小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ園への道、イングリッシュローズ栽培のコツや土づくりのために家庭菜園を楽しむ日々を記録してます。

雨上がりに殺虫剤

2018年08月16日 07時25分52秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

久し振りの雨に植物たちもホッとした事と思います。

先週から虫たちが飛び雨の予感がするのかしらと夫と収穫の終わったトウモロコシを片付けたりしてました。8月下旬が最後の虫のピークかも知れません。

 

雨を予測して卵を産んでいるとしたらすぐに食害が始まります。隣地角の桑の木にアメシロが沢山いますが流石によそ様の大きな木にまで消毒できません。昨年の10倍は食害しているように見えます。

我が家もピンポイントで固まっている間に殺虫剤を散布しました。

バラにも剪定後新芽が伸び始めたら一度秋バラの為に消毒したほうが良いです。畑のはオルトランDX顆粒を根元に撒いて有るので大丈夫です。ここだけ叩いておくと後半寒くなるので食害する虫が少ない。

 

農薬は殺虫剤と殺菌剤各一種類づつ混合しても良いですが、殺虫剤二種類混合は主成分が重複したりするのでしてはいけません。薬害が出る場合が有ります。

例えば オルトランDX顆粒を根元に撒いたのにオルトラン液剤を散布等です。

 

庭全体や広範囲、薬剤を散布する時間も気温が下がる夕方風の無い時にします。メーカーさん同士の薬害データーは無いようなので複数のメーカーの混合液も要注意です。必ず注意事項や取扱説明書を読みましょう。

農薬の総使用回数を守るため店では農薬の散布履歴を残しています。

 

小さな森の基本は良い肥料と丁寧な管理でカツチリした株を育てる、虫の発生初期に叩く。

観察を日課にしてます。

家庭菜園も虫よけネットを使っているのでモンシロチョウは減りました。好んで食べる植物が決まっているので対策は効果が有ります。農地なので自分だけ無農薬も難しいです。虫の発生が少ない時期に促成栽培したトウモロコシの冷凍品を食べさせたら、昨年を知っている次女が驚いていました。

 

 

雨降り休みが終わったら、本格的にバラの夏剪定を始めます。雨で肥料や農薬も効果が出て来ます。予測できる事は先手を打ちます。なので年間管理も簡単です。

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

 

コメント

花殻摘みと施肥

2018年08月13日 08時39分33秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

 

 北国は未だ暑いのに、10月初旬秋にバラを楽しもうと種の付いた枝を剪定始めました。家庭菜園とバラの作業を交互にしています。

 

北側の畑は耕作放棄地から菜園へと制覇したので柵脇に軽トラックを寄せ剪定枝を乗せながら作業を進めます。軽トラも超が付くほど古いです。ダンプ型なのでなかなか使い勝手が良く修繕しながら使用しています。

 

6月に植え付けた株も元気が出始めました。

 

庭に植え付け時に鉢植えの土の上3センチ目安に深植え、根元からシュートが出ました。

 

 

秋バラは10月10日を目安に、春バラは5月20日から開花を目安に栽培してます。

家庭の庭では無いので一番花後は放任花殻は摘みませんが咲きたい品種が咲いてます。

鉢植え時代の脇に倒れる茎を切りながら大まかに剪定、畑は枝拾いの簡素化の為に細かい事は気にせずです。

 

 

追肥型のマグアンプⅢBBを軽く一握り根元にパラりと撒きます。何時ものオルトランDX顆粒も規定量撒きます。花のピーク時に合わせ害虫防除しますが、それ以外は野鳥に任せ農薬散布はしません。二年で作業計画が見えて来ました。

 

先週作業した所回復してきました。

 

夏の間伸び倒れそうな茎に支柱を立てながら草取りしやすい株姿に仕立てます。

野菜の畝を短くしたので通路が広くなりました。繰り返し耕耘し堆肥を混ぜ込んだことでバラ栽培の為の土づくり結構いい感じになってきました。

悩んで考えているより始めれば終わります。口だけで動かなければまた耕作放棄地に逆戻りです。

南の角から西のハウス脇までの約80メーター程で4日掛けるつもりで始めますが、ハサミで切り始めると徐々にスピードアップ老体をイタワリツツ予定より早く終わると満足します。

まだ出来ますわよ。達成可能な目標を掲げ、達成したら自分をほめて労わります。

 

棘で大変なので夫は習う気が無い、ズルいです。「センス無いからー。」その代わり枝拾いは丁寧にしてくれます。

 

道さえ見つけられない程荒れ果てた耕作放棄地に秋バラの季節が来ます。挫折せず来られたのは読み続けてくださった皆様のお陰です。

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。 

コメント

葉が高温障害

2018年08月12日 08時30分45秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

 

柵脇の丁寧な除草をしすぎたのか葉が焼けてます。

日焼けです。北側の畑なのに乾燥が激しい所です。水切れした日に日焼けその後適度な水分茎は枯れていないけれど葉が傷んでます。

これが始まったので時々様子を見ながら水やりを始めました。

隣の根付いた株の葉を乗せて見ました。

これくらい葉緑素が水不足で壊れます。

最高気温35度と一月以上の乾燥です。バラにとっては厳しい暑さです。

 

 

この下2枚は葉ダニです。

似ているけど違います。葉裏を返すと細かい粉が付いたようになってます。店で根詰まりしていて水が吸い上げにくく乾燥が進んだ結果葉ダニ被害が広がったようです。基本花が咲いているときは葉水を掛けません。

今年は春先から乾燥が続いてました。

シュートが出始めた頃に水切れ根元から30センチ程度が日焼け

水やり後伸びた茎と葉綺麗です。

根元は日焼け

下の写真は葉のなかったシュートに水やりを始めたら新葉が広がって来ました。

乾燥したら葉から水分を蒸散させないように、水がもらえる日を待っていたようです。

根元も新しいシュートが出始めました。

どんなアクシデントにも対応しながらチャンスが有れば花を咲かせ実を付けようとする姿勢、学ぶことが多いです。

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

コメント (2)

台風が来る前にバラの支柱立て

2018年08月08日 09時05分33秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

 

一か月ぶりに雨らしい雨。

台風が接近しています。真っ直ぐ日本海に抜け無いで山越え出来ずに太平洋側を北上するようです。

それでも影響がないわけでは有りません。

越後連山の方向を見ると雲も低く、雨は降りそうも無いです。

土増ししたカクレミノ脇の通路のバラに支柱建てします。

南北に開けている場所なので風の影響を受けやすい畑です。マルチしたのでたっぷり水やりして来ました。

バラの数が増えてきているのでやり直しを少なくする工夫が必要になってきています。

長持ちするのが良いか、色を統一するか新しく購入する最初の一個は悩みます。アーチは塗装したらよいので良いのですが小物の方が悩みます。案外黒い物が無い。取りあえず店の篠竹を使い古しです。

北側の畑はほぼ制覇したので残りは南側の畑です。

南東の角地にそびえたつようなメタセコイアやニセアカシアの陰になります。台風の影響も困るし日陰の畑も困ります。

 

 

台風の被害が起きませんように祈るばかりです。

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

コメント

秋バラの為に増し土

2018年08月05日 11時11分18秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

雨の予報で気になっていた箇所の手入れです。 

暑いですが8月初旬もうすぐ旧暦のお盆です。特別なことは有りませんが夏剪定を下旬に予定しています。乾燥で弱っているところに土増ししてみます。

初年度の冬に植え付けたところです。

 

春先に乾燥でスリーブになりその後増し土したジェネラス・ガーデナーは数本のシュートが出ています。他は前面に草花が植え付けて有りしなかった所です。後ろの花壇の土を移動します。ついでに堆肥を混ぜ込んでおきます。此処も元肥の効果が無くなっていると思えるので少しだけ入れて見ます。

ナスに水やりするのでつい角は水やりしてました。更に葉が茂りツワブキに水やりするので差が出ています。水不足は細かい茎から枯れ込み、新しいシュートが出ていません。

柵脇を気にしていたのにここは忘れてました。


 

枯れ枝を切り取り、いつも厄介なヤブガラシの根もついでに掘り起こします。

 

古い茎を根元から切り落とします。根元が露出してます。

元肥を入れていなかったので追肥、まだ暑いので施肥してよいのは数年植え付けて有り活着している株だけです。

モグラ穴が有ったので土中の虫を減らすためにオルトランDX顆粒も撒いておきます。

不要な古枝を切り水やりや雨で流れた土を足します。傾斜しているので二年で根元が露出してしまいました。

 

支柱も立てます。大型になるタイプは株元が揺れると枯れる原因になります。

これから台風シーズンになります、今日は時間切れ明日支柱立てをします。

後はいつもの水やり

様子見します。

ついでに土を足したのでムスカリの球根をバラマキ、もう少し新根が出始めていました。急がないと葉が出ます。

土を掛けます。小さな球根類は横向きになっても葉が出るうちに修正されてます。

乾燥する場所なのでマルチングしました。株元3センチ乗せで枯れた株は今までありません、耐えていたのが潤沢に水をもらえるようになるとシュートが出やすくなります。

 

鉢植えも支柱をすると台風シーズンに株元が揺れません。大きな鉢は倒れない分株元が揺れます。鉢植えの場合い、一番花以降出来るだけ移動しないようにします。株元が揺れる事である日突然枯れる原因になります、店では鉢を寄せ風で揺れない工夫と互いの鉢で日陰を作り乾燥しすぎない用にもしています。肥料バランスとしっかり水やりで病気は出たことは有りません。

 

 

 本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

コメント

初めて水やりの地植えバラ

2018年07月21日 10時30分54秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

 

日中は時間を持て余しているのに、さあお気に入りの「お蕎麦屋さんに行かない。」「暑くて家にいた方がいい。」帰ってくる答えは何時もの夏休みの始まりです。バラの鉢を動かしたくないので始めた夏季休業です。

普通の園芸店の頃は10日づつ交代で休みを取り、春からの疲れとリフレッシュ休暇でした。

夏園芸店は野菜種を販売していないと超暇です。

春の残りの観葉植物や草花に水やりが仕事でした。今は早朝の草取りや野菜の収穫と更に旅に出ることも出来ない夏休みです。冬は水やりが無いので雪の無い地域に遊びに行けば楽しいです。

  

 

オールドローズも緑の茎は昨年のシュート、ブロンズ色に見えるのは今年のシュート。夏剪定時期に古い茎は切り落として株を若返らせます。

昨日草取りしたオールドローズの一列に今年初めて水やりしました。

今日はこの列のみ、畑はいくつかのブロックに分けて10日に一度水やりを始めました。元気なので水が必要です。昨年の夏は与えていません。

一か所30分以上掛けます。

 

バラたちも最低気温25度を越えると水の吸い上げ量が減り土が乾きにくくなります。店は鉢植えなので水やりは欠かせませんが葉が落ちても夏剪定で切り落とすので心配ないです。

汚い葉を全部むしって綺麗な葉を出させる農園も有ります。古い葉を大事にしすぎると秋バラが沢山咲きません。

宅配の規格が厳密になり箱に入るよう予測して夏剪定するのでバッサリ8月20日以降切ります。

そのころ講習会を予定してます。

実際の作業をご覧いただけ、切る事への怖さが無くなると思います。

 

 

3月初旬に植え付けたバラたちも120センチを超える品種も沢山有ります。涼しくなっていると良いのですが、枯らさないよう水やりを丁寧にするだけです。

 

 

夏剪定するので細かい事は気にしません。むやみに動かさない。

枯らさなければ合格。

自分の身をいたわります。

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

コメント

草取り後堆肥でマルチング

2018年07月19日 09時47分25秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

 

前日草取りしています。

根元が良く見えます。今後の草取りをしやすいように根元の短い枝や枯れ枝を切り取ります。

バラの枯れ枝は何時までも棘が腐らないので袋に入れ焼却場に持ち込みます。このひと手間は必要な手間です。

草は畑のくぼ地に捨ててます。

 

土も減っているので土を足した後マルチング

枯れた茎は切り取ります。

 

 

剪定ハサミを新しくしました。草取り肘なので角度により痛みが走ります。

湿布を買うよりハサミでしょうーーー。

つい花殻も切りたくなりますが8月下旬の夏剪定まで我慢します。

シュートに力を集中させます。一番花後の剪定をしていないのでボロボロの株にシュートが出ているようです。バラにとって花を咲かせ種を付け子孫を残すのが一番の生きる目的です。種が付いているのなら新しい茎が生育の優先順位一番です。

乾燥が続くと葉が黄色くなったり黒点病が広がるのも生き残るために葉を減らすためと考えています。泥はねで病気が蔓延するようなら畑のバラは黒点病だらけのはず。

病気が出ているのは乾燥がひどい箇所です。

鉢植えで自分は完璧な管理と思い込んでいても葉が変形したり新しい葉なのに黄色くなったりするのはバラが危機感を感じて最小限でも生き残れるようにしていると想像しています。

 

人の完璧何てバラの立場から見たらズレているかも。

暑い夏切り戻して咲かせ続けるのは勘弁してと思っているかも、全て仮説です。

追肥後マルチング 

事実ほったらかしなのにピンポイントで施肥、剪定でこんなに復活しています。

手入れと思っていたことがお節介。

200本のボロボロの鉢植えのイングリッシュローズを畑に植え付けてみた結果です。

調子の悪い株、根がかじられていました。

 見づらいですが根元にまだ接ぎテープ、国産苗はこれを外しておかないと生育不良になります。テープが丈夫で劣化しないので幹に食い込む場合が有ります。

 

手入れが良ければ品種本来の花が咲きます、バラの立場で言って見ました。アナタとの相性で樹命が決まるだけです。バラの声が聞こえそうです。

未熟なガーデナーの反省文です。

一生捧げても足りないとバラを見ています。

熱中症予防に普段しないだしパックの鰹節を開けキュウリや青シソを入れ冷たい味噌汁を食べてます。塩分もキュウリのカリウムも取れやっぱし味噌汁です。苦手だったのに数年前に夫が熱中症で点滴を受けてから気にして飲んでいます。バラ園の維持には体調管理も大切です。

 

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

コメント (3)

浅植えのバラ

2018年07月18日 09時57分18秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

連日高温日が続いています。

気になっていた畑のボーダー花壇の通路の草取りをしました。

来年を思うとツユクサの花が咲き始めているのでこのタイミングを逃したら暑くて秋まで放置しそうです。

調子の悪い2本を抜き、隣のもモグラ道で根元が揺れたのと鉢植えの土が崩れ根元が露出していました。

 

枯れ枝を整理します。

 

たぶん国産苗で株元からシュートが出始めています。

10年物の鉢植えを地植えにし、昨年2本のシュートが出たので不要な老化枝をすべて切り落としました。

若返りました。

鉢植えでマルチングでなくヤシマットを見かけますが、根元は乾きませんが大事な新芽のシュートは出にくくなります。乾かない工夫より鉢植えはたっぷり早朝与えます。夏店では鉢の中の雑菌や不要物を洗い流すつもりで水やりしています。

忘れがちですが水とともに葉の光合成により肥料が利用されます。

帰りの時間9時過ぎに水やりしている方を見ると植物が可哀そうに思えてなりません。家庭菜園愛好家の方たちは6時には水やりしています。この差が涼しくなると結果に表れます。

 

熱中症にならないために9時には作業を終了し帰社しました。帰り際にミニトマトを口に入れ水分補給です。

 

明日根元に土寄せします。

 

気になっていた通路を草取り出来たので細かい手入れを始めます。昨年できなかったマルチング草密度も減りバラも元気になるはずです。

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

コメント

花殻摘みしなかった株のその後

2018年07月17日 11時22分08秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

 

早朝作業も慣れてきました。

2時間を効率良く収穫と作業するので、畑全体を回るのは週一のピンポイント水やりの日だけです。今日は水やりと残りの時間にハクサイ用の畝一本作りました。

冬剪定で膝丈に切りそろえたイングリッシュローズ、一番花後そのままにしています。単管の柵の高さは120センチ畑脇の敷地に軽トラックで剪定枝を積みながら作業できます。

米作りが始まっているので噴霧器による農薬散布はしていません。

コガネムシは花を食べに来る時期なのに極少し、新芽を食害する虫は野鳥が食べているようで見当たりません。店の定期的に殺虫殺菌剤の散布したのと大して変わらなく見えます。

街中は野鳥は居ないので店の方が虫が多いように見えます。

ほったらかしでも二番花の時期に沢山咲いたのはメアリーローズとモリニューでした。最新品種はまだ植え付けていないのでデーターは未だ無いです。

 

足元の草は野菜の収穫や通路の草取り時にしています。

急いで植え付けた反省を込めて、整地や除草下準備に時間を使わないと広いバラの庭は管理が手間取ります。

やって見たらこうでした。

今蕾が沢山付いてます。

コガネムシのピークが終わるころ咲くかしら。

様子見してます。

古い常識に押し潰されない様にして、手を掛けず最高の一番花と秋バラを目指します。

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

コメント

追肥とマルチングの効果

2018年07月10日 12時34分50秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

 

一番花後イングリッシュローズに追肥とマルチングをしています。

6月中旬施肥とマルチングに1日使いました。

最高気温28度程度今ほど暑くない時期です。

夏野菜の植え付けが終わり収穫が始まる少し前で忙しく無いので、手入れしています。花柄摘みはあえてしません。

 

3月下旬の芽が出て花が咲くための肥料が効いていた株は6月にはシュートが出ていました。

いま一つ元気が無く花もサイズが小さかった株もベーサルシュートが出てきました。施肥や剪定作業は開花時カタログの花のサイズを目指しています。

堆肥が無くなり追肥のみの一角、シュートの出が少ないです。偶然ですが施肥と堆肥のマルチングセットで行うことで水持ちや微量要素の追加と肥料の効果も違うのが確認できました。

入り口から市街地側にはない日焼けの葉も見られます。

金属製の柵なので近い所が焼けています。

 

 

梅雨明けしたそうですが雨が降る前に施肥や手入れをすることで翌年の新しい茎になります。

鉢植えも同様古い幹だけではいずれ品種本来サイズの花が咲かなくなります。

地域によりタイミングはズレていても手入れをすることで確実に効果は有ります。少しの事で上手く育ったので、上手くアドバイス出来たらお役に立てるかしら。

若い頃沢山枯らしているので今更ですがココがコツ、本には書いていない事の方が多いです。

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

コメント