小さな森の薔薇

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し美味しい食卓へ

殺虫殺菌剤の散布(2020年2回目)

2020年06月12日 18時02分31秒 | 農薬散布履歴

梅雨入りししばらく曇り空が続くようです。今年の梅雨は空梅雨?雨の予報がどんどん曇りになっている気がします。今日は雲が多く光合成も盛んでない様子、久しぶりに水やりお休みでした。

ココで一度殺菌剤を散布しておくと菌が減り花後の疲れた苗も病気減らせます。そして雨の日が多くなると卵の孵化も始まるので殺虫剤も。2番花の蕾齧られたくないです。

ベニカR乳剤、サルバトーレME

散布しました。

 

全部の花が終わる前、1週間前に規定量の半分追肥しました。支柱を立てマルチングしながら規定量になるよう追肥していきます。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2020年1回目)

2020年04月29日 16時55分09秒 | 農薬散布履歴

何が食べているのか分かりませんが食害跡。今日は結構育ったホソオビを1匹捕殺しました。例年なら寒さで越冬していないはず。未だ朝の気温が低いからか目立った被害はありませんが所々気になる葉があります。毎日風が強く見合わせていましたが、殺虫殺菌剤を散布しました。

ベニカR乳剤(殺虫)、サルバトーレME(殺菌)

 

そろそろ140サイズの箱に入らない株が出てきました。品種の特性もあるので伸びた株から(75センチ以上になった株)価格を変更していきます。3月に5,000円だった株は5,300円となります。ご了承ください。160サイズが上限なので98センチを超えたら枝を曲げて入れることになります。

未だ蕾の見えない株もありますがあと1週間するとどんどん増えてきそうです。新潟で育てると開花は大体5月20日頃になります。元気に育ってきていますのでご注文お待ちしております!

 

 

風が強い日が多いです。葉の縁が傷んだり新芽がチリチリになったり。所々気になります。

 

ネズミの被害にあったバラ苗はもう少しで葉が広がりそうです。枯れそうな枝はつけたままにしています。切ると頑張らなくてもいいんだと思ってさらに枯れこんでくる場合があるので。根があれば切ってしまって今元気そうな枝に集中してもらうのもよいのかもしれません。優柔不断な私は切らずに見守る派。芽が出そうならバラが判断して芽が出ますし、効率が悪いなと思ったら枯れこみます。1番花後で判断が難しい場合は夏剪定のころまで待って枯れこんだら切り戻します。芽は出たけれど細かったり縦半分枯れこんだ枝は冬に剪定。とりあえず葉を増やし光合成をしてもらいます。

鉢植えにはまだ黒星病は出ていませんが地植えのバラ、2,3株に発生中です。まだ1度も水やりしていないところ?日陰?株が小さかったので植え付け時にたい肥をケチった株な気がします。地植えの株去年よりは乾燥していなかったので油断していました。アブラムシは見かけませんがこの数日の強風で葉がチリチリになっています。水やり丁寧に行っていこうと思います。

 

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2019年5回目)

2019年09月28日 17時31分05秒 | 農薬散布履歴

 

蕾と葉の食害跡、スリップス気になってきたので殺虫剤、殺菌剤散布しました。

ベニカR乳剤(殺虫剤)サルバトーレME(殺菌剤)

8月下旬に広がっていた新芽の葉をとるかどうか迷っていった葉が少し黒星病に。広がらないよう、水切れに注意しながら秋バラ楽しみたいと思います。

 

昨年あまり楽しめなかった、オリビアローズオースチンやジエンシェントマリナーに蕾が付き始めました。土の上に置いたため鉢の温度が上がらなかったこととLEDの照明がついていないおかげだと思うのですが、本当のところはどうなのでしょう。まだ数年検証が必要になりそうです。

オリビアローズオースチン

モリニュー

LDブレスウェイト

ウィリアムアンドキャサリン

ボスコベル

夏の花から秋の花になりつつあります。

 

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2019年4回目)

2019年09月16日 20時31分23秒 | 農薬散布履歴

曇っていたので早めに水やりをはじめ、夕方スミチオン乳剤を散布しました。チュウレンジハバチがふ化し網状になった葉が少し、蕾の食害跡も尺取虫もぽつぽつとですが気になります。

古株で早くに剪定し早めに出た葉、取り残しの古い葉には少し黒星病がついていますが、販売用の株はまだほとんどついていないようです。水切れや肥料切れで黒星病が付きやすくなるのでこれからは液肥を活用。葉が増えて必要な水の量も増えるのでたっぷりの水やりを心がけます。

新潟市ではこれから9月末までが蕾の着きやすい時期です。今日の新潟市は最高気温27度、バラ置き場は16時頃には木陰になるので15時半くらいから水やりを始めることができるようになりました。コンクリートの上だったころは今の時期はまだ17時頃に水やりしていた気がします。最低気温が20度以下の日が続くようになると暑い時間は本当にわずかなので時間帯は気にしなくてもよくなります。

新しい噴霧器今までのより使い勝手が良いです!秋バラのころの虫は一斉に発生するのではなく、いつの間にか蕾に食害跡ができたり、スリップスが気になったり。あと1,2回農薬散布予定です。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2019年3回目)

2019年08月27日 19時02分50秒 | 農薬散布履歴

ざっくり夏剪定が終わりました。明日から雨が続きそうなので、追肥と殺虫殺菌剤の散布です。7月に撒こうと思ったときに強風だったので水やりの時に捕殺を続けていました。ホソオビとイラガが夏の間はぽつぽつ。目に余る食害はありませんでした。

 

ベニカR乳剤(殺虫)、サルバトーレME(殺菌)、展着剤にダイン

これから晴れ間を見て古い葉をむしり、細い枝や枯れた枝を整理していく予定です。鉢植えの古い葉はむしったほうが新しい葉に病気がうつらず秋バラがきれいに楽しめます。

 

夏の花は花弁少なめ。潔く夏剪定したつもりですが細い枝でぽつぽつ咲いています。

↑イモージェン

↑スカイラーク

↑ロイヤルジュビリー

夏に暑がり葉が少し白っぽいです。コンクリートの上の時よりはよさそうですが…ロイヤルジュビリー、キャロリンナイト、ポートサンライトは暑がっていました。

↑サーウォルタースコット

↑ベンジャミンブリテン

↑レディエマハミルトン

↑オリビアローズオースチン

↑ウィズリー2008

↑ハーロウカー

夏の花が一番濃くなります。新潟では秋の花も春よりは濃くなりやすいです。

↑ストロベリーヒル

↑サージョンベッジャマン

↑エグランティーヌ

↑ザ・ピルグリム

↑プリンセスアン

↑モリニュー

↑スーザン・ウィリアムズ=エリス

↑プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント

↑スピリット・オブ・フリーダム

↑トランクウィリティ

↑セント・スィザン

↑ロアルド・ダール

↑サー・ウォルター・スコット

↑カミキリムシの被害は今のところ4鉢。近所のイチゴのハウスは全部秋に小松菜のハウスになるようです。全部抜かれて蜂もいなくなりました。来年は6月末にオルトランDX撒こうと思います。

 

気温が高くなってからは移動させないで養生していましたし、コンクリートの上で栽培していた時よりも早く鉢の温度が下がっているようなので今のところ暑さで枯れた株や株元が揺れて枯れこむ株はなさそうです。ただ今年は1日1回の水やり。←去年は毎日2回撒いていました。9月は急に気温が高くなったりで突然調子が悪くなる株があるのでもう少し様子を見てからHPから秋バラを購入できるようにする予定です。発送は9月の20日過ぎを予定しています。予約も9月中旬から始めますのでどうぞよろしくお願いいたします。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2019年2回目)

2019年06月02日 07時01分00秒 | 農薬散布履歴

雨が降った2日後から食害跡がチラホラ。前の散布から10日ほどたった後だったので撒きたかったのですが、蛙がたくさんいて撒いていいのかどうか。

 

 

でもこれ以上バラの開花が進む前に撒きたい!

ベニカR乳剤(殺虫剤)  サルバトーレME(殺菌剤)

6月1日に散布しました。

夕方の散布のほうが虫が上に登っていて効果が期待できるので、夕方に散布。前の日は雨が降り水やりがお休みだったので、朝来てから水やりし夕方に農薬散布しました。翌日の水やりは朝。夕方足りないところに水をやり、その次の日はまた夕方の水やりに戻す予定。今後の気温次第です。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2019年1回目)

2019年05月07日 07時48分01秒 | 農薬散布履歴

鉢植えは順調、地植えは結構アブラムシ被害が…。雪が少なかったせいか3月水が足りなかったようです。来年はゆっくり畑の水やりができるといいな…。

販売用のバラにはアブラムシはほとんどついていないのですが、ゾウムシ?の食害跡やヨトウガ?っぽい幼虫の食害跡がちらほら。ヨトウガ前の店にいた幼虫となんだかサイズが違う気がします。大きい!一昨日夕方水やりをしたら5匹捕殺できたので、まだいる可能性大。1回農薬を散布し、開花前の被害を抑えます。

・ベニカR乳剤

・stサプロール乳剤

あと展着剤でダインをまぜました。

 

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2018年5回目)

2018年09月20日 19時00分29秒 | 農薬散布履歴

夏剪定と同時にオルトランDXを撒きました。最後に撒き終わった苗は2週間前。葉の先端に食害痕がちらほら。

↑この時期は葉が開いていないところに潜んでいるので、浸透移行性のある薬剤がお勧め

ベニカR乳剤(殺虫剤)サルバトーレME(殺菌剤)

昨年はスミチオンを撒いた後も食害があったので、今年はベニカR乳剤にしました。効いていると良いなと思います。

 

 

夏剪定後曇りや雨の日が多く少し日照不足???まだ少し葉は足りませんが蕾が見え始めました。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2018年4回目)

2018年07月14日 20時27分53秒 | 農薬散布履歴

近所の草原が減ったおかげ?で今年はコガネムシが少ないような気がします。前回の農薬散布から1か月、さすがに小さな食害跡が気になるようになってきました。決定的だったのが2,3日前に孵化したであろう、イラガ…。知らないうちにかぶれたりしたくないので農薬散布しました。水やりをしていると朝より夕方のほうが見つけやすいので、小さな森では夕方に散布するようにしています。朝だと鳥に見つかるのかもしれません。

使用した農薬

スミチオン(殺虫)、トップジンM粉剤(殺菌)

ほかに展着剤

以前よりは平気ですが、やっぱり大きな虫は触りたくない~。しっかり効いていますように。

 

 

 

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2018年3回目)

2018年06月06日 20時29分51秒 | 農薬散布履歴

折角花を楽しんでいる所に、葉と蕾に食害痕…。そして花がら摘みの際は裏に卵発見!湿度も高く孵化するとさらに被害が大きくなりそうなので、殺虫剤散布しました。まだ病気はそれほどついていないですが、早めに花が咲き終わり肥料が間に合わなかったところに発生時始める季節。殺菌剤も混ぜました。

 

使用した農薬

ベニカR乳剤(殺虫剤)、サルバトーレME(殺菌剤)

蕾の中にいると浸透移行性のない農薬は効かないのでベニカR。3回連続ですが使用回数は6回以内のようなので、もう1回夏前に散布するとしたら違うものを撒こうと思います。隣の樹木が伐採されて1年。あと1,2年虫を増やさなければ徐々に減っていくはず。

 

 

毎年違う枝にピンクが咲いたり。今年はピンクが1輪と↑の花が1輪。ウィンチェスターキャシドラルの古株面白いです。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2018年2回目)

2018年05月22日 21時26分54秒 | 農薬散布履歴

雨が降った後の3日目、3日くらい湿度が高い時がありまた葉に食害痕発見。殺虫殺菌剤散布しました。

使用した農薬はベニカR乳剤(殺虫) サプロール(殺菌)

明日も雨の予報です。まだ病気は見当たりませんが湿度が高くなると雑菌が増えやすくなるので、殺虫剤と一緒に散布。殺虫剤1種類と殺菌剤1種類は混ぜても大丈夫です。

去年も大体同じころに散布していたようです。今年の方が晴れが多い気がします。去年はジュードジオブスキュアが開花中にすごい湿度が高い日が続き水をかけたり雨に当てたわけでもないのに1,2日で花弁が茶色くなったような…。強風も突然の高温も、高い湿度や雨続き1番花の頃には遭遇したくない天気です。穏やかな日が続きますように。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2018年1回目)

2018年05月06日 18時25分23秒 | 農薬散布履歴

いつまでも寒かった今年の冬、虫の発生も昨年より遅いようです。

5月1日に葉裏に虫の卵発見!

5月2,3日雨で虫が孵化した感じ…

4,5日に撒こうと思っていたのですが、風が強すぎて撒けず。今日ようやく撒けました。

使用した農薬

ベニカR乳剤(殺虫剤)、サルバトーレME(殺菌剤)

 

発生初期。付いている鉢数は少ないようでしたが、ベニカR乳剤は浸透移行性がありしばらく効いているので我慢しないで撒きました。2,3年前ならこの程度だと1週間は粘って捕殺していました。高温の日が少ないので病気は見当たりませんでしたが、これから曇りの日が多くなりそうなのでここで1回殺菌。「芽が出る前に1度殺菌しておくと良いですよ」と言いながら、すみません。芽出し肥えを与え水が足りているとあまり病気は付かないようです。

 

昨日までの強風は、場所によっては枝が折れたり葉がボロボロ。気温が高くなかったのでそれほど被害は大きくなさそう、この2,3日中に結果が出ます。水やりした所は多分大丈夫のはず。ブラインドになっていませんように。

 

 

 

コメント

スミチオン散布しました(2017年7回目)

2017年09月27日 18時51分10秒 | 農薬散布履歴

夜に雨が降る日が数日有りました。湿度が高いのか葉の食害、蕾の食害が…。ベニカR乳剤の散布後に出た新しい葉に着いたようです。浸透移行性があるため大きくは育っていないのですが食害は食害。折角出た新しい葉に虫が着くのはショックです。気になります。

 

スミチオン散布しました。

 

今年最後の農薬散布になればよいのですが、気温や天候次第です。小さな森では結構秋バラ咲き始めました。このまま穏やかな気候が続きますように。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2017年6回目)

2017年09月14日 13時52分03秒 | 農薬散布履歴

オルトランDXを撒き終わって2週間以上経った株が出てきました。葉が網目状に食害されている所と、ぽつぽつ小さな穴が開いている所が…。虫の孵化が始まったようです。去年ここで油断して蕾が結構食害の被害にあったので、殺虫剤を散布。殺菌剤はついでです。

 

ベニカR乳剤(殺虫)、サルバトーレME(殺菌)

を撒きました。

コメント

殺菌剤の散布(2017年殺菌剤は5回目)

2017年09月03日 21時52分58秒 | 農薬散布履歴

前と後ろ側2か所に分かれているバラ置き場、今日は後ろ側の苗に殺菌剤を撒きました。

 

使用した農薬は トップジンM粉剤(殺菌)葉がほとんどない事と開花に関係ない時期なので枝が白くなっても平気。ダコニール1000やベンレートなどとも迷いましたが、トップジンM粉剤大袋を開けてしまったので...。次はサルバトーレMEを散布予定。

 

2,3日中に前側のバラも殺菌剤散布予定です。

 

コメント