小さな森の薔薇

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

ホウレンソウの種まき混植栽培

2019年10月29日 06時09分55秒 | 家庭菜園

 

 また水害、心痛みます。見覚えのある住所の度に気掛りです。辛いのでニュースの時間帯テレビも見ない日が続いてます。

災害に遭われた皆様心よりお見舞い申し上げます。

北国に冬が来ると言うのに・・・。ご自愛ください。

農業被害1000億円以上の報道に、農家の皆さんのご苦労が少しでも減るようにと政府の支援を切に願います。

 

 整備の済んだ畝はホウレンソウと苗が残っていたハクサイと葉ダイコン混植してみます。ダイコンは敵多し、黒いの縞模様に緑色の葉を食害するのに根まで肌荒れ。堆肥を入れました。

シラス入りダイコン葉のフリカケ、これが食べたい。

 何時も胡麻を入れるのですが無かったらしくごま油で炒めて有りました。

 

プロ農家では無いので作業性より虫を寄せ付けない植え付け、一か所で献立のメイン野菜とサブ野菜が収穫できると日暮れが早くなっても間に合います。

農家の友人に何時も「面倒くさい。」「4メータ何て畝じぁ無い。」「家庭園芸の延長の野菜だからこれで良いのよーーー。」「ふーーーん。」英国で見た菜園の美しかった事、農業と家庭菜園は別と思ってます。

マルチの穴開け前に作物を決めてから始めます。

ハクサイの残り苗。上はダイコンの予定手前にホウレンソウ。 

ホウレンソウは晩秋に種蒔きして置くと雪解け後直に収穫出来る様になります。葉物野菜がトウ菜類だけになる時期です。美味しくても飽きます。

此のところの雨で土が濡れすぎているので種蒔きは持ち越しです。

家庭菜園は完全無農薬を目指さず低農薬で手の掛からない栽培を目指しています。家庭園芸農薬は国の厳しい審査と管理の元販売されています。良く分からないから農薬が悪者扱い。ちゃんと散布回数や適応作物を確認しましょう。元販売者として「ちゃんと取扱説明書を読んでね。」です。

ジャンクフードにまみれているのに摩訶不思議、まな板漂白するでしょ。農薬だってコストだから無駄に使いません。そのお金で素敵な花苗買いたいです。

 

 自分だけ満足しても近隣の害虫の発生源になってもいかがなものでしょうか。最近は産地でも虫除けネットを使い低農薬栽培が主流のようです。農家さん向けの問屋さんの展示会で色々説明を受けます。我が家の畑も周りの家庭菜園さんがモンシロチョウの生育地で始めた頃は大変でした。

バラの鉢植えに付いて来たカタツムリやナメクジこれが畑で最近一番大変。

ヨトウムシを捕殺した後回復してきたら更にポロネギの混植と葉ネギの混植の効果有りでしょうか。偶然かしら。

今は皆さん虫除けネットを使い地域全体で虫密度減ってます。家庭菜園がプロ農家さんに迷惑かけてはいけません。緑色のバラに見えます。

夏は荒めのネット冬は保温も兼ね細かい物と使い分けられそうです。手持ちの物が傷んだら追加しようと考えてます。保温シートはドロドロになるので使い捨てかしら、強風で破けやすい。新潟市冬も台風並みの暴風雪の日が数日有ります。

 

柵脇のバラもしっかり株立ち状に育ち、葉の無い季節なりに風除けの役目を果たしています。

 

ホウレンソウがたっぷり入ったグリンカレーが食べたい。冷凍ペーストのインドカレー屋さんが増えているので鮮度の良い物で作りたい。何時ものプロ用スーパーで山ほど買うのに会います。簡単炒めタマネギも有り完成品まであと一歩の物やベースになる食材何でも有ります。レストラン規模により使い分けできそう。

インスタント食品も大好きですが、世の中に逆行し食べたい献立に合わせ栽培している食いしん坊です。

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

 

 

コメント