Harumichi Yuasa's Blog

雑記帳Blog版
http://home.att.ne.jp/omega/yuasa/index.html

道成寺

2016年05月23日 | 自治体
先日、南紀白浜で開催されたサイバー犯罪に関する白浜シンポジウムに参加した際、空き時間に道成寺を訪れた。







奈良時代の創建と伝えられる道成寺の境内はさほど広くなかったが、参道の階段を上がった先に山門があり、室町時代に建てられた本堂や三重塔などがある。本堂の前の池には蓮の花が咲き、オタマジャクシが泳いでいた。
本尊の千手観音(国宝)は、コンクリート造りの宝物殿の中に鎮座している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口 英先生と情報ネットワーク法学会

2016年05月23日 | 情報法
山口 英先生が52歳で逝去され、いろいろなところで追悼記事が出ている。6月15日にはお別れの会が開かれるとのことである。

http://www.wide.ad.jp/suguru-0615/index-j.html

情報ネットワーク法学会では、2005年11月に南山大学を会場として開催された第5回研究大会の際に、山口先生に基調講演をお願いしている。

http://www.in-law.jp/bn/2005/20051001.html

私自身もこの研究大会には参加しているので、ブログに記事を書いていた。

山口英・内閣官房情報セキュリティ補佐官・奈良先端科学技術大学教授の基調講演「情報セキュリティの役割拡大と方向性」は、政府の情報セキュリティ対策の経緯と現状に関するもの。
 特に内閣官房を中心とするセキュリティ対策を推進する過程において、実務的には立法化を極力回避している現状が紹介された。
 その理由は、立法化作業は膨大なコストを要する割には、法律による諸問題の解決は終局的場面が中心であり、一般国民にとって立法化は必ずしも有意義とならないという山口氏の私的な見解が示された。換言すれば、法律は「使いにくいツール」であり、「顧客」である国民にとっては満足度の低いものであるため、政府の情報セキュリティ対策を推進する上で膨大なコストを費やしてまで立法作業を推進する必然性は低いというものである。

上記が、山口先生の基調講演に関する私のブログ記事である。
ご講演の内容からは、山口先生が、立法というきわめて煩瑣な作業と格闘しておられた様子がうかがわれる。まさに「膨大なコストを費やして」、立法作業を推進しておられたのであろう。それが山口先生のお命を縮める一つの原因になったのではないかと思う。
あらためてご冥福をお祈りしたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月21日(土)ロボット法研究会設立記念シンポジウムのパワーポイント資料

2016年05月23日 | 情報法
5月21日(土)に、情報ネットワーク法学会特別講演会ロボット法研究会設立記念シンポジウムが開催されました。

私は総合司会と、パネル2: 「ICTインテリジェント化とロボット共生社会」のパネリストを務めましたが、パネルディスカッションの際に使用したパワーポイントを以下で公開しています。

http://www.slideshare.net/harumichiyuasa1/ss-62245792


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2003年6月の瀬谷駅南口

2016年05月01日 | 自治体
2003年6月の瀬谷駅南口が写っている写真が出てきたので、昨日に続いてアップロードしておこうと思う。





これは改札口の様子で、工事が始まったので、改札口の左側にあった蕎麦屋はもう店を閉めている。



跨線橋の中の様子。こうして見ると、瀬谷駅の跨線橋は、木造だったようだ。



瀬谷駅の北口付近を、大和寄りから撮影したもの。南口には、相鉄ローゼンもあったことを思い出した。今、同じ場所にはドラッグストアが建っている。



改札口の前のビルには、「オリジン弁当」が入っていた。今、同じ場所は「らあめん花月嵐 瀬谷南口店」というラーメン店になっている。
オリジン弁当はその後、北口に引っ越し、「瀬谷店」になった。



上の写真は、2003年11月に撮影したもの。
瀬谷駅南口から歩いてすぎのところにあった静岡銀行の瀬谷支店が閉店になったときの様子。
建物は取り壊され、跡地は駐車場になっている。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加