日々のこと ふたたび南米チリにて

~南米生活はや11年。子供3人のママ。6年住んだリマを離れ、再びチリへ。育児、お仕事など日常生活を綴ります~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リマでアンパンマン発見

2014-04-23 10:55:31 | リマぶらぶら
アビアシオン通りのスーパーMETROのゲームコーナーにて。

・・・・あれ?
アンパンマンってペルーで放送されてたっけ?
されてないよね。

周りを見回すとほかにもいろいろ。

幼稚園バスとか、

ガチャピンとムックとか!


表示ももちろん日本語。

近所のダイエーのゲームコーナー思い出すわー。

ここは日本人はあまりいないエリアで、普通のローカルなスーパー。

もちろん誰も日本語なんて読めないだろうし、アンパンマンも知らないと思うけど、みんな普通に楽しそうに遊んでいて
なんだか不思議な気分になった。


よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (10)

楽しい外食 ~CHAXRAS パチャカマ~

2014-04-23 10:05:31 | ペルー 楽しい外食
こんにちは。先週末はイースター(SEMANA SANTA)でペルーは4連休でした。
我が家はリマで静かに過ごしましたが、初日、ヒメの「パチャカマで動物を見たい(?)」というリクエストのもと、パチャカマへ行ってきました。

パチャカマは大きな遺跡で有名ですが、そのほかに、子供の遊び場が併設されたレストランがたくさんあります。
ヒメは以前に行ったところが楽しかったのでまた行きたいと思ったようです。
(動物はあんまり好きじゃないはずだけどね)
そして豚肉料理が有名。
セマナサンタは肉を食べないという習慣があるので、もしかして空いているかな、と淡い期待を持っていましたが、
ふつーに混んでいました。いや、むしろいつもより混んでいました!

レストランもセマナサンタ用に野菜メニューなどを出したりしているようですが、
皆、お肉を食べていました。
そうだよね、せっかくの休みだもんね。

厳密にいうとセマナサンタで一番大事なのはたしか2日目の金曜日だったと思うので(違ったっけ?)、
初日は普通に過ごす人が多いのかもしれないですね。


今回行ったのはCHAXRAS
オーガニック野菜が売りだそうです。

開放感あるすてきな店内。

庭も広い!

オウジの好きなトランポリンもあり。動物は鳥やウサギなどが少しいました。

ヒメが気に入ったのはこれ↓(名前がわからない)。



天気もよくていい気持ち。

豚の炭火焼き(chancho al palo)。

これを見たら注文したくなるよねぇ。

そしたら、こんなお上品な盛り付けで出てきた。

美味しい

焼き野菜。

キッズメニューの鶏の炭火焼(Pollo a la brasa)がこれまた美味!
オウジがむしゃむしゃ食べてあっという間になくなりました。これは大人サイズを頼めばよかったかも。

最初に頼んだ3品がとても美味しかったので、調子に乗って追加で頼んだスペアリブ。

ちょっともうおなかいっぱい。これはやめておけばよかった。
ペルーのレストランって1品の量が多いからつい頼みすぎてしまう。

子供たちもいっぱい遊んで満足していたし、お店の雰囲気がすてきなので、
ぜひまた来たいと思います!

ただ、小さい小バエみたいな虫がたくさんいて、なぜか大人だけいっぱい刺されました(お酒を飲んだから?)。
すごくかゆくて今もまだ治りません・・・。

次回は虫除けスプレー持参必須!


*CHAXRAS RESTAURANTE
Calle 8 Mz K Lt 66b Casa Blanca Pachacamac (Lima, Perú)
TEL: 01-367-4166

よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (2)

リマの噴水公園  ~パルケ・デ・ラ・レセルバ~

2014-04-14 16:17:53 | リマぶらぶら
帰宅してからほとんど無言でずっとゲームしているダンナに殺意を覚えるチチャです。
夫婦の会話などあるわけもないし、子供が寝てからゆっくりお茶飲みながらテレビでも、と思っても、テレビ占領されてるし
眠ろうと思っても、耳障りなゲーム音が大音量だし
子供だってあんな音聞きながら寝ていたら悪夢を見そう。

もーいいかげんにしろと思って昨日、「ちょっと音量下げてよね。ゲームしない人のことも考えてよ!」と言ったら、
なぜか向こうもキレ気味に「わかったよ」だって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

はい、家庭のグチはこのへんにして。
噴水の写真でもみよう。

先週末、どんぐりクラブ(月1回 子供たちが集まって日本語で話す集まり)のお散歩に行ってきました。
普段は日秘文化会館の一室で開かれますが、今月は噴水公園(PARQUE DE LA RESERVA)へ。

その名の通り、敷地内に噴水がたくさんあります。


水~日曜日の夜は音楽とイルミネーションを使った噴水ショーも行われます。
ペルーに来たばかりのころ、一度、この噴水ショーを見に来たことがありますが、昼間に来るのは初めて。
公共の公園では最大規模の噴水があるということでギネスブックにも載ったそうな。

来てみて思ったけど、子連れなら昼間のほうが楽しいね!
子供たちはもうそれこそ大はしゃぎ。
特にこの迷路噴水。

あれ、水がなくなったよ。

次の瞬間、バッシャー!!!!

ヒメはずーーーっと飽きずにここにいました。

水のトンネル。



夜はショーにつかわれる噴水。

メインの大噴水。

ヒメは大満足。
出不精の両親のせいで、海やプールにはほとんど連れていってあげていないのですが、
ここなら近いし、寒くない季節にはちょくちょく来ようと思いました。
子供は絶対服をぬらすので、着替えとタオルは必須です。

オウジも連れて行ったのですが、大きな噴水や音にびっくりして怖がっていました。
初めて水に触ったのはこのちっちゃい噴水。


それから急に楽しくなったらしく、この後は大噴水にも近づいて夢中で遊びました。




*PARQUE DE LA RESERVA →ホームページ
曜日によって開園時間が違いますのでご注意を。
入場料は1人4ソル。5歳未満の子供は無料。


よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (8)

リマで楽しむ和スィーツ

2014-04-09 13:27:39 | リマでアジア食材を買う
このあいだ久々にスーパーニッケイでいちご大福を3つ買ったら、ヒメが全部食べてしまった・・・!

で、先週の土曜日も朝から「まんじゅう、まんじゅう」とうるさいこと。

私も食べたかったので今回は4つ買いました。私は1つ、ヒメはあっというまに3つ完食。

家まで待ちきれず、お店の近くのオリバール公園にて。

それからヒメのクラスメイトのお誕生日パーティ。
ヒメもオウジもいっぱい遊んでとても楽しんでいました。
そして大人の私も。

だってこんなに素敵なスィーツたちが。その名も「洋菓子」。

ま、まっちゃ。幸せ~。

し、し、シュークリーム

ま、ま、ま、ま、マカロンもあるよ

見よ、右のアルファフォールとのフォルムの違いを!(これはこれでおいしいですが)

日本のケーキ屋さんで修行した人が作っているんだそうです。
iphoneのカメラで撮ったので色がきれいに出ていないのが残念ですが、
見た目も味も日本クオリティ。どのお菓子もとってもおいしかった!!

海外にいるとわかるけど、洋菓子って日本文化と呼べると思います。
元をたどれば海外のお菓子ですが、ケーキなどの洋菓子にも和菓子のセンス、美しさが生かされている気がします。
和菓子も大好きだけどね。
あんなにも繊細で美しくてしかも美味なスィーツが山ほどある国はほかにない。日本独特で誇れるものだと思う!

こちらの「洋菓子」、まだお店はないけれどデリバリーは可能との事。
ぜひ今度、買いたいと思います。

でもデリバリーだとやっぱりある程度まとめて注文しないといけないのかな。
あーーー、これを買う目的でお茶会開きたいくらいです!!!

そしてこのお菓子をパーティー用に手配したお友達のセンスにも脱帽。
楽しいひとときをありがとう。

おいしいお菓子を食べると幸せな気分になるね。
で、甘いだけじゃなく見た目も大事だね!
スィーツって女子の好きな要素が凝縮されているなーとあらためて実感しました。

***

こちらのFACEBOOKのページから注文や問い合わせができるようです。
*YOGASHI PATISSERIE


よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (18)

すそ直しをどこでしよう

2014-04-07 15:17:15 | ペルーの生活
ズボンなどのすそ直し、日本だと買ったお店で頼めることが多いですね。
でもペルーでは服屋でお直しも頼めるところはあまり無いと思います。

だから自分で仕立て屋さんに持っていくことになります。
クリーニング屋さんでも頼めるところがありますが、
市場の周りの仕立て屋さんでたいていやってくれます。
が、うちから市場は徒歩圏には無いし、クリーニング屋でやってくれるところも近くにないので、
なかなか行けず、買ってから1年以上経ってしまったパンツがあります。

市場周辺だと5ソル(1.9ドル)くらいだった記憶があるのですが、
多少高くても近くにできるところはないかなと思って、
会社の近くの仕立て屋さんに聞いてみたら、

お値段、30ソル・・・・・!!!!(11ドル)。

はい、すみませんでした。私が間違っておりました。

ええ、市場に行きますよ。たかが最終バーゲンで買った安いカラースキニーパンツ(しかも去年)。
来年は流行ってるかもわからない色ですよ。
土曜の朝出して、15時までにはできるよと言われて、時間通りには出来上がらないだろうと予測して夕方行ったら、
「まだできてない。月曜日ね」と言われ、
店内は雑然としているし、引き換え券も渡されないから(渡されてもただのメモ)、
失くされないかとドキドキしながらなんとか仕事を抜けて月曜日にまた行きますよ。
(上記の流れはペルーにおいてはお決まりかと思うくらい高い頻度で起こります)
せめてもの対策としてはお直し代は全額前払いせず、半額だけ払って後は受け取るときに払うことくらいかな。

だからそうだよね高いよね、新市街のサンイシドロの真ん中、ビジネス街のきれいなお店なんかで聞いたらね。

にしても差がありすぎるでしょー!!!

日本の感覚だとびっくりですが、何をするにしても、たとえばタクシーなどもそうですが、
場所や頼むところによって値段がものすごく違うのはわりとあることです。
「安全」「安心」「気が利く」は日本では比較的、普通に存在するものだと思いますが、
こっちではその3つが欲しければ金額を高く払って「買う」という感覚が強いと思います。
(高い割には期待外れな場合もありますが・・・)

今回の場合、サンイシドロの仕立て屋さんとしては、
そんな利のない仕事はなるべくしませんよという意思表示もあるのでしょうね。

そんな中、デパートサガファラベラでは、そこで買った服を有料でお直しをしてくれることを知りました。

試着室内に料金表が張ってあります(サンイシドロ店にて)。
これはかなり気の利いた画期的なサービスだと思います!
値段も5ソル~と良心的。

お店の人に聞いたら、後日でも買ったときのレシートがあれば受けてくれるとの事。
先日、昼休みにホワイトデニムを買ったときに意気揚々と「BASTA(バスタ/すそ直し)をお願いしたいです!」と試着室のお姉さんに言ったら、

「担当の人は今、お昼休みでいないの。15時くらいにまた来て」

はい、やる気ゼロ。オフィス街で昼休み中のOLがわんさか来る、まさに稼ぎ時の昼休み時間に、

アンタも昼休み取ってどうするのーーーー!!!

このほか、サガファラベラ サンイシドロ店では一番客の多い昼休み時間に
レジのスタッフが激減するという現象もときどき起こります。
昼休みで時間が限られているだろうお客さんがイライラして「こんなに人が待っているのに、どうして他のレジも開けないのか」と店員に詰め寄るも、
そのたった一人の店員も買い物の精算から返品の受付までしていててんやわんやで、お客さんに応える暇などありません。

試着室の話に戻りますが、最近、ファラベラでもリプレイデパートでもこんなボタンを見かけます。

「ほかのサイズをお試ししたい場合やご質問がありましたらこのボタンを押してください」

試着室入り口のお姉さんが最初に

「私の名前はxxxです。何かご要望があればこのボタンでお呼びください」

と丁寧に挨拶してくれます。

とっかえひっかえ着てみては一緒にいる友達や家族に「ねえ、もう1つ大きいサイズとってきて」と頼んでいる人をよく見かけるので、
ペルーの人たちにはきっとありがたいサービスなんだと思います。

それにしても皆、やたらと試着時間が長いけど、あれはどうしてなんだろう。
レジも待たされますが、ここでもなんだかんだと待つことになります。

買い物好きな私にはまったく苦になりませんが、服一つ買うにも忍耐が要ります。
ふと時計を見たら、昼ごはん食べる前に昼休み時間が終わっていたこともあるけど。

都会のデパートといえど、ツッコミどころ満載な出来事がいっぱい。
腹が立つというよりも、そんな様子を見るたびペルーらしくて可笑しくなってしまう。
とはいっても、何かトラブルがあるとほんとうに埒が明かないから怒り爆発だけどね。

こんなペルーで日々、楽しく暮らしています(笑)。

で、その去年買ったスキニーパンツはサガファラベラで買ったものではないし、
結局、すそ直しはまだどこにも頼んでいません。
ミシンも持ってないし。

冬が来る前までには直したいなー。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (2)

兄弟げんか

2014-04-02 15:11:00 | 子育て 2014年
昨日、チリで大きな地震がありましたね。チリ北部のイキケでは津波被害も出たとか。
ニュースを見た日本の家族や友達が「大丈夫?」とメールをくれました。

リマは少し揺れたらしいのですが、微々たるもので私はまったく気づきませんでした。
ちょうど会社から帰ったときに義母さんが「地震があったみたいだけど大丈夫???!」と電話をくれて初めて知りました。

日本のほうが地震ニュースが早い(笑)。テレビですぐ速報が出るし。さすがです。
こっちは私が知っている限り、そういうことはしてくれません。
日系人の同僚たちも同じように日本にいる家族から電話があって初めて知ったと言ってました。

昔、チリ地震の影響で日本に大きな津波が来たことがあったから特にチリ方面の地震には敏感なのかもしれませんが。

さて先日、幼稚園の送迎のセニョーラに、「ときどきヒメはオウジをたたいているわよ」と言われた。

家でも私が見てないときに(とヒメが思っているときに)オウジをつねったりしています。
オウジはそういうとき、「ヒメー!!!(ヒメがやった)」と痛いところをおさえて私に訴えてきます。

オウジはオウジでヒメのおもちゃを横取りしたり壊したり、ヒメに頭突きしたりします。

兄弟はけんかするものだよね。上の子が下の子をいじめることもあるし。
私も気づいたら子供に注意しているけど、親が監視しきれないところもあると思う。
厳しくしすぎるとかえって隠れていじめそうだからほどほどにしているけど、
加減がよくわからないので悩むところ。

私には妹がいていまでこそ喧嘩はしないし、妹はときどき食べ物などを送ってきてくれるイイ奴。

でも、子供のころはほとんど毎日喧嘩をしたし、妹にひどいこと言ったり、ひどいことをした。
悪いことしたなーって今は反省している。

兄弟ってそんなものかもしれないね。
ただお互い子供だし、度が過ぎるのが怖いので、さりげなく見張っていようと思う。

ダンナが出張で不在だった日曜日。
公園から帰ってきて16時ごろふと見たら2人ともねんね。

ヒメは普段ほとんど昼寝をしないし、オウジもこんな遅い時間からは昼寝しないので、
このままいくと夜、眠ってくれなさそうだなーと思って、
寝ている間にご飯の用意をしたり、お風呂に入ったり万全の準備をした。

・・・・が、朝まで2人とも起きなかった!
こんなこともあるんだねー。
神様がくれた貴重な1人の時間を満喫しようと思っていたのに私も疲れていて9時に就寝。残念でした。

翌朝6時半、私がロンチェラ(幼稚園に持っていくミニ弁当)を作っていたら、2人そろって「おはよー」と起きてきた。
2人が手をつないで台所にひょっこり現れた姿、かわいかった!


子供たちが大事にしてるものを紹介。
オウジのミニカー。

ほかにもたくさんあるのにこの2つがお気に入りで、特に右のオレンジの車はほとんど肌身離さず持っています。

「なんでこの2つが好きなのかな」とダンナに話したら、

「この2つは他のより重厚感があるからだよ」

って。たしかに比べてみると他のミニカーより重い。

そんなの全然気づかなかったー。男の子の世界は私には未知です。

あと、物へのこだわり方がヒメと少し違う。
オウジは靴でも歯ブラシでも、「これ」と決めたら「これ」じゃないとダメらしい。
古くなったからと思って新しいのを与えても、前に使っていた古いのをわざわざ探し出して使おうとする。

ダンナによると「オレの小さいころと同じ」だそうです。

ヒメはどちらかというと新しいもの好き。
新しいものを見ると飛びつくタイプ(私に似てると思う)。

最近ヒメが寝るときに抱っこしているくまのぬいぐるみ。

こういうの見るとまだ子供だなーかわいいなーって思う。

最後に子供たちの最近の写真を。
あ、これ最近じゃないけど、2月末、幼稚園のサマースクールの発表会で。


マリネラ(ペルーの民族舞踊)の衣装、なかなか決まってます。

水泳もずいぶん上手になりました。

ブロックで黙々と遊ぶオウジ。


まだ毎日お昼寝します。


よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コメント (4)