gonta!gonta!gonta!

以前飼っていたゴン太という犬の名前がブログタイトル
なんてことないおひとりさまの日常です

ちょっと横浜まで

2018-10-29 19:34:07 | ライブ
昨日は「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭」を横浜まで観に行ってきました



深夜にラジオ聞いてないですけど、仕事しながら聞いていて行きたくなったんです


ライブに行くのも、横浜に行くのも久しぶり!

でも正直行く前はものすごく精神的に沈んでいて・・
特に落ち込むようなことがあった訳では無いのだけれど
どうしようもなく落ち込んでいて・・

行く為の準備は着々としていて、宿泊込の新幹線チケットを事前にとっておいたので
行かない選択肢は無かったのだけど、ライブが始まる瞬間まで気持ちが沈んでいて・・

でも、始まったらやっぱり楽しい!

一人ぼっちでの参加でしたけど、やっぱり楽しい!

高須クリニックのCMソングもフルバージョンで聴けましたし

去年テレビで観た、三浦大知さんとのダンスも見れましたし

『USA』も見れましたし

スターにしきのさんとの絡みも面白かったし

ロバート秋山さんのコーナーも面白かった


岡村さんの歌謡祭なので、笑いの要素が色々あったのが
今の私にはとても良かった

笑ったので、沈んでいた気持ちが軽くなりました


せっかく久しぶりに横浜に行ったのに、横浜アリーナ行っただけで
宿泊したけれど、今日は仕事しなければいけなかったので
早々に帰って来てしまった・・

でも、行って良かった

来年はボッチじゃなくて、誰かと一緒にまた参加出来たらいいなー

だけど、女性一人で参加する方を行く道中ちょいちょい見かけて
意外とお仲間いるもんだなーと、妙に安心しました

ま、だから来年も一人でも行くかなー、きっと
コメント

オアシス

2012-01-28 23:57:50 | ライブ
久しぶりにハナレグミのライブが名古屋であるというので観に行ってきました。

「オアシス」というアルバムが9月に出て、そのアルバムタイトルがそのままツアータイトルにもなっています。
名古屋はツアー初日。

ネタバレになるので詳しくは書かないけれど、セットがとても素敵でした。
真冬に常夏。

最近ウィスキーのCMでよく耳にする彼の声。
相変わらず印象強くまろやかであたたかい声。
癒されましたー。

何かソロになった頃は穏やかなメロディーラインの曲が多かったけれど、最近SBD時代のようなファンクな感じも増えてきて、色んなジャンルがごちゃまぜな感じもすごく良かった。



ていうか、「オアシス」まだ買ってないので、ライブに行ったらすごーく欲しくなりました。
お金稼がねば。
コメント

15周年

2011-09-11 23:55:11 | ライブ
馬場俊英15周年コンサート「スタートライン~新しい風」を、名鉄ホールで観てきました。

名鉄ホールって、私の感覚からするとお芝居の劇場ってイメージが強いので、コンサートを観るっていうのが、行く前はなんだか不思議な感じでした。
行ってみたら、違和感はなかったけど。

画像は、本日のセットリスト。
馬場さんがメジャーデビューしてからの15年が詰まったセットリスト。
ファンの方なら理解していただけるかと思いますが、”濃厚な”セットリストです。

私は特に「鴨川」という曲が大好きで、この曲をストリングスを交えてのアコースティックバージョンで聴けたのは、ジーンときました。
複雑な男女の別れを唄った曲なんですけどね。
この曲を聴くと、ショートムービーを観ているようなそんな気持ちになるんですよね。

馬場さんの楽曲にはそういう曲が結構あって、そういう曲がまた私は好きなんですけど、特に「鴨川」いいんですよねー。


それから、15周年特別企画?ということで、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」という曲で、ギターを弾ける人を会場で募って、舞台で馬場さんとバンドメンバーとセッションが出来るっていうので、男性の方が立候補して選ばれたんですけど、サクラか?と思うほど堂々と演奏されていて、凄いなーと感心しました。


あと、サポートメンバーのサックスの方のノリが凄かった!
目立ってましたねー。


それと、気のせいか・・・会場の平均年齢が上がっているような。
なんかね、私よりも若干先輩な感じの方々がジャンプとかしてるのをうしろから見ると、不思議なもので元気もらえます。
私も就職活動頑張ろう!ってね。

冬のツアーは無理だけど、就職したらまたライブ参加します。
コメント

ポップ

2011-02-26 00:15:33 | ライブ
今日は仕事帰りに、エレクトリック・レディ・ランドというライブハウスで、「The Electric POP WORLD」という、4組出演する対バンイベントを観てきました。

仕事帰りで、1組目のビアンコネロが観れなかったけれど、他3組とても良かった。
こんなことなら、早退して最初から見たかった!と感じるくらい良かったです!

トリのGRAND COLOR STONEのボーカルさんも言ってたけど、「今日は、最後にみんなでセッションするライブイベントのような空気のライブでした」

なんか一つのテーマがあった気がします。

大好きな音楽に慰められ、勇気をもらったり、励まされたり、背中をそっと押してもらったり。

音楽が力をくれる。

今日はそれをとても実感しました。

いつもは個々のバンドの感想をブログに書くのですが、今日はなんか胸がいっぱいで、書くことが出来ません。

今日出演していた皆さんに、ありがとうという想いです。

やっぱりライブはいいな。
コメント

約1年ぶり

2010-12-04 23:35:59 | ライブ
「TOSHIHIDE BABA LIVE TOUR2010 ~悲しみよ、明日の星になれ」を名古屋センチュリーホールで観てきました。

ポスターか何か撮影しようと思っていたのにすっかり忘れてしまって、画像が無いのが残念です。

でも、約1年ぶりにライブ観れて良かった。

来年2月でデビュー15周年だそうで、新しい曲からデビュー曲のカップリング曲まで、色んな時代の曲が聴けました。

そして今日は「ブラック馬場さん」降臨(笑)
ちょっとだけ毒舌でした。
まあそんな日もあります。

なんていうか、ここ数年馬場さんのライブを観て来ていますが、少しずつ変化していると感じました。
歌もMCも、だいぶご自分のペースというか、方向性が見えてきて、余裕を持ってライブをされているなーって今日思いました。

でも、MCの話のチョイスとか、最初観た時から何も変わっていない馬場さんもいて、ちょっと安心します(笑)
今回の会場は3回目ですが、客席から少し離れた場所に座っているまりちゃんと私にも、毎回必ず手を振ってくださる優しさも変わらない。

そして今日改めて思ったのが、馬場さんのギター弾く姿、斜めから見ると、特にかっこ良かったです。
スタイルいいからなー。

次は初夏にお会い出来るかな?
コメント

エル。

2010-11-23 19:43:32 | ライブ
昨日の夜、仕事帰りにライブを観に行ってきました。
5組も出演するライブイベントなので、1組ずつは短かったけど、なかなか面白かったです。

客席から「似てな~い」と言われていた兄弟ユニットの「遊吟」から始まり、大阪をメインに活動していて、自分たちの出演後、今まで作ってきた楽曲のダイジェスト版CDを無料配布で配ってくれた「HENRY」、最後は”ハッピーターン”をステージから撒いて幸せのお裾分けをしてくれた「サスライメーカー」、登場した途端、手から鳩が出てくる「吉田山田」。

吉田山田終了時点でだいたい22時。
3時間立っていて、スタミナ切れの為、もう一組の「幸美AMP」は見ることが出来なかったけれど、濃かった。
イロモノみたいな書き方をしてしまったけれど、どのバンドもそれぞれ個性があって、とても良かったです。

私が見たかったのは、吉田山田。

左が「髪が黒くて、格好もわりと普通っぽい」吉田くんと、右が「射手座のA型」山田くん。

ちょっと前に気持ちが沈んでいた頃に、ラジオから聞こえてくる「希望とキャンディ」に癒され、アルバム発売されると聞き購入したら、どの曲もいい。
そしたら今度は「名古屋でライブがあります」って言うので、観に行きました。

とにかく二人の声がいい。
よっちゃん男前。
やまちゃんかわいい。

生で観れて良かったわ~~~。
これからもっともっと大きな会場へ羽ばたいていく予感。

仕事も一段落して、気が重かったスピーチも終え、こういう解放感な時に観るライブが一番いい。
今日が仕事じゃなかったら、ちょっと無理しても最後まで楽しみたかったんですけどね、それが残念でした。
コメント

うたう

2010-10-30 23:43:18 | ライブ
はじめてのチュウ♪きみとチュウ♪とCMソングを唄っている、「ハナレグミ」こと永積タカシさんの ”TOUR うたう ”をZepp NAGOYAで観てきました。

ハナレグミのソロライブを観るのは、今回で3回目ですが、初めてのオールスタンディグ。
あの、周りの人との距離が近いっていうのは、盛り上がるけど、困ることもありますね。

みんなリズムとって踊ってるから、場内は暑い!
で、隣の女性が、ハンドタオルを持って盛り上がっていらっしゃったのだけど、タオルがバシバシ顔とか腕とかに当たって、まあ、ハンドタオル程度なので痛くはないから、「当たってます」と言う程でもないし、かと言って反対側の横にも人がピッタリいるので下手に動けず・・・みたいな。


そんなことはさておき、ライブは面白かったですねー。
ハナレグミのライブを観て、いつもまず一番目の感想として思うことが、「面白かったー!」なんですよねぇ。
そしてまた行きたくなる。

すっごく盛り上がってるけど、なんかゆる~い空気。
「タカシに付いて行くぜ!」っていうより、「タカシくんと一緒に遊んでる♪」っていう盛り上がり。
分かりずらいと思いますが。

今回のツアーは、シンガーソングライターのおおはた雄一さんが、ギターサポート兼ゲストミュージシャンで一緒に回られているのですが、途中、2人で唄う「二人語り」のコーナーがあったのだけど、何故かスタンドマイク1本真ん中に立てて唄う企画で、当然顔が近付くわけで、永積さんがおおはたさんに「気配が近い!」と不満を言っていたのが笑えた。

そういうバンドの人同士の何気ないやり取りとかも面白くて、心が温かくなる、いいライブでした。

コメント

友だちのライブ

2010-07-04 23:41:23 | ライブ
今日は、友だちのしんちゃんがライブに出演するというので、やっさんという友だちに車に乗せて行ってもらい、岐阜の「ソウルダイナ」というライブハウスでライブを観てきました。
岐阜では結構有名なライブハウスらしいです。

出演は3組。
せっかくなので、全て観ました。
皆さんプロでは無いそうですが、どのバンドも素晴らしい演奏でした。

しんちゃんは、フリークというバンドでドラムを叩いていました。
左から、ギター、ベース、ギター、ギター全員がフロントで、ベースの方がメインボーカルなんだけれど、アカペラグループのようなその立ち居地が私的になかなか斬新でした(笑)
しんちゃんは正式メンバーじゃなくて、サポートメンバーで、後ろでリズムを刻んでました。
ジャカジャカ系なロックバンドで、あの早いスピードでドラムをしっかり叩いてるしんちゃんに、気分は親戚のおばちゃんです。

しんちゃんを中学生の頃から知っているのですが、一番最初は段ボールで手作りでドラムセットを作ったりしてて、そんな時のことが思い出されたりしてね、「立派にドラム叩けるようになって」とか、ちょっとお酒も入っていたので、感慨深い気持ちになりました。

演奏はどのバンドもプロ並みで、予想以上に楽しめたけど、楽器の音にボーカルの方のマイクの音が負けてしまって、音として声は聴こえるのだけど、言葉が殆ど聞き取れなくて、どんな歌を唄ってるのか全然分からなかったのは、歌もの好きの私としては、ちょっと残念でした。

コメント

太陽のめぐみ

2010-01-17 23:10:45 | ライブ
STARDUST REVUE LIVE TOUR「太陽のめぐみ」を愛知県芸術劇場・大ホールで観てきました。

今日のライブは、友だちのまりちゃんが、チケットをプレゼントしてくれました。
素敵な誕生日プレゼントに感謝です。

去年大阪で「風に吹かれて」 のイベントでは観たけれど、スタレビさんをがっつり観るのは今日のライブが初めて。
始まる前は、楽しみだけど、長く活動されているバンドだけに、昔からのファンの方たちの中で場の空気に取り残されるかも・・・なんてちょっとだけ心配もあったり。

場内が暗くなり、いきなり新興宗教の教祖のように後光を背負って高い位置にご登場した要さんに若干衝撃を受けましたが、一声唄いだしたら、心持っていかれましたねぇ~。

スタレビのメンバー皆さんそれぞれ、すごいエンターティナーだなと思いましたけど、特に要さんはすごいです。
唄ってしゃべって、唄ってしゃべって、合間合間にちょっとしたダンスがあって、それを3時間。

今回のツアーは60公演あって、今日の名古屋は30公演目だったそうですが、唄うだけでも相当のエネルギーが必要なはずです。それを唄うだけじゃなく、しゃべって動いて、でもアンコールの最後の曲までこの人どれだけエネルギーを蓄えているの?と呆れるくらい(いい意味でね)声量は超ハンパない。
昨日も静岡でライブやってるんですよ。もうすでに29公演やってるんですよ。
もっと言えば、私が子供の頃から活動されているバンドです。
あのパワーは”すごい!!”としか言いようがない。
超人です。

要さんは、「今まで33枚アルバム出しているけど、33枚足してもコブクロの1枚の売り上げに叶わない」とか、「60公演やって集客数が8万数千人で、GLAYは1公演で20万人」とか、「28年やってて紅白に1回も出たことないし、大ヒット曲が1曲もないし、スキャンダルで誰かメンバーが捕まったとかいう話題もない」みたいな自虐的なことも仰ってたけど、反面、「国内だけじゃなく海外を見ても1グループで33枚アルバムを出しているというのは、なかなか無いらしいです」とか、やっぱり今までの活動に確固たる自信とか、信念が無いと、前に書いたような自虐的な話は受取る側も冗談には聞こえない訳で、それを聞いてる方が笑えるっていうのは、すごさの証でもあるなーとも思いました。

今年でデビュー29年目でメンバーの交代はあっても、解散も活動休止もせずライブ活動を続けてるバンドって、他にアルフィーさんぐらいしか思い浮かばないですもんね。

最近私の身近でも「パワースポット」流行ってますけど、どの場所よりもパワースポットなんじゃないかと思いました、今日のライブ。
パワーもらいました。

画像は、ツアーグッズのお茶です。
28年やってると、ツアーグッズも渋いですねぇ。お茶が渋いかは、自分の入れ方の加減にもよりますけど(気にせず流してください)、まあ、面白かったので買ってみました。
レトルトカレーと迷ったんですけどね。
コメント (1)

K.Dハポン

2009-12-11 23:59:24 | ライブ
K.D japonでハポンと読むライブハウスで、名古屋を中心に活動するスワンリバーデージー主催のライブを観てきました。

出演は、アボガド、ラブハンドルズ、スワンリバーデージー。

一組目は、「アボカド」じゃなくて、「アボガド」なので、果物が名前の由来では無いですって、いう話をライブ後、隣の人がメンバーさんと話してました。三人組のバンドなのですが、実は私、遅刻しまして、最後の曲しか聴けませんでした。

で、次はラブハンドルズ。
の前に、先に行っていたまりちゃんが席を確保してくれていました。
その席から撮影したのが、画像です。

近すぎ!
私、ラブハンも、スワンも、唄っている時、顔一切見れませんでした。
なんかダメです、なんか照れます。

で、手をずっと見てました。
ギターを弾く手。
私、自分の手にコンプレックスがあるので、普段から男女問わず手を見るのが結構好き。
だから、いつものライブとは違う楽しみ方をしていました。

あんな間近でプロのミュージシャンのギタープレイを見れてそれだけでも感動しましたけど、ラブハンドルズは、ニューアルバムからの曲も何曲か聴けたしとても良かった。

スワンリバーデージーの松本さんは2回目ですが、やっぱり声が爽やかだなーと思いました。
MCの時はがっつり顔を見てたんですけど、汗の量が凄かったので、拭いてあげたくなりました(笑)

ライブも良かったけどライブハウス自体が面白かったです。
電車の高架下なので、電車が通る度に少し音がする。それも味になっているのは、建物の雰囲気による部分もあると思うので、仕事の上でも参考になることが色々ありました。

あ、ちなみに画像の後ろにうっすら写っているのは、ラブハンドルズのギターコーラス溝下さんです。
コメント