gonta!gonta!gonta!

以前飼っていたゴン太という犬の名前がブログタイトル
なんてことないおひとりさまの日常です

石巻・女川

2011-06-28 09:41:30 | 日常のこと
昨日は、ボランティアで作業したことについて書きました。
今日は、お休みを頂いた話。

本当は5日間の滞在期間、精一杯働かせていただく気持ちで行きましたが、初日は時間の都合で参加出来ず、最終日は土曜日で、週末を利用してのボランティアの方が増えたので、お休みをいただきました。

私が滞在していたカリタスジャパン 塩竈ベースではカトリックの修道士(通称:ブラザー)が常駐されて、活動されています。

ブラザーは、世界に向けて現状を正確に強く発信して欲しいという想いで、外国の方がボランティアに参加された場合、被害の大きい石巻や女川に連れて行くそうで、ちょうど土曜日、日本人ではあるけれど、アメリカ在住の高校生の男の子が、お父さんと、このボランティアに参加されていて、石巻・女川地区に行くということで、同行させていただきました。



言葉では表現出来ない。。。
感情のコントロールがうまく出来ない。
想像を絶する光景が広がっていました。



このブログを見てくださっている方々で、東北以外の方に現状を知っていただくため、画像を載せた方が良いのかもしれませんが、とても画像をアップする気持ちにはなれません。



私は無理ですが・・・。
前日の金曜日に石巻・女川へ行った同じボランティアチームのイギリス人の青年が、自身のブログに、ボランティアの活動について画像を使ってアップしていているので、是非見てみてください。
ちなみに、今のところほぼ英語です・・・。

SEAN TONY O'CONNOR.LIFE

コメント (2)

旅の理由

2011-06-27 23:40:14 | 日常のこと
ずっと書くべきか、書かざるべきか考えていました。。
私の言葉では表現出来る自信がないから・・。
でも、書くことにしました。

旅の理由は、ボランティア。
カリタスジャパンに登録し、派遣されたのが、塩竈でした。


到着した日は、到着時刻の都合で夕方塩竈への移動のみ。
次の日は、浦戸諸島の一つ、桂島へ。

桂島では、夏に向けて「ひまわりプロジェクト」が進行しています。(画像)
被災者の方の少しでも癒しになれば、また、ここへ観光客を呼ぶきっかけになれば・・・願いを込めた、ひまわりプロジェクトです。

この日は、ひまわりの種を植える班と、すでに植えてあるひまわりの周りの雑草を取る班に分かれました。

私は、ひまわりの周りの雑草を取る作業をしました。
この日はとてもお天気が良く、暑くて、日陰になる場所はいいけれど、日のあたる場所での作業は、暑さに体力が奪われましたが、ひまわりが咲く日を想像して頑張りました。



ただ、ひまわりロードへ行くまでの道のり、港の周辺は、あの日で時間が止まっています。






次の日は、塩竈の滞在ベースの近くで、また2班に分かれて作業しました。
私は、83歳のおばあさんがお姉さんを介護しながら暮らしている家の片づけにお邪魔しました。

午前中はやや強く降った雨。
懐かしさが感じられる木造の家。
あの日以来、殆ど手が付けられていない家の中は、衝撃的に荒れていました。

まず、泥の付いた長靴のまま、人のお宅へ入って畳の上を歩かなければいけない・・。
辛かった。

私の班は、女性は私一人だったので、大きな物の移動は男性に任せ、私は家の中の細々とした物の片づけをさせていただくことにしました。

おばあさんとお話ししながら、おばあさんの今までの人生を伺いながら、作業をしました。

そして、衝撃的に荒れているのが、津波だけが原因じゃないことを知りました。
泥棒が2度入って、荒らしていったのです。

とてもとても悲しい気持ちになりました。
ボランティアを疑っているわけではないけれど、自分の居ないところで作業をして欲しくないと言う気持ちは理解出来ましたし、泥棒が悪いはずなのに「私が悪いのよ」と何度も仰っていて・・・
「おばあちゃんは悪くないよ!」と言うのが私の精一杯でした。

そんな作業中、棚の引き出しから出てきたネックレス。
「私はこんなのしないから捨てていいよ」と言われたので、「おばあちゃん、もらっていい?」と聞いてみたら、「いいよ」と言ってくれたので、頂いてきました。
私の宝物が一つ増えました。
またきっと、会いに来ます。




おばあさんのお宅は、おばあさんのご意向により午前中で切り上げ、午後からは、とある会社の駐車場のヘドロさらい。
力が必要な仕事なので、私は早々にヘドロの中に混ざったゴミ集めの仕事にチェンジ。

ヘドロ+ビニールって、半端無く滑る。
凹んだ溝の中での作業で、さらに木が邪魔をするから、無理な姿勢でとにかく足を踏ん張っていたためか、両足の親指の爪が内出血してしまいました・・。


3日目は、1階が工場、2階が住宅というお宅へお邪魔して、片付け。
家を解体する為の片付け。

津波でご家族に犠牲者が出て、今は仮設住宅で独りで暮らすお母さんの言葉は全てとても重いものでした。
私なんかが到底理解出来るわけがない、とてもとても深い悲しみ。

そんな中でも、作業をする私たちのことを気遣ってくださって、本当にすごいと思いました。

この日、作業のあとに思い出の品々は回収され、運ばれていきました。。。
お母さんの重い気持ちも一緒に、少しでも乗せてくれているといいのですが。。。

コメント

塩竈

2011-06-26 17:17:03 | 日常のこと
ただいま。
塩竈から今朝戻ってきました。
さっきまで爆睡。


画像は、金曜日の早朝、塩竈神社へ朝のお散歩に行ったときのものです。
目の前には、202段の階段です。

近付いてみると、どんどん憂鬱な気持ちに。。。




途中気持ちが、”朝のお散歩”から”朝の自主練”になる程、ハードではありましたが、なんとか登りました。




神社を見たら、気持ちがまた”朝のお散歩”に戻りました。




お天気が良ければ、朝日で海が光輝いて綺麗だそうです。






次の日松島にも行き、遊覧船(芭蕉コース)にも乗りました。
塩竈も、松島も楽しく観光出来る街に復興しています。
海の幸も美味しいし、人も温かい。
是非、この夏の旅にいかがでしょうか。

コメント

ほろ酔い

2011-06-22 23:55:44 | 日常のこと
実は今、宮城県の塩竈にお邪魔しています。
気の良い大将のお店で、飲めないお酒にほろ酔い気分。


震災から1ヶ月ちょっとで、工事関係者やボランティアの方たちが来られても食事するところが無いということで、お店を再開された話を聞いて、感動しました。
強いです。


私もへこたれてらんねぇ、がんぱっぺ!

・・・ほろ酔いです。
コメント

うちのゴン太

2011-06-20 11:13:15 | 日常のこと
実家に戻ってきて約2ケ月。
最初は状況を把握出来ていない感じのゴン太でしたが、最近なんとなく、私が毎日居るということを把握してくれたような、否、犬がそこまで把握出来るのか??な感じです。

ただ、毎朝起きて、2階から1階に下りる時は必ず、階段下でお迎えしてくれます。
そのあとも私から離れない。
だって、ご飯をくれる人は私だから(笑)


夕方のお散歩は、父が連れて行ってくれるのですが、帰ってきてお風呂で足を洗ってあげるのは、私の仕事。
それも日課になっているので、家に戻ってきたら、ゴン太も誘導しなくてもそのままお風呂に直行。
足を洗ってる時とか、すごく大人しくて、体をブルルル~ってしないから、私にお湯がかかることは無いのです。
だけど廊下に出た途端、ブルルル~って体を震わすから、廊下水浸し・・。


「ご飯食べる?」とあえて聞いてみると、舌をペロリ~ンして”食べる”と返事してくれます。
「牛乳飲む?」でも同じ返事。
(アニメとかで、動物が美味しそうな物を見た時にするペロリ~ンです)


先日、お風呂に入れたのですが、毎回、乾かすために廊下に大きなシーツを広げて、ゴン太が出てきた瞬間から廊下が濡れないようにスタンバイ。
そうすると、だいたいそのシーツの上で暴れまわって少し自分で水気を飛ばしてくれるんです。
誰が教えたわけでは無いけれど、シーツからはみ出すことは殆ど無い。

コーギーって賢いなーと思うのですが、お風呂に入れた理由が、雨の中の散歩中、ゴザみたいな物が道路にあって、何の疑いもなくその上を歩いたら下が用水路で、全身落ちたからです。
一瞬、ゴン太が父の視界から居なくなった・・・らしいです。
犬コント。


なんだかんだと8年。
相変わらず日々ゴン太に癒されています。

相変わらずカメラを向けると目を背けます。。。




コメント

子猫

2011-06-15 09:16:01 | 日常のこと
この前の日曜日、うちの隣の川沿いに子猫が捨てられていました。
散歩をしていたゴン太と父が発見。

とても人懐こくて、真っ白な可愛いネコちゃん。

でもうちは、ゴン太がいるので猫は飼えない・・。
家族の話し合いで、そう結論がでました。

その日は日曜日だったので、とりあえず以前ネコを飼っていた友だちとかに、もらってもらえないか問い合わせしてみたけれど、良い答えがもらえず、次の日の月曜日、父が動物愛護センターへ連れていきました。


ネコを捨てた飼い主に憤り、最初に父が電話をした役場の方が、「猫は引き取れませんので、元いた場所に置いておいてください」との発言に憤り、飼い主を探してあげられなかったことに、凹んでいましたが、今はただ、生きて誰かにもらわれて欲しいと願っています。



段ボールに、タオルしか入っていなかった。。。

あまりにも無責任だと思いました。



コメント

作業スペース

2011-06-08 23:48:43 | 日常のこと
私の作業机。
作業している時は、床に図面が広がっています。

一応、部屋にデスクはあるのですが、一人暮らしをしている間に、すっかり物置になってしまいました。
なんとかスペースを作って、今日、プリンタだけ置いたのだけど。

私的に、足を伸ばして座っているからか、デスクで作業するよりもリラックスして作業出来るし、このまま机ごと持って、部屋を移動することで気分転換にもなるし、結構気にいっています。

ただね、根詰めて作業すると、気付いた時に背中が痛い!
長時間はNGです。



それにしても、せめて可愛いマグカップ置いておけば良かった・・。
なんか、PC以外は昭和な香り漂う画像だわぁ。
コメント

感覚

2011-06-07 08:55:18 | 日常のこと
友だちに、作図の仕事を頼まれて、1か月半ぶりぐらいに図面に携わっています。

私の知識やCADの能力が、どの程度お役に立てるのか? 引き受けることに躊躇もありましたが、かなり時間に追われているということで、微力ながらお手伝いさせていただくことにしました。


昨日は、事務所で作業させてもらったけれど、1か月半離れていただけで、最初、どういう段取りで図面を進めればいいか、仕事の感覚を忘れてて、自分にびっくり。


今日は今から家で作業。
人に気を使わずマイペースで出来るから、昨日よりは捗るかなー・・・。


ま、とりあえず少しでもお役に立てるように頑張る!


コメント

流れ

2011-06-05 22:59:55 | 日常のこと
一週間ぶりになってしまいました、更新。
じゃあ、また来週の日曜日~気が向いたら覗いてくださ~い

まあ、それでも別に支障は無いんですけど、それじゃ寂しい・・・私が。
書きたいことは色々あったんですよね、先週も。


仕事を辞めたら、家に引き籠って溜まってる写真をプリントアウトしたり、勉強したり、ゴン太と戯れたり、時間はある。なんて考えていたけれど、案外出掛けることも多いし、人に頼まれ事をしたり、今までは本当に3、4日誰からもメールも電話も無いなんてことはよくあったのに、毎日のように誰かとメールのやりとりをしたり、なーんかバタバタしています。

先週は何故か2回、他人の家のお留守番したりしましたからねぇ、それぞれ違うお宅の。

そして明日から、1か月くらいかな?
友だちの仕事のお手伝い。

職安にも行かなければいけないし、ちゃんと仕事探さなきゃなんだけど、やりたい仕事が・・・なんだか私の人生何処へ向かっているんだろうなんて思っていたら。。。

今日は初対面のマダムに、「うちの息子、独身なんだけど会ってみませんか?」なんて言われるし、まあせっかくなので、「よろしくお願いします」とは言っておきましたけど、なんかもう、「なるようになれー!」って感じです。

何処に流れ着くのか、怯えててもしょうがないので、覚悟を決めて、流れに身をゆだねてみようと今日決心しました。
あらゆる可能性を否定せず。


溺れたら、誰か助けてくれるかなぁ。



コメント