事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

八重の桜~第四十五話「不義の噂」

2013-11-10 | テレビ番組

20697 第四十四話「襄の遺言」はこちら

前回の視聴率はついに10.0%まで降下。これまで、視聴率のデータはビデオリサーチ社のサイトでチェックしていたんだけど、もうドラマ部門のトップテンからも外れています(ここに入るといかにもリサーチ的アンケートを要求されるので気をつけてね)。

妻は「日本シリーズのせい?でもBSや再放送があるじゃない」その部分はカウントされないんだということが不満のよう。横綱である大河ドラマはそこを受けとめなくては。

新島八重の生涯で、この部分をこなすのは至難の業であろう兄嫁放逐の回。どう転んでも視聴者どんびき。考えようによっては、だからこそ脚本家の腕の見せどころ。で、きわどい出来です(笑)

時栄の不義は、山本家と同志社にとって大きな打撃。なにより覚馬と時栄の娘、久栄にとってつらい。だからこそ八重が時栄をわざと激しくなじり、時栄は前妻への嫉妬をあからさまにすることによって……アクロバットだなあ。

よく考えてみれば、この理屈は同志社存続と山本家の体面のために二十年も覚馬に仕えた“嫁”を使い捨てにしたことと矛盾はしない。45分間はうまく騙しおおせたと言えるかもしれない。だいたい、キリスト者として個人の幸福を追求することと矛盾する主張を、当の主人公が言わざるをえないのだからハードルは高い高い。

それはしかしかまわない。問題は、このアクロバットをドラマが支えきれていないことの方だ。時栄の「生身の女」であることの艶めかしさは谷村美月がうまく演じている。でも、久栄の方はどうだろう。明らかにミスキャスト。母の不倫を糾弾するには、無垢な娘性(ほんとにこんな言葉はないです)に欠けている。谷村美月とほぼ同級生である門脇麦のキャスティングは、お好きな方にはたまらないだろうけれども、以降の展開のために仕方がなかったのかなあ。

もはやこのドラマの恒例となった『門前での別れ』において、だから今回はグッとくるものがないのでした。

さあ視聴率。もうあの大騒ぎは終わったし、そろそろ最終回も近いので13%前後と読みました。なんだかんだ言って世間は不倫のお話は好きでしょ。だからこんなタイトルにしたのは見え見えですよNHK!

第四十六話「駆け落ち」につづく。ああまたこんなタイトルを……

コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 「霖雨」  葉室麟著 PHP | トップ | 「虐殺器官」 伊藤計劃著 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ番組」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

『八重の桜』第45回 (悠雅的生活)
不義の噂
八重の桜 第45回 「不義の噂(うわさ)」 (青いblog)
覚馬 「間違いがあったのか」 八重 「あんつぁまの名をどんだけ汚すことになるか」 そうは言うけど、もともとの馴れ初めがねぇ…(^_^;) 「八重の桜」を観ると、あんつぁまは女性関係で揉めてばかりいた人って印象が残ってしまうなぁ。 山本時栄
【八重の桜】第45回 「不義の噂(うわさ)」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
襄(オダギリジョー)が、米国から5万ドルの巨額の資金援助を携え、1年8か月ぶりに 戻ってきた。 八重(綾瀬はるか)は、無事の帰国を喜ぶ。 一方、襄の留守中に深まっていた時栄(谷村美月)と青木(永瀬匡)の不倫関係が、スキャンダル として街に知れわたり、同
八重の桜 第45回 不義の噂 (レベル999のgoo部屋)
『不義の噂』 内容 京のため、琵琶湖疎水完成に力を注ぐ覚馬(西島秀俊) 一方、襄(オダギリジョー)の帰国が迫り、喜ぶ八重(綾瀬はるか) そんななか久栄(門脇麦)の様子がおかしいコトに気づく。 同じ頃、女学校の宣教師達が、辞めると言い始め、存続の危
大河ドラマ「八重の桜」信念の人45時栄の不倫疑惑の噂で同志社が危機に直面し覚馬も会長辞職に追い込まれ八重は時栄を山本家から追放す (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第45話は八重は襄が留守の間に同志社女学校の運営を懸命に切り盛りするも外国人教師が引き上げるなど一時廃校の危機に直面する。しかしここは結束して何 ...
八重の桜 第45回「不倫の噂」 (昼寝の時間)
公式サイト 襄(オダギリジョー)がアメリカから5万ドルという巨額の資金援助をたず
NHK大河ドラマ「八重の桜」第45回「不義の噂」 (真田のよもやま話)
うっわっさをしっんじ~ちゃっいっけったいがっ!!・・・いやあ、先週のラストのあの表情からして、これは単なる噂ではなく!汝の罪は汝の上に既に現れり~~~、みたいな。どうなっちゃうんでしょう、時栄様。普段真面目で健気な人がこうなるともう驚愕!怒涛の非難殺到
「八重の桜」 第45回、不義の噂 (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第45回、不義の噂。 時栄と青木栄二郎が不義の関係と噂が立ち、時栄は去る。 また親子の別れ。
大河ドラマ「八重の桜」第45回 (日々“是”精進!)
  第四十五回「不義の噂」襄がアメリカから5万ドルという巨額の資金援助をたずさえて、1年8か月ぶりに帰国した。八重は、襄との久しぶりの再会を喜ぶ。これで大学設立は順調に...
大河ドラマ「八重の桜」第45回 (日々“是”精進! ver.F)
時栄、山本家を去る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311100002/ 鶴ヶ城 プロジェクションマッピング はるか/趣味[DVD]【返品種別A】価格:1,338円(税込、送料別) ...
八重の桜 第45回「不義の噂」~山本覚馬の妻であることがうちの誇りやった (平成エンタメ研究所)
「この人は母様ではねえ! 山本家とは縁を切った人だ。さあ、出て行け!」  時栄(谷村美月)に叫ぶ八重(綾瀬はるか)。  これを見た久栄(門脇麦)は時栄に駆け寄り「行かないで!」と言う。  八重が母子のためにわざと<憎まれ役>を引き受けたのは、「娘が母親
【八重の桜】第44・45回視聴率と感想「襄の遺言・不義の噂」 (ショコラの日記帳・別館)
【第45回の視聴率は11/11(月)追加予定】 第44回「襄の遺言」、第45回「
『八重の桜』第45回「不義の噂」★時栄(谷村美月)のスキャンダル 妊娠は!? (世事熟視~コソダチP)
『八重の桜』第45回「不義の噂」 とうとう自分の思いを抑えられなくなり、覚馬(西島秀俊)に直談判に及んだ青木・ビースト・栄二郎(永瀬匡)が「先生に伺います。時栄さんをなんと思っておいでたべか? 14の年から先生の世話だけに明け暮れて、今日も縁日に入っ
八重の桜第45回 (虎哲徒然日記)
1885年。政界を退いていた覚馬だったが、商工会議所のトップとして、琵琶湖疏水の実現に尽力していた。八重は、女学校の運営に努めていたが、外国人教師との対立を深め、つい ...