小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

蒸しながら乾燥

2013年06月29日 16時02分10秒 | ガーデンダイアリー

今日は何だか暑い1日でした。湿気を含んだ空気でしたが風があり夕方には結構鉢の中が乾いています。

↑昨年撒いたホリホックの花が咲きました!袋から出されていたので色が分からなかったのですが、全部八重の赤色でした。花壇が夏らしくなってきています。

↑バターカップ

↑少し薄めですがアンブリッジローズ

 

サミーは最近埃っぽいのか目がかゆい様子…。ついにエリザベス時々壁にぶつかっていますが慣れてきたようです。いつもより耳が立っているおかげか可愛いと言われる頻度が増えました。早く治ってくれますように。

 

 

 

コメント

スズメ不足

2013年06月28日 15時15分25秒 | 農薬散布履歴

去年まで何となくスズメがいるな~虫を食べてくれてラッキーと思っていたのですが。雀の群れの力は偉大でした何だか虫がいます。見つけたら補殺しているのですが間に合いません。カラスは今小さな森の敷地内の電線に住んでいます。目が合うはずはないのだけど2羽とまっています。もっと雨風に打たれない良い物件を探してほしいです。

アクテリック乳剤(殺虫剤)、サルバトーレME(殺菌剤)を散布しました。

店長はカミキリ虫を1匹見つけたそうです。触角が自由に曲がるのが怖いゴキジェットを持って庭に出る日がやってきました。卵を産まれても被害が出ないよう古い株からオルトランDXをこれから撒いていこうとおもいます。

コメント

もうすぐ夏休み

2013年06月27日 14時52分40秒 | ガーデンダイアリー

6月もあと数日。小さな森は夏休みに入ります。発送につきましては6月30日迄ご注文を受け付け致します。新潟以南のお客様はご都合と天気予報を見ながら涼しそうな日を指定して下さい。苗の負担が少なくなるかと思います。新潟市内、30度を超えた日の後は比較的落ち着いた天候ですが、7月10日頃になると夏らしい天気になってきそうです。

養生中の苗、残り僅かの苗は追肥し丁寧に水やり、しっかり育ったものを9月中旬より発送開始する予定です。予約もその頃に開始できればと思います。

※夏休みと言っても多分店にはいます。お電話下されば駐車場を開けてお待ちしております。今年は駐車場整備が夏休みの大仕事です。 

 

↑今日のお昼はいんげんとズッキーニ、ナス、厚揚げのソテー。

夏です!休みになったら何を食べようかな~と思っているのですが、ダイエットの成果?量が食べれなくなっていました。作るのが好きで食べるのも好きで・・・量を食べれない人を横目で見ながらつまらないと思っていたのですが、どうやら私もつまらない人になってしまったようです

 

 

コメント

33度の痕

2013年06月26日 09時05分08秒 | ガーデンダイアリー

今日は曇り、午後から雨。何だか蒸します。

↑先日の突然の33度はバラにとっても大変だったようです。葉が凸凹していたり、葉緑素が・・・。新しく出てきた葉は普通に戻ったのですが、これからどうなるのでしょうか。

↑ハダニかな?と思ったのですが裏を見ても特に異常はなさそう。原因は肥料切れと熱風のようです。そろそろ肥料が足りないなと思っていた時に高温と変な風が吹いた日がありました。水を吸えない状態になり葉緑素が壊れた様子。このまま葉を付けておき、水切れを起こさないよう水やりし、液肥と活力剤を混ぜたものを葉面散布すると、緑の部分が増えます。でも完全に黄色の部分をなくそうとすると難しいようです。

 

↑スノーグース

↑ヒースクリフ

↑シャリファアスマ

↑バターカップ

↑ハイドホール

↑ボスコベル

↑ロイヤルジュビリー

↑ローズオブピカディー

↑サマーソング

↑イングリッシュガーデン

 

↑メイドマリオン

 

コメント

暖かい風

2013年06月24日 20時58分52秒 | ガーデンダイアリー

今日の新潟市は風が強め。水やりしていた時は涼しくまだ昨日の夕方与えた水で濡れていたのでしっかりよりは少し軽めに水やり。お昼から変な風が吹いて裏切られた気分です。暖かい風は、鉢をまとめ寄せて置いた時と点々と離して置いておいた時と乾き方が違います。夏前に隙間を減らす予定です。隙間なく鉢をまとめて置くと葉が日陰を作り合って鉢の温度が上がるのも防いでくれます。

 

↑イングランズローズ

↑ウォラトンオールドホール

もう少しアプリコットっぽい色だったような?日差しが夏らしくなってきました。

コメント

初めてのイカ飯

2013年06月22日 19時25分10秒 | 暮らしと庭仕事

今日の新潟市は23度。先日の33度がなければもう少しバラの花が楽しめたのに・・・。1番花最後と思っていた花も2番花のようなサイズ、色で咲いていてそれもあと少しで終わりそうです。涼しい割に土が乾いていて・・・「今日水あげたの?」と店長に言われてしまいました。涼しいからバラが水を吸ったんですよ!!多分・・・。25度を超えるか超えないかで水を吸い上げる量が違う気がします。

 

今日はイカ飯に挑戦しました。頂いてばかりだったので作る事がなかったイカ飯。初挑戦でした。

それなのに・・・イカのサイズはバラバラ、「栗を入れたら美味しそうじゃない?」の一言、一体もち米はどのくらい必要なの???

↑一応完成

大きなサイズは煮足りなかったようですが、味は普通?でした。極めるかどうかは店長がこれから根気強くイカを買い続けるかどうかにかかっています。

 

コメント

殺虫、殺菌剤の散布

2013年06月20日 19時09分30秒 | 農薬散布履歴

雨と同時に虫は大きくなり、卵がふ化し…花にカビが

アクテリック乳剤(殺虫剤) サルバトーレME(殺菌剤)を散布しました。

次の散布はおそらく8月下旬。 夏場はバラも休んでいるので病気が付いても気にしない事にします。

 

 

コメント

1日雨

2013年06月19日 21時52分32秒 | ガーデンダイアリー

1日中雨。今年は雨が少なかったので久しぶりの水やりお休み。でも花はカビっぽくなりそうです

 

↑サーウォルターラレイ

↑ブレダン

上の2品種は初めて育ててみる品種。正しく咲かせられているのでしょうか。

↑レディエマハミルトン

↑ヒースクリフ 雨で横を向いてしまいました

雨の中撮影すると少し肉眼で見るのと違う色になります。実際育てている人の特権?できるだけカタログと同じ花を咲かせたい!と管理していますが上手くいっているのかどうなのか…。

花が咲いている時期は本物を見ながら花選びしてもらいたい。先日、「一枝持ってこの花をください」とお客様。日陰で育ち水も足りない様子で、本来の豪華な花姿ではありませんでした。コレですと紹介してもこの花ではないと言われてしまうとどうしようもありません。葉と枝、棘、花首は品種の特性が出ていたのですが、難しい…。管理方法や置き場所、気候によっても花の色、花弁数、サイズは変わります。2年目以降の方が根が張り本来の花姿に近くなります。カタログで紹介されている写真は一瞬を切り取ったものなので、その一瞬以外は違う姿かもしれません。季節ごとに花色が違う品種もあるので、この花ではないと言わずに楽しんで頂けると嬉しいです。

コメント

火曜日の雨

2013年06月18日 21時47分12秒 | ガーデンダイアリー

久しぶりに雨らしい雨です。実店舗は火曜日が雨だったらお休みなはずだったけれど今年初めてかもしれません。もうすぐ夏休みです。

古い店長コレクションを引きうけてくれる方が見つかったので午前中にバラを植えに行きました。来シーズンはERの入荷数を増やせそうです

植えた場所はすぐ裏は海と言う砂丘の上。砂地です。お客様で「砂地です」と言う方がいてもイマイチピンとこなかったのですが、納得。水をまいてもさらさらと表面を流れていき浸透していきません。雨の中穴掘りをしてもさらさらで掘り易かったのですが・・・。今回のバラは10年くらい植え替えせずに大きくなりたいと思っているはずなので元気に育ってくれそうです。

でも最初から裸苗を植えても少し時間がかかりそうです。周りに堆肥を漉き込みバラの土で植えた方が上手く育つ?又一つやってみたい事が増えました。

 

 

夕ご飯はアジフライ。食卓が夏らしくなってきました。

 

 

 

コメント

花後の追肥

2013年06月14日 20時45分05秒 | ガーデンダイアリー

今日も暑い1日でした。昨日より涼しいと思ったのですが、昨日が33度…。新潟ってこんなに暑かった?30度を超えるまでにはあと2~3週間必要だったような気がします。

まだ蕾が付いているもの、すでに2番花の蕾のもの、花を全部切って脇芽が出るのを待っている株とあります。少し暑いですが追肥しました。今日あげればあとは8月下旬迄固形肥料はいらないはず。時々液肥を与えながら、暑い夏を乗り切ってもらおうと思います。

暑い時期は規定量より少なめがお勧めです。特に小さな森の鉢植えは乾いたらたっぷりの水が必要なので、水を与えるたびに溶けだします。量を減らして2回に分けた方が根の傷みが少ないです。

↑クレアオースチン

 

 

 

 

コメント

今日もお休み

2013年06月12日 20時26分34秒 | ガーデンダイアリー

今日も新潟は暑い1日でした。お昼ごろ外に気温を計りに行ったら31度・・・暑いわけです。今日も外での作業はお休みです。日中は室内で過ごすことになりました。←多分バラも休んでいます。実店舗を休んでいるわけではないですがさすがに暇です。小さな森にご来店下さるお客様、ベテランさんが多いので暑い時は日の出とともに作業し日中は涼しい場所で他の趣味をしています。日焼けしているのは私だけのような???皆さん色白美人さんです。

↑トマトとパセリのコラボ鉢

少しトマトが色付いてきました。先月店長に「トマトが植えたい。」と伝えたら分かったと言って1ケース・・・。植える場所もないので勝手にトマト苗プレゼントキャンペーンで送ってしまいましたが、バラと一緒にお届けしたお客様、ちゃんと育っていますでしょうか?新潟は雨が少ないのでこれから少しハダニが心配です。

大阪に行った後撒いたバジルはようやく本葉が見え始めた所。一緒に食べるのが楽しみになってきました。

新潟は明日も31度の予想。この暑さで1番花は終わり?28度以上になるとバラは休眠し成長がゆっくりになるので、「少し休ませて~」と言っている気がします。

 

 

 

 

コメント

今日はお休み

2013年06月11日 12時52分35秒 | ガーデンダイアリー

台風の影響か日差しが強く、暑いです。30度って本当でしょうか?やっと暑さに慣れてきたと思っていたらこの暑さ、外の作業は変に移動させると苗が傷むので一休みです。

バラが咲き始めてから時々、ご飯を食べる会をしています。綺麗なバラを眺めながら美味しいお酒とご飯。夢を語るには最高です。

 

コメント

支柱の次はマルチング

2013年06月09日 21時24分30秒 | ガーデンダイアリー

今日も青空、よい天気でした。大分花が咲き進み毎日花殻摘み…皆様もお忙しい事と思います。DA社の方も、イベントが終わり疲れのピークですとのメールが入っていました

管理をする人と、沢山咲いてくれたバラの株どちらがお疲れなのでしょう???

 

そこで朗報です。ついにハイポネックスさんが活力剤と液体肥料を混ぜた「バラの為の液肥」を作ってくれました。今まで活力剤と液肥、違う希釈倍数で混ぜていたのでそれから比べるととっても分かりやすく便利です。

 

人間も3大栄養素だけでなく微量要素が足りているとストレスが溜まりにくいですし、疲れも早くとれるので、バランスの良い肥料は植物にとっても良いはず。春に液肥を開けてしまったばかりですが、使い切って秋の花の為に夏の終わりには使い始めたいと思います。

 

数日前から空いた時間は外で作業、支柱を立てた後は追肥し、土が足りない鉢植えにはマルチングを始めました。

↑小さな森で使うマルチング剤はバークたい肥です

これから熱風が吹くので接ぎ口が乾かないようにする為、微量要素を足す為、微生物に活発に動いてもらうため、夏場に保水力UPさせる為etc・・・マルチング剤によって若干目的が異なりますので管理に合ったものをお使い下さい。

 

↑昨年からバークたい肥に1~2割赤玉の小粒を混ぜています。マルチング剤と言うよりバラの土?になってしまうような・・・。バークたい肥だけで1~2センチ覆ってしまうと水やりのタイミングが分からない、乾き過ぎると堆肥が水をはじいてしまい上手く浸透していかないと言う事があったので、少し改良です。水持ちは良いのだけど土が足りないと言う時は、水はけのよいバラの土を作り足していきます。

花が終わって海の日頃までは新潟ではシュートの出やすい季節です。夏以降に出るシュートは新潟では寒さで枯れ込む場合があるので、できるだけ花後にシュートを出したい所。良い芽が出てくれますように。

 

 

 

コメント

農薬の散布

2013年06月07日 20時48分58秒 | 農薬散布履歴

今日は風がなく、時々雨・・・。何だか病気が蔓延しそうな天気。

サルバトーレME(殺菌剤)、アクテリック乳剤(殺虫剤)を夕方散布しました。

今年は虫が多いような気がします。カラスが近くでウロウロしているせいか、スズメが少ない???時々は食べに来ているようですが間に合わないようです。

殺菌剤は雨の日の前がより効果的、殺虫剤は朝より夕方の方が虫が見つかりやすい所にいるので(多分鳥が狙わない時間帯に活発に動いています)効果があるみたいです。しっかり効いてくれますように。

 

 

コメント

品種違いはないでしょうか

2013年06月07日 20時29分05秒 | ガーデンダイアリー

咲いていない品種、残り僅かになってきました。葉っぱが付いているタグと違うな~と思っていた株が3本あったのですが、やはり違う花が咲きました。葉も枝も棘も同じに見えるけれど何だか違うようなと言う株も1本。芽が出る前にお送りしたお客様、似たような葉で気が付かず送ってしまったお客様、もし何かおかしいと思ったらご連絡ください。とはいっても花色は気候や肥料によって異なりますし、1年目はカタログ通り咲かない事もあり…似たような品種があると判別が難しかったり…。私も1年通して観察しても品種が分からないままの株がいくつかあります。大抵は隣り合った畑で混ざってしまうと言うケースのようですが、思い当たらない花が咲くと枝変わり?とワクワクしてしまいます。

 

今日の小さな森は↓↓↓

↑イングリッシュヘリテージ

↑リッチフィールドエンジェル

↑ジェフハミルトン

↑スワン

↑ザ・ナン

↑ザ・リーブ

↑ワイフオブバス

↑フォールスタッフ

↑シャルロットオースチン 年数の経った株だからか、寒い時期が長かったからか花弁数が多めです。

 

↑ジインジーニアスミスターフェアチャイルド

↑サージョンベッジャマン

↑ラジオタイムズ

↑タモラ

↑チャールズダーウィン

↑サマーソング

↑ゴールデンセレブレーション

↑メイヤーオブキャスターブリッジ

↑ボスコベル

↑ヒースクリフ

↑トランクウィリティ

↑レディオブシャーロット

↑アブラハムダービー

↑ティージングジョージアはそろそろ終わり。なんとか間に合ったようです。今年はクレマチスと一緒に咲く姿が見れました。

↑ノヴァーリス

 

コメント