勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ロケットマン / Rocketman

2019年08月23日 | 洋画(イギリス系)
エルトン・ジョンの半生を描いた作品。

不勉強でした。エルトン・ジョンって、詞は自分でしないで、作詞家に任せていたんですね。そして、彼自身は、作曲とパフォーマンスに徹すると言う事なんですね。

フレディ・マーキュリーを描いた『ボヘミアン・ラプソディ』でも見られていましたが、才能に恵まれた人って、凡人には判らない苦悩があるんですねぇ。そして、取り巻きにも苦労するんですね。“マネージャー”に苦労しているのは、フレディ・マーキュリーもエルトン・ジョンも同じようです。

所々、ミュージカル仕立てになっています。そう言う作りだとは知らなかったので、ちょっと驚きました。

劇中、エルトンの曲が、当然沢山流れるのですが、歌っているのは主演のタロン・エガートン。何か細工をしているか否かは知りませんが、劇中で聴く範囲では、悪く無かったです。

そう言えば、主演のタロン・エガートンが、“エガートン”なのか、“エジャトン”なのか、ちょっと話題にもなりました。“エジャトン”の方が、実際の発音に近いそうです。

タイトル ロケットマン / 原題 Rocketman

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2019年/イギリス・アメリカ
監督 デクスター・フレッチャー
出演 タロン・エガートン(エルトン・ジョン)、ジェイミー・ベル(バーニー・トーピン/エルトンの音楽パートナー)、ブライス・ダラス・ハワード(シーラ・アイリーン/エルトンの母)、リチャード・マッデン(ジョン・リード/エルトンのマネージャー)

コメント   この記事についてブログを書く
« 風をつかまえた少年 / The Bo... | トップ | やっぱり契約破棄していいで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(イギリス系)」カテゴリの最新記事