夢華の言いたい放題

夢華の視点から見た出来事や特集

私語が仕事?

2010-08-31 05:27:57 | Weblog
世の中には、喋ることが
仕事の職業はある。
アナウンサー、落語家、
漫才師、司会etc。
しかし、私語が仕事に
なる訳ではない。

不況に全く関係ない職業、
倒産の心配がない仕事
と言えば公務員だ。
キャリアでない
殆どの公務員は大して
仕事もないし、休憩ばかりしている。

出勤さえすれば
お金が貰える、いい身分だ。
役所や県庁、公共の建物に行くと
どこでも大声で職員達の
雑談している姿を見る。

シーンとしている所は、
何故か一箇所もない。
一日中、雑談する位
暇で退屈な所が職場であり
仕事を毎日しなくても
充分な給料は貰える。

昔、公務員の給料は
民間に比べてかなり
低く設定されていた。
それが、いつの頃からか
仕事もしないのに
民間並みになっている。

利用者は静かにするように
紙が掲示されているが
働いている人間が
利用者の迷惑になるような
大声でクダラナイ雑談を
ずっと続けている。

誰も注意しないし
常識を持ち合わせていない
職員達しか、そこには
働いていないのだ。

公務員の数を現在の
三分の一にすれば、
丁度、民間と同じ位の
仕事量になるだろう。

休憩と雑談で税金が
消えていく現状に
誰か声を上げる人間は
居ないのだろうか?
コメント

一点物の価格

2010-08-30 05:36:57 | Weblog
先日、デパートの
特設会場にある
ブースを見て回ると
カメオのブローチの横にある
ショーウィンドーに
目が吸い寄せられた。

花びらの形をした、
初めて見るペンダントは
すりガラスみたいな
色をしている。
眺めていると店員が
色々と説明してくれる。

「大きくて、厚みのある水晶を
1つずつ手彫りで仕上げ、
真ん中にダイヤモンドを
あしらっています」
「そう。初めて見たから
目に留まったのよ」

「カメオは、どこでも
見掛けますが、
この手彫りは、他に
置いていませんし
厚みのある綺麗な水晶は
数が限られますから」

押し付けがましくない
程度に勧めながら
店員は、そのネックレスを
首に付けてくれた。

正面より、鏡で横から見ると
立体感があり、大降りなのに
自己主張をしていない
珍しいタイプである。

ブローチと兼用なので
留め具で固定して
チェーンを厚みのある
別のものに変えても
落ちないようになっている。

希少で素敵なのは
ひと目見た時点で
分かっているが・・・
40万という値札は
残念ながら衝動買いを
するような価格ではない。
コメント

過保護の結果

2010-08-29 05:35:58 | Weblog
虐待の反対が過保護の
気がするが・・・
どちらにしても
極端な事は良くない。

虐待は弱い人や、
無抵抗な者を一方的に
苛める行為である。

自分のストレスを
発散させる為に、
あるいは腹が立ったから
無抵抗な人間に当り散らす。
まともな思考回路を
持ち合わせているとは言えない。

過保護で育った子供は
何かと親が出てくる。
口を出すだけではなく
当事者でもないのに
当然の顔をして発言し
親が割り込んでくる。

子供は当然、自己中心で
わがままに育つ。
社会適合しない
傍若無人な振る舞いを
平気で行い、困った君に
投書される人物である。

結婚しても、親が
介入してくるのは
現在では珍しくない
現象かもしれない。
それだけ過保護な親の
存在が多い訳だ。

過保護の子供は甘えたで、
自分で行動するより
人にしてもらって
当然という所がある。

すべて自分でする
一人暮らしも、しんどい。
結局、実家に帰って
親にしてもらう生活に
逆戻りする男も女も多い。

過保護は、精神的に
未熟な大人を育成する。
昔から、こういう諺がある。
「可愛い子には旅をさせよ」
コメント

年々暑いのは何故?

2010-08-28 05:35:51 | Weblog
地球温暖化が叫ばれて
数年が経過する。
年々、夏は暑くなっていく。
数年前に比べて
平均気温は3度も
上昇しているという。

去年より今年は暑くて
身体が、しんどい。
そういう声を聞くが・・・
身体の外側を冷やすのと
体内を冷やすのでは
意味が全く違うのだ。

ビールや冷たい飲み物、
アイスクリームetc
体内に冷たい物が
大量に摂取されると、
身体のバランスが崩れて
食欲不振の夏バテになる。

暑い時には、熱い飲み物で
身体に、じんわり
汗をかく方がいい。
夏に汗が出るのは
ごく普通の現象である。

健康的な汗をかけば
身体の不調もなくなる。
暑い原因は、道路の
アスファルトで日没後も
気温が下がらないから。

お店や各家庭から
吐き出される室外機の温風で
戸外の温度は一段と
ムーっとしてくる。

省エネとか、エコと
言うけれど、基本的に
消費しなければ
経済は低迷する。

このしくみが
変わらない限り
地球温暖化に歯止めは
利かない気がする。
コメント

1万円に釣られる?

2010-08-27 05:32:38 | Weblog
小さい時のエピソードは
いくつも、あるだろう。
親が覚えている事と
子供が覚えているものは
微妙に違うかもしれない。

時間が経過すれば
鮮明な印象を持ったもの
だけが、残っていく。
面白い子供は、小さい時から
普通の発想をしない。

言う事、する事が
その辺の子供と違う。
親は、それを面白いと思うか
訳の分からない子だと
感じるかによって
子供の運命は、かなり左右される。

私の1万円事件?
母は覚えていないと言う。
私は、家族の中で
母と喋るのが1番楽しかった。

だから、小学校から帰ると
今日は、どんな事があったか
ゼスチャー付きで
話すのが日課だった。

姉は、殆ど話さない
物静かな子供である。
対照的に、よく喋る私に
ある日、母は言った。

「よく喋る子ね。
煩いったら、ありしない。
1日黙っていたら、1万円あげる」
「1万円要らない。
私は、喋りたい!」

お金で釣ろうとする母、
それに応じない子供。
その当時の1万円は
結構、値打ちがあった。

数々の出来事があり
大きくなっても、
全くお金に釣られないのは
今も変わらない。
コメント