日々のこと ふたたび南米チリにて

~南米生活はや11年。子供3人のママ。6年住んだリマを離れ、再びチリへ。育児、お仕事など日常生活を綴ります~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誕生日月の浪費シリーズ  2013年

2013-08-29 16:23:39 | お買い物
8月は私の誕生日月です。
今年の誕生日プレゼントはお財布にしました。

自分へプレゼントね、これ。

ダンナはこういうときサプライズをしたり、プレゼントをくれたりするタイプじゃないので、
自分で自分に買いました!

吟味して買ったつもりだったけど、実際、使ってみるとカード入れが少し小さくて取り出しくい。
買う前にお札の出し入れがしやすいかはチェックしたんだけど、カード入れはチェックしなかった、反省です。
クレジットカードとかIDカードとかサイズが決まっているのに、なぜそれにあわせて作らないんだ~。

それから、先日買った豹柄のショートブーツですが、
履くほど足になじみ、ものすごく気に入ってほぼ毎日履いています。

で、また迷った結果、黒も買いました。

こちらはジョッキープラザ内のデパート、サガ・ファラベラにて。
サンイシドロ店では迷っているうちに売り切れてしまったのですが、ここにはありました!

値段は最終セールなので定価の半額以下。120ソル(46ドル)くらいで買えました。
ファラベラのサンイシドロ店は私のように平日の昼休みにふらふら寄る客が多いからなのか、
商品の回転が速く、迷っているうちにすぐ売切れてしまいます。

それに比べてジョッキープラザのファラベラは靴売り場も広くて、品揃えもいいし、しかもけっこう売れ残ってる!
普段はサンイシドロ店でチェックして、バーゲン時はジョッキープラザ店もチェックしよう。

でも、やっぱり普段すぐいける店のほうが買いやすい。
ジョッキープラザは遠いので週末しか行けないから、1日迷って翌日買いに行くっていうのが無理なのよね~。


バースデーケーキは会社のみんなから。

うちの会社では誕生日の人はドーナツやピザ、ケーキなど好きなものを1つ選んで買ってもらい、皆で食べる習慣があります。
お金は誕生日の人以外の人たちが出し合って買います。

今年はケーキにしました。トレスレチェ、超激甘でした。
ペルー人も甘い!と言っていたので相当な甘さです。

来年はピザにしようかな。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (4)

楽しい外食 ~サンドイッチ屋さん Zimmermann ~

2013-08-27 00:19:09 | ペルー 楽しい外食
ダンナとオウジが散歩中に見つけたこのお店。

メインはハムやソーセージ販売のようですが、サンドィッチも食べられます。

グルメサンドィッチは19ソル(7ドル)とサンドイッチにしては高いが、

おいしかった!!!!
岩塩がパラパラとかかっていてなんだかおしゃれー。

パンはいくつか種類がある中から好きなものを選べます。

私達は二階席に座ったのですが、オウジが動き回って大変。
ガラスがたくさん使ってあるので冷や冷やです。
せっかくのグルメサンドイッチも大急ぎで食べたのであまりよく味わえず・・・・

最近、オウジは動き回るし、テーブルにおいてあるものを何でも投げるし、
思い通りにいかないと大きな声を出すので、外食が難しくなってきました。

そういえばヒメもそんな時期があったなぁ。
当分、外食はテイクアウトか完全に子連れ向きのレストランになりそうです・・・。


*Zimmermann
Calle Montegrande 115 Santiago de Surco



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (4)

自宅でガレッジセール

2013-08-21 11:01:53 | ペルーの生活
先日、自宅でバザーを開きました。
正確には、ブログに「着なくなった服がたくさん出てきた」と私が書いたのを見た友達が「いっしょにガレッジセールしよう」と私に提案。
2人でいろいろ話して場所もいろいろ検討したけれど、とりあえず大きな規模にはならないだろうし、結局、我が家で開催することになりました。

ガレッジセールといえば、チリからペルーへ引越しする前にやったことがあります(そのときの記事はこちら)。

あのときは準備が足りなかったせいか、そんなに人は集まりませんでした。
今回は私一人ではなく、友達の2人で開催しました。2人いるとこんなにも心強いものだとは!

前回と違い、引越しするわけではなく、無差別に自分の家の住所を宣伝するわけにはいかないので、
お互いのお友達のみに案内しました。
同時に売りたいものがあればいっしょに売りましょう、と声をかけました。

そしたら皆さん、いろんなものを持ち寄ってくださり、セールというよりは交流会&大物々交換会に近い形となりました。

商品は古着や不要品から、手作りネックレス、かわいいリボンありと実にさまざまな物が集まりました。

前半は主に日本人、ペルー人は後半~開催時間を過ぎた後に集まり、時間に対する考え方の違いがよくわかったのもおもしろかったです。
中には「行きたかったのに行けなかった!」と翌日の夜、来てくれた人も(チリでもそういう子がいました、そういえば)。

狭い中でも元気に遊ぶ子供たち。

オウジは急に人がたくさん来たのに驚いてグズり気味でしたが、
ポテトチップスが気に入って、ずーーーーーーっと皿の前から動かず、食べている間は静かにしていました。

ちなみにダンナは前日から食べ物にあたって嘔吐と下痢が続き、ずっと寝込んでおり、まったく手伝ってもらえませんでした・・・。
しかたないこととはいえ、ダンナは過去に急な出張が入って2回もヒメの誕生日会をドタキャンした経歴があり、
こういうイベントには参加できない男なのかもしれません。
これからはあてにするのをやめようと心に決めました。

また、売り物にならなさそうなものは無料コーナーとして持って行ってもらったのですが、
ペルー人と日本人で反応するものが違っておもしろかったです。

たとえば、なにかの景品でもらった小さなぬいぐるみがたまっていたので無料コーナーに置いたら、
ペルー人の人たちが持っていったようで全部なくなっていました。
捨てる神あれば拾う神あり、です。

でもペルー人たちは「無料」という言葉にはあまり反応しませんでした。
日本では物をもらったりあげたりするのは日常のひとつという気がしますが、こちらはそうではないのかもしれません。
そういうことをするのは貧しい人だけ、という意識もあるのかな。
中には「無料なんてダメ!お金ちゃんと払うから!」と譲らなかった友達もいました。
変色したレインコートだったのですが・・・。お金なんていいのに。

私も友達が持ってきてくれた子供服や台所用品などなどいろいろいただき、とても助かりました。
そもそもモノを減らすために開いたバザーだったはずが、かえって増えたけどね(笑)。

予想以上に人が集まったので狭いなかでごちゃごちゃした会になってしまったのが反省だけど、
それでも皆さん、楽しんでくれたようなのでよかったです。
きてくださった皆さん、今回のことを提案してくれた友達に感謝です。

お菓子やサンドイッチ、手作りのケーキまで持ってきてくれたお友達も多くて、しかも、
帰る前におもちゃやお皿を片付けてくれました。

日本人のそういう習慣、本当にすてき。日本人でよかったと思いました(自分も見習わなきゃ)。

*写真は顔が写ってないものを選びましたが、「載せないで!」と思う方は
遠慮なくメッセージください。
(載せちゃってから言うなって?すみません・・・)


よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (12)

最近のおやつ ペルーで生チョコ発見?

2013-08-15 15:18:56 | ペルーの食べ物
なにげなく道端で買ったチョコレート。

柔らかくて生チョコみたい!おいしい~。

1箱5ソル(約1.9ドル)。
会社の周りにお弁当を売りに来る人やお菓子を売りに来る人がけっこういるのですが、このチョコを売っていたのもその中の一人。
Canaval y Moreyra通りとVia Expresa(Paseo de la republica)通りの角、アレキパ銀行(Caja Arequipa)の前にいるおじさんです。

もう1つ、はまっているのはピスタチオ。

食べだしたら止まらない!

値段は市場で1kgあたり72ソル(約27ドル)だったかな。いつも250gずつ買います。
250gで18ソル(約7ドル)、ペルーの物価にしたらかなり高いけど、おいしくてやめられません。
すぐ食べきっちゃって、ほぼ毎週のように買っています。




よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント

冬のお買い物

2013-08-14 15:24:22 | お買い物
ペルーにはいい革製品がないとブツブツいいながらも買ってます。
この冬はブーツを2足購入。


上はペルーメーカーのTANGUIS、 下はアメリカのKENNETH COLE です。
どちらもいつものサガ・ファラベラ サンイシドロ店で買いました。
私、お昼休みはここの靴売り場にしょっちゅういます。

上のブーツは豹柄が流行らなくなったらどうするのかという懸念があって迷いましたが、
形と色が気に入って履きやすかったのでお買い上げ。

下のブーツはダンナには「なんだそのズンドウブーツは」と不評でしたが、こういう色の靴を持っていなかったし、
やはりとても履きやすかったので購入。

以前、今まで好きだった服が似合わなくなってきたとブログに書きましたが、
選ぶ靴にも変化が出てきました。

靴の場合、好みは今も昔もほとんど変わっていないし、流行の変化も気にならないのですが、
変わったのはサイズ(!)。

特にブーツ、以前はストッキングを履いてちょうどいいサイズを選んでいました。
そのほうが足がすっきり見えるデザインのものが多いからです。

が、足だけ冷え性なことと、最近はストッキング嫌いに拍車がかかり、どうしてもブーツの下に靴下を履きたいのです。
そうすると今までの靴のサイズではダメです。

それに気のせいかもしれないけど、若干足が大きくなった気がします(そんなことあるのかな)。
前はぴったりだったのに、今は靴擦れするようになってしまい履かなくなった靴があります。

とはいっても靴をこよなく愛する私なので、服のように簡単に手放す気にはなれません。
靴幅を広げたら履きやすくなるかな・・・。
とりあえず新しいのを買うかわりに靴幅を広げる器具を買おうと検討中です。


***最後に今回買った靴の値段書いときます。
ヒョウ柄ブーツ 30%オフで180ソルくらい(約69ドル)
スェードロングブーツ 50%オフで220ソルほど(約85ドル)


よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (2)

オウジ復活

2013-08-13 23:16:19 | 子育て 2013年
先週オウジは夜40度の高熱を出す日が数日続きました。
昼は元気にしているのに夜だけ熱が出るのです。

先週のある夜。
会社から帰ると、かわいい室内履きを履いていた。

服は妹から、室内履きはお友達からいただいたもの。いい感じにマッチしています。

元気に歩き回っていましたが、
この後、熱が上がりだして40度に。
ぐったりしてきたので病院でもらった熱冷ましを飲ませました。

その薬がよく効き、まもなく熱が下がりました。
で、そのまま眠ってくれるのかと思ったら、

まさかの復活。
風船を追いかけて一人で遊びだしました。
しかもテンションがやたら高い!ドーピング効果か?

風邪なのに無駄な体力使ってます・・・。
この分だと明日の夜も熱が出そうです。

薬が効きすぎるのも善し悪しですね。
ちなみに風船も病院でもらったもの。薬といい風船といい、裏目に出てる感をぬぐえません(笑)。

そんな日々を送った先週。ママも寝不足でした。
今週に入ってからは熱は出ず、まだ夜は数回ぐずりますが、ちょっと落ち着いてきました
今も私は眠いけどね。

それにしてもオウジはこの冬、ずーーっと風邪を引いています。
大丈夫かな・・・。
おかげでちっとも予防接種にいけません。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント

PAYAのフェルト帽子

2013-08-09 13:20:10 | お買い物
先週末までミラフローレスのケネディ公園で開催されていた民芸品フェアで買ったフェルト帽子。

この民芸品フェア、
アレキパやクスコで民芸品をいろいろ見た私にとってはちょっと物足りないなと思いながら廻っていたのですが、
発見したのです、PAYAのブース!
このブランドはフェルト細工の帽子やバッグを扱っていて、デザインがとっても可愛いです。

ヒメと同じデザインの帽子を作ってもらおうかなと検討していたところだったので飛びつきました(ヒメの帽子の記事はこちら)。
片っ端から試着しました。

本当はもっとかわいいデザインのものもたくさんあったのだけれど、サイズが小さいものが多くて・・・。
私、背が低いくせに頭が大きいもので
私には小さかった帽子を横で背の高いほっそりした白人女性が試着したらぴったりだった(むしろ大きかった)のを見て、
ショックは受けないフリをしました。

あまりこちらの人たちは普段、帽子をかぶりません。
「帽子をかぶると観光客だとバレるからかぶらないように」と日本からの旅行者にはガイドさんが注意するらしいです。

でも、この帽子はどうみても観光客っぽくないし、
家の近所でかぶるくらいなら大丈夫と思って通勤時にときどき使っています。


PAYAホームページ:
http://paya.com.pe/
FACEBOOK:
https://www.facebook.com/Paya.accessories

*専門店は無いようですがエル・ポルティコでも販売されています。


よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (4)

おおかみこどもの雨と雪

2013-08-08 14:05:29 | 子育て 2013年
オウジは週末にはしゃぎすぎたのか、高熱が出て保育園を休んでいます。

さて、こないだ「おおかみこどもの雨と雪」という映画を見ました。

ストーリー:
(説明は苦手なので公式ページからそのままコピーしました)
学生の花は、彼と出会ってすぐに恋に落ちた。やがて彼が人間の姿で暮らす"おおかみおとこ"だと知ることになったが、
花の気持ちが変わることはなかった。そして一緒に暮らし始めた2人の間に、新たな命が生まれる。
雪の日に生まれた姉は≪雪≫、雨の日に生まれた弟は≪雨≫と名づけられた。
雪は活発で好奇心旺盛。雨はひ弱で臆病。一見ごく普通の家族だが、生まれてきた子供たちは、「人間とおおかみ」のふたつの顔を持つ、≪おおかみこども≫だった。
そのことを隠しながら、家族4人は都会の片隅でひっそりと暮らし始める。つつましくも幸せな毎日。しかし永遠に続くと思われた日々は、父である"おおかみおとこ"の死によって突然奪われてしまった―――
取り残された花は、打ちひしがれながらも「2人をちゃんと育てる」と心に誓う。そして子供たちが将来「人間か、おおかみか」どちらでも選べるように、都会の人の目を離れて、厳しくも豊かな自然に囲まれた田舎町に移り住むことを決意した。

*****

なんだかジーンとくる映画でした。
うちの子はもちろんおおかみじゃなくて人間の子だけど(ダンナもいちおう人間)、姉と弟という設定が同じで、
2人で家の中をぐちゃぐちゃにしちゃうところとか、2人がちょこんと並ぶ姿とか、主人公の花(2人の母親)が姉より弟のことばかりつい心配してしまうところとか
見ていて共通するところがあったからかもしれません。

もっとも、私はあんなに忍耐強く子育てはできないけれど。
(花が子供に怒鳴っているシーンは一度もなかった)

ひとつ印象に残っているのは「あなたたち2人と過ごした時間は本当にあっというまだった」という花の言葉。

私もそんなふうにいつか思うときがくるのかな。

今はまだ子供たちが小さくて手がかかるまっただ中だし、育児はまだまだこれから長い道のりだと思っているけれど、
意外と早く自立しちゃったら拍子抜けして寂しく思うものなのかもしれない。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (6)

最近飲んだお酒 ~日本酒 八重垣~

2013-08-03 08:29:03 | ペルーの食べ物
寒い日々が続いています。
仕事も忙しい日々が続いています。
なーんか心もガサガサしています。

そんな私を癒してくれるもの・・・・・お酒!(やばい方向にいってるね)

最近、気に入っているのは熱燗。
お酒はEDO MARKETで買ったもの。
1本25ソル(9.6ドル)、アメリカ産です。
日本のおいしい日本酒にはもちろんかなわないけど、熱燗にすれば飲めるレベルだと私は思います。

あいかわらず背景、散らかってます。

今夜のつまみは香川名物、しょうゆ豆。
空豆を濃い目の味付けで煮てあるものです。 

ダンナが6月に日本へ一時帰国したときに、母に「焼き海苔をいっぱい買って」と頼んだら、
なぜかこのしょうゆ豆と、伯父さんの田んぼで取れた同じく香川県の米(!)を用意してきたのです。
(うちの両親は香川県出身)

で、肝心の海苔は、2袋だけでした。

米とか重いんだよ、飛行機に乗せられる荷物は重量制限があるって知ってるかな、お母さん。
でも、日本の米を食べさせたかったんだろうなー。おいしくいただきましたよ。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (4)

ペルー独立記念 ~オウジの仮装~

2013-08-01 00:17:58 | 子育て 2013年
ペルーの皆さん、独立記念の連休はどう過ごされましたか。
我が家は3日間、家でダラダラと過ごしました。

さて、ヒメの発表会の翌日はオウジの幼稚園で独立記念の催しがありました。
その3日ほど前、オウジの先生から、オウジの衣装は「アタワルパ」だと聞きました。

アタワルパはインカ帝国最後の王です。
カハマルカで温泉に入っているところをスペイン人のピサロに捕らえられてしまった人です。

オマヌケな王様(失礼!)だけど、インカ王の仮装なんてかっこいいと思って楽しみにしていたら、翌日、
衣装は保育園側が用意するのではなく、親が自分で用意しないといけないことを知りました

「このお店でレンタルできるわよ」と渡された住所はプエブロ・リブレ。遠っ!!
保育園からもうちからも遠い区です。

借りずに手作りしようかな・・・と思っていたのですが、ヒメの幼稚園でこんなのとか

こんなのとか、

レベルの高い王様服を見たら、
うちだけ素人の手作りではオウジがかわいそうな気がしてきて、仕事を抜け出してプエブロリブレまで行ってきました。
(でもよく考えたら一歳児は服なんて気にしないですね)

借してくれた服、

・・・・これ。

手作り感、満載。
太陽のマーク、ボール紙だし!

オウジは重ね着が嫌いなので超不機嫌。

マントは私の手縫い。

オウジはひたすら不機嫌。

王冠も作りました。

オウジは嫌がってかぶりませんでしたが。

結局、大部分を手作りしました。

そして、当日。
あれ、舞台が作られていないけど、どこで発表するのかな?

ベビーカーが飾り付けされているのはなぜ?

そう、発表会ではなかったのです。
舞台は園内ではなく、なんと一般道路。

園児一同、道路を練り歩く仮装行列だったのです!

普段は交通量の多い道路。
通行止めをしてのろのろ歩きます。当然、その後ろは大渋滞。

でも警察の車が最後尾についているから安心。

って・・・こういうことを警察が許可しちゃうことが驚きです。

インカ犬も行列しました。

発表会だと思ってヒメを連れて来たのは失敗でした。
竹馬に乗った足長ピエロを見て大泣き。

道中、ずっと泣き続けていました。

オウジは太陽マークを舐めはじめて(借り物なのに困るよ!)、

で、


寝た。

オウジの保育園にはイベントごとに驚かされます。
でも、後でほかの人に聞いたらこの仮装行列はこの時期恒例の行事で、幼稚園や学校でよく行われるそうです。

ペルー人にとっては普通の風景かもしれないけど、
周りに迷惑でしょ、と外国人の私は思ってしまうのでした。






よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント