日々のこと ふたたび南米チリにて

~南米生活はや11年。子供3人のママ。6年住んだリマを離れ、再びチリへ。育児、お仕事など日常生活を綴ります~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子連れ旅行  ~CATACAOS ~

2011-12-15 08:39:51 | 子連れ旅行 VICHAYITO
今回、ビーチでのんびり、というのが目的だったので、買い物は何も期待していなかったのですが、
ホテルのレセプションに何気なく置いてあった壺を見て、私は気づいてしまったんですね~。

そーいやこの近くに焼き物の産地があったことを。
チリにいたころ、お友達と民芸品フェアで買った、黒と白の壺。
シンプルな色合いが好きで、ペルーに来たらもっといっぱい買いたい!と思っていました。

ペルーに越してきてすぐのころ、どこが産地なのか調べたことがあったのですが、
なんだかずいぶん北のほうということがわかり、行けそうにもないな、とあきらめていました。

ホテルの人に聞いたところ、ピウラから車で15分行ったところにあるカタカオス(CATACAOS)が産地とのことだったので、
帰りに空港に行く前に、寄ってみることにしました。

ダンナに「壺、買いに行きたい!」と言ったら、
「悪徳商法にでもひっかかったのか」と笑ってましたが

イメージとしては、町中、焼き物の店ばかり並んでいるのかな、と思ったら、そうではなく、
おみやげ屋が集まっている小さな一角があり、その中に焼き物がちらほらと売られているという感じでした。

質はさまざまで、屋台の安売りもの、お店で売られているもの、それぞれ違います。

私が気に入ったお店。

表面がつるつるで加工が丁寧。



私の知っている黒と白の組み合わせだけでなく、いろんな色合いがあるんだなーと思いました。
でも、やっぱり私は黒白が好き。

それから、焼き物だけでなく、もう1つ目を引いたのは、麦わら帽子をはじめとするわら細工。

造りが丁寧で感触がやわらかい。目移りして、試着しまくりました。


写真には撮っていないけど、子供用の帽子を売っている店もあります。

ホテルからピウラまでの2時間半、私は車酔い気味でぐったりしていましたが、
ここへ着いて、お店を見ていたらすっかり元気になりました。
おそるべし、買い物パワー。

一番左はチリで買ったもの。あとの3つが今回、買った壺さんたち。
お値段は1つ12~15ソル。


特にこの左の葉っぱ柄には完全ノックアウトです。

帽子はいろいろかぶってみましたが、サイズが意外と合わず・・・。

シンプルなこちらを購入。35ソル。

ちなみに、この日、ダンナの誕生日でしたが、私の買い物中、ダンナはヒメのお世話係。
このくらいいいよね~、前日までアンタ、風邪引いて、ずっと私がヒメの相手していたんだからね~。
かわりに翌日、ささやかにお祝いしました。

余談ですが、この日、TUMBES方面ではストが起きて、道路が封鎖されていたらしく、
TUMBES空港までたどりつけない人も多かったとか。

ホテルのあるVICHAYITOまでは遠いけど、楽しい買い物もできたし、
飛行機はピウラ発にしておいてよかった。

これからしばらく旅行には出られないけど、2人目の子がよちよち歩く頃になったら
またどこかへ行けるかな。

~旅行紀 おわり~


*壺のお店:CERAMICA LA CASITA DE BARRO
住所 Calle Comercio 791 Catacaos

*帽子のお店:LA CASA DEL SOMBRERO
住所 Calle Comercio 641 Catacaos
TEL 073-207227/308127


よかったら応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ペルー情報へ
コメント (12)

子連れ旅行  ~VICHAYITOの空~

2011-12-12 12:37:53 | 子連れ旅行 VICHAYITO
浜辺はきれいだったけど、波が強くて、水が冷たく、特に午後は風も強かったから、
うちはもっぱらプールで遊びました。

印象的だったのは、広くて丸い空。
夕暮れは特に美しくて空の写真ばかり撮ってしまいました。

夕方、海辺を散歩したり、ハンモックに寝そべって空を眺めたり。幸せな気分。




またこの空を眺めに行きたいな。

さらさらの砂を利用して家族で足型記念撮影。



明日はリマに戻ります。

~次回へ続く~

よかったら応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ペルー情報へ
コメント (8)

子連れ旅行 ~VICHAYITOでの日々 ~

2011-12-11 23:44:55 | 子連れ旅行 VICHAYITO
食事は、たぶんホテルで取ることになると思ったので、食事込みのプランがあるといいなと思ってホームページを見ていたら、
1日2食、マッサージ1回込みというプロモーションパッケージがあったのでそれにしました。

メニューは魚介中心なのがうれしい。
味はおいしいものもあったし、あれ?と思うものもあったけど、料理の種類はけっこう豊富だと思います。
一品ごとの量が多すぎて一度にたくさん試せなかったというのもあるけど、飽きずに過ごせました。
ただ、幼児用の椅子が1個しかなくて、ほかの人が使っているとヒメは使えないのはちょっと不便だったかな。



ヒメの食事はかなり偏っていて、旅行中に口にしたのはARROZ CON CHOCLO(コーン入りご飯)、目玉焼きの白身、
フライドポテト、アイスクリーム、インカコーラのみ・・・。
大丈夫なんだろうか、うちの娘。

朝ごはんはビュッフェかな、と思ったら、お客さんが少ないので、ビュッフェは無し・・・。
でも、卵焼きや、ハム、チーズ、果物などを注文すると持ってきてくれます。
写真には写ってないけど、PLATANO FRITO(バナナを揚げたもの)がとってもおいしかった。

鳥がすぐそばまで来ます。でも、ハトとは違って、人が気づくとさっと逃げてしまいます。


ヒメは連日、しっかりリゾート満喫。右はインカコーラを飲み干す図。さりげなく足をクロスしてポーズを決めてます。

なお、ダンナは途中から風邪を引いてしまい、私がヒメのプール遊びにずっと付き合いました

最初のうちはお客さんが少なくて、ヒメの同世代の子はいなかったけれど、
最終日にヒメと同じ年の双子ちゃんが来て仲良くなり、浜辺で砂遊び。

ホテル敷地内には子供の遊び場があって、滑り台など一通り揃っています。

ヒメの年齢にちょうどいいサイズ。
双子ちゃんのママは「遊び場があるからこのホテルにしたの」と言っていました。

3人が遊ぶのを見ていたら、双子ちゃんが「赤ずきんちゃん(CAPERCITA ROJA)ごっこ」をしようと言い出しました。
私は、ヒメに赤ずきんちゃんの絵本をスペイン語でも日本語でも見せたことがないので、
「ヒメ、わかるのかな」とちょっと心配したのですが、ヒメはストーリーを知らないなりにも、
狼役になって、双子ちゃんを追い回し、3人楽しそうにしていたのでホッとしました。

で、リマに戻ってからCAPERCITA ROJAの絵本、買いました。
スペイン語で読み聞かせは難しいし、絵本は日本の絵本のほうが内容も絵も好きだけど、
周りの子がみんな知っているのにヒメだけ知らないことがあったらかわいそうだから。

双子ちゃんのママに、私が何気なく「双子の出産、育児は大変じゃない?」と聞いたら、
彼女は、出産だけでなく、妊娠中、さらには妊娠するのもとても大変だったそうです。

不妊治療の末、やっと妊娠したそうで、妊娠中もつわりがひどかったし、入院した時期もあり、
本人いわく、もうこれ以上、子供は作れないと思う、とのこと。だから、
「2人が無事に生まれて育ってくれて本当にうれしい」
と語っていました。
そして、二人の子供と、よりたくさんの時間を過ごすために仕事も辞めたんだとか。

私、2人目の子供を授かったことはとてもうれしいけど、
性別が男の子だとわかり、けっこうびびっていたところだったのですが、・・・反省しました。

私には男の兄弟がいないこともあり、男の子の生活や育児は想像もつかなくて。
友達や妹(男の子を出産)の話を聞いていると、乳児のころの暴れ方がどうもヒメとはかなり違うようだし、
趣味も、女の子は、かわいいお洋服を着たり、バービー人形に興味を持ったり、理解できるけど、
男の子の場合、スパイダーマンTシャツとかほしがるんだろうか・・・?

ごちゃごちゃ考えていたら喜びよりも心配のほうが大きくなっていたのですが、
双子ちゃんママの話を聞いて、
私の妊娠生活、体がだるいとはいえ順調なんだから、それはとても幸せなことなんだ、
と思ったのでした。

最近、子供の相手や仕事に追われて、そういう気持ちになる暇もなかったな~。

双子ちゃん親子とすごしたのは、ちょっとの間ですが、
いろいろと気づかされました。



~次回へ続く~



よかったら応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ペルー情報へ
コメント (1)

子連れ旅行 ~VICHAYITO ホテルに到着~

2011-12-06 23:10:59 | 子連れ旅行 VICHAYITO
ピウラ空港からホテルまでの移動は、事前にホテルでタクシーを予約してもらいました。
高かったけど、子連れ + 妊婦の旅行だから無理はよくないと思って。

パンアメリカンハイウェイを北上していくのですが、道中、海が見えるわけでもなく、
荒野が広がるのみで退屈・・・。

ヒメも「ウミ行く、ウミ行く」と何回も繰り返していました。

今回、泊まったホテルはVICHAYITO BUNGALOWS & CARPAS
お部屋はテントかバンガロー。

テントなのにトイレやシャワー付き? なんかおもしろそう、と思って迷わずここにしたけれど、
よく考えたら、私、子供の頃、キャンプは好きじゃなかった。
TRIP ADVISERには、場所はいいが、レストランのサーブが良くない、遅い、というコメントがけっこうあって、
しかも、出発間際に、ネットでよさげなホテルをほかにいくつか見つけてしまい(たとえば→ここ)、
ちょっと早まったかなと思いましたが、
まあ、レストランのサーブが遅いのは、ペルーでは当たり前とも言えるし、敷地内に子供の遊び場もあるようだし、
ヒメにはきっとテントのほうが刺激的だろう、とダンナとも話し、
ま、きっと楽しめるでしょう、といつもの調子で出発しました。

夕方、やっと到着。

テントはこんな感じ。

入り口はファスナーで、鍵は南京錠。
ヒメにはまず、このファスナーがヒット。毎回、自分で開けたがります。
でも、自分の背の高さまでしか開けられないから、ママ達には低いのよ~。


外は風が強かったけど、部屋の中は暖かかった。

残念ながらバスタブはついていないけど、なぜかこのシャワーはヒメに大ヒット。
上から雨みたいにお湯が落ちるのがおもしろかったらしく、1日3回くらい浴びていました。

テレビは、DIRECTVでしたが、残念ながら、NHKは入ってなかった。
まあ、多くを望んじゃいけないよね~。テント泊だしね。

普通のホテルもいいけど、たまにはこういうのもいいかな。

ヒメは大はしゃぎで、テントの前で砂遊びをした後、
すでに日も落ちかけて、肌寒かったのに、さっさと水着に着替えて

プールで遊んでいます。
初日からしっかりリゾート満喫。子供っておもしろい。


~次回へ続く~

旅行情報おすすめブログとして掲載されました
Vichayito
旅行口コミ情報


よかったら応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ペルー情報へ
コメント (7)

子連れ旅行  ~VICHAYITOビーチ 準備と移動~

2011-12-05 13:59:48 | 子連れ旅行 VICHAYITO
先週、ペルー北部のビーチへ小旅行へ行ってきました。
場所は、エクアドルとの国境近く、マンコラビーチの少し手前にあるVICHAYITO(ビチャイート)というところ。

今日からまた出勤です。
いっぱい仕事が貯まっていて、すぐ家に帰りたくなっちゃいましたが、なんとか旅行できてよかったです。
仕事が忙しい中だったので、休みを取るのは難しかったけれど、出産を控える私、
この機会を逃したら、当分、家族旅行には行けません。

今回の(いつもだけど)目的はひたすらダラダラすることで、ホテルからほとんど出なかったため、
ちっとも皆さんの参考にはならないと思いますが、写真などをアップしていきたいと思います。

砂遊びグッズ、ビーチサンダル、虫除け、子供用の日焼け止め、と一通り準備。

前のマチュピチュ旅行でも重宝した、貼ってはがせるシール。
飛行機などの移動中に役立ちます。

大きめのスーパーで売られています。いろんなシリーズをすでに持っていますが、
今回は、一番手前の「MINI CHEF」を持参。
ほかにはクーピーやノート、ハンコなどかさばらないおもちゃを持って行きました。


昨年のパラカス旅行で、ビーチリゾートにおいては、
ドリンク類はなるべく持ち込むべし、と悟ったチチャ家は、
ワイン、ピスコはリマより持参、ビールはピウラ空港からホテルへ行く途中に購入。
(もちろん、お酒はぜんぶダンナ用です)

で、妊婦の私は、一口ちびっと飲んで、雰囲気だけでも楽しむために、

シャンパンミニボトルをリマより持参。

ヒメには子供用牛乳を1パック、用意しました。

今回、飛行機はラン航空を利用してピウラ(PIURA)まで。
大人2人ならいいけど、ヒメもあわせて3席なので、航空券代はかなり重要。
ほかの航空会社も調べたけれど、今回はたまたまラン航空が安かったので選びました。

マンコラ方面への最寄空港は、ピウラのほかに、TUMBESかTALARA空港があります。
というか、どこの空港からもけっこう遠い。
ピウラからは車で3時間弱かかります。

地図を見ると、TALARA空港が一番、近そうだったけど、ここへのフライトは便数も少なくて(スターペルー航空のみ運行)、
安いクラスが空いていなかったのであきらめました。

機内のスナック。

予想はしてたけど、国内線のほかのエアラインと比べて、一番、劣ると思う・・・。
無駄なことにはお金を使わないのも、ランがチリからどんどん他国へ進出していけた所以の一つなんだろうか。
しっかりしているというべきなのかな。
乗るほうはつまんないけどね。

窓の外には荒野が広がっています。


ヒメは、飛行機が大好き。
機内では、持参したシールで遊んで、インカコーラも出してもらい、上機嫌で過ごしました。


~次回へ続く~


よかったら応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ペルー情報へ
コメント (4)