日々のこと ふたたび南米チリにて

~南米生活はや11年。子供3人のママ。6年住んだリマを離れ、再びチリへ。育児、お仕事など日常生活を綴ります~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おおかみこどもの雨と雪

2013-08-08 14:05:29 | 子育て 2013年
オウジは週末にはしゃぎすぎたのか、高熱が出て保育園を休んでいます。

さて、こないだ「おおかみこどもの雨と雪」という映画を見ました。

ストーリー:
(説明は苦手なので公式ページからそのままコピーしました)
学生の花は、彼と出会ってすぐに恋に落ちた。やがて彼が人間の姿で暮らす"おおかみおとこ"だと知ることになったが、
花の気持ちが変わることはなかった。そして一緒に暮らし始めた2人の間に、新たな命が生まれる。
雪の日に生まれた姉は≪雪≫、雨の日に生まれた弟は≪雨≫と名づけられた。
雪は活発で好奇心旺盛。雨はひ弱で臆病。一見ごく普通の家族だが、生まれてきた子供たちは、「人間とおおかみ」のふたつの顔を持つ、≪おおかみこども≫だった。
そのことを隠しながら、家族4人は都会の片隅でひっそりと暮らし始める。つつましくも幸せな毎日。しかし永遠に続くと思われた日々は、父である"おおかみおとこ"の死によって突然奪われてしまった―――
取り残された花は、打ちひしがれながらも「2人をちゃんと育てる」と心に誓う。そして子供たちが将来「人間か、おおかみか」どちらでも選べるように、都会の人の目を離れて、厳しくも豊かな自然に囲まれた田舎町に移り住むことを決意した。

*****

なんだかジーンとくる映画でした。
うちの子はもちろんおおかみじゃなくて人間の子だけど(ダンナもいちおう人間)、姉と弟という設定が同じで、
2人で家の中をぐちゃぐちゃにしちゃうところとか、2人がちょこんと並ぶ姿とか、主人公の花(2人の母親)が姉より弟のことばかりつい心配してしまうところとか
見ていて共通するところがあったからかもしれません。

もっとも、私はあんなに忍耐強く子育てはできないけれど。
(花が子供に怒鳴っているシーンは一度もなかった)

ひとつ印象に残っているのは「あなたたち2人と過ごした時間は本当にあっというまだった」という花の言葉。

私もそんなふうにいつか思うときがくるのかな。

今はまだ子供たちが小さくて手がかかるまっただ中だし、育児はまだまだこれから長い道のりだと思っているけれど、
意外と早く自立しちゃったら拍子抜けして寂しく思うものなのかもしれない。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 最近飲んだお酒 ~日本酒 ... | トップ | PAYAのフェルト帽子 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (妹)
2013-08-09 07:59:34
子育てって忙しいから気づいたらあっと言う間って感じなのかな?よく、子供が大きくなって振り返ると思い出すのは2~3歳くらいのとき…と、聞くね。それ聞くとなんだか、じーんとしてしまう私(>_<)
Unknown (Nya子)
2013-08-09 08:17:04
>もっとも、私はあんなに忍耐強く子育てはできないけれど。
>(花が子供に怒鳴っているシーンは一度もなかった)

覚えてます、サンチャゴからリマへ引っ越す時ににガレージ・セールをチチャさんがしましたよね。
その時、友達の持ってきたケーキを全部ヒメチャンが落としてしまったとき、チチャさんは怒らなかったじゃないですか。その時、私は忍耐強い人だなと思いましたよ。
君も偉大なる母ですよ!!!
Unknown (sono)
2013-08-09 11:18:02
すんごい偶然! 我が家も一週間前くらいに丁度その映画見たよ! 面白かったね。同じ監督の他の映画(時をかける少女とかね)も近いうちに見ようと思ってるの。
あれはアニメだからね・・・。現実は怒鳴りまくってることでしょう。うちも上の子があと3,4年したらついてきてくれなくなるのかと思うと寂しくなり始めてるんだけど そうは言ってもなかなか日常となると冷静にはいかないものよー。
妹へ (チチャ)
2013-08-09 23:11:13
過ぎてみればあっというまなんだろうね。あと、今は家の中もにぎやかだけど、子供が巣立っていったらすごい静かになるんだろうね。それを思うと少し寂しくなる(まだまだ先だけどね)。
でも2~3歳っていったら一番大変なときだね。私はヒメのときすごく大変だったから、まだそんな風にいい思い出として思い出せないなぁ。
Nya子さん (チチャ)
2013-08-09 23:13:40
そんなこともありましたね・・・。でも、それは過去の私です。今では毎日、どなっています!!!お菓子ひっくり返したら「気をつけなさい!!!! なにやってるの!!!」ですよ。 
私の場合、無条件にかわいいと思えたのは1歳半くらいまでです・・・。その後は反抗期で大変でした。
sonoさん (チチャ)
2013-08-09 23:18:58
おおお、偶然!おもしろかったよね。
うん、どんなにおだやかな人でも現実にはあんな風にいかないね。でも、子育てって、とにかくなんとかしなきゃいけない場面が多いからなりふりかまわず必死になるしかないっていうのはわかる。特に母親はみんなそういう気持ちで子育てしてると思う。

コメントを投稿

子育て 2013年」カテゴリの最新記事