見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

佐竹本覚え書き/佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美(京都国立博物館)

2019-10-21 23:19:52 | 行ったもの(美術館・見仏)

京都国立博物館 特別展『流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美』(2019年10月12日~11月24日)

 かつて2巻の絵巻物だった『佐竹本三十六歌仙絵』が大正8年(1919)に分割されてから100年を迎えることを機に、断簡37件(36歌仙+住吉明神)のうち31件が一堂に会する特別展。これは!どんなに混んでいても見なくては!と一人で盛り上がって、土曜の朝イチで駆け付けたのだが、入館待ちは50人程度で少なかった。展示は3階から始まるが、佐竹本は2階に集中している様子(3階から様子が見えた)。そこで急いで2階に下り、念願の佐竹本から見始めた。どんどん人が増えるかと思ったら、一向に増えないので拍子抜けしてしまった。結局、最後までゆっくり見ることができた。

 以下、通し番号)展示リスト番号 歌人(所蔵者)の記録で、ひとこと感想を付す。会場の並び順は展示リスト番号の順とは異なる。【期間外】は展示替えのため見られなかったもの。

01) 37 柿本人麻呂(出光美術館)【期間外】
02) 38 大伴家持…黄土色の直衣。大きく折り返した袖と袴には丸文。右手を冠のあたりに翳す。
03) 39 在原業平(湯木美術館)…やや面長、若々しくさわやかな美男。右手に扇を持つ。表具は中回しに鴛鴦と草花を織り出した錦を使っていて華やか。
04) 40 素性法師…子どものような丸顔、ちんまりしたお坊さん。
05) 41 藤原兼輔…黒の束帯姿で笏を持って端座。後ろに下襲の裾を引く。典型的な男性貴族像。
06) 42 藤原敦忠【期間外】
07) 43 源公忠(相国寺)…兼輔像とよく似た典型的な男性貴族像だが、顔立ちがかなり個性的。三角の顎鬚で面長が強調されている。
08) 44 源宗于…典型的な男性貴族像。劣化と褪色で顔立ちが分かりにくい。
09) 45 藤原敏行…若草色の直衣、丸文の指貫袴。袴の口から赤い内衣がこぼれている。身体は右向きだが顔は左を振り向いたところ。動きがあり、華やかでおしゃれ。男性歌人としては人麻呂と並ぶ最高値がついたのも納得。
10) 46 藤原興風(メナード美術館)…身体を小さく固くして背を向け、わずかに左横顔を見せている。
11) 47 坂上是則(文化庁)…灰色の直衣、緑色の袴。めずらしく立烏帽子。目の下にほんのり紅を引く。袴の口から素足を見せているのも例外的。表具は金箔の雲がなびき、鹿の遊ぶ松山(雪山?)を描いた大和絵(紙なのか?)を全面に用いている。最初の所有者、益田英作の仕立て。
12) 48 小大君(大和文華館)【期間外】
13) 49 大中臣能宣(サンリツ服部美術館)…萌黄色の上下。折り返した袖に丸文。もの思わし気にうつむく。
14) 50 平兼盛(MOA美術館)…黒の束帯。福々しい丸顔だが、左手の笏をあごに当ててもの憂げにうつむく。このひとの歌風とよく合っている。
15) 51 住吉大明神(東京国立博物館)…いつ見ても微笑ましい、不思議な絵。
16) 52 紀貫之(耕三寺博物館)…黒の束帯。細面、困ったような下がり眉。扇を散らした表具の裂が華やか。
17) 53 山辺赤人【期間外】
18) 54 僧正遍照(出光美術館)【期間外】
19) 55 紀友則(野村美術館)…黒の束帯。右手に笏、左後方を振り返った姿に動きがあり、若々しい。
20) 58 小野小町…今期唯一の女性歌人像。左に小さな頭部の後ろ姿。右に向かって長い髪と豊かな衣をなびかせる。使われている色は赤と白と緑と灰色、わずかな青? 衣のふくらみ、波打ち、折れ曲がる様子を繊細かつ大胆に表現。黒髪の流れ、広がる様子も美しい。
21) 59 藤原朝忠…興風とは逆向きの後ろ姿。石帯、下襲の裾が目立つ。
22) 60 藤原高光(逸翁美術館)…ぽってりした公家眉。めずらしく髭がない。若くして出家しているので、官人姿で描けばこうなるのだろう。唐草文の下襲の裾が華やか。
23) 61 壬生忠峯(東京国立美術館)…冠に(おいかけ)を付け、武官であることを表す。しかし表情はうつむき加減でもの憂げ。黒一色の束帯の袖にちらりと赤色が覗く。
24) 62 大中臣頼基(遠山記念館)【期間外】
25) 63 源重之…曖昧な模様入りの直衣、無地の袴、めずらしい立烏帽子。細い眉、跳ね上がった三角髭という個性的な風貌。
26) 64 源信明(泉屋博古館)…黒い束帯、丸顔。笏を膝に置き、うつむいて斜め前を凝視する。
27) 67 源順(サントリー美術館)【期間外】
28) 68 清原元輔(五島美術館)…黒い束帯。うつむきつつ、やや上目遣い。
29) 69 藤原元真(文化庁)…色数は少ないが状態良好で鮮明。黒い束帯。温和な表情。
30) 70 藤原仲文(北村美術館)…黒い束帯。右の立膝をつき、手を添えて、立ち上がろうとするかに見える。
31) 72 壬生忠視…黒い束帯、冠に

 はじめは歌仙絵に集中し、次に表具や和歌を味わいながらもう一周した。百人一首に取られたものなど、現代人になじみの深い代表作もあれば、あれ?この人この歌なの?と意外に思う場合もあった。

 なお、今回出陳されなかったのは、躬恒、猿丸大夫、斎宮女御、藤原清正、伊勢、中務の6件。女性歌人の3件が出ていないのがちょっと寂しい。ちなみに斎宮女御は、2014年の根津美術館『名画を切り、名器を継ぐ』などで何度か見ている。中務はサンリツ服部美術館所蔵で、なぜ出さなかったのだろう?と思ったら、11月から特別展で展示予定(初公開?)らしい。うわー諏訪まで見に行くか。

 伊勢は個人蔵だが見た記憶がない。しかし、見たいと願っていたら、いつかその機会が来るかもしれないので、忘れないでおこう。佐竹本以外の展示品については別稿に続く。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 京都駅で栗ほうじ茶パフェ | トップ | 佐竹本以外の見どころ/佐竹... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鴨脚)
2019-10-26 22:40:34
御無沙汰をしております。私も行きたいのですが、仕事が立て込んでいくことができそうにもなく残念です。日帰りでも無理して行きたいですね。
伊勢は切手にもなりましたが、1986年のサントリー美術館で見て以来、見たことがありません。絵と詞書を左右入れ替えて掛軸に仕立てられたので物凄く印象に残つています。
躬恒、猿丸大夫、清正(清忠)は、重美を含めた文化財指定にはなってませんし、今も所蔵者が良くわからないらしいですね。恐らく公の場に出たことがないと思います。
鴨脚さま (jchz)
2019-10-29 21:42:15
いつもありがとうございます。
このラインナップなのに驚くほど空いていて、好きなだけゆっくり見られたので、満足度の高い展覧会でした。
私はもう1回見に行って、31件全て見ることを目指しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

行ったもの(美術館・見仏)」カテゴリの最新記事