日々のこと ふたたび南米チリにて

~南米生活はや11年。子供3人のママ。6年住んだリマを離れ、再びチリへ。育児、お仕事など日常生活を綴ります~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子連れ旅行 ~サンティアゴ プロビデンシア区~

2013-10-29 23:44:33 | 子連れ旅行 サンティアゴ
ホテルの部屋から。

ファラベラデパートが見えます。

ホテル周辺を散歩。
今回、遠出はしなかったのでずっとこのあたりにいました。

↑リカルド・ライオン通り。街路樹が茂っていて緑多い感じが好き。




都会だけど、ゴミゴミしてなくて疲れないところがいい町だなーと、離れてみて久しぶりに来るとわかります。

サンティアゴに住んでいたころ、アメリカ在住の日本人ご夫婦とたまたま話す機会があったのですが、
チリに旅行に来て、数日滞在したサンティアゴがすっかり気に入り、で、まさにその滞在中にマンションを購入したと言うのです。

マンションの衝動買いって・・・・、ちょっとやってみたいね!(できないけどね!)

その人は、好きというだけでなく投資としても悪くないと判断して買ったのだのだろうけど、
そのときの私は、そんなに何回も来たいところかなとまず思った。

でも、今来てみると、気候がいいし、都会だけどリラックスして過ごせるから、また休暇にふらっと来たい気持ちになる。
リマですらマンションを買う予定もお金もない私でも、ここに休暇用のマンションがあったらいいかも、なんて思ってしまったほど。

サンティアゴのことを褒めまくってるけど、住んでた頃は文句ばかり言っていた。
サンティアゴというかチリに親近感が持てなかった。なぜ好きになれなかったのかなーというのも滞在中、ずっと考えた。

ま、またそれはおいおい書くとして、次の記事ではコスタネラセンターへ行きます。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (12)

子連れ旅行  ~サンティアゴ 滞在ホテル~

2013-10-28 13:21:39 | 子連れ旅行 サンティアゴ
最近、疲れやすくて困ります。
夜も子供たちと同じ時間に眠ってしまう日が続いています。

なんだろ、歳かなぁ・・・。
子供たちが学校を一通り卒業するまで、仕事と育児を両立できるのか不安になってきました。

さて、サンティアゴ紀行の続きです。

今回は、アパートホテルに滞在しました。
ホテルというより、アパートです。
建物はホテルではなくマンションで、そのうちの数室がアパートホテルになっているタイプのホテルです。サンティアゴにはそういうアパートホテルが多くて、
ホテル予約サイトなどで検索すると、同じマンションビル内にいくつもアパートホテルが入っていたりします。

利点は、普通のマンションとして建てられているので、台所がついているし、広さもそこそこあって、住んでいるような感覚になれること。
電子レンジや冷蔵庫は小さい子連れにはありがたい。

欠点は、ちゃんとしたホテルではないので朝食やルームサービスがないこと。また、マンションの受付の人はいるけれど、きちんとしたホテルのスタッフはいません。
1,2泊ならホテルのほうが便利だけど、長期滞在や何度も来たことのある人などにはいいかなと思いました。

前の家に近いロス・レオネス駅近辺にしぼって探しました。5年間、ずーーーっとこのエリアに住んできたし、
スーパーやデパートがそろっていて便利。それになにより、町の雰囲気が好きなのです。
(付近の写真は次回載せますね)


ベランダからアンデス山脈が見えるかなーと思ったら、

残念! 

昼と夜の気温差が激しいからと思って、冬のパジャマを持っていきましたが、杞憂でした。
外の気温は低いけれど、リマの家と違って窓がぴっちり閉まって風を通さないから暖いのです。

リマのマンションと比較してみましょう。↓

窓というかただのガラス板ですね。リマではこういう窓が一般的です。
薄すぎてわかりづらいのでピンクで囲みました。

おふろもお湯が勢い良くジャーっと出て快適でした。

リマでは水圧が弱いのか勢い良く水が出ないのでトイレに紙を流してはいけませんと言われますが、
サンティアゴでは新しい建物ならだいたい紙を流せます。

屋上にプールがあるというので行ってみました。

眺めもいいし、最高!
だけど、プール開きは11月からだそうで、今はまだ使えないそうです・・・。気候はすっかり夏なのにね。
子供たち、がっくしでした。

屋上からの風景。


サンティアゴ、冬の間はスモッグがひどいのですが、初夏の今もまだちょっと名残があるようです。
空の下のほうにぼんやりと茶色い部分があるの、わかりますか?


おかげでまだアンデス山脈もうっすらとしか見えません。
真夏や冬でも雨の後の晴れ間などには山がくっきり見えてとても美しいです。

ひときわ高い細長いビルはコスタネラセンター。まだ上のほうは未完成らしいですが、下のショッピングモールはオープンしています。

ヒメはこのアパートホテルの屋上が気に入り、滞在中、何度も屋上散歩に付き合わされました。
このビルではこの階を「PISO T(T階/TはTerraza(テラス)のT)」と呼んでいて、
ヒメはそれをすぐ覚え、何度も何度も「PISO T(ピソ・テ)」と言っていました。

今でもときどき「ピソ・テ」と思い出したように言います。
残念ながらうちのマンションにはプールもピソ・テもないぞー。

今回の記事、ホテルの宣伝をするつもりじゃなくて
ちょっとリマの住宅事情と比較したかったのと、街の風景を載せたかっただけですが、
ここまで写真を載せておいてどこに泊まったかを記さないのも不自然な気がするので、

宿泊ホテル:CITY INN APART HOME
(住所は、Av. Nueva Providencia (旧 11 de Septiembre) 2170 のほう)

このホテル以外にもこの住所、同じ建物で、ほかにいくつかアパートホテルが入っています。
今回のホテルに関していうと、お部屋はきれいで昼間は良いのですが、照明が暗かったのが少し残念でした。
電球がいくつか切れていたので直してもらったけど、それでもまだ暗かった。
ホテルに直接申し込みましたが、予約回答は早くてよかったです。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (4)

子連れ旅行 ~サンティアゴ パトロナート&韓国料理~

2013-10-25 23:30:13 | 子連れ旅行 サンティアゴ
やっと週末ですね、やっと・・・。

さて、リマ→サンティアゴの飛行機内のことは、また別途、書きたいと思いますが、
久々に来たサンティアゴ。
やっぱり町がきれいだー。

まず空港の様子がリマと違うもの。タクシーの呼び込みとかは同じようにいるけど、ゴミゴミしてない。
それから、空港から市内へ向かう道、高速道路でスーっといけるからストレスがない。

私、こんなところに住んでいたんだねー。
そりゃリマに来てカルチャーショック受けるわ、とあらためて思いました。

旅行からリマに戻ってきて、何が嫌かって、空港から家までの移動です。
空港内のごちゃごちゃ感でまず疲れるし、
高速道路なんて無いから一般道で、どの時間帯でも道路はそれなりに混んでいるし、クラクションはうるさいし、排気ガスがひどくて気分が悪くなります。
移動だけでかなりのパワーを吸い取られます。

で、くせ毛の私は、湿気で髪の毛が爆発するから、さらに気分が落ちます。

あーあ帰ってきちゃった、って思う。

サンティアゴはそれがない。パワー温存(?)。
で、湿気がないから、髪が爆発しない!
日差しの強さと乾燥で、もれなく肌はカサカサするけどね。

さて、サンティアゴ到着の翌日、
カルネ更新のため、セントロ(旧市街)のPOLICIA INTERNACIONAL(国際警察)へ。
ここで永住権証明書を作ってもらうためです。
観光に行ったわけじゃないからあまり写真は撮ってないけど、道中の写真をいくつか載せます。

サンティアゴは地下鉄が通っています。

都会に来たって感じがする。


旧市街のアルマス広場。
リマはまだ毎日曇りで肌寒いけど、サンティアゴはもうすっかり初夏。
太陽がまぶしい。

お昼はパトロナートへ。
衣服などの問屋が集まっているエリア。アジア系のお店が多いことから、別名 韓国人街と呼ばれています。
町がきれいって書いておいていきなりこの写真じゃあ説得力がないですね。
サンティアゴに住んでいた頃は、ここに来るたびに、すごくごちゃごちゃしてると思っていたけど、
リマに慣れてから来てみると、まあ、普通だね。



問屋街だけにこういうお店もあります。


なぜ皆スキンヘッドなんだろう。

アジア食材を買い込みたかったのですが、残念ながらそういう時間はありませんでした。
今日の目的はこちら、韓国料理レストラン、SUKINEです。


乾燥した気候で飲むビールは最高!

リマのアリランもいいけれど、私はSUKINEの庶民的な感じが好き。

何を注文するかはもうずいぶん前から決めてました。

アル・バップと呼ばれる、マサゴ(小さい魚卵)がたっぷり載った石焼き丼。
ずーーーーっと食べたかったよー(ダンナは石焼ビビンバのほうがおいしいと言っているので万人受けするメニューではないのかもしれないけど)。

ヒメが「フィデオ(麺)」を食べたいと言うので、「fideo con salsa de soya(醤油和え)」というのを頼んでみたら

ざるそばだった。

ウェイターさんに「リマから来た」という話をしたら、

「このレストランの厨房スタッフもウェイターもみんなペルー人だよ」

だって。

どーりでおいしいわけだ(笑)。

サンティアゴにはペルー料理レストランが増えたと聞いていたけど、
韓国料理もペルー人が作っていたとは。

おそれいりました。





よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (2)

子連れ旅行 ~チリのサンティアゴへ 前置き~

2013-10-22 23:23:14 | 子連れ旅行 サンティアゴ
ブログ放置しておりました・・・。
もーなんだか毎日あわただしくて。これだけ余裕がない日々も久しぶり(でもないか)。
昔から、いつも忙しそうにしてるね、と言われていました、そういえば。

でも、ほんと心に余裕がないです。
たとえると、自転車乗ってるけど速く走りすぎてペダルをちゃんとこげていない感じ、です。

さて、先週、久々にチリのサンティアゴへ行ってきました。
一番大きな理由はチリの永住権更新のため。
永住権は1年に1回、チリに入国していないと失効してしまいますが、
行けないときは滞在国のチリ領事館で仕事や健康上の理由があれば延長できます。
でも、それも限度があって最大4回までと聞きました。

私はもう3回も延長しちゃったので(延長時の記事はこちら)、
さすがにまずいだろうと思い、今回の旅に至りました。

3年半ぶりのチリでしたが、サンティアゴ4日間のみの短い滞在。
カルネ(チリのIDカード)の更新をしたせいもあって、本当に時間がなくてあわただしい旅となりました。
私一人が行けばいいだけでしたが、ダンナが「みんなで行こう」というので・・・。
(一人で子供の面倒見るのが嫌だったからに違いない)

そんなわけで、滞在は短いですが、いつも通りブログではながーく書いていきたいとおもいます。

ペルーピスコをおみやげに買って、いってきまーす!

ペルーとチリはどっちがピスコの発祥地かで争っていますが、そんなの・・・・「ペルー」に決まっているでしょう。
断然、ペルーのピスコがおいしいもの。
皆、ご存知だと思いますが、チリの「ピスコ」をペルーへ持ち込むことは禁止されています。
だから、モアイ型の瓶に入ったピスコを魔が差して買ったりしてはダメですよ。
ペルーのピスコはチリに持っていっても大丈夫です。

今回、子連れ&カルネ更新手続きがあるので、お友達に会う余裕はないと思い、誰とも会う約束はしませんでした。
(ほんとに時間がなかったので我ながら正しい判断でした)
なので、このピスコはなつかしい和食レストランの板前さんコンビへのおみやげ
サンティアゴで一番行きたい店ですから。もう頼むメニューも決まってますから。
この3年半、何回頭の中でお寿司を注文するシュミレーションしたことでしょう。
ここに行ければとりあえず目的達成なのです。

あとは、サンティアゴの乾燥した気候の中でチリワインを飲めば、もういいでしょう。

はい、前置き長すぎですね。

それじゃあ、空港でのひとコマでも。
待ちくたびれた子供2人、なぜか拭き掃除を始めました。

ゴシゴシ、キュッキュッ。


隅々まで磨いています。

すみません、まだこれリマです。


~次回へ続く~



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (2)

お誕生日会  ~Wannabe Plaza Camacho ~

2013-10-07 10:05:50 | ペルーの誕生日会
ヒメのお友達の誕生日会へ行ってきました。
場所はラ・モリーナ区にあるショッピングモール、プラサカマーチョ内にある、有料の子供の遊び場スペース、WANNABE

開始時間は日曜日の朝10:00。
早いなーと思ったけど、行ってみて、早い時間もいいなと思いました。
道路も空いているし、終わってからまだ半日残ってるし。

モール自体はさびれてるけど、ここの遊び場はすてきだった。

シャボン玉を飛ばしてくれたり、

広くて、小さい子から大きい子まで楽しめるおもちゃや設備が充実。
ヒメもオウジもとても楽しんでいました。

パーティが終わってからも興奮さめやらず、外の広場で遊ぶ子供たち。

今回のお誕生日だったお友達は、ヒメと同じ誕生日。
ヒメも5歳になりました。

今年、ヒメの誕生日会は開かなかったけど、もし今度するときはここがいいな、と思いました。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (3)

海辺の食堂でシーフードを

2013-10-01 14:33:30 | ペルー 楽しい外食
ここはチョリージョス区の海辺にある市場や食堂が集まっているところ。
ダンナの友達に教えてもらって皆で行ってきました。



豪快料理で量も多くて魚が新鮮でおいしかった。 
値段はお店の見かけよりは高いです。海沿いだからかな?
日本でも海辺の屋台は値段が高いけど、それと同じ感覚なんだろうか。

脇に小さな市場があります。
ここで魚を買って帰りましたが、新鮮でこれまた美味しかったです。

ペリカンがたくさんいて、エサ待ちしています。
いっぱい集まるとちょっとコワイ。

エサは魚のアラで、カゴ1杯1ソルで売られています。
普段、動物を怖がるヒメがめずらしく興味を持っていたのでエサを買いました。

ヒメは生魚を手でつかんで投げ、ペリカンにあげました。
気持ち悪がるかと思ったら、楽しかったらしい。
「もっと」というので、もう1ソル払ってまたエサを買いました。

ただ、ここの難点は食堂の人たちの呼び込みがすごいこと。
まずこの近くの道路を通ると、人が突然、車の前に飛び出してきます。

新手のパフォーマンスみたいですが、違うのです。
「オレの食堂で食べてけ」という荒手の宣伝です。

食堂が集まっているエリアへ歩いていくと、わーっと呼び込みの人たちが集まってきて「こっちだ」「あっちだ」と
それはもうしつこいし、すさまじいのです。

でも、懲りずにまた魚を買いに行こうと思います。


よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (4)