goo

このブログの功罪



10年もブログをやっていると、自分の活動はどういう意味があるのだろうかと少しは考えるようになる。
 このサイトは何の役に立つのか、は思いつく。夜中に突然、トルボサウルス・タンネリとトルボサウルス・グルネイの違いは何か、知りたくなった時に役立つ。ゲニオデクテスがなぜケラトサウルス科なのかもわかる。要するに、世の中のほとんどの人にとって、全くどうでもいいことがたくさん書いてある。希少価値である。

心配なのは「罪」の方で、このブログはもしかすると、青少年に悪影響を与えたのではないかと危惧している。
 ブログ開設まもない頃には、「どんな資料を参考にしているのですか?」と訊かれたものである。昔、金子隆一氏の著書に「一次資料である論文を読んでいない者とは話をする気がしない。」という趣旨の文言があったが、そうはいってもアマチュア恐竜ファンには、なかなか敷居が高いものとされていたはずだ。それが、昨今では恐竜ファンのレベルが向上したのか、学術論文こそが本当の情報源である、ということが、マニアまではいかない恐竜ファンの間にも浸透してきた様子がうかがえる。もちろん昔からマニアックな人は学術論文を取り寄せていたが、ネット社会になって技術的に容易になった。原著論文の写真や骨格図を見るアマチュア恐竜ファンの数は増加したと思うし、論文に限らずアマチュアが入手できる情報のクオリティも上昇した。

 ただし多数の恐竜の論文を読めば、サイエンスライターのような文章や本が書ける、というものではない。情報収集は必要条件ではあっても十分条件ではない。ましてや研究者のレベルに近づいた、などと錯覚するのは全くの勘違いである。例えばこのサイトの「バラウル」の記事は、具体的にどの形質がドロマエオサウルス類とアヴィアラエのどちらに近いか、一部を抜粋して紹介してある。骨学的記述が列挙してあるように見えて、これだけで辟易してしまう読者もおられるだろう。しかし、Andrea Cauが扱っている情報量はこんなものではない。少なくとも10倍以上はあるだろう。またこの研究はBrusatteのモノグラフをふまえて否定的なデータを提示する性格の仕事なので、過去の複数の引用文献を相当程度、勉強し論点を整理しなければならない。どの分野でも、研究者が論文をまとめるために必要な作業は、部外者の想像を超えたものであるはずだ。
 つまり自戒を込めていえば、多少の論文や総説を読みこなしたからと言って、わかったような気になってはいけないということである。

英語力などの制約はあるにしても、誰でも論文のPDFを入手し、一応は読めるような世の中になったとすれば(もちろん一般の恐竜ファンが皆そういうことをするわけではないが)、このサイトの恐竜情報に対する立場も多少は変わってくるだろう。以前からそうではあるが、重要な恐竜のニュースでもナショジオなどのメディアで十分紹介されているような場合、ここで取り上げる意味は薄いと考える。それよりも、自分の興味に従って独自のテーマを追究する方が性格に合っている。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

リニューアル作業について

リニューアル作業について

このブログも開設からもう9年になるので、少しずつ手直ししようと思っている。既にアフロヴェナトルの生息年代を訂正したように、この間に内容が古くなっている記事がある。ストケソサウルス・ランガミはジュラティラントになり、サウロルニトイデス・ジュニアはザナバザルとなったが、これらについては気が向いたら取り上げる。恐竜本など何でもそうであるが、その文章がいつ書かれたものであるか、常に意識して読んでいただきたい。

過去の記事を自分で読み返すと、初期の記事には細かい誤りや不適切な点もあった。(わりと最近の記事でも用語の誤りが見つかって、冷や汗をかいている。)学術的な内容を記述しているのに参考文献がなかったり(参考文献を明記したのは2007年4月から)、当時のイラストが今では気に入らなかったりする。

そこで、完全に古くなった、または大したことを書いていない記事は削除(公開停止)。字句の誤りは訂正する。参考文献がなかったものにはそれらを追加していく。いまいちなイラストは描き直すか、修正する。また、骨の細かい形態を論じているのに、図がないために分かりにくい記事は一部、図を追加しようと考えている。ただし修正作業も結構手間がかかるので、気長にいく予定です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

提携のお知らせ

 このたび、「学術系」恐竜・古生物アートで既に有名な、徳川さんのサイトと提携させていただくことになりました。

ブックマークにもリンクを張りましたが、インデックスとして恐竜・古生物アートポータルページを御覧下さい。

今後もよろしくお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ご挨拶

 ブログブームにあやかって、イラストサイトを作ってみました。
私は古生物学者ではなくアマチュアの恐竜ファンです。また絵は正式に学んだことはありません。
元々は角竜などのおとなしい恐竜を描いていたのですが、数年前からなぜか肉食恐竜を描くようになり、現在に至るまで獣脚類にはまってしまいました。

 素人なので恐竜についての知識は浅いのですが、簡単な解説や個人的な思い入れを語ったエッセイのような文を付しました。この内容については、学問的な誤りや古い点がありましたら、専門の研究者の方、新しい情報をお持ちの方にコメントをいただければ幸いです。すみやかに訂正しますのでよろしくお願いします。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )