隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

映画 Film95 『ザ・ヤクザ』

2017年01月05日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第95回は、『ザ・ヤクザ』をお送りします。


『ザ・ヤクザ』(原題:The Yakuza)は、1974年に公開されたアメリカ映画です。


主演は、高倉健と、ロバート・ミッチャム(Robert Mitchum)。


他の主な出演者は、岸恵子、ハーブ・エデルマン(Herb Edelman)、ブライアン・キース(Brian Keith)、など。


監督は、シドニー・ポラック(Sydney Pollack)。


あらすじは、私立探偵のハリー・キルマー(ロバート・ミッチャム)は友人のジョージ・タナー(ブライアン・キース)から、日本のヤクザ組織・東野組に誘拐された自分の娘の救け出してほしいと頼まれます。


タナーはハリーがかつて進駐軍兵士として日本にいた頃、彼に恩義ができたヤクザ幹部・田中健(高倉健)に協力させれば奪還できるとハリーを説得しました。


日本で再会した健は、既にヤクザの世界から足を洗っていた。それでも健は義理を返すため、ハリーに協力することを決断しました。。。


この映画のテーマは、アメリカ人には理解できない“義理”だと思いました。


ハリーに同行した若いダスティーが、健に義理の意味を「Obligation」かと聞いたところ、健は「Burning、しがらみ」と答えます。


“義理”だけでなく、オープニングで「Yakuza」の解説が字幕で流れるなど、当時のアメリカ人が知らない日本の組織、習慣、風俗を全編にわたって紹介している映画だとも感じました。


従って、ストーリーは荒唐無稽(こうとうむけい)です。


例えば、健とハリーが、東野組に乗り込み、何十人も殺したのに、警察に追われることもなく、ハリーはアメリカに帰国することが出来ます。


この映画を観た外国人が、日本は“無法国家”と思わないか心配です。


印象的だったシーンは、そのハリーが帰国する際です。場所は羽田空港のパンアメリカン航空(略称:パンナム)のチェックイン・カウンター。


ハリーが肩に掛けていたのは、パンナムの青い航空バッグです。海外旅行がまだ珍しかった当時の日本人には、憧れの青いバッグです。


そして、ハリーがパンナム機に搭乗する際は、ボーディング・ブリッジではなくタラップです。時代を感じさせるシーンでした。


同じく健さんが出演したアメリカ映画『ブラック・レイン』の方がまだストーリー性がありましたね。


これまでも、健さんの映画を紹介する度に書いていますが、この映画に出演していた多くの方が、鬼門に入っています;

高倉健、ロバート・ミッチャム、ブライアン・キース、ハーブ・エデルマン、リチャード・ジョーダン、岡田英次、郷鍈治(えいじ)、など(敬称略)。

亡くなられた皆さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 


尚、「隊長のブログ」では、高倉健が出演する映画を、これまでに8本紹介しています。

詳細は下記の記事一覧をご参照下さい。

 

===「高倉健 出演映画」 記事一覧 (公開年順)===

1. 1976年 『君よ憤怒の河を渉れ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5dc3a91965d9abd9160ccb433defe98e

2. 1981年 『駅 STATION』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bef4429e80cd96c7e95cf7c658fb1f9d

3. 1982年 『海峡』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd127bee08f9bf32d1669968f8dbf03a

4. 1983年 『居酒屋兆治』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bcfadb7f8c5a258f07508b90b1360216

5. 1985年 『夜叉』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8099bc7c07950720fcb14998b1ee748d

6. 1989年 『ブラック・レイン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dd126a6064678f456d33e472decf4403

7. 2005年 『単騎、千里を走る。』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0bfbe4de3b52cbd002aae613e72a86d

8. 2012年 『あなたへ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91fbd0731cea8c39037cacff828769ab

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サッカー」 記事一覧  | トップ | グルメ 182食 『ノルウェー産... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL