日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

クラシカルな書物をいくつか

2015-08-27 | カルチャー

広島ブログ 
この作家=水村 美苗さんの著作のタイトルは、いつも、ちょっと不遜というか、傲慢というか・・・なので、かえって目を惹きます。

たとえば<本格小説>とか<日本語が亡びるとき>とか。ズバっと自己主張してる感じ。自分で自分の作品を『本格』って言うか??スゴイ自信だわ、と。
ご本人のお顔立ちも、けっこうな迫力で、こりゃ我が強そうだなぁ~って。

                                          

たまに書くと、必ずなんらかの賞をとるので、なんか気になる、という作家が私にとっての水村 美苗です。
以前読んだ<本格小説>は、日本版嵐が丘ともいうべきグランドドラマなお話しで、「本格小説」と名乗って恥ずかしくない面白さでした。現代ものであって、古典のような味わい、おススメです。
              
今回手に取った水村作品は、2010年から読売新聞に連載した新聞小説。
その名もズバリ<母の遺産 新聞小説>を読みました。まんまなタイトルだけど、これが伏線になっているのです。
アンチジャイアンツの私は、読売新聞は、意地でも読まないので、1冊の本になるのを待っていました。
                  

その他、ちょっと古めかしいお話しを2つ。
梨木 香歩の『家守綺譚(いえもりきたん)』。幻想的で、独特な古典の味わい。古文のようなスタイルに作者の文筆力を感じました。
こういのうが好きな人は、かなり入れ込むだろうな。文章のうまさはたまらんです。

                 

軽~く、クラシカルなのがこちら。松崎 有理の『就職相談員蛇足軒の生活と意見』
どんな変人にも適材適所の仕事がある、というお話し。就活に行き詰っている人が読んだら、『なんじゃ、こりゃあ~!!』となるかもしれませんが、フィクションですから。はちゃめちゃでなきゃ。
                   

広島ブログ


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 台風の朝のモーニングセット@... | トップ | お弁当ヒストリー »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご立派! (⑦パパ)
2015-08-27 12:15:43
>アンチジャイアンツの私は、読売新聞は、意地でも
>読まないので

あじゃ~ごめんなさい。今年1回だけ読みたい記事が
あったので買ってしまいました。
⑦パパさんへ (itatchi)
2015-08-27 20:51:07
なんですって???この裏切りものーーー、なんて言いませんよ。
スポーツ欄を読んだんじゃ無かったら、許す。
Unknown (nancy)
2015-08-27 22:53:25
あ~水村美苗さん
似顔絵が描きたい!
ブラックデビルの格好をさせたい!
と思わせる凄みのある顔です。

意地悪魂がうずきます。
Unknown (ふぃーゆパパ)
2015-08-27 23:55:00
>「本格小説」と名乗って恥ずかしくない面白さでした。
さすが本書く人w
nancyさんへ (itatchi)
2015-08-28 00:09:09
なるほどねー。
確かに!このお顔立ちは、ひとめ見たらなかなか、忘れがたい。
デフォルメされた特徴的な、つまり、いかにも似顔絵向き。
デビルなすがた、似合う、似合う!
ふぃーゆパパさんへ (itatchi)
2015-08-28 00:12:06
真面目コメント返し、させていただきます。
本格的な猛女のような人ではないか、と予想しています。とっても皮肉やさんなのでは?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カルチャー」カテゴリの最新記事