goo

城西大学水田記念博物館・大石化石ギャラリー

分子生物学者の大石道夫先生が長年かけて収集されたブラジルやレバノンなどの化石コレクションを寄贈されたものに、城西大学と姉妹校である中国の瀋陽師範大学・遼寧古生物学博物館からの寄贈品を加えて展示している。大石道夫先生のご尊父、大石三郎先生は有名な古植物学者で日本・中国・朝鮮半島・樺太など東アジアの植物化石について集大成する業績を残されたそうである。大石道夫先生も米国在住時、学会で訪れたブラジルの市場で化石に魅せられ、以来コレクションに至ったという。

大石コレクションは、立体化石で有名なブラジルのサンタナ層やレバノンのサニー層(白亜紀)の魚類・水生生物化石が中心で、展示室の壁と床を活用して美しく展示されている。魚類の知識がないので紹介できないが、化石魚類の好きな人なら楽しめるだろう。アクセルロディクティスなどシーラカンス類もある。ワニやカメ、昆虫などもいる。

恐竜は、遼寧古生物学博物館から寄贈されたアンキオルニス、ミクロラプトル、ユーティランヌスのレプリカがいる。



ギャラリーの外、建物のエントランスにいきなりユーティランヌスがいる。こんにちはー。寄贈された時には命名されていなかったようで、ティラノサウルス類としか書かれていない(Tyrannosauroidea gen. et sp. indet)。しかしその後、記載/命名されたのだから、説明のプレートも更新してほしいところである。「大型肉食恐竜としては初めて、全身に羽毛の痕跡が発見され、大きな話題となった。」かなんか書いた方が、大学としてもアピールできるでしょう。

「恐竜王国2012」では一頭がジャンプして一頭が仰向けだったので、普通の姿勢で見られるのはありがたい。しかし胸部の肋骨が短いような。。。後方の腹部あたりの肋骨が長い?そのせいか肩帯の位置が高すぎる。



この復元キャストについては昨年いろいろ不満を述べたが、詳細に研究される以前に作成されたものということだろう。恐竜ファンたるもの、どこが正確でどこが不正確か、見抜く目力(いわば「復元骨格リテラシー」)を持ちたいものである。鼻骨のライン、鼻骨側面の窪み、前上顎骨の短さ、上顎骨の前眼窩窩の腹側縁の稜などは正確にみえる。



四肢の骨の長さの比率などはさすがに測定して作っているだろうから、バランスを参考にはできると思われる。やはり中足骨が短めでアロサウロイドのような体格である。



最古の羽毛恐竜、アンキオルニスがこんな所に。ミクロラプトルもいる。



翼竜アンハングエラの頭骨と下顎も。

化石や絵はがきなどのおみやげも買えます。入場無料なので、都心のど真ん中で化石を眺められる貴重なスポットとして、気軽に立ち寄るにはいいかも。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アウロルニス

アウロルニスは、ジュラ紀中期から後期(Tiaojishan Formation)に中国遼寧省に生息した原始的なアヴィアラエ鳥類で、最近Godefroit et al. (2013)によって記載された。Natureの論文の共著者の一人、Francois Escuillie とは、ミネラルフェアで化石を販売している陽気なフランス人、Eldoniaのフランソワさんである。すごいですね。こないだ「This is our work.」といって宣伝していたので読んだのであるが、予習していたらもっと詳しい話が聞けたのに残念である。

最近のジュラ紀中期から後期の遼寧省からの、鳥類に近縁な小型獣脚類の発見は、鳥類の祖先としての始祖鳥アルカエオプテリクスの地位を脅かしつつある。もしアルカエオプテリクスが鳥類の祖先ではなく、デイノニコサウリアに属するとすれば、前肢だけで羽ばたくという典型的な鳥類の飛翔が、独立に2回生じたか、あるいは後にデイノニコサウリアで失われたことになる。
 今回Godefroit et al. (2013) は遼寧省で発見されたアウロルニスの全身骨格を記載し、これを包括的な系統解析に含めることにより、次のことを示唆した。1)系統解析の結果、アウロルニスは最も基盤的なアヴィアラエとされた。2)アルカエオプテリクスはアヴィアラエに属することが確認された。3)この解析ではトロオドン類がアヴィアラエの姉妹群として位置付けられた。4)パラヴェスParavesの中で、飛翔powered flight は一回だけ生じたことが支持された。5)ジュラ紀中期から後期の頃には、アヴィアラエとパラヴェスの初期の多様化が既に起こっていた。

アウロルニスに特徴的な形質は、手の第1指の第1指骨が撓骨よりも顕著に太い、腸骨の後寛骨臼突起postacetabular processが腹側にはっきり屈曲しておらず、背縁が水平である、座骨の遠位端が背腹に拡張し、カギ状の腹側突起とより長い背側遠位突起からなる、第1中足骨が華奢で細長い(第3中足骨の約30%)、であるという。

この系統解析の結果からみると、基盤的なアヴィアラエ(アウロルニス、アンキオルニス、シャオティンギア)は、ジュラ紀中期から後期の中国北部では既に多様化していたことがわかる。ドイツのアルカエオプテリクスを含めるとジュラ紀末には、アヴィアラエ鳥類はユーラシアに広く分布していたことになる。一方、ドロマエオサウルス類とトロオドン類はジュラ紀のアジアからは見つかっておらず、ジュラ紀後期のヨーロッパからの分離した歯が暫定的にドロマエオサウルス類とされているに過ぎない。熱河生物群の化石から、ドロマエオサウルス類とトロオドン類は、白亜紀に入って急速に発展・多様化したことになる。

参考文献
Pascal Godefroit, Andrea Cau, Hu Dong-Yu, Francois Escuillie, Wu Wenhao & Gareth Dyke (2013) A Jurassic avialan dinosaur from China resolves the early phylogenetic history of birds. Nature 498, 359-362.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2013年新宿ミネラルフェア補足 




Eldoniaのブースにはリリエンステルヌスの歯などに混じって、白亜紀前期アルビアンのスペインのアロサウロイドの歯というのがあった。コンカヴェナトルの類縁かと興味をひかれたものの、保存が良くないように見えたので見送った。

ミネラルフェアなどで時々見かけるものに、Razanandrongobe という太く丸みを帯びた歯がある。Georgeさんの所でも見たことがあるし、今回Eldoniaのフランソワ氏も獣脚類といっていた。まだ記載論文が出ていないがミラノ博物館にあると。Wikipediaレベルでは、マダガスカルのジュラ紀中期のもので、捕食性の主竜類とある。2006年に短報が出ていて、上顎骨の断片と分離した歯が見つかっているようである。しかし写真を見る限り、上顎骨の断片は本当に歯槽の部分だけで、これでは分類も困難にみえる。獣脚類ともそれ以外の主竜類とも考えられ、著者らは断定を避けているとある。特殊な歯の形から、獲物の骨を砕いたのではないかと考えられている。
 獣脚類とすれば、ジュラ紀中期だとメガロサウルス類の特殊化したもので、スカベンジャーということだろうか。ネット上には、マダガスカルということでアベリサウルス類(時代的に早すぎるが)と想定した想像図まであるようである。そのうち頭骨が発見されたりすると、歯の化石の価格も急にはね上がるのかもしれない。(注:巧妙なステマではない)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2013年 新宿ミネラルフェア

やはり大型展示には恐竜がいないとさびしいですね。サーベルタイガー、魚竜、モササウルス類、魚類、鳥類はいるのですが、恐竜が抜けていて。



Zoic Srl の新物として、マダガスカルのペルム紀の海生爬虫類ホヴァサウルスHovasaurusというのが、多数出ていました。頭がないと5~6万円、頭がついた全身骨格だと57万円とか。「ルゴプスの脛骨」もありました。



Georgeさんの所は相変わらずで、今年もエリオプスの歯ありました。キロステノテスの末節骨など品質がすばらしいのですが、買えないので見ない。私が注目したのは、アウカサウルスの歯12万円ですが、買いますか?あとはケラトサウルスの記事にも書いた、タンザニアのテンダグルで見つかった非常に大型のケラトサウルスとされる歯。まあカルカロ並みの大きさです。

ミュージアムインポートでは、「カルカロ・スピノフェア」みたいなことをやっていました。モササウルスやグロビデンスの歯もたくさん。



フランスのEldoniaには、ポタモテリウムがいました。ラッコのような動物で、鰭脚類の祖先ともされているそうです。魚の化石を口にくわえています。ほとんど完全な全身骨格が出ているようです。



こちらも鰭脚類ですが、アザラシといっていいのかわからない。



オヴィラプトル類の卵、胚の骨格入り。高いです。



今回ゲットしたのは、スピノサウルスの末節骨。





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )