隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

テレビ Vol.405 『朝ドラ 「おかえりモネ」』

2021年07月11日 | テレビ番組

隊長が観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第405回は、『朝ドラ おかえりモネ』をお送りします。

 

 


『おかえりモネ』は、5月17日(月)から始まったNHKの2021年度前期「連続テレビ小説」 (通称:朝ドラ)です。


“朝ドラ” は、NHKで1961年から始まった、テレビ ドラマシリーズです。第1作の『娘と私』から、最新作『おかえりモネ』まで、104作品が放送されています。


「隊長のブログ」では、朝ドラを、これで22作品を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f99044cc42c1c0270c09c467155cd5b9


現在の本放送は、NHK総合テレビ、BSプレミアム、BS4Kにて、毎週月曜日~金曜日に放送されています。隊長は、ロケシーンが美しく映る BS4Kの午前7時30分~7時45分を観ています。


その前後は、午前7時15分~7時29分に、朝ドラ『あぐり』の再放送  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49c3d8489d6f27f5daf15b9e26091e18 を、


午前7時46分~7時59分は、『にっぽん縦断 こころ旅「2021年春の旅」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27b8e45fb48477fcd20765c929f79da9 を、観ていることになります。


朝ドラは、実在した人物をモデルに、その一生を描いた物語が多いのですが、本ドラマは、脚本家・安達奈緒子のオリジナル作品です。


安達奈緒子さん脚本のドラマは、2019年10月期 『G線上のあなたと私』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/885e88a62273d507e6deeb1f156daf40 を、取り上げています。


ヒロインの永浦百音(モネ)を演じるのは、清原果耶(きよはら かや)。


かっては “新人女優の「登竜門(とうりゅうもん)」と呼ばれていた朝ドラ” のヒロイン役が、2015年度前期『まれ』の土屋太鳳(たお)から始まり、波瑠、高畑充希、芳根京子、有村架純、葵わかな、永野芽郁、安藤さくら、広瀬すず、戸田恵梨香、二階堂ふみ、杉咲花、そして清原果耶と、連続13作実績のある女優さんが起用されています。


清原果耶さんも、13歳の時に、2015年度後期朝ドラ 『あさが来た』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1b12667d47c99cf9ab908153a5699bc では、主人公・あさ(波瑠)の姉・はつ(宮﨑あおい)が嫁ぐ際の付き人・ふゆ役に選ばれ、


2019年度前期朝ドラ 『なつぞら』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/486fc49a538daa61f9febeec726c30fe では、主人公・なつ(広瀬すず)の生き別れの妹千遥(ちはる)を演じて、注目されました。


「隊長のブログ」では、2019年10月期ドラマ『俺の話は長い』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/262b9de3b7d992af1ad5da2408eb8350 を、紹介しています。


共演者:鈴木京香、坂口健太郎、永瀬廉(れん)、蒔田彩珠(まきた あじゅ)、浜野謙太、浅野忠信、西島秀俊、藤竜也、夏木マリ、内野聖陽、でんでん、竹下景子、ほか。

 

 


ナレーションは、主人公の祖母役も演じている竹下景子。


主題歌は、BUMP OF CHICKENの 「なないろ」。

 

あらすじ:宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で、両親(内野聖陽・鈴木京香)・祖父(藤竜也)・妹(蒔田彩珠)と暮らしていた百音。2014年春、高校卒業と同時に気仙沼を離れ、ひとり内陸の登米市へ移り住むことに。大学受験にことごとく失敗、祖父の知り合いで登米の山主である、名物おばあさん(夏木マリ)の元に身を寄せました。


将来を模索する百音は新天地で、林業や山林ガイドの見習いの仕事をはじめます。そんな百音に、ある日転機が訪れます。東京から、お天気キャスターとして人気の気象予報士(西島秀俊)がやって来たのです。彼と一緒に山を歩く中で、「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、深く感銘を受ける百音でした。


「自分も未来を知ることができたら」。そして一念発起、気象予報士の資格を取ろうと猛勉強をはじめるが、試験の合格率は5%。勉強が苦手な彼女はなかなか合格できず、くじけそうになるが、
登米で地域医療に携わる若手医師(坂口健太郎)や地元の人たちに支えられ、ついに難関を突破します。。。

 

第8週までの感想:前述したように、朝ドラは、実在した人物をモデルに、その一生を描いた物語が多いのですが、本ドラマは、主人公が経験した2011年3月11日の「東日本大震災」から、2019年に気象予報士として一人前となった姿までが描かれます。


最近の朝ドラでは、2013年度前期 『あまちゃん』  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/064c8d880ecb8b62e34826479570c2d2 以来の異例の作品です。


『あまちゃん』を彷彿とさせるだけでなく、清原果耶さん以外のキャストにも、鈴木京香さん、坂口健太郎さん、竹下景子さん、など、過去の朝ドラ出演者が多く、既視感あります。


異例の朝ドラと言う点では、これまでの殆どの物語では、第1週から第2週は、主人公の子供時代を子役が演じ、第3週から成長した主人公を主演の俳優が演じるのですが、『おかえりモネ』は第1話から子役起用なしに高校卒業した百音役の清原果耶さんがいきなり登場しました。


回想シーンでは、中学生時代の百音も、現在19歳の清原果耶さんが演じているのですが、全く違和感がありません。そのためか、ストーリーで、度々回想シーンが登場するのですが、映し出されているのが、成長してからの百音なのか、過去の百音なのか、わからなくなることがあります。


さらに、異例なのは、ヒロインの“運命の人”と巡り合うのも、だいたい第3週以降なのですが、このドラマではいきなり第1話で、“運命の人”と思われる坂口健太郎さん演じる若手医師・菅波光太朗と出会ってしまいます。


19歳とは思えない安定した演技を見せてくれている清原果耶さんですが、他のキャストでは、百音の同級生・及川亮(永瀬廉)の父親・新次を演じる浅野忠信さんに注目しています。


震災で自分の船・家・妻を失ってから、酒に溺れるダメ親父の新次です。これまでの “カッコイイ” イメージの浅野忠信さんとは、真逆の役なのですが、見事に演じきっています。


映画  『ラストレター』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5b0a5db6da384e0b19a3edd160cc1342 での、豊川悦司さんの阿藤役もそうでしたが、昔のイメージが強い俳優さんが、グズ男を演じると、そのギャップに見入ってしまいますね。


第10週以降に、気象予報士の試験に合格した百音が上京するようですが、どんなストーリー展開になるのか、また東京の人々として、どんな役者さんが登場するのか楽しみです。

 

尚、『おかえりモネ』第9週「雨のち旅立ち」は、明・7月12日(月)からの放送予定です。

 

==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

 

Vol.1~390 省略。

Vol.391 2021/5/14 『ドラマ「リコカツ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b221da31b1342850d047ae331b3f5f3a

Vol.392 2021/5/18 『ドラマ「着飾る恋には理由があって」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8446c63faf36dbe9d5cd548ee72c53ec

Vol.393 2021/5/20 『ドラマ「ソロ活女子のススメ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b206da671086e53699bc8bf75e6b49ba

Vol.394 2021/5/26 『ファミリーヒストーリー「福山雅治」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7bd141d149fed992dd1f854d4388d521

Vol.395 2021/5/28 『ドラマ「コントが始まる」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0cafc81bec0bc129062e5bba96f8d7bc

Vol.396 2021/5/30 『ドラマ「ドラゴン桜」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/90a6befdb4149f2a111f24982b7bb1ad

Vol.397 2021/6/1  『今夜の旅はドラマチック「台湾、君を追いかけて」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/23bed229141d6c750ed8819a965a41af

Vol.398 2021/6/3  『2021年春の連ドラ 総括』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d4248680e13ded989bb3e13c1a9182c

Vol.399 2021/6/7  『ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a7e5d8cb6315e31bcb54c4e3aa76f9ba

Vol.400 2021/6/10 『ドラマ「半径5メートル」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0474836ce6d217dc346ee8bbbc1769b4

Vol.401 2021/6/20 『大河ドラマ「黄金の日日」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bb7dcc9713aaee820c3391aac57a6974

Vol.402 2021/6/26 『中国ドラマ「君は僕の談判官」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e8c9a466e3a851bd29b0de837ae6cf32

Vol.403 2021/7/1 『ガイアの夜明け~2021年3・4月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5471363153eb61e8c0aca34a8d23441

Vol.404 2021/7/8  『ぴったんこカン☆カン~2021年3・4月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5cdb583a26206f6cbadb7a7dd0cb9c55

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 街歩き 第119回 『「常磐橋」... | トップ | 映画 Film231 『ザッツ★マジ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ番組」カテゴリの最新記事