gonta!gonta!gonta!

以前飼っていたゴン太という犬の名前がブログタイトル
なんてことないおひとりさまの日常です

フェイスマスク

2016-09-26 23:59:00 | 美容・健康
面倒くさがりの私の顔のスキンケアは主にオールインワンジェル

昨年、高保湿の気に入った商品に出会いまして、
それを愛用していたのですが
夏前にふと、「夏は別に高保湿じゃなくてもいいのではないか」
という思いと金欠から
1800円くらいのオールインワンジェルに切り替えました
(ちなみにお気に入りのオールインワンジェルは5500円くらい)

値段がどうこう言うつもりはありません

ただ、もっと若い人向けの商品なのかな?
予想以上に保湿効果が感じられず、物足りなさを感じていました

でも、買ったからには使い切らなければもったいない!

足りないなら補おう!という思いで、フェイスマスクを買うことにしました

まず買ったのは40枚で1000円弱

十分に役目を果たしてくれましたが
最近無くなったので再購入しようと薬局に行き
新しく別の商品を購入しました



​​ 
30枚500円
(税込540円)

安っ!


まだ使っていないので、数日使ってみてまた感想を書きたいと思います
コメント

帰宅困難

2016-09-21 23:59:00 | 日常のこと
昨日の台風16号、私の住む愛知県でも一時かなりの電車が運休する事態になりました

夕方から夜にかけて、徐々に運行再開したのですが
残念ながら私が乗るはずの路線だけ一向に運休のまま・・

18時、19時、20時・・・何度も運行状況を確認してみましたが
運行再開とならず

どうしたものかと考えて、
ダメ元で車通勤の設計事務所時代の同僚の男性に電話をしてみたら、
意外とあっさり送ってくれることになりました

1年以上会ってはいなかったけれど、12年間隣の席で仕事をしていましたから
しかも朝から夜中まで一緒の毎日でしたから
会うと私もずいぶん言葉使いが悪くなります(笑)

一応気は遣うけど遠慮はしない間柄なんです

まあ久しぶりに会うので、車中の会話は主に設計事務所の現状です

MAX9人いたのに今、4人しかいなくなってしまった
私が辞める時は私を含め7人いましたから、4人というのが
辞めた私が言うのもなんですが、なんだか寂しいです

で、その4人の中に私が辞めたあとに入社された女性がいるのです
去年新入社員で入社したとのことなので、
5年前に辞めた私は顔も知りませんけど

その彼女が最近、病欠や遅刻が多いらしく、
でも、出勤する時は終電まで頑張ってくれるけど、
帰る時は疲労困憊で帰っていくから、
女性には大変なのかなと仕事を頼む側の同僚も気を遣う、
なんて話をしてきたのですが、私にはそれは解せない話

誰に解せないって元同僚に

私もその元同僚の仕事をサポートすることは多かった
彼は会社の中で重要度が高い仕事を任されることが多かったので
それをサポートするのも私の仕事でもありました

でもスケジュールがハードなので、
私も幾度も体調不良を訴えることはあったし、
無理な日程でスケジュールを組まれて
抗議することもありました

その度に
「○×日の朝までに僕の机の上に図面があればいいから、
それに間に合うなら帰ればいいんじゃない」と、
鬼のようなことを言っていた人が

終電どころか、何度会社の窓から朝日が昇るのを見て、
シャワーを浴びる為だけ、
せめて1時間ベッドで寝るために帰宅した日もありました

そんな時『辛いのはおまえだけじゃない!』と言ってた人が、
今は女性に気を遣って強く言えないと

私は思わず言いましたよ
ふざけるな!!私がどれだけ無理して頑張ってたか分かるでしょ!
(当時の私にも気遣いが欲しかったという意味です)

そしたら彼は言いましたね


うちの事務所ってずっと女性がいなかったからさー


いいえ
ずっといましたよ(怒)

コメント

女子力

2016-09-14 23:59:00 | 日常のこと
今日友だちに言われました
女子力がない」と

私は答えました
「世の中には女子力を出していい人間と、
出してはいけない人間がいる
私は女子力を出してはいけない人間なの」と

これはまあ女子力のない私の単なる言い訳かもしれない
でも実感としてそう感じているのは事実です

例えば、女性の芸人さんは「女子を出すな!」と
男性の芸人さんにつっこまれたりする場面を
テレビで見たことがあります
それは芸人さんは基本男社会という背景があると思うのです

私は長く建築業界で生きてきました
今は住宅メーカーさんとか、建築でも女性が多い職場は増えてきましたが
私が建築業界で仕事を始めた頃はまだまだ男社会でした

その中で、全く同じようには無理でもある程度は
男性と同じように仕事をしなければならない

元来私が女子力高い人間であるならば、それを武器に男社会で生きていけたでしょう
だけど残念ながら私は特に美人でもなければ、女子力低め・・
そんな人間が中途半端に女子力を出すと、イラッとされてしまうのです周囲の男性たちに

これはねー何度も悩んだことです
心の中で思うの
「私、女子だし!!」って

でもね40代になって吹っ切れたというか、どうでも良くなったというか、
今更どうにも出来ないというか・・

まあでもマイナス面ばかりではなくて、
男女問わず友だちになれるというプラス面もあります

最近特に男女問わず悩み相談とか愚痴を聞いたりだとかということがあって
男社会の中で生きてきたから男性の愚痴や弱音も聞けるし
もちろん女性として女子トークも楽しめるし

あ、話しがそれますが昔会社の同僚だった男友だちがいまして
今でもたまに連絡をするのですが
昨日お誕生日だったので、おめでとうメールしましたら

平坦な道でもコケるお年頃になりました

と返信がきました
私よりたしか5歳くらい上なんですけどね
あと5年でそーなるかー・・・(笑)
コメント

2歳

2016-09-11 23:59:00 | 
我が家の大和が2歳になりました



夏は玄関下がひんやり冷たいから、前の住人(住犬?)のごん太も大和もこの場所がお気に入り

そして玄関の段差解消の為に置かれている台に顔を乗せるのが定番

ただ、ごん太と大和の違いは、大和はこれ以上カメラを近付けられない

大和はごん太よりも人懐こい犬なので、
これ以上近付くと遊んでもらえると思って、ここから出てじゃれてくる

なでなでしてくれる人に対しては、すぐお腹向けて寝転がるし
よくよく考えてみれば、ペットショップにいた時も仰向けで
若干目開いた状態で寝てました

あれはホラーだった。
今も相変わらず寝ててもたまに目、開いてますけど・・


それにしても、元々種類の違うコーギーではありますが
同じコーギーなのに随分違うと感じられることがあります

それはお風呂上り

ごん太の毛はドライヤー2つ使いで乾かしてもなかなか乾かなかったのに、
大和の毛は速乾性があるので楽です
ドライヤーひとつで十分!

あと、ごん太は脱走癖があり玄関の戸が少しでも開いているとすぐ脱走して大騒ぎでしたが
大和はごん太ほど外やお散歩が好きじゃない
なので脱走もしない

家の中では暴れまわっているんですけどね

ていうか、大和とは一緒に住んでいるけどあまり接してないので
ブログに書きたい熱量がごん太の時と違うんですよねー

大和ごめーん
コメント

河童に負けない

2016-09-08 21:06:33 | 日常のこと
いつからか分からない

もう2年くらい経つだろうか・・

無性に欲する食べ物があります

それは

きゅうりの浅漬け



※イメージ


食べ物のマイブームはすぐ過ぎ去ってしまうタイプなんですけどね

きゅうりの浅漬けブームは続いております

そしてそんなキュウリ好きなアラフォーの娘のために
父はきゅうりを育て、母は収穫したきゅうりをせっせと浅漬けにしてくれていた今年の夏

両親が法事の為、父の故郷に帰省した際も新鮮なきゅうりを沢山もらってきてくれて
母はせっせと浅漬けにしてくれました

そしてこの夏、気付いたことがあります

田舎のきゅうりはなんて美味しいんだー!!!
ということ

我が家で栽培したきゅうりは特に味を感じなかったのだけど、父の実家で作られたきゅうりは濃厚で甘いのです!

今まで人生できゅうりの味について、意識したことはなかったけれど、
きゅうりに味の差があることに感動した今年の夏でした

残念ながらもう幸せな時間は終わってしまいましたが・・

来年の夏は、我が家でも美味しいきゅうりが作れるように勉強しようと
私の中できゅうり栽培への情熱が生まれています
コメント