小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ園への道、イングリッシュローズ栽培のコツや土づくりのために家庭菜園を楽しむ日々を記録してます。

2007年09月27日 14時50分09秒 | マイガーデン(店長のつぶやき)
心地よい雨の音で夜中に目が覚め、もう一度深い眠りに就きました。乾いた庭に久しぶりの恵となり、残暑も去り清々しい朝を迎えることが出来ました。昨日雑草に覆われた庭の手入れを始めた所、地面を被っていたアジュカも息も絶え絶えで水を欲しがり、しんなりした様子で限界なのだろうと思って時間を掛け水やりした所でした。所詮ホースで撒いた水も庭全体に行き渡る訳もないしと思っていたときの雨でした。九月になっても連日30度を越す残暑に、ついに新潟は冬と夏しか無い地域になったのかと思えるほどの天候です。しかし天候に左右されずに約束どおりお彼岸にはリコリスも咲いています。自分の都合で生きている身としては植物にさえ出来るのにと反省。
バラの蕾も沢山見え始めました。今週の天気予報は30度越えは有りません。2007.9.25
コメント

熱風

2007年09月20日 16時46分39秒 | ガーデンダイアリー
 夜は涼しくなったのに日中は相変わらず30度の日が続いています。そしてフェーン現象なのか熱風がビュンビュン吹いて…。翌日見たら葉をつけたまましおれて枝に縦皺が入っている鉢が1鉢。限界を超え完全に乾いてしまったようです。今強めに剪定をして様子を見ています。ほかに調子が悪いのは、草取りをして土が浮いてしまったものが2,3鉢。調子が悪いなぁと思って指先で土を押してみると指が付け根まで埋まってしまいました。土がしっかり入っていないと根が乾燥しやすくなるし、水も吸えないですよね。風で倒れて起こしたとき、根が張る草を取ったときには土がしっかり入っているか確かめたほうがよさそうです。裸苗の植え付け直後の鉢の転倒にもご注意を。昨年も例年通り置く場所がなく駐車場に置いていたのですが、轢かれて転倒した鉢は枯れてしまいました。少し土がこぼれた程度だから大丈夫だろうと思っていたのに…(今年は鉢が倒れたら1から植え直します)。どうすると枯れるかを実践で学んでいる毎日です。もうこれ以上暑くはならないだろうと思うので枯らさないようにしたい。でも弱っているほど追肥したくなったり水をたっぷりあげたい(>_<)。「うまくいくコツはし過ぎない事」といつものように自分に言い聞かせています。
ほかのバラはとっても元気で葉が茂り花も咲いて蕾の数も増えています。元気なバラの花ガラ摘みをしてもう1回咲かせることと、これから入荷する花苗の手入れに集中しながら弱っているバラも見守って行きたいです。
コメント

農薬の散布(5回目)

2007年09月17日 17時06分27秒 | 農薬散布履歴
 ついに我が店にも恐怖のアメリカシロヒトリが風に乗ってやってきました。見た目的には芋虫系のほうが苦手なのですが、被れると思うとやっぱりアメシロも怖い…。散布したのは「オルトラン液剤」。暑い時間帯に散布すると薬害が出るので早朝散布しました。
コメント

予約が始まりました

2007年09月12日 17時35分34秒 | ガーデンダイアリー
イングリッシュローズ苗の予約が始まりました。7月にパソコンが壊れ、バックアップごとデータが消えてしまったので事前にいままで御注文いただいたお客様にお知らせできないまま予約の開始となってしまいました。本当にすみません。

今、在庫の苗は着々と蕾がついています。今年は夜涼しくなってから水やりしたからか8月中旬頃?についた蕾がぽつぽつ咲き始めました。もう少し大きな花は10月に開くのではないでしょうか。
コメント

追肥完了

2007年09月10日 14時48分22秒 | ガーデンダイアリー
 8月23日頃から追肥をはじめ先週バラの追肥が終わりました。夏についていた蕾が小さいながらも開き始め新しい葉も茂ってきました。少し涼しくなってきたので道沿いにあるクリスマスローズや暑さで弱っている植物にも一緒に追肥。あと1週間もすると見違えるのではないでしょうか。

 イングリッシュローズの受注確認書も届きましたのであと2,3日で予約開始できる予定です。
コメント

秋らしくなってきました

2007年09月10日 14時32分06秒 | マイガーデン(店長のつぶやき)
九月に入っても最高気温30度の日が続いていますが、日没は早くなり水まきの時聞こえる虫の音は既に秋が到来している事を告げています。八月の下旬に草取りと追肥をしたバラにも蕾が見え、暑さで弱った株も新しい葉がで始め、夜のみずやりを重視した甲斐が有りました。36度にもなる数週間日中の高温時に鉢の中の水分が多いとどうしても根が傷み、涼しくなっても回復に時間が掛かり秋の花がたくさん咲かずに蕾のまま冬を迎えてしまう結果になるようです。
鉢植えの場合は水やりの時間、量で結果が随分違ってきます。来年の参考にしていただければ春からバラ栽培で良い結果が得られるのではないでしょうか。
肥料やりを行っていない方は一日も早く与えてください。
新潟産のチューリップの販売が始まりました。ビオラやパンジーなどの花と一緒に植え込んでも楽しいし、人気品種は毎年早くに販売が終了しますのでお早めにお求め下さい。植え時は十月中旬以降、年内一杯です。
ビオラも九月下旬には販売予定です。

近年春になってから苗ではなく秋植え球根を買いに来店する方が増え、便利な世の中になってしまい、いつでも何でも思いついたときに買えると錯覚している方が増えてしまったのか、基本的な知識がない方が増えたのかとお店のほうでは戸惑っています。
バラに与える肥料も、この商品だったらどんな状態でも上手く行くのではなく、環境や季節やバラの状態で変えていくものだ位の、探
究心があっても良いのではないでしょうか。

花を育て楽しむ、飾ったりプレゼントしたり暮らしを楽しむ事の一つと考えています。全国のバラが大好きな人と出会え毎日楽しく仕事をしています。2007.9.9
コメント