My violin & My life/ Life is a Bumpy road

スタートラインはいつもそこにある!
Life is Impermanent.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3月9日 / レミオロメン ドラマ『1リットルの涙』

2021年03月09日 | 観たこと聴いたこと

3月9日 / レミオロメン ドラマ『1リットルの涙』

 ああきょうは3月9日だったのかと、

 このコロにゃんさんのYouTubeの投稿を観て、今朝気がつきました。

 ひとつのうたの歌詞やメロディーは、作詞や作曲した方の思いとはまた別に、,いろいろな時期に聴いた人の数だけ、思い出が記憶されているものなのだなあと、いつも思います。これ、ドラマの主題だったんですね。そうか。あれから様々、時はたつ。

 私もいろいろなことが思い出されます。普段は忘れていて全く思い出していなかったことも。一番覚えているのは、この日私は、たしか明治大学管弦楽団の演奏会を聴きにいっていたことかな。4年生はいなくて、各学年の、うーん弦だけだったのかもしれない?そのあたりのことは忘れました。板橋の市民ホールだったような気がする。娘を誘ってあったけど、具合が悪くなり、私だけ行ったなあ。上京した当日だったと思う。疲れてたよね。私だけ妙に張り切っていたみたいで。今考えると、恥ずかしい。性格の違いもあるとおもうけど。

 そして思い出は地層のようにどんどん積み重なっていく。たまに、どこにあるのか取り出してみることがまだできる状態にあることは幸せなのかもしれないですね。胸の痛くなる思い出もあるにはあるけれど。

  バイオリンで奏でてくださっているコロにゃんさんは、Twitterの相互フォローのおかたです。昨年秋、オンライン合奏の情熱大陸演奏に参加したときのご縁ですね。YouTubeで数々の曲をアップされていますので、チャンネル登録して聴かせて頂いています。ずっと後から知りましたが、彼女はアメリカ在住なんですね。SNSならではのご縁です。

このブログ、書きっぱなしであまり読み返すこともなく、たまっているログは、ほとんどがそれほどの有用性もない。なので、どうしたものかと思います。

たまに皆様にお読み頂いている昔のタイトルをみると、すごく懐かしかったりします。

コメント