蒼穹のぺうげおっと

-PEUGEOT in the AZURE- マンガ・小説・アニメの感想を書き流すファフナーとエウレカ好きのサイトです

今週のジャンプ 9号 感想

2005-02-01 13:00:00 | ジャンプ感想
巻末の作者コメントを読んだらみんな新年会のネタだった。そんな凄い新年会だったのか・・・。
とかどうでも良いコメントから始まる今週のジャンプ感想。

■ナルト
イチャイチャバイオレンス→イチャイチャタクティクス。
次は是非これを外伝でやって欲しい(嘘)。

ようやく戻ってきたナルト、つか全然変わってないよ。
そしてぶちきれて日本語もおかしくなってるサクラかわいいなと思いつつもこの先生はラブコメは向かないと改めて思ったり思わなかったり。

カカシが歩きながらも読んでたり、おいろけの術にも見向きもせずに読んでたりするイチャイチャタクティクス、気になって仕方ないです。
つか、自来也が書いてるんじゃないのか、実は。
あれ、本編の感想が無いよ。

■ワンピース
次第に明らかになるフランキーたちの過去、ちょっと妄想してみましょう。

トムの言う「希望」とは?
→やっぱりこれは「海列車」かな。ウォーターセブンの希望として、気持ちで負けないように。
→もう一案。製図を見ると船みたい。希望を与える船とは?ひょっとすると時を経てルフィたちの手に渡る?

12年前フランキーが犯したトムと同じ罪とは?
→これは船を造ったということで、きっとそれが現在海賊船となっている?ひょっとするとメリー号?

何故フランキーは海王類にこだわる?そして武器にこだわる?
→分かりません(えー)。

■ブリーチ
扉絵を見て今頃気が付いたんですが・・・、黒崎一護v.s.朽木白哉って黒v.s.白だったんですね。
ほんと今頃でスミマセン。いやー、そういう対比が蝶・序盤からあったんですね。
ということはまだこの戦い、続きがあるというか、違うステージで再戦があるのかな。
さらに虚化した一護の意味するところは?
何気にこの伏線、しっかり入ってたんですよね。完全に忘れてました。
また名前が無いってのが痺れますね。
これまで斬魄刀の名前を知ることが強さを引き出すみたいな展開を完全に覆してますよ。
こうなっちゃうと一護たちをこのソウル・ソサエティに送り込んだ浦原はいったい何者なんだ?
これで一気に分からなくなった・・・。
市丸とか実は良い人だったという落ちもあるのか?とか捻りすぎて本質見失いそうです、自分。

■アイシールド
今週一番驚いたのは次号予告「そして一年後」・・・!!
ぬおお、これは泥門敗退ってことかぁ。個人的にはそういう展開好みだったりして。
今週で言えば、筧先生に期待していたところがあったので、チーム戦から再び1対1の勝負に持ち込んだっていうのは展開として熱いですね。最後はやっぱり1対1みたいな。
そしてそこを今のセナでは倒せない壁となって立ちはだかる。イイですね、コレ。
で、次号で一年後ってのはイイね。そういうのがあってもイイと思うなぁ。

■デスノ
真実の中に散りばめられた嘘、これは上手いなぁ。上手いよ。
ルールは「神」が創る、そして俺が「神」だ!ですよ。しかもこれは当初からライトが言ってることですもんね。
とりあえず今のところ全てライトの予想範囲内なんですが、ここまで予想範囲を強調してくるとどの辺から予想外に入ってくるのか、これを対比構造で強調したいということになるんですが、僕は全く分かりません(またですか)。

■ムヒョとロージー
今回僕は確信しましたよ!!ロージー女の子説。
普通男の子たるものナナちゃんの首筋ではなく、微妙に破れた胸元に注意が行くってもんですよ(えー)。

本編は先週エンチューとか思ってしまいましたが、ムヒョが罪状を間違えることもある、また罪状を間違えた場合、執行者に戻ってくるという設定だったんですね。
霊が意識混濁状態っていう設定は個人的に好みです。だからこそ別れねばならない、みたいな。
ナナちゃんたちは準レギュラー化決定っぽいですね(嬉)。
つか、この作者金未来杯から比較すると非常に画が上手くなってます。連載って素晴らしい。

■いちご
西野・・・可愛い・・・。
こういう展開、分かっていてもやっぱりイイなぁ。
運命的と言えば、東城サイドも別人と思っていた人が同一人物だったという運命的出会いもあるんで、東西対決いったいどうなるのか。
最近個人的に非常に心配していることがあります。
國生さんや西野がこんなに登場してしまうと、たかすぃさんがどんな状態になってしまうかもはや想像できません。
どうかお体ご自愛くださいますよう。
つかそんなたかすぃさんが大好きです。
#個人的には西野がメインの時はkamakuraさんの感想も非常に楽しみにしております。

■リボーン
ショ、ショタ狙い・・・なのか・・・?
最近リボーンに登場するキャラをカテゴリー分けして、マーケティング戦略を練ってみると面白いんではないかと思い始めました。
それってネギまだよ(ほんとだ)。
最近ハルちゃん分が不足して干からびそうです(誰か助けて)。


■銀魂
エリザベスのおちぶれっぷり最高ですね。
物語?の展開の丁度合間にエリザベスが登場してるんで、こういう間の使い方ほんと上手いなぁ。
銀魂大好き。

■武装錬金
剛太、斗貴子さんと手をつないでるよ!!良かったねぇ。
そうか、剛太のチャクラムはそういう使い方もあるんですね。
どさくさに紛れて「先輩、急ぎますんで俺につかまってください」ってやつですよ。
やっぱり策士ですな。剛太。頑張れ、剛太。望みは薄いぞ(えー)。
ダブルシルバースキン対策、そして仲間、どんな展開を見せてくれますかね。
#普通にダブルシルバースキン状態の時、本体が無防備になるから・・・とかだったりして。

■WaqWaq(ワークワーク)
アシャとレオの別れのエピソードはどういう意味で入れたんだろうか・・・?
皆の願いは一人の願いよりも優先させるが、一人の願いも聞かないこともない、というのは一人の願い(たぶん塩)を聞くことの伏線なんだけど、塩は全ての願いを投げ打って神様を元の世界に戻すって選択だと良いなぁ。

いやー、まじでたかすぃさんが心配だわ。
#同じ社会人として。つか僕らもう廃社会人ですか?
コメント (10)   トラックバック (7)