蒼穹のぺうげおっと

-PEUGEOT in the AZURE- マンガ・小説・アニメの感想を書き流すファフナーとエウレカ好きのサイトです

ガンダムSEED DESTINY 第27話 「届かぬ思い」 感想

2005-04-24 02:10:44 | ガンダムSEED DESTINY
届かぬ思いとは、誰が誰に(どこに)向けている思いのことなのか、この辺について見てみると結構意味深だった第27話「届かぬ思い」。
とりあえずディアッカのミリィに対する思いだけは確実に届かなかったようです。残念。

■届かぬ思い:アークエンジェル(カガリ)サイド
やはり今回のメインはアークエンジェルサイド、つまりカガリの「オーブの理念を忘れた行動(戦争)をして欲しくない」という思いは(今は)届かないというところにあると思いますが、ここで利いてくるのがミリィでしたね。

世界もみんなも好きだから写真を撮りたいと思ったんだけど
今はそれが全部危ないんだもの
だから守るの
あたしも


めちゃめちゃ燃える台詞なわけですが、つまるところ思いが届くまで行動するしかない、まず決める、そしてやり通すしかない、こういう展開に持ってくるのは上手いですね。
だからこそ23話「戦火の蔭」の描写が生きてくる、あの時は届かなかった、ならば届くまでやり通す、そういう愚直なまでの行動があっても良いんではないか?そんな風に思いました。

■届かぬ思い:シンとステラたん
多少なりとも想像していたのですが、やはりステラたんの描写は切ないですね・・・。
滅多に病気にもならないし、基本的身体能力の高いコーディネーターは強化人間という考え自体存在しない(つか自分達がナチュラルな強化人間(ん?))わけで、どう対処していいか分からない、この設定は本当に切ないですね。
シンはステラたんに「守る」と約束したのに、そして「守りたい」という思いもあるのに、自分にはどうすることもできない、思いが届かない。
あの時は戦う力が無かったから大事な人を守れなかったけれど・・・。
今は戦う力を手に入れたけれども・・・。
それでも「守りたい」という思いは届かない・・・。
これは本当に切ないですね・・・。

ここはやはりシンには(SEEDでキラがラクスを逃がしたように)ステラたんをガイアごと逃がす、そんなシナリオに1票投じたいところです。
で、今回は強化人間3人の「絆」や関係性をポイントとして描いて欲しいとずっと言い続けている自分としては、是非とも逃亡するステラたんを迎撃しつつ思い出していくアウルやスティングの姿を描いて欲しいところ。
#結果としてステラたんをかばって・・・とかもアリです。

■届かぬ思い:えるすまん
「戦後靴下と女の子は強くなった」(凪炎 from 舞-HiME by 石田ヴォイス)
こちらも届かなかったようです・・・残念ですな。

■届かぬ思い:トダカ一佐
ユウナにはやはり届かなかったようです。
あのパジャマは止めてくれという思いは(違)。
今回もまた苦渋のおじさまになっており素敵です。

「届かぬ思い」というタイトルの意味を考えるだけでもまだ色々と出てきそうですが、今はまだ「届かぬ思い」なわけですが、今回描かれたのはこの後訪れるであろう「思いが届く」時への対比として描かれている気がしますね。
またそうであって欲しいと切に願うところです。
#特にシンステ。かなり応援モードに入ってきました。

■艦に込められたテーマについて考えてみる
さて、エターナル出してくれ~!とずっと叫んでいた私としては、今回色々と狂喜しそうになりましたよ。
#実は本日朝8:30から22:00まで採用活動が修羅場を迎えているため出勤しており、録画を忘れていたらしく発狂しそうになったのですが、奥さんが作動していないHDDレコーダーを発見して録画してくれたため最悪の事態は回避できました。
しかし録画できたのは丁度ダコスタ君が映ったところからでして、アバンタイトルの一番大事なところが撮れてなかった・・・orz。
こんなときに限ってバンクカット無し(涙)。
あれってエターナルで良いんですよね?ね?ね?(誰に言ってるんですか)。

というドタバタは置いておいて、ガンダムSEED DESTINYでは「今度は艦隊戦だ」みたいな記事か何かを読んだ気がするのですが、これって単純に艦隊と艦隊の戦いという意味だけでなくて、それぞれの戦艦に象徴されるテーマが掲げられていて、そのテーマのぶつかり合いなんじゃないか、とかなり最初の方から思っているわけです。

例えばアークエンジェルならば「非戦」であり、今回のミリィの言葉からも本気で世界を守ろうとする、タリアさん言うところの馬鹿なことを本気でしようとする「理想」の象徴だったりしますよね。

対するミネルバは最初から軍隊を肯定的に描いているし、これまでのシンの行動に現れるように「力によって守られる命もある」という「現実」を描いている象徴だったりします。

今回は更にテーマが入り乱れるんじゃないかと思っていて、今回のエターナルやそのうち舞台が宇宙に移れば出てくるであろうガーティ・ルー、ひょっとしたらクサナギあたりも出てほしいと思っているんですが、それぞれにテーマを持たせてくると面白いと思うんですよね。

是非エターナル(ラクス)には歌で戦争を止めてもらいたい。
プロトカルチャーですよ。
#入社2年目の若手にプロトカルチャーを知らないと言われ、逆にこちらが動けなくなったことは内緒です。

■ファントム・ペイン
今回個人的にファントム・ペインの離脱を確信した!というと言いすぎかもしれないのですが、このブログではかなり前からファントム・ペイン離脱シナリオに1票を投じております。
ネオとしてはブルコスやジブリールのために戦っているのではなく、自分達の居場所を確保するために戦っているように思えるんですよね。
それはスティングも「やるか、やれるか」だみたいなことを言っていたのは、実験部隊だから結果を残す必要があって、結果を残せない戦闘商品は価値が無くなることを良く理解しているからだと思うのです。
ネオはその辺理解してるんで、強化人間3人組にも優しくなれるのかなと。
だから彼らには自分のために戦う、仲間のために戦うという選択をしてくれるとマジで嬉し泣きしそうなんですが、そういうのやってくれないでしょうか、制作の人。
#この辺強化人間の縛りがうまく利いていて、簡単に連合を抜けられないというのが上手いですね。

■黒幕
今回黒幕が判明しましたね。
タリア艦長です。
えっ?何ですか?
僕は「だが奴らが離れたというのは幸いか。ラクス・クライン。そしてキラ・ヤマト」とか言ってたり、デストロイのデータを何故か見ていたり、必ず企んでいるときにはチェス盤が映る人のことを言っているわけではないですよ。
間違えないでくださいね。

アスランをストーキングした黒幕の話ですよ。
あれは結局タリアさんがアスランの生写真が欲しかった、そういうわけなんです(違)。

カナード・パルスの件もあるし、キラ・ヤマトのことを知っている、というのはその生まれから知っているということですよね。
#っていつの間にか議長の話になってます。

■次回予告
ぎゃー、タイトルがめちゃめちゃ気になります!!

ちなみに管理人はさりげなくシンステ応援モードに入ってます。
コメント (48)   この記事についてブログを書く
« 蒼いわね あしからず | トップ | 交響詩篇エウレカセブン 第2... »
最近の画像もっと見る

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントさせていただきます。 (はさにん)
2005-04-24 02:45:01
>あれってエターナルで良いんですよね?ね?ね?(誰に言ってるんですか)。

キャプされてるブログで確認済みとは思いますが、エターナルの白いトサカがありましたので、確実にエターナルだと思います。種の時と変更があるのか?とっても楽しみです。最終的に、新型フリーダムと新型ジャスティスを乗っけてくれたら、たのしそうなんですがね。



>プロトカルチャーですよ。

>#入社2年目の若手にプロトカルチャーを知らないと言われ、逆にこちらが動けなくなったことは内緒です。

入社2年目だともう分からない世代なんですねっ!知らないと、ムラサメがバルキリーに見えたり、ミネルバが突然人型に変形しないかなとか、バカな想像が出来ないんですね~。かわいそうに~!(本当に可哀相なのは、バカな事考えてる私の頭の中なんですが…)
ディアッカが… (ぱと)
2005-04-24 03:12:55
ミリアリアの一言がそれはもうショックでした。

24話のアスランとの会話の中でそんな気はしていましたが…

しかし、その一言一言が何て男前なんでしょうか。



今回は久々のブラストインパルス登場、

その海上移動のカッコ良さに独りで喜んでましたが、

そんな中でも、やはり注目をさらうのは議長。

あの発言やデストロイのデータを持ってるところを見ると、

やはり黒幕?と思ってしまいます。
ここには 私が座る! (西郷)
2005-04-24 08:01:44
こんにちは!燕。さん

う~ん ミリアリア最高!(心が震えました!)



ステラを『助ける』には 燕。さんが考えておられるように 逃がす(一緒に逃げる)しか ないのではないでしょうか

しかし ステラを最後に『救う』のは シンであってほしい・・・



「民衆は 愚かなのさ 先のことなど まるで考えもせずに 今 自分達に 都合の良いものばかりを歓迎する」・・・現代を生きている人間に言える事であり考えなければならない問題ですね(ドキッ!としましたよ)



>耐える トダカ一佐・・・の頭の中(妄想編)

ぐっ と堪えながら (士官が拳を握った瞬間) 隣の若い士官に「はやくっ このバカ(ユウナ)を殴って 黙らせてくれ!」と思っていたのでは・・・(トダカ一佐ファンの由梨さんゴメンナサイ!



>ミリアリアとマードック

・・「マードックさん!」

               「よぉ!嬢ちゃん」・・・



・・・・ん!? ミリアリアとマードックが 一瞬 真矢ちゃんと溝口さん(by蒼穹のファフナー)に見えたのは僕だけでしょうか?(笑)



>次回予告

このタイトル・・・気になりますね!



追伸

>プロトカルチャーですよ。

・・・ワレラ ロリー コンダの三人を思い出すのは僕だけですか?(笑)

学生時代に 友達が家から持ってきた Hな本(笑)をまわし読みしながら・・・「デカルチャー!」(笑)と叫んでいたのを思い出しました(イイのか?俺!)

>はさにんさん

>ムラサメがバルキリーに見えたり

・・・「こちら スカルリーダー!」って言って欲しいです(笑)



>採用試験・新人研修

僕も面接官や新人指導員をしているのですが 最近の若者(笑)達の言葉の使い方・態度に「?」な日々を送っています(これから どうなる日本?)う~んミリアリアの爪のアカを煎じて飲ませてやりたい!



・・・それでは・・・また!





Unknown (コリオリ.F(ファーレンハイト改))
2005-04-24 08:28:13
こんにちは。

「ディアッカふってやった」発言が飛び出し少なからず波紋が広がっているようでありますが、自立している女性は強いし、がんばれディアッカと、少々同情してしまったコリオリ.Fです。



 アークエンジェルの「非戦」という「理想」、ミネルバの「手段としての戦争」という「現実」、それぞれの正義の形がじょじょに対比されつつあるように思います。そして、

>是非エターナル(ラクス)には歌で戦争を止めてもらいたい。プロトカルチャーですよ。

 戦争しか知らない人々に「デカルチャー!」と言わせて欲しいものです。

ばくだん発言 (しーそー)
2005-04-24 10:13:50
こんにちは。燕。さん、先週コメント返してくださって嬉しかったです。

今週、シンステにあまりスポットがあたってなかったのがちょっと残念でした。

今週は何と言っても議長の「キラ・ヤマト」と、

ミリィの「ふっちゃった!」発言にもってかれましたよね~。



ディアッカ、多くの登場人物の中でも等身大な感じが好きなんですよ。(だからリアルにふられちゃったりするのかも…)

再度チャンスがあることを祈っています。



議長、やはり黒なんでしょうか…黒なんでしょうね。

別にそれでも仕方ないと思いますが、それではあまりにアスランが不憫。

また女性陣にさんざんダメ出しされたあと「俺は馬鹿だから…」とか言っちゃうんでしょうか。

アスランってすごく優秀なんでしょうが、つくづく軍人に向いてない人、という気が。(そこがとても素敵ですが)



話は変わりますが、土曜日午前11時過ぎ、テレ朝を観ていて受けた衝撃。

ボーボボーって……ムウ!!

しかもへっくんまでが……!!

(話題が外れてすみません。みなさんとっくにご存知ですよね)

以前メップルにもびびりましたが(そしてスネオ…)声優さんってすごいですね。









世界を守る? (ゲイツR)
2005-04-24 11:43:51
やれやれ、アスランの忠告も無視して、またアークエンジェルが動き出しましたね。当然の展開なんでしょうけど(笑)

何がしたいんですかね、彼らは?オーブを守りたい?オーブ軍も守りたい?ザフトと連合の戦闘も止めたい?自分たちの理想を世界中に押し付けたい?

世界が危ないから守る?

まったく欲張りで、思い上がった連中だ。

まず決める、そしてやり通す。結構なことですが、その前にいろいろなことをよく考えなきゃダメだろ。彼らの場当たり的で、先見性のない行動には、なんか同調できないんですよねー。ちょっとZのウォンさんに修正してほしいですね(笑)



それとグラディス艦長

ラクスが戦争を終わらせたというのは・・・

それはちょっと言いすぎなんじゃないですか。

戦争は無条件降伏でもないかぎり、双方の事情によって終わるものでしょ。双方、特に地球軍が疲弊したから一時的に終わっただけで、余力を十分に残していたのなら、政権がクライン派になったぐらいでブルーコスモスが停戦に応じたとは、とても思えない。

「私達は遅すぎたのかもしれません」ハァ?何が?なんつー思い上がったセリフだ。

ラクスのしたことといえばコーディネーター間に憎しみの種をまき散らかしたことぐらいですよ(核攻撃はフリーダム、ジャスティス、ミーティア、エターナルが適正運用されいてれば、防げた可能性は十分ある。まぁ最後のジェネシスの発射を防いだアスランの功績は非常に大きいと思いますけど)。あの状況での停戦に納得できない人たちはクライン派のせいにできますからね。

さらに、デュランダルが和平、和平とうるさくなだめ、当のラクス(ミ-ア)がライブでおおはしゃぎしてたら、気持ちの行き場がなくなるというか、ぶち切れますよ、普通。



ラクスがまいた憎しみの種に、

デュランダルとミ-アが水をやり、

サトーという一輪の憎しみの花が咲いたとき、

絶え間ない憎しみの連鎖が再燃する。

そんな妄想も考えちゃいます。



ラクス好きの人、ホントすいません。なんかラクスに批判的で、異色な意見ばっかで。



まったく議長は何を考えてるんでしょうね、なぜにデストロイのデータを?



管理人さん、ゲルググもカッコよければOKですよ!ゲイツが一番だけど、基本的にザフトの量産型が好きですからね(ジンは顔がブタさんみたいだからちょっと・・・)。

ガンダムシリーズ全体での私の一番のお気に入りはジムⅢです。Zzかな、始めてあの勇姿を見たときの衝撃は今でも憶えています。あの色といい顔立ちといい最高ですね!!

そこそこ強いはずなのに、これといった見せ場が全然ない。

そしてすぐにジェガンにその座を奪われてしまう。

うぅ切なすぎんぜお前!

逆襲のシャアで、アクシズの落下を止めるべく突入していくジムⅢの勇姿をスロー再生して見てました。いや、スローじゃなきゃよく見えないんですよ(笑)

男前です (燕。(管理人))
2005-04-24 16:34:49
>はさにんさんへ

それがまだ時間が無くてキャプ師さまサイトを回ることができていないのです(泣)。

とりあえずトサカはでていたのですね?トサカのある戦艦なんてあれしかないですもんね。

#後日チェックして参ります。

>ムラサメがバルキリーに見えたり、ミネルバが突然人型に変形しないかなとか

ぎゃー、こういう妄想大好きです。

#こういう妄想があるから人生楽しめますよね。

ちなみにその入社2年目の若手社員には先輩と一緒にダイダロスアタックとは何かを教えてあげました。

#よりによって教えることがそれかよ!



>ぱとさんへ

いやー、ミリィ男前でしたね(笑)。

それにしてもディアミリを期待していた人にはさぞショックが大きかったことでしょう。

逆にトールの件からはきちんと立ち直っている、自立していると解釈することにしましょう。

ブラスト久しぶりでなかなかカッコよかったですよね。

地上での運用は初ですよね。

議長にはもっと視聴者を揺さぶって欲しいですね。真の狙いは何よ?くらいの勢いで。



>西郷さんへ

そうなんですよ、シンがステラたんを逃がすとなると、その後の伏線回収が楽しみで仕方なくなると思うのです。

シンは今「力があっても守れない」状態にあるんで、逃がした後、今度こそほんとうにステラたんを「守る」ときには、力以外のもので守ってあげることができる、そういう展開になると超・燃えます。

マードックさんとミリィの絵が溝口さんと真矢ちゃんに見える・・・そうか、そうだったのかあの既視感は!

いやまさに平井マジックですね。

>プロトカルチャー

ああ分かります、分かります。何でも使える「デカルチャー!」。

あれほど便利な言葉もありません(笑)。

是非ともムラサメ隊の隊長はイチジョウであって欲しいところです。

#フォッカーが良いですがオーブになさそうな名前だからなぁ・・・。

>採用関連

何気に僕が担当している学生さんたちは殆ど言葉遣いは大丈夫ですね。

#たまーに採用チームメンバーからマナーが全然な子がいると聞きますが、本当に少ないですよ。

態度も熱意も結構十分な人ばかりで、そういう意味では幸せな採用活動をさせて頂いているのかもしれません。

#ゆえに選考過程は胸を引き裂かれんばかりの切なさを伴います(実話)。

しかしこのネタの本題は、僕達が「若者は」と言っているところにあるんですね(笑)。

#いつの間にか若手と呼ばれなくなった・・・orz。
Unknown (AA)
2005-04-24 17:06:14
>次回予告

ユウナ『だけ』が散るぶんには問題なし!

でも、トダカ一佐も一緒に散っちゃいそうなので迷うところです。



>エターナル

公式ホームページのOTHERSですよね、きっと。



切ないです (燕。(管理人))
2005-04-24 17:25:09
>コリオリ.Fさんへ

HN名変更了解いたしました!

ミリィが自立してるってことはトールの件もきちんと向き合えたってことなんで嬉しいところでもありますね。

ディアッカには再度チャレンジして欲しいところです(いや本当に)。

>戦争しか知らない人々に「デカルチャー!」と言わせて欲しい

ほんとマクロス知ってる人にはこの一言の面白さが分かるんですが、マクロス知らない人には全く分からない、この辺がまた熱くて個人的には好きです(ヲイ)。



>しーそーさんへ

僕もボーボボが子安さんだと知った時の衝撃は凄かったです(挨拶)。

#つか進藤さんもかよ!みたいな。

本編感想ですが、シンステには僕はスポット当たったと思っているんですよ。

今回の「届かぬ思い」の意味は大きく2つあったと思っていて1つはカガリなんですが、もう1つはシンの「守りたい」という思いも届かないというのが非常に切ない描写だったと思うのです。

以前のアスランとの会話からも「力が無かったから(家族を、オーブを)守れなかった」と思ったシンが今は「力を手に入れた」状態にあるのにステラたんを助けられない、ここが切ないポイントですし、次のシンのテーマになってくると思うんですよ。

#たしかに議長とミリィに持っていかれましたけどね(笑)。

アスランは不器用突っ込まれキャラが非常に馴染んでいると思います(笑)。



>ゲイツRさんへ

ガンダムSEED DESTINYは風呂敷を大きく広げていることもあり、観る人によっていろんな解釈ができると思っていますので、今回のゲイツRさんのコメントも受け取る側の個人差はあると思いますが、そういう解釈ってありだと思います。

DESTINYは結構難しいことをやっていて、あるべき姿やこうあるべきというイメージを先行させるのではなく、視聴者側にもこれでいいの?このまま進んだら終わりってあるの?という問い掛け型を意識していると思うのですがこれは結構難しい。

ラクスが戦争を終わらせたというのは確かに言いすぎなのかもしれませんが、世論として厭戦派が多くなっていたともとれるんで、その代表としてラクスがいたからそういう評価なんじゃないかなと思います。

そういう世間の評価は別にしてラクスやキラたち本人は力に力で対抗したことにかなり後悔していたと理解しています。

アークエンジェルの行動とその狙いについては、オーブ軍の自立、自分達の国の理念を思い出してもらうことにあるんじゃないかと思っています。

軍隊は上意下達の精神なんでユウナが右と言えば右なんですが、それ以前にオーブ国民として自分達の行動に義があるのか?と自分達が問いかけるようになるんじゃないかと。

で、トダカさんたちが動く、そういう伏線のようにも思えるんですよね。

だからこそ「戦火の蔭」で皆が辛酸をなめた表現が入ってると思うんです。

#全然違うかもしれないですけどね(笑)。

逆シャアのジムⅢ、懐かしい!!!!!

つか、それ気が付いてましたよ!!

ほんとに切ない存在です(笑えない?)。
不死身の男 (燕。(管理人))
2005-04-24 17:28:31
>AAさんへ

最近思うのですが、ユウナだけは絶対死なないんじゃないかと思えてきました(笑)。

#襲撃にあってもあのパジャマ姿のまま捕虜になってそうです。

それにしても次回予告のタイトルは恐ろしすぎです。

どうなるんでしょう????

OHTERSの名称も変わったりしないかなぁと思ったりします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガンダムSEED DESTINY」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

45 トラックバック

公認ストーカー・ルナマリアの心境◆SEED DESTINY 第27話 私見◆ (蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウ)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5 ●負け続けたファントムペイン 「弔い合戦…にもならんがな、ステラ」 今回は主人公以外の人物にスポットが当たっていました。その中で、最も印象的だったのが、ネオ・ロアノークです。今まではファントム・ペインは謎の部隊と
DESTINY感想!PHASE-27 届かぬ想い (『日々見聞きしたもの…。』)
ガンダム SEED DESTINY PHASE-27 届かぬ想い の感想です。長々と書いた感想は私の感想メインのホームページ(ひっそりと移転しました)に書いてありますのでそちらもどうぞ!めずらしく、OP前の方が濃い今回でした。では、PHASE-27の感想。今回
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-27「届かぬ想い」 (Precious Prize Platz -Annex-)
脚本   森田繁、両澤千晶 絵コンテ 米たにヨシトモ、鳥羽聡 演出   西山明樹彦 作画監督 キャラクター 鎌田祐輔(じゃんぐるじむ) メカニック 松田寛 おっ、あらすじじゃない。シャトル乗り捨ててる。カツラが浮いてら。 エターナル、隕石に偽装して隠してたのか
機動戦士ガンダムシードデスティニー「届かぬ想い」感想 (ここには全てがあり、おそらく何もない)
気になりましたら、クリックどうぞ♪ [10秒で分かる、今日の「きどうせんしがんだむしーどですてぃにー」] ラクスと虎、エターナルへ帰艦 ルナマリア、艦長へ調査報告完了 第2次ミネルバ攻撃作戦、開始 ミリアリア、アークエンジェルのクルーに復帰 アークエン
ミリアリア復帰燃え/第27話「届かぬ思い」/機動戦士ガンダムSEED DESTINY感想 (ランゲージダイアリー)
 「だがヤツらが離れたというのは幸いか、ラクス・クライン、そしてキラ・ヤマト」(デュランダル議長)  超高密度な議長の台詞でOPへの27話。 →この台詞から読みとれる事実。 ・「ラクス・クライン」と言い切ってるので、シャトルハイジャックが本物のラクスの仕
DESTINY27話感想 (Life is lovely)
今日一番の目玉。「エルスマンとは?」ミリー「振っちゃったv」やっぱりディアミリ最高。こんな会話が聞けるとは。アスランがディアッカの話題をふった時は、しばらくこの手の話題はないのかもと思っていたのに、「振っちゃったv」となー?!ディアッカに「ジャーナリスト
ガンダムSEED DESTINY : #27 届かぬ思い (蛙・鳴・蝉・噪)
ミリアリア復活 めでたい!「エルスマンは?」「ふっちゃった!」(゜∀゜)ひっ ディアッカふられてましたか・・・イイ奴だったのに。「まず決める。やり通す。それが何かを成す時の唯一の方法。」って言うのもわかりますが、アークエンジェル 今回はどんな風にオーブと地球軍
今週のガンダムシードデスティニー (アフィリエイトで目指すは月収100万円)
冒頭から議長が意味ありげなことを言ってたなぁ。 ラクスとキラが離れたほうが都合がいいようなことを。 やはりデュランダル議長はなにか怪しいですねぇ、この戦争を利用してなにかたくらんでいるのか? (追記:あっ勘違いしてた。てっきりラクスとキラが離れたから都合
ガンダムSEED DESTINY第27話「届かぬ想い」 (Refuge)
某所にて今後のネタバレを知りアス坊好きには激鬱の今後に打ちひしがれながら今週のデスを鑑賞…。 嵐の前の準備が着々と進んでおります。着々と。 議長がついに黒丸出しの動きをはじめました。ウヒョー、楽しみだ。 ラクス様はもうエターナルに乗ってました。用意がいい
phase-27「でも今のあのAAの方はどうかしらね」 (ちっちゃな種が暮らしいい。)
議長デストロイ関与発覚! キラとラクスを思い苦い顔をする議長! 議長真っ黒だよ議長! あんたの壮大な理想の世界、それがどんなものか、是非拝ませていただきたい。 27話「届かぬ想い」。シンのステラへの想いも、ステラのネオへの想いも、ネオのステラ達への
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-27 (+ SERAらく日記 +)
PHASE-27 「届かぬ想い」  デイアッカ残念!じゃない(笑) ついに本音が出ましたね、議長?議長の疑惑がだんだんばれてきましたね。 再びオーブ・連合軍とミネルバ、そしてアークエンジェルの激突へ・・・の回です。 宇宙に乗り捨てられていた強奪されたシャトル
GUNDAM SEED DESTINY 第27話「届かぬ想い」 (ファーレンハイト212)
 戦果を上げられないネオにジブリールがどうにかせいと迫り、再びミネルバと連合・オーブ軍が激突する。そして、議長の射程内にラクスだけでなく、キラもいたことが明らかになって、やはり議長はメンデル関係者?と思わせる伏線もあり、話の進展のスピードはともかく、結構
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第27話 (Cosi Cosi)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7 【届かぬ想い】 久しぶりにギルギル登場! 本物のラクスがシャトルを占領したと察しがついていながら、連合の仕業とは限らないがプラン
PHASE-27 届かぬ思い (あっちゃblog)
デュランダル議長はラクス追撃体制に入って、クリスタルのチェスを眺める姿も、MSデストロイの情報を見る姿も真っ黒くて素晴らしいです。わくわく前作のクルーゼとアズラエルの関係から想起させられる、デュランダルとジブリールの関係を頷きながら、またクルーゼが「最高の
機動戦士ガンダムSEED DESTINY #27 「届かぬ想い」 (師匠の不定期日記)
今日は生で見ました。しかし、この投稿時刻では放送して間もないので、一応ネタバレ回避の為、この先は追記形式を取るということで。ちなみに本編キャプはありませんが先を見る人は以下でどうぞ。
機動戦士ガンダムSEED DESTENY 第27話「届かぬ思い」 (ぷらすまいなす研究所)
今回は珍しくアバンでの使いまわしはありませんでした。 前回、シャトルを乗っ取ったラクスとバルトフェルトはエターナルと合流します。 そこにはちゃっかりダコスタ君の姿もありました。笹沼さん、これでちょっとは出番が増えそうで良かったですね。 そして議長の裏の顔が
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第27話 (salty blog)
第27話「届かぬ想い」奪ったシャトルを乗り捨て、エターナルに移るラクスたち。あれはラクスを語る偽者だとし、捕らえるように指示する議長。「だが奴らが離れたというのは幸いか?ラクス・クライン…そして、キラ・ヤマト」…ついに議長の口から、この言葉が。 議長は、ラ
種運命感想第27話 (暁の空)
なんかバンダイも必死だなぁと思った第27話。ジン、カオス、アビス、インパルス、セイバー、ムラサメ、アストレイ、ザク、フリーダム、ストライクルージュ。MS大量放出でした(汗)。最後のフリーダムとストライクルージュの妙に気合いの入ったカットも、再び旧キャラにラス
SEED DESTINY 27話「届かぬ想い」 (宇宙魔王の秘密基地)
今週は少し趣向を変えていこうと思います。さーて今週のSEEDは!!エターナルキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!! しかしこりゃ頭隠して尻隠さずですね。いやこれ頭か?アークエンジェルもそうでしたが見事に持ち逃げしてますね(笑)もうりっぱな借りパク状態!それも戦艦だから
デス種 PHASE-27「届かぬ思い」 (ねんがんのブログをてにいれたぞ)
さて、今週もデス種感想です。 今回はOP前がバンクじゃありませんでした。 開始一秒でまずそこに感動。 ですが、ガンダムウォーのナレーションもキラなのはどうか。 せめてあそこだけでもシンにしてやってくれ・・・頼むから・・・。   プラント 問題発言。
SEED DESTINY 27話 (gran_cody diary)
最近、敵のパイロットを持ち込んでは軍規違反を犯したり、元アイドルは現アイドルになりすましシャトルを奪いFly Away 今すぐ 飛びたてあの空 ゆずれぬ夢と 誇りを胸に~(グランダー武蔵RV OP/Chase The Wind/COA)だった全国のS-Dファンの皆様!早速感想に入ります。
種D PHASE27 (みなもさん日記)
今日も元気だシンステが好き、と言いたいところですが、出番(接触)が少なかったので、先週よりは幾分冷静な感想を書けると思います、多分(苦笑) 議長の黒疑惑が、段々と表面化してきましたね。 モニターに映った『デストロイ』の資料といい、同じ画面を見ていたネオと
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE27『届かぬ想い』感想 (BlueZephyr)
〓エターナル隕石に埋まってるー!(ぇ いや只偽装してるだけですねそうですね。(ぁ ダコスタ久しぶりに見たな。ずっとエターナルに居たのか・・? っていうかエターナルってザフトに戻ってなかったのか・・・! と、なるとクサナギがどうなってるのか気になるな。 ミ
BLOG: PHASE-27 届かぬ想い (SEED STYLE)
ディオキアの宇宙港から強奪したシャトルを乗り捨て、隠されていたエターナルに移乗する。 ダコスタが!シャーウッドの森ですか(笑) 戦力温存しすぎですよ、ラクス様…
第二十七話「届かぬ思い」 (Blue Channel)
やっぱり議長がラスボスっぽいね。だんだんと怪しくなってきた。ラクスとキラのこともたぶん、タリアを通して把握してるんだろうな。 ・ミリアリア アークエンジェルに復帰。ディアッカはふられてました。そう簡単にカップルにならないミリィはしっかりしてるのかも?と
【PHASE-27 届かぬ想い】感想 (Gundam SEED Fun!!)
機動戦士ガンダムSEEDデスティニー第27話「届かぬ想い」の感想です。今週は久しぶりに戦闘シーンに入りました。やっぱりガンダムはMS戦があってナンボだなぁ。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-27 「届かぬ思い」 (so far and yet so close...)
宇宙に到着したバルトフェルドとラクス向かった先は・・・。タリアにアスラン尾行を
ミズネ・シャルダン効果 (菅野重工業)
本日所用で盛岡に行って来ましたが、その帰りにコンビニへ寄った際『オキシライド乾電池』 の単4(これまで単3のみだった)が登場していることに気付いた次第です。 ■今日は「PHASE-27 届かぬ思い」というタイトルでした。前回はステラが強化人間である ことが判明し、一方
「届かぬ思い」SEED DESTINY27話 (ひよぴよのメモ帳)
 ガンダムSEED DESTINY27話「届かぬ思い」の感想ですが、ビデオを間違
PHASE-27「届かぬ思い」 (一日一音。)
大 満 足。 前作を観てるファンには、 「これこれ、これがSEEDなんだよ」っていう展開が満載のエピソードでした。 「蒼天の剣」以降、 各キャラクターの関係が複雑に絡み始めて、 密度の濃さがえらい事になってます。 これで3主人公全員MS乗り換えっていう展開が待
ガンダムSEED-D 27 「届かぬ想い」 (凡ての道はガンダムに通ず)
デュランダル議長がここに来て一気に黒の親玉確定。いやはや番組当初から怪しい怪しいとは思ってましたが、これでスッキリ!スッキリ! アスランよ、この先一体どうする?どうなる?   偽ラクスを本物としてすりかえる陰謀。やっぱり議長指示の元で着々と・・。悪玉
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-27 「届かぬ想い」 感想 (ラムモード)
スーパーフリーダムガンダム。略してスーフリ。 これはやばい。今すぐに名称をドーピングコンソメスープに変更しr(ry あちゃー、やっぱり議長にラクス達の暴走伝わっちゃってますね。 議長はキラの事を知っているのですか。流石は遺伝子学の権威。 議長の手元にはデストロ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-27「届かぬ思い」 (Bird Eyes)
ルナマリアのストーキングは、艦長の命令だったんですね。 彼女の心情も使った高度な戦術ですね(笑)。 でもルナマリアは、ラクスに関する事は報告してないような気がする。 なんとなくですけどね。 四人の同窓会の思わぬ内容に、動揺を隠せないせいか、アスランに対し
ルナマリア、僕たちの行方ジャケット風 (焼きプリン定食)
観ました、ガンダムSEEDデステニィー第27話「届かぬ想い」 まず、なんだよ、出来んじゃん、先週の回想じゃないオープニング(・3・) 毎週これでいいですよ。なんというか、毎週無駄な数秒を過去に割かないで下さい。 私と一緒に観てて「ねーねーこれなんで?」と横で質問
デス種 PHASE-27 「届かぬ想い」 (虚辛会日報)
今日も今日とてジュール隊は連合との小競り合いに駆りだされていた。 「ちっくしょおおおおおおおおおおおおお!!!!!」 「ディアッカ!前に出すぎだ!」 「うっうっ・・・・」 「・・・ディアッカ!?」 「亭主関白が夢だったんだよおおおおおおお!!!!」
運命 第27話 (ターリクの刀)
どうもくらむぼんサガスです。 DISTINY第27話の感想を述べます。 最初はラ
PHASE-27 届かぬ想い (shunichiro0083のアイの種運日記)
・アバンタイトルではエターナルが艦体に岩盤をへばり付かせて偽装し、デプリ帯に潜んでいたようで、ラクスと“虎”を出迎えた様子から考えるときちんとした体制で運用されていたと考えられるのではないでしょうか。  しかし、ここの所でのデュランダルの言動や、ミーアの
第27話:不透明な議長とすっかりお悩みモードのA型なアスラン。 (O型・風海のアスラン考察日記)
2005/04/25(月)(改訂版UP♪)宇宙へ上がったラクス達は、乗っ取ったシャトルを乗り捨て、隠しておいたエターナルへ♪ ダコスタ君達、かつての仲間が揃ってお出迎えっていうのが感動しますね。(^^)その件で報告を受けるデュランダル議長。当り障りのない指示を出した後
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-27「届かぬ想い」 (EL CLASICO)
OP前,無重力中を漂う カツラとサングラス... 何かと 思った... そして,何かをたくらむデュランダル議長. いよいよ本性がでてきたのか... ブルーコスモスのロード・ジブリールに嫌味を言われるネオ. 適当にあしらっているのが良かった. そして,一瞬,デストロ
PHASE-27 届かぬ思い (\"Foresight for everybody\")
※種デスのネタバレあり 最近活動がひかえめですが、26話の感想&予想です。 ■やはり気にしているのか? 前回ネオは仲間の連合兵に言われ、\"ステラは損失\"扱いになりました。 それに対し、疑問を持ちながらも納得していたネオですが。 やはり、ステラの.
振っちゃった♪ (ガンダムSEED DESTINY 第27話感想) (a glorious day)
まだ先週末の疲れが残ってるせいか、なかなかネタが浮かびませんね。 今週は簡潔に書きます。 ところどころおかしいところがあるかも知れませんが、お許しください。 冒頭、久々の議長にさらに久々のエターナル。 ラクスはエターナルをつかってプラ
ガンダムSEED DESTNIY  27話届かぬ思い (赤と黒、アルビ、SEED・Dが大好きだっけ。)
アバンタイトルは回想じゃなかったのは久しぶりじゃないかな、                                                           ラクス&虎、エターナル来た!お帰りダゴスタくん、君の帰りをどれだけ待ったことか
ガンダムSEED DESTNIY  27話届かぬ思い (赤と黒、アルビ、SEED・Dが大好きだっけ。)
アバンタイトルは回想じゃなかったのは久しぶりじゃないかな、                                                           ラクス&虎、エターナル来た!お帰りダゴスタくん、君の帰りをどれだけ待ったことか
種デスネタバレ感想・PHASE-27「届かぬ想い」 (ミニむ~む~ほ~む)
ネタバレ注意の本編 オリジナルサントラ?の感想です。 いつもより増して感想を書く
PHASE-27 届かぬ想い (世界は映画でまわってる。)
 ・ ミーア悲しんでませんよ議長  ・ ミリアリアあっさりAAへ  ・ 思い出せよスティング  ・ がんばれトダカ一佐  ・ またまたルージュ はっはっは。上っ面な議長の言葉がステキ。 それにしてもラクス。あっちゅーまにエターナルにお乗換えですか。 ダコ