小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ園への道、イングリッシュローズ栽培のコツや土作りに家庭菜園を楽しむ日々を記録してます。

ギフト用シクラメン発送中

2018年12月12日 07時14分36秒 | 市場だより

 

冬の窓辺を飾るシクラメンの季節です。

葉が固く締まっています。

それぞれのお好みを考えて選びます。

娘が生まれる前からのお客様、今のお店の前は道路わきにあった8畳ほどの盆栽小屋でした。

 

葉が美しくサイズが大きすぎるものが無い、咲いている花の下に次の蕾が有る。

選ぶ目安は美リーフです。

サイズや品種、今年の夏を越え出荷できる生産者さんはやはり凄いです。お任せのみですがお歳暮用配送承ります。店舗にて17日ご注文分まで、以降は年始用品に鉢花は代わり市場入荷量が減るのでご要望に添えない場合が有ります。シクラメンは品種は同じでも一鉢づつ葉が違ったりニュアンスが微妙に違いネットで販売しにくい鉢花です。

 

お客様と移転が決まり寂しさと新しい地へのわくわく感を共有しています。運命がバラ園に導いてくれました。

 

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

コメント

シクラメンの季節

2018年11月27日 07時24分27秒 | 市場だより

 

年末のプレゼント用に

品種お任せでご注文いただくのですが選ぶ方も毎回悩むので、サイズと品種参考までに撮影してきました。

有難うございます。長い事お電話一本でご注文頂いております。

今年の品種はいかがでしょうか。

猛暑の中生産者さんお疲れ様でした。

価格は例年と同等程度だそうです。

未だ気温が高いのでギフト用なら葉が柔らかい気がするので12月初旬に購入をお勧めしますが、こんなに豪華な鉢花は冬の花では無いのでご自宅用なら品種が色々ある今から楽しむのも良いのでは無いでしょうか。切り花と思えば半年楽しめます。ラベンダー色の花は注文対応の様です。

 

窓辺の日当たりの良い所に飾り時々鉢を回してお日様に当てます。室温20度以上の場所は暑がります。暖房の風も苦手です。

水やりは葉を持ち上げるようにして鉢の土に水やりします。受け皿に水を貯めてはいけません。寒い場合鉢の中が凍らないように朝水やりします。

 

株元が腐らないよう葉や株に水が掛からないように注意します。

肥料は大抵生産者さんが出荷時に与えて有るので3月迄必要ない場合が多いです。

晴天だからと言って北国では気温10度以下の場合外に出さない方が花痛みしません。

咲き終わった花は茎をねじるようにして優しく抜き取ります。 

こんなことに注意すると長く花を楽しめます。

 

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

コメント

市場は年末用品

2018年11月12日 17時24分33秒 | 市場だより

 

頼んでいた苗の入荷に合わせ市場に行ってきました。

年末年始用の予約開始していました。

何事も先取り。

素材売りから完成品へと時代は変化しています。

少し前まで各お店で工夫した物です。

 

という事は知らず知らず既製品のお正月飾り。

 

 

現場から数年離れているので知らない事が沢山、人手不足は工夫出来る生産者のビジネスチャンスかも知れません。

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

コメント

市場に行きました

2018年11月02日 17時51分41秒 | 市場だより

市場にジキタリスの苗の引き取りに行きました。

もうすでに荷物はお店に引き取られた後で誰も居ません。

晩秋から初冬の花が並んでいました。

店に帰ったら、

来春のカタログが届いていました。

先取りが仕事です。

 

少し暖かい日が来るようなので冬支度をしながら春を恋しく思います。

畑と一年付き合い、早かったです。

 

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

  

コメント

斑入りのネメシア

2012年05月22日 07時10分13秒 | 市場だより

店長には斑入り、八重咲きの植物はつい買ってしまう癖があります。私も多分そうです。店頭に並んだ斑入りのネメシアを見て「何これ見た事がない!」

新潟市では屋外でも冬越しでき、2年目はボリュームが出てきます。高温多湿に弱いので風通しの良い所がお勧め。

花色は優しいピンクですが、夏は涼しそうな色合い!花壇に隙間はなかったでしょうか?なかったような・・・。寄せ植えや花壇のアクセントに使いたいと思います。

 

 

コメント

クレマチス苗の入荷

2012年03月10日 19時24分22秒 | 市場だより

今年もクレマチス苗入荷しました。今回はジャックマニー系。

毎年入っている定番品種と新しく見る品種。どこに植えよう・・・。

根が切れると雑菌が入り枯れると言われるクレマチス。庭植えの場合は寒い時期であれば多少切れても大丈夫みたいです。鉢の下から根が出てしまっているような鉢も寒い時期に一回り大きな鉢に植え替えます。土は新しい土がお勧めです。

ジャックマニー系は強剪定出来ます。四季咲きの品種も多いです。

寒いのかいつもより芽が小さめでした。小さな森の花壇に植えたクレマチスもようやく芽が膨らんできたかなという所。少しづつ春らしくなってきています。

コメント

プリムラエラチオール

2012年02月27日 16時12分35秒 | 市場だより

 「市場に行ってくる~」と言って出かけた店長。一番のお気に入りはプリムラだったようです。

私も好きだけど「普通のを買ってくる」と宣言したわりに普通?店長にとっては普通だそうです。

ビオラと植えると可愛いのだそうです。新潟では6月まで咲いています。少し大きめな鉢に植えたら植え替えせずに3年楽しめました。去年は暑さで枯れてしまったのでもう一度チャレンジ。

プリムラは深植えも苦手ですが、根が出た状態も苦手。暑い時期に肥料を与えすぎてもダメ。日差しも強すぎず、暗すぎず。でも丁度良い場所が見つかるととっても長く楽しめる植物です。

これからまたちょこっと花苗プレゼント始まります。

 

 

 

コメント

迷いました

2011年12月06日 10時44分41秒 | 市場だより

ご予約いただいたシクラメンを選びに市場に行ってきました。

広い場内はシクラメンで一杯、次はシンビジューム。

花苗のシーズンも終わり今週の寄せ植えの教材選びが毎年大変なんです。

プリムラも新潟では室内ではカビが生えて花が上手く咲かなくなるし。

今年最後の寄せ植えはお正月を迎えるためのお祝いがメインテーマなので脇役さんの植物もこだわりたいのに選べません。

少量入荷のヘリクリサム・ハナカンザシが有りました。

名脇役は白い花。迷ったら白い花。

 


 

サミーはお客様からおやつを頂いたのを知っているので朝のご飯を中々食べないから無視していたら朝の味噌汁の具で、味付け前の茹でたニンジンも食べてました。

いい子にしていたらあげるね。



コメント

ギフト用シクラメン

2011年11月28日 15時40分13秒 | 市場だより

もう直ぐ師走、市場も12月になると主力鉢花はギフト用のシクラメンが大量入荷しています。今回は一般的なものより個人的な好みを優先してサイズ見本として少しだけ選んできました。

 


ご予算に合わせてお任せ最新品種と言うお客様が多く結構緊張します。

選んでくるのが仕事ですが結局出会い物です。

シクラメンは葉の大きさがそろい花首が長すぎず短すぎないものが良品でしょう。

真綿色のシクラメン、解る人は同世代以上ですね。



多々今10日頃入荷のギフト用シクラメンご予約承り中です。

コメント

プリムラ

2011年11月08日 07時46分02秒 | 市場だより

講習会の材料を選びに市場に行ってきました。稲刈りの終わった道路わきの田のあちこちに数羽づつのグループで白鳥が餌をついばんでいました。真っ白な中に幼鳥と見えるグレーの羽をしたのもいました。

華やかなシクラメンやポインセチアが出始めました。下旬から本格的なギフト用が出回り始めます。

 

 

 

 

今回の寄せ植えはクリスマスの雰囲気を早取りしようと思います。ハロウィンが終わればクリスマスなのでは?

プリムラの新しい品種が気に入りました。それとダブルタイプ。

斑入りのヒイラギにヒューケラそれにプリムラ。どんな風に出来るでしょう。11日にブログにアップします。

コメント

ガーデンシクラメン

2011年10月08日 09時09分40秒 | 市場だより

十月に入ると市場にガーデンシクラメン(サクラソウ科)が入荷し始めます。シクラメンといえば新潟ではお正月を迎える豪華な花のイメージがあります。

花壇苗として販売されるミニシクラメンと言った所でしょうか。

シクラメンが冬の花の感じなので12月に植えつけたいと思わずに、10月まだ最低気温が10度以上あるうちが根付きも良く少々の寒さでも咲き続けます。

お買い求めの時は葉がたくさんあるものをお選びください。つい花にだけ目が行ってしまいがちですか葉の美しさも観賞価値ですし、葉の数咲くといわれています。独自の葉の模様も楽しんでください。

緑が濃いものやシルバーグリーンと案外多彩ですよ。

 

花が傷んだら茎ごとやさしくねじるようにして抜き取ります。植え付け時は根元の根塊が土に埋もれてしまわないようにします。清潔な用土をご使用ください。

 

長く楽しめ花色も白からピンク、赤まで幅広くガーデンシクラメンだけの寄せ植えもきれいです。

 

コメント

市場だより

2011年10月05日 07時01分25秒 | 市場だより

園芸店を始めたころブームが始まっていたハーブ。なんだか素敵な響きで植物の名前よりイメージのほうが先行していました。

何に使うのかより花壇に植えて見た目重視の時代でした。

久しぶりに寄植え教室用にスタキス(ラムズイヤー・シソ科)のしっかりした苗が入荷しました。バラの季節にシルバーリーフと紫色の小花。種を撒くと最初はミントみたいな葉が出てきて徐々にフワフワ。

包帯代わりに使用したと言われています。

ドライフラワーにも乾きにくいですが花の咲き始めで刈り取りタイミングお勧めします。水はけの良いところが生育が良いです。

 


コメント