事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「どこかでベートーヴェン」中山七里著 宝島社

2017-11-28 | ミステリ

御子柴悪徳弁護士シリーズや犬飼(男の表情は読めるが女心はさっぱり)刑事シリーズは読んできたのに、肝心の岬洋介シリーズはこれが初。中山の本流はこれかもしれないのに(笑)。

なぜ最新刊から読み始めたかというと、これが岬の最初の事件だというふれこみだから。もちろんデビュー作「さよならドビュッシー」などの事件への伏線がしこんであるらしいけど、それはあとのお楽しみ。

才能のないことを「それは言わない約束でしょ」とお互いになれあっていた田舎の高校の音楽科クラスに、大マジの天才(岬)がやって来て……。

なぜ青春小説としてかなりきつい展開にしているかと思ったら、ラストのためだったようだ。びっくりしました。岬シリーズに耽溺した人ならもっと驚いたと思う。さすがどんでん返しが得意技な作家だけある。作家が一生に一回しか使えない手段をここで使ったかっ!

コメント   この記事についてブログを書く
« 「翼がなくても」中山七里著... | トップ | 「起き姫 口入れ屋のおんな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミステリ」カテゴリの最新記事