小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ園への道、イングリッシュローズ栽培のコツや土づくりのために家庭菜園を楽しむ日々を記録してます。

殺虫殺菌剤の散布(2018年4回目)

2018年07月14日 20時27分53秒 | 農薬散布履歴

近所の草原が減ったおかげ?で今年はコガネムシが少ないような気がします。前回の農薬散布から1か月、さすがに小さな食害跡が気になるようになってきました。決定的だったのが2,3日前に孵化したであろう、イラガ…。知らないうちにかぶれたりしたくないので農薬散布しました。水やりをしていると朝より夕方のほうが見つけやすいので、小さな森では夕方に散布するようにしています。朝だと鳥に見つかるのかもしれません。

使用した農薬

スミチオン(殺虫)、トップジンM粉剤(殺菌)

ほかに展着剤

以前よりは平気ですが、やっぱり大きな虫は触りたくない~。しっかり効いていますように。

 

 

 

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2018年3回目)

2018年06月06日 20時29分51秒 | 農薬散布履歴

折角花を楽しんでいる所に、葉と蕾に食害痕…。そして花がら摘みの際は裏に卵発見!湿度も高く孵化するとさらに被害が大きくなりそうなので、殺虫剤散布しました。まだ病気はそれほどついていないですが、早めに花が咲き終わり肥料が間に合わなかったところに発生時始める季節。殺菌剤も混ぜました。

 

使用した農薬

ベニカR乳剤(殺虫剤)、サルバトーレME(殺菌剤)

蕾の中にいると浸透移行性のない農薬は効かないのでベニカR。3回連続ですが使用回数は6回以内のようなので、もう1回夏前に散布するとしたら違うものを撒こうと思います。隣の樹木が伐採されて1年。あと1,2年虫を増やさなければ徐々に減っていくはず。

 

 

毎年違う枝にピンクが咲いたり。今年はピンクが1輪と↑の花が1輪。ウィンチェスターキャシドラルの古株面白いです。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2018年2回目)

2018年05月22日 21時26分54秒 | 農薬散布履歴

雨が降った後の3日目、3日くらい湿度が高い時がありまた葉に食害痕発見。殺虫殺菌剤散布しました。

使用した農薬はベニカR乳剤(殺虫) サプロール(殺菌)

明日も雨の予報です。まだ病気は見当たりませんが湿度が高くなると雑菌が増えやすくなるので、殺虫剤と一緒に散布。殺虫剤1種類と殺菌剤1種類は混ぜても大丈夫です。

去年も大体同じころに散布していたようです。今年の方が晴れが多い気がします。去年はジュードジオブスキュアが開花中にすごい湿度が高い日が続き水をかけたり雨に当てたわけでもないのに1,2日で花弁が茶色くなったような…。強風も突然の高温も、高い湿度や雨続き1番花の頃には遭遇したくない天気です。穏やかな日が続きますように。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2018年1回目)

2018年05月06日 18時25分23秒 | 農薬散布履歴

いつまでも寒かった今年の冬、虫の発生も昨年より遅いようです。

5月1日に葉裏に虫の卵発見!

5月2,3日雨で虫が孵化した感じ…

4,5日に撒こうと思っていたのですが、風が強すぎて撒けず。今日ようやく撒けました。

使用した農薬

ベニカR乳剤(殺虫剤)、サルバトーレME(殺菌剤)

 

発生初期。付いている鉢数は少ないようでしたが、ベニカR乳剤は浸透移行性がありしばらく効いているので我慢しないで撒きました。2,3年前ならこの程度だと1週間は粘って捕殺していました。高温の日が少ないので病気は見当たりませんでしたが、これから曇りの日が多くなりそうなのでここで1回殺菌。「芽が出る前に1度殺菌しておくと良いですよ」と言いながら、すみません。芽出し肥えを与え水が足りているとあまり病気は付かないようです。

 

昨日までの強風は、場所によっては枝が折れたり葉がボロボロ。気温が高くなかったのでそれほど被害は大きくなさそう、この2,3日中に結果が出ます。水やりした所は多分大丈夫のはず。ブラインドになっていませんように。

 

 

 

コメント

スミチオン散布しました(2017年7回目)

2017年09月27日 18時51分10秒 | 農薬散布履歴

夜に雨が降る日が数日有りました。湿度が高いのか葉の食害、蕾の食害が…。ベニカR乳剤の散布後に出た新しい葉に着いたようです。浸透移行性があるため大きくは育っていないのですが食害は食害。折角出た新しい葉に虫が着くのはショックです。気になります。

 

スミチオン散布しました。

 

今年最後の農薬散布になればよいのですが、気温や天候次第です。小さな森では結構秋バラ咲き始めました。このまま穏やかな気候が続きますように。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2017年6回目)

2017年09月14日 13時52分03秒 | 農薬散布履歴

オルトランDXを撒き終わって2週間以上経った株が出てきました。葉が網目状に食害されている所と、ぽつぽつ小さな穴が開いている所が…。虫の孵化が始まったようです。去年ここで油断して蕾が結構食害の被害にあったので、殺虫剤を散布。殺菌剤はついでです。

 

ベニカR乳剤(殺虫)、サルバトーレME(殺菌)

を撒きました。

コメント

殺菌剤の散布(2017年殺菌剤は5回目)

2017年09月03日 21時52分58秒 | 農薬散布履歴

前と後ろ側2か所に分かれているバラ置き場、今日は後ろ側の苗に殺菌剤を撒きました。

 

使用した農薬は トップジンM粉剤(殺菌)葉がほとんどない事と開花に関係ない時期なので枝が白くなっても平気。ダコニール1000やベンレートなどとも迷いましたが、トップジンM粉剤大袋を開けてしまったので...。次はサルバトーレMEを散布予定。

 

2,3日中に前側のバラも殺菌剤散布予定です。

 

コメント

オルトランDX撒いている所です

2017年09月01日 11時10分03秒 | 農薬散布履歴

夏剪定順調?です。販売用の鉢終えはあと2,3日あれば終わりそうです。花壇のバラもざっくり剪定を5日までに終わらせたい所。日中は晴れの日が多く、気温も着実に下がっているので去年よりも捗っています。

追肥しながらオルトランDX も一緒に撒いています。明後日には殺菌剤を撒きたい!!ここで病気をリセット。秋も綺麗な葉が茂った状態で花が楽しめますように。

コメント (3)

殺虫剤の散布(2017年5回目)

2017年07月31日 06時48分30秒 | 農薬散布履歴

バラの葉に食害痕…。イラガと今までにバラについたことのない毛虫発見。歩道の整備で小さな森から200m先までの樹木が全部伐採されたのでバラについたのだと思われます。あまりバラの葉は好きではないのかもしれません。食べ方が去年と違い葉脈を残して全部ではなく所々に穴。油断するとイラガに刺されます。今年のバラ苗の支柱立てはほぼ終わったので、次は前シーズンの苗の支柱立てと草取りです。

数代先でバラを食べるように進化されても困るのでスミチオン散布しました。

前のベニカ水和剤が効いているのか、イラガ、ホソオビ、他の毛虫も今年は小さい個体が多いです。

コメント

殺虫殺菌剤の散布(2017年4回目)

2017年07月12日 19時39分15秒 | 農薬散布履歴

雨のあとは30度越えの日が連続・・・。ホソオビとチュウレンジハバチ、そしてチョウチョがよく飛んでいるので殺虫しようと思っていたのですが、涼しい時間帯に撒きたいのに日差しが強く涼しい時間帯は結局水やりの時間に。中々撒けませんでした。今日は雨の予報でしたが曇り!朝水やり後に殺虫殺菌剤を散布しました。5-6時に水やりを終わらせその後7時半までに農薬散布し終わったみたいです。

使用した農薬

ベニカ水和剤(殺虫)トップジンM粉剤(殺菌)

 

どちらも葉が白くなる?農薬です。発送中はあまり白くならないものを撒くためにも発送がお休みの間や休眠期中に粉剤などの葉が白くなる農薬を使います。つい簡単だからとサルバトーレMEやスミチオン、ベニカR乳剤を多用しがちになってしまうので。

殺菌剤は必要ないかなとも思ったのですが一応、もう少し光合成をしてもらってあと2週間以内に新しいシュートが出てくれるバラが増えると良いなと思っています。寒さに負けない枝を伸ばすには7月中がお勧め。(お盆過ぎのシュートは新潟では枯れこむことがあります。この辺りは地域差が大きいので、観察していつまでにシュートを出した方がより元気に育つのか検証してください)

これから高温の日が続くとバラは夏休眠に入ります。葉を落とすのは休むための準備なので殺菌剤の使用しすぎに注意です。バラにとって夏場はがきれいについたままの状態は厚着して体温調節ができなくなるようなもの。(←品種による堪えられる気温の差は異なります)涼しい時間帯の水やりを心がけ、乾いたらたっぷり、多少黒星病が着いても気にしません。気温が低くなると自然と脇芽が伸びてきます。

それにしても今年はゴマダラカミキリムシが多いです。私だけでも10匹は捕殺しました。近所の野良イチジクが発生源???ベニカ水和剤が効いてくれると良いのですが…。毎日水やりしながらおがくずが出ていないか株元チェックです。初期であればオルトランDXを撒けばほぼ被害0で治まります。

 

 

 

 

 

コメント (4)