goo

ギガノトサウルス1

 ギガノトサウルスは、白亜紀前期末から後期初め(オーブ期~セノマン期)にアルゼンチンのパタゴニア(ネウケン州)に生息したカルカロドントサウルス科の巨大カルノサウルス類で、1995年に記載された。
 頭骨は長く、相対的に丈が低い。眼窩の上の涙骨と後眼窩骨の結合部が広く、下顎の歯骨の先端が上下に拡張して角張った形になっている(カルカロドントサウルス科に共通)。方形骨は長く、内側に2つの孔がある。涙骨の突起lachrymal hornは後方が尖っているが長い稜状ともみえる。歯は薄く鋭い。脊椎骨は太く頑丈にできている。全体にティラノサウルスよりもがっしりした、重量級の体型である。3本指の前肢はティラノサウルスよりも大きいが、肩帯は小さめであるという。
 1998年に国立科学博物館の「大恐竜展:失われた大陸ゴンドワナの支配者」で初めてギガノトサウルスの全身復元骨格を見た時は、確かに巨大ではあるが、ティラノサウルスほどの美しさがないと感じた。また、ギガノトサウルスといえば金子隆一氏の「最新恐竜学レポート」(2002年)にある「ギガノトサウルス水増し疑惑」を思い出してしまう。ギガノトサウルスの復元頭骨は、テタヌラ類にしては妙に後頭部のライン(鱗状骨、方形骨の角度)が斜めになっており、側頭窓が大きくなっているが、ティラノサウルスよりも大きい世界最大の肉食恐竜ということで、長さを増す方向に手心が加わったのではないか、ということである。この件はその後、どうなったのだろうか。この点を踏まえて、あえて後頭部を短く修正した復元図もみかける。一方、BBCの「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー:タイムスリップ恐竜時代」では後頭部の長さがやや強調されているようにみえる。

 ギガノトサウルスの頭骨は、私にはどことなく「悲しげな目つき」をしているようにみえるが(般若のような憤怒の表情にもみえる)、先に述べた眼窩の上の特徴のためである。涙骨と後眼窩骨の結合部と書いたが、眼窩の上にひさし状の骨があり、supraorbital shelfと称される。ギガノトサウルスではsupraorbital shelfは主にpalpebral (まぶた骨)という独立した骨からなり、これが後に後眼窩骨と癒合するようである。最近記載された近縁のマプサウルス(ギガノトサウルス亜科)にも同様にpalpebralからなるsupraorbital shelfがあるので、同じような「目つき」をしていたはずである。palpebralは、カルカロドントサウルス類の他にアベリサウルスにもみられる。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シノルニトサウルス1

 シノルニトサウルスは、白亜紀前期の中国遼寧省に生息した小型のドロマエオサウルス類で、羽毛の痕跡が発見されている。全身が羽毛で覆われていたことは一致しているが、どの部分にどのような羽毛があったかは復元図によってかなりまちまちである。新しい標本から、少なくとも前肢と後肢付近には羽軸、羽枝、小羽枝をもつ(羽板をなす)羽毛があったらしい。アメリカ自然史博物館の復元模型でも前肢と後肢に小さな翼状の(ミクロラプトル的な)構造を付けている。
 肩帯の構造が始祖鳥に似ており、肩甲骨と烏口骨が90度以下の角度をなし、またほとんど肩甲骨によって形成される肩の関節面が側方を向いているので、鳥が羽ばたくように前肢を上下に動かすことができるようになっている。ただし飛翔ができたわけではないので、自由度が大きくなった前肢を捕食に役立てたか、あるいは斜面走行説のように樹に駆け上る助けにしたのであろうか。
 他のドロマエオサウルス類と異なるシノルニトサウルスの特徴は、前眼窩窩(antorbital fossa)の前方部分に装飾のような多数の孔があいていること、歯骨の後端が分岐していること、前上顎歯に鋸歯がないこと、烏口骨にsupracoracoid fenestraという穴があること、手の第3指の第一指骨の長さが第二指骨の長さの2倍以上あること、などである。ドロマエオサウルス科の中では吻が細長いが、歯はそれなりに大きく鋭い。後肢のカギ爪も大きい方らしいので、小型ながら獰猛な捕食者という印象がある。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )