蒼穹のぺうげおっと

-PEUGEOT in the AZURE- マンガ・小説・アニメの感想を書き流すファフナーとエウレカ好きのサイトです

爆裂天使 第13話 感想

2004-06-30 12:58:51 | アニメ 感想
■まずは気が付いたところから
メグ、チチでかくなってないか?
つか、セイすごすぎ。もう下チチどころの騒ぎではない(大嬉)!!
鷹音ちゃんは黒ということで(小嬉)。
以上、今回の感想終わり(えー)。

■それだけでも
今回の感想は良かったんですが、つかそれしか無いんですが、一応補足すると、やはり飛鷹(たぶんひびき)は小物でした。
バーレンの若頭といい、こいつといい浅いなぁ。この辺どうにかならんかな。
世間的にはテロってことになってるんでRAPTの必要性は高まっちゃうんだろうな。
エイミーが言ってたけど、メタルブレインはこの世界でもオーバーテクノロジーなのか。
RAPTっていったい何者?
バーレンの立場ってどうなるの?RAPTと正面切って構える必要は無い気がするけど・・・。

■結局
大大阪編は鷹音ちゃんの紹介だったわけですね。
整備士のおっちゃんにキターって感じだから準レギュラー決定なんだな。きっと。

■今週の恭平
ほんと意味なしかぁ。
予想(希望的展開)は外れちゃいました。

■次回
メグとジョーの出会い編かな。
待ってました!
コメント

今週のジャンプ 31号 感想

2004-06-29 13:05:31 | ジャンプ感想
■ブリーチ
剣八の斬魄刀解放か?
斬魄刀と会話できるようになったってことは一護の時より数倍強い?
これは燃える。

今回登場の隊長格4名が見もの。
隊長格はそれぞれ頭が切れるので情報・時間が無い中でそれぞれどういうスタンスを取るのか?
狛村、砕峰あたりは情報不足と判断し、現在の価値基準で行動中。
京楽は立場を決めたっぽい(一度チャドともやってるし)。
東仙の行動が意外とカギなのかも(実は・・・みたいな設定があるかも)。

個人的にはの狛村、砕峰の変化に注目したい。
やっぱりブリーチは人との交わりによって生まれる「変化」が一番の見所なのでこの辺期待です。

また謎が深まったのが白哉。
緋真ってルキアそっくりだし。
表情を全く出さなかった白哉が最後はルキア救出とかっていう展開だと異常に燃えるんですが。
#緋真に似ているからこそルキアに対して感情を殺しているのかもしれないし。

●今週のツボ
やちるに喰われる一角。
やちるも戦うんだろうか・・・(きっと一角より強い)。

■いちご
さつきの「また明日学校で」ていう最後の台詞は引っかかるなぁ。
今回はさつきの決心だったわけで、それに対する淳平のリアクションが薄い。
ヒロインの一角が意を決したわけで、それを主人公がスルーするわけはないだろう。
さつき絡みでもう一回あると見た。
いや、あってくれ(懇願)。
実は本当にさつき転校とか(前のは壮大な前振りだった)?
個人的にはここまでアタックしてもだめだったさつきに救いが欲しいところ。

■デスノート
ライト、初めて先手を打たれたのでは?
ミサが実は頭が切れるという見せ方はうまいなぁ。
最初はアホっぽい感じで見せておいて、死神が恋するエピソードが入り、頭脳戦でライトの先手を取る。
ほんと裏切られまくりで、ミサ支持に転びそうです。
つか、これも作者の戦略なのか・・・?

■スティールボールラン
そんなサボテンありかよ!
コメント

MADLAX

2004-06-29 10:34:18 | アニメ 感想
ドーンはマドラックスの父親確定っぽいな(歳はいくつだ?)。
マドラックスというのは通り名でもともと父親が使っていたのではないかなぁ。
ガザッソニカでドーンがエージェントとしてマーガレット(もしくはバートン家)を守っていたんだろうか。
セカンダリーの血はその時の血かな。

マドラックス、ヴァネッサの過去については徐々に明らかになってきましたが、マーガレットについてはまだタメているみたいですね。
自分の中ではヴァネッサの死兆星が消えませんねぇ。
個人的には退場して欲しくないんですが、マドラックスとマーガレットを結ぶ契機はヴァネッサがトリガーになりそうなので。

見るの止めようと思ってたのに・・・。
これも黒田の策か・・・。
コメント

ハガレン 37話 感想

2004-06-28 13:11:29 | ハガレン
■巻末のおまけマンガを
15分ものにまとめたのは拍手!!
オリジナル色は少なかったけど、構成・展開ともに満足。

■シェスカが
再登場したのは正直嬉しかったなぁ。
でもこれでよりやばい状況で巻き込まれること確定か。

■アーチャー中佐の
ポジショニングが未だ分からないなぁ。
大物なのか、小物なのか?
#個人的には小物と踏んでるんですが。操られ系?

ブラッドレーのポジショニングも分からん。
TV版では別のランスが出てきちゃったしなぁ。
原作と完全決別してアンチホムンクルス筆頭とかにならねーかなぁ。
ならねぇだろうなぁ。

■ホークアイ中尉
ごちそうさまでした(腹八分目くらいですが)。
コメント

ラストエグザイル 第5話 感想

2004-06-26 02:53:46 | アニメ 感想
■「あの子、これ忘れてった」
ラヴィ、ほんまいい娘やぁ(泣)。
無理な現実を踏まえてそれでもクラウスと共に飛ぶ決意をする。
あくまで現実の中で生きようとするラヴィはほんと素敵だよ。

■どちらも芯が強い
クラウスもラヴィも芯が強い。
かたや無口、かたやよく喋る現実派。
二人に共通しているのは、どちらも芯が強くて諦めない。
このコンビは見るたびに絶妙だな。
後、お人好しってとこも共通か。

■副長とタチアナ
最初はこんな感じで登場してたのかぁ。
タチアナカコイー!

■次回予告
何気に好きなんですよ。
ラヴィの漫才が。
さぁ、シルヴァーナに乗っちまったぞ。
コメント   トラックバック (1)

KURAU 第1話 感想

2004-06-25 15:02:15 | アニメ 感想
恋風の後番組、ちょっと見てみました。
#背景把握できないまま置いてきぼりになりそうな感じでしたが。

■第1話の感想は
「寂しくて仕方ないんだな」ですね。
実験中の事故から10年が経ったとき、
博士は10年待っても娘が戻らない。
→戻ると信じていただけに10年の絶望は深いかもしれない。
リナクスは「対」が現れれば一人ではなくなる。
→しかし待っても待っても「対」は現れない。
10年の歳月を経て、求めていたものが得られない寂しさから、博士とクラウの距離を遠ざけていったと感じました。
それが「親が心配してるぞ」の問いに対するクラウの「別に・・・」につながっていたり、誰もいない家につながってるんだろうな。

■クラウ(リナクス)はそれでも
博士のことを慕っていて、事実クラウのからだを傷つけないという約束を守っている。
慕っているからこそ、距離の開きは寂しさを募らせるみたいな。

■原作があるみたいですが、
実は作者自身がすごく寂しいときに書いたのでは?と思わせる内容でした。
次回以降、「対」が現れたことで作中のテーマ的なものが語られていくんだと思いますが、テーマ性を見極めるまではおとなしく見ていようかなと思います。
コメント

ラストエグザイル 第4話 感想

2004-06-25 14:22:39 | アニメ 感想
ハーロック来たー(違)
アレックス来たー(正)

■いやー、
見応えのある追いかけっこでした。
やはり敵が強くないと面白くない。

■子供ながらに
仲間が殺されたことを悟るシーンは切ない・・・。
アル、頑張れ、そんなときこそ食べるんだ。

■やはりラヴィ
どんなときでも食事は忘れないラヴィが素敵。
食事だけじゃなく準備の良さがこの娘の良さだよなぁ。

ここまで巻き込まれ方も自然に展開されていて満足。
今後も1話ずつ大事に見たいところです。

コメント

今週のマガジンとサンデー

2004-06-24 13:20:35 | マガジン(とサンデー)感想
今週もマガジンは面白かった。

■クニミツ
農薬編、これは読み応えあるなぁ。
あるべき論をかざすのではなく、各方面からの意見を取り入れつつ問題提起・解決の方向性提案までつなげる、この手法は見事。
農薬編もクライマックスですが、このネタは継続してウォッチして欲しいものです。

お客様システムで穀物の輸入現場を見ているので、あれはしゃれになりません。
ポストハーベストかは分かりませんが、穀物の消毒には36時間のガス散布と36時間のガス抜きが必要だそうです。
その間にそこでガスを吸うとほんとに死ぬらしく、現場の方々はかなりピリピリして作業をされておられました。
改めて輸入穀物の危うさを思い知りました。
クニミツありがとう。
#S県S市の学校給食に関する市長の対応は感動したね。

■輝
今回電車の中で泣きそうになりました。
朱鷺子さんのオレンジの話からお母さんと呼ぶくだりはもうたまりませんでした。
背中のやけどのエピソードの後にそんな話があったとは・・・。
朱鷺子さん、意識戻ってよかった・・・。

■涼風
ほのか、マネージャー、良かった(ふぅ)。
先週も書きましたが、選手として入ると終わると思ったのでほんと良かった。

涼風は中学のとき何があったんだろう?
陸上部に彼氏はいたけど陸上への情熱度合いが合わずに別れたとか。
涼風は陸上にかけている分だけ、中途半端が許せないんだろうなぁ。
大和のことが嫌いなわけじゃないのに心が開けないのは、その辺臆病になっているからか?

■ネギま
展開としては作中でエヴァが言うように青いんですが、今回ネギが始めて先生らしく生徒に体を張って物事を教えた気がしますね。
まき絵的にはネギのことは初めてかわいいからかっこいいになったんですかね。

■スクールランブル
沢近、予想通り。
でもこういう展開の時はオチが激しいからなぁ。沢近大丈夫か?
沢近→播磨ラインは継続して欲しいものです。

■RAVE
このマンガはバトルしている時よりバトル後のエピソードの方が熱いですね。
旅の終わりか・・・、シバに合掌(リーシャ(エリー)の「なあに?シバ」は良かった・・・)。

■エアギア
今週もお休み・・・(泣)

■その他
チェインジングナウは最初全然分からなかったけど、最近はすっきりとしてきて分かりやすくなりましたね。
少し応援モードです。

ここからサンデー(といってもひとつだけ)

■美鳥
綾瀬の見せた涙は切ないなぁ・・・。
美鳥の決意は何も言わず進展を見守りたいと思います。
#南くんの恋人みたいは最後は勘弁(つか、知ってる人いないか)。
コメント

爆裂天使 第12話 感想

2004-06-23 13:21:21 | アニメ 感想
第4話の感想あたりでも思ったんですが、RAPTの本性が見えてきました。

■背景として
大地震以降なのか以前なのか分かりませんが、
・前であれば少子化による労働力不足
・後であれば震災による労働人口の不足
等で移民の受入を開始したということまでは予想できます。

欧米の多くの国がそうであったように経済的な活気を得るかわりに犯罪発生率も急増している。
作中であったように警官になる外国人が増えているが、日本人自体の就職率は芳しくない。
犯罪発生率の増加により銃の携帯は許可制になったが、その影響で凶悪犯罪は増えた。
凶悪犯罪発生地域は復興も破棄され、治外法権状態になった。
サイボットとかメタルブレインとか現実離れしてますが、社会情勢自体は近未来日本なんですね。

■都知事の真意
大大阪のテロの黒幕はRAPTなわけですが、メタルブレインの開発、RAPTの配備、外国人警察官の増員・・・、戦争でもする気なんでしょうか。
#イシ○ラならやりかねんな・・・。
サイボットやRAPTの配置を合法的に世間に認知させるための演出ということか。

■鷹の真意
ただのRAPTに組する小悪党か、それとも何らかの脅威から大大阪を守るには武力が必要と考えたか?
黒蘭の若頭のときもあるんで、ただの小悪党かもしれんね。
来週を待ちます。

■製作者の真意
もう凶器だな、セイの下チチは。
お好み焼きどころではない(意味不明)!

■俺の真意
正直メタルブレインとかどうでもいいですよ。このへんの展開がタルイので。
4人の相互理解の話か、セイの下チチ以外は興味ないんですよ(特に興味があるのは後者)。
アイキャッチがセイとかそういうところは大賛成なのです。

3話構成っぽいですが、次々回以降鷹音ちゃんは今後出てくるのでしょうか?
個人的には出て欲しい気もするのですが、恭平との絡み次第で応援するかどうか考えます。
コメント

ラストエグザイル 第3話 感想

2004-06-23 02:12:34 | アニメ 感想
第1話のファイルと間違えた?と思ったラストエグザイル第3話のオープニング。

■ヴァンシップレース
堪能しました。
エピソード1のポッドレースアニメ版なんですが、むしろこっちの方が素直に楽しめた気がします。
雰囲気作りとかがうまくて素直に世界観に入って行けるっているのかな。

■巻き込まれる
のも自然というか、違和感なく巻き込まれる?というかそうだよなクラウスって感じで次が楽しみです。
第2話でちらっと登場するシルヴァーナとこうやって接点をもっていくんだぁなんて少し感慨深げでした。

■やっぱりラヴィ
はイイ娘やぁ。
コメント   トラックバック (1)