acc-j茨城 山岳会日記

acc-j茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

八ヶ岳 赤岳天狗尾根

2019年02月27日 14時09分23秒 | 山行速報(冬季)

2019/2/16、17

八ヶ岳 赤岳天狗尾根

メンバー:sakさん、sztさん、isiさん、koz(きくりん)

 

1月に旭岳東稜を登っている時に見えていた、険しい面もちの天狗尾根。4人で予定を合わせて行ってきた。

私の仕事の都合で、つくばをAM10時発。美しの森駐車場に14時、16時は出合い小屋についた。

先着がいるかなと思いきや、誰もいない、ラッキーと思い小屋内に泊まる事に。

この日は、食事担当sakさん、CLがsztさん、私は登攀長、、、という役割でsakさんの計画書に記載してあった。

登攀力の乏しい長ですが、頑張ります。。。

食当のsakさんのメニューはおでんに鍋にチャーハンにと、本当においしくお腹いっぱいになりました。頭が下がる思いです。ご馳走様でした。そして、新入会のisiさんは飲める方でした。おいしそうにウィスキーお湯割りを飲む姿は、普段の装いからは、想像出来なかった一面。そして山への想いも、熱い。。今後も一緒に山へ入りましょう。よろしくお願いします。

翌日は5時?には小屋を出発。前日の偵察で雪は少なそうだったので、わかん等はデポしていくことに。

装備は一式小屋で着装。

雪が少なくさくさく歩けてしまう。

天狗尾根に上がる箇所にピンクテープが巻いてあり、道中もトレースとテープだらけで、沢山人の入るコースなのだなと思った。

日の出前、薄明りに映る山容の迫力がかっこいい。

サクサク高度を上げていくとカニの鋏が見えてきた。

通過後のカニの鋏

その先は右へトラバースするポイントでフィックスが張られていた。

そこを私はフリーで行こうとしてしまい、ロープを出した方がいいんでは、とアドバイス頂きちょっと危険な場所で

セルフをとってロープを出す。登攀長はまだまだ状況判断がいまいちです。反省、、isiさん危険な場所で用意させてしまい申し訳ありませんでした。

2人一組でロープをつなぎ、ルンゼの雪壁を登る。

小岩峰を超えて、核心の大天狗へ。右から巻くコースを選択。

ここも二人一組でロープを繋ぎ登る。

以外とあっさり超えてしまう。上部には丁寧にチェーンとボルトが打ってあり、ここでビレイする。

皆さんサクサクっと超えてくる。

ロープはしまい、稜線上を歩いて行くと

あっという間に登山道で出た。AM11時。

快晴、無風と最高の条件でこんなに寒い思いをしなかった八ヶ岳は初めて、、。

気持ちよくツルネ歩いていき、薄く残るトレースと1月の記憶を元に下山し無事に出合い小屋に到着。13時。

15時には、駐車場に着いた。

雪も少なくラッセルなし、無風、快晴と順調に行き過ぎてしまい、登攀力の乏しい登攀長ですら、実力を出し切る事無く終わってしまった、、がこんなにうまく行くことは少ないと、一回一回気を引き締めて山行に臨むことにしようと思います。

 

koz(きくりん)

コメント   この記事についてブログを書く
« 大菩薩嶺 | トップ | 悪天の根子岳敗退記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山行速報(冬季)」カテゴリの最新記事