
出演 バンサン・ラコスト(ダヴィッド)、イゾール・ミュルトリエ(アマンダ/ダヴィッドの姪)、ステイシー・マーティン(レナ/ダヴィッドの友人)、オフェリア・コルブ(サンドリーヌ/ダヴィッドの姉)、マリアンヌ・バスレール(モード/ダヴィッドとサンドリーヌの叔母)、ジョナタン・コエン(アクセル/ダヴィッドの友人)、グレタ・スカッキ(アリソン/ダヴィッドとサンドリーヌの母)

コメント   この記事についてブログを書く
« パピヨン / Papillon | トップ | さらば愛しきアウトロー / Th... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(フランス系)」カテゴリの最新記事