蒼穹のぺうげおっと

-PEUGEOT in the AZURE- マンガ・小説・アニメの感想を書き流すファフナーとエウレカ好きのサイトです

エウレカセブンAO 第18話「ドント・ルック・ダウン」感想

2012-09-02 00:17:33 | エウレカセブンAO
Wellcome back アオ な第18話。

サードエンジンはコンパクドライブみたいに人の感情に影響されて動いたりするものなのかもしれないですね。
※常に動かしてるアオはじゃあ何なんだ、みたいなのはありますが。
※まあアオはやっぱり特別なんだろうな。

アオが不在になることによって、エレナとフレアの関係も微妙に。

普段ぼーとして何を考えているか分からないエレナだけれども、実は結構感情を爆発させる一面を持っていたり。
※ミラーの件は結構衝撃のカミングアウト。

逆にしっかりしてそうなフレアの方が一歩踏み込む勇気を持てなかったり意外とナイーブな一面を持っていたり。

結果、アオがいることで二人は本心をぶつけ合うことができて、それがサードエンジンを動かす原動力になった、という感じでしょうか。

何気に熱い青春回だったりするわけです。


アオはアオで、

・これまで誰からも受け入れられなかった自分を初めて受け入れてくれたチーム(ゲネラシオンブル)に迷惑をかけたくない。
 クォーツガンを使えば世界が変わる。自分が世界を変えてしまうという責任。
・でもクォーツガンはエウレカへとつながる手がかりだから手放すことができない。

で、板ばさみ状態になって抱えきれなくなった。

抱えきれないから、手を差し伸べられたところに流れてしまった・・・。

という感じでしょうか。

結局は、色んなしがらみを取っ払って、フレアとエレナが本心をぶつけ合って出した答えがアオを迎えに行って、それこそ理屈じゃなく本心はどうなんだ?と問われたアオが自分は戻りたいと吐露する。

これ、ちょっとした世界の命運をかけた選択なんだけれども(笑)、この辺がクリストフ・ブランが笛を吹いて導いているのは子供たち、と言った所以なんだろうね。

大人ががんじがらめになって動けないところを、子供が自分の本心に従って物事を動かしちゃった、みたいな。


さて、これでもう本編でも語られたとおり、ゲネラシオンブルは世界を敵に回しちゃった。

シークレットもスカブも敵だ味方だと簡単に割り切れる状態ではなくなっているし、そのうえ連合軍まで敵に回してしまう。
※その予兆はそもそもあって、ピッポが見ていたWeb上でも世論は世界を救ったという事実よりも、クォーツを秘匿していたことに対する疑惑の方が強く向けられている状況で、この辺は連合軍とかの意向も入っていて、彼らを救世主として扱うよりも、その強大な力を独占させたくない、危険である、という思想が入っていて情報操作している感じもあるよね

「始まるぞ、今日から世界が俺らの敵だ」

というガゼルの言葉が示すとおりなんだけど、この先の展開は正直まったく読めません・・・。

エースを取り戻したけど、更に窮地に追い込まれちゃったわけで、ここからどう展開させていくのか?というのが楽しみの一つでもあるわけです。

もう一回くらい世界をひっくり返すような出来事があってもおかしくないでしょう、たぶん。

期待しております。


あと、マギーが米軍パイロットとして再登場。
嬉しいような、不安なような・・・。

というのも、パイロットっちゅーことは、今の状況から行くとアオたちと戦う可能性が高いわけでしょ?
彼女たちゴルディロックスはゴルディロックスとして再登場する日はあるんでしょうか?
※ちょっと寂しいよね。

エウレカセブンAO 1 (初回限定版) [Blu-ray]


エウレカセブンAO 2 (初回限定版) [Blu-ray]


エウレカセブンAO 3 (初回限定版) [Blu-ray]


エウレカセブンAO 4 【初回限定版】 [Blu-ray]

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« エウレカセブンAO 第17... | トップ | エウレカセブンAO 第19... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今週は起承転結の転? (Kekke)
2012-09-04 01:17:41
燕さん

いつも拝見させていただいています。

今週は結に向けての舞台準備と言う感じでしたね。
色々謎やら前作とのつながりやらを見せていて、「どうなるんだ?」と思っていたところに本編のターニングポイントで、やきもきしつつも来週が楽しみでしかたありません。

ちなみに前作の交響詩篇の世界はどの世界軸の延長線上だったんですかね?
見ていた当時は現在の延長線上と思っていたのですが、AOの世界では現在の世界は既に無く1900年代にコーラリアンが現れる世界に・・・

話は変わりますがどの世界軸のレントンがクウォーツガンを求めてるのかを考えたのですが、以前のコメントで言った通り私の中ではレントンとエウレカの出会いが特異点と思っているので、燕さんの話の中で思ったのが、映画版の救われない世界(同年代の子供なのに見た目が変化してしまった)を変えようと思ったレントンが交響詩篇の世界に戻そうと探しているのかな?と思いました。

そして新たな曲解が・・・
どっちがどっちかはわかりませんが、
女の子を授かっているエウレカとアオを生んだエウレカはそれぞれ交響詩篇のエウレカと、ポケットのエウレカなんじゃないかと・・・

まあ、それ以上にネットで言われてるようにエヴァのオマージュっぽくどんどんなっているのは心配です。
今回の世界が敵になったところとか見るとエヴァの「Air」みたいになるのか心配でしかたありません・・・

エウレカセブンは少年の成長の過程をあらわしていると思っているのでアオがどんな成長をするのかだけが最後まで楽しみにしています。
父親レントンを超える成長になってほしいと切に願います。

駄文でもうしわけありません。
新たな起承転結の起か (燕。@管理人)
2012-09-05 21:41:18
■Kekkeさんへ

コメントありがとうございます。
物語は小さな起承転結の積み上げで大きな起承転結を作りますが、今回はどの辺ですかね~?
アオの家出物語の結だとも言えるし、後半戦全体で言えば承あたりで、次のフェーズから全体の転に入ってく感じかな、と思います。
転はレントン登場がポイントだと思うので。

世界線についてはどうでしょうね?
仰る通り、既にコーラリアンが出現している世界だから、交響詩篇の世界と繋がらないかも。
決定打があるとしたら、スカブと人類が理解しあって、共生するとエウレカが生まれてくる理由が無くなるので、その時に繋がらない状態が発生するのかも。
だからアオはスカブを滅ぼさないといけないのかもしれないですね。

エウレカの子供が女の子って言うのは、まだまだ判断材料が無くって、難しいですね。
本当にお姉ちゃんいるかもしれません。

エヴァに似ている云々は今に始まった話でもないし、何を創ってもエヴァに似ていると言われる世の中です(笑)。
京田監督は新劇場版エヴァ序の絵コンテ切ってるし、当然繋がりもあって然るべしかなと。
まあそれだけエヴァがマスターピースとして君臨してるって事ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エウレカセブンAO」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事