いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

小泉元総理が吠えた!

2012年07月31日 10時57分59秒 | 兎に角書きたいの!
 過日、小泉純一郎元総理の講演「日本の歩むべき道」を聴衆した。元気なお姿、変わらぬ語り口、明快でスッキリした講演であった。演題に沿って、①消費税、②原子力、③靖国神社について経験と見聞に基づいた話をされた。

 1 消費税の導入について
   消費税導入に伴う「軽減税率」については導入しない方が良いと。設定が難しい。米に適用すれば麺はパンはとそれぞれの業者が出てくる。となると政治家が出てきて業者との癒着になりかねない。個別選定して税率を適用していた物品税を廃止して一律税率を適用する消費税を導入した根源はそこにあったと。

 2 原子力の運用について
   爆発した原子力の内部もよくわからず今その対策をしているにもかかわらず野田総理は「原子力終息宣言」を出されたが原子力の根本を理解していない。アメリカとソ連の核戦争が喧伝されていた頃各地で「核シェルター」が話題になった。ソ連の隣国フイランドでは数百メートル地下にシエルターを構築していた。原子力の廃棄物については地底深くに密閉しその埋蔵期間は10万年を想定している。現在、日本では原子力の廃棄物をどう処理するか何ら検討されていない。原子力廃棄物を処理するのに何千年、何万年のスパンで考えないといけない。クリーンエネルギーの開発、また放射能被害が生じた場合…原子力の本当の怖さ原子力廃棄物の処理を語らないのは良くない。……

 3 靖国神社参拝について
   2004年に開催された国際会議に於いての首脳会談はアメリカとロシアは設定されていたが中国からは音沙汰無しで催促したところ「来年靖国神社に参拝しない」と約束してくれれば会談に応じるとの返答に何と返事をするかと考えて「来年はかならず靖国神社に参拝する」と返答したところ翌日会談に応じるとの返答があった。しかし、記者団から靖国神社の参拝の可否を必ず聞かれるから『参拝する』と言わないで欲しいの要望に答えて記者団の質問には『適切に判断する』と小泉総理は答えていた。

 小泉純一郎元総理は、「ピンチはチャンス」と日本の進む方向を示し、元総理が最も尊敬する日本の政治家は尾崎行雄氏であると。そして、尾崎行雄氏の人生観を披露された。
  『人生の本舞台は常に将来にあり』(人は何歳になっても、それまでの人生は除幕にすぎず、これからが本舞台である)
コメント

雨谷麻世 コンサート

2012年07月30日 09時54分43秒 | 兎に角書きたいの!
 先日、「雨谷麻世コンサート」へ出かけた。
「 その声に触れられるなら命と引き換えにしてもいいという一瞬を垣間見せる」(レコード芸術誌)と言われる歌声に接した。東京藝術大学音楽部卒業。川崎市名誉文化大使。クラッシックはルネッサンス、バロック、フランス歌曲までも歌いこなす実力派シンガーである。

 横浜市の成人式、横浜ベイスターズ開幕戦での「君が代」独唱、環境省の「愛知万博」、外務省の「グローバルフエスタ」でのコンサートなどの大活躍である。一昨年、神奈川県で行われた「全国植樹祭」では、天皇陛下の御前で「君が代」を独唱された。

 海外では、昨年1月に開催されたインドの世界的な経済サミットでインドの歌を歌唱すると共に「僕にできること」を現地語で披露した。ベトナムで中国で歌い日本では小学校5年生に採用されている。癒しのソプラノ~究極のクリスタル・ボォイス1をたっぷりと聴き惚れたひとときであった。
               
コメント

セミの初鳴き!なでしこジャパン勝利!

2012年07月26日 10時59分38秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日今年初めてのセミの鳴き声を耳にした。アブラゼミとミンミンゼミの!アブラゼミは遠慮がちなジィー!ジィー!とそしてミンゼミは元気よく通る音で鳴き声を聞かせてくれた。私の大好きな本格的夏の到来である。街路樹の根元にはセミが抜け出した穴が沢山ある。
 そして今朝方、ロンドンオリンピックの女子サッカー日本対カナダ戦は2対1で勝利を収めた。私が目を覚ましたのは前半戦が終わり休憩中であった。後半戦は寝床でラジヲを聴き妻はTV観戦した。幸先のよう日本の発進である。金メダルへ向かっての戦いを見守りたい。
 
コメント

菅前総理「責任は国にはあるが私にはない!」と曰う!

2012年07月25日 07時03分30秒 | 兎に角書きたいの!
 7月23日。東京電力福島第一原発事故に関する政府の事故調査・検証委員会(畑村洋太郎委員長)は、最終報告書をまとめ上げた。5月28日の国会事故調の参考人聴取で菅前総理は、自身の事故対応をすべて正当化し「責任は国にはあるが私にはない」と言う。また「事故原因の大半は2011年3月11日以前にある。これが私の結論だ」とも言っている。

 畑村氏は、報告書巻末の「委員長所感」でこう記した。『人間は自分が好ましいと思うものや、自分がやろうと思う方向だけを見がちで、見たくないもの、都合の悪いことは見えない』と。これはまさしく菅前総理の姿そのものだ。背負うべき責任から逃避しようとした。事故時の混乱を助長させ、事故収拾を妨げた菅直人前総理の行動は恥を知る政治家であるならば潔く政界をさるべきである。

 しかし今の民主党政権にはその力がなく無能である。国の基本政策を民意へ丸投げして責任政党としての責任ある行動が取れていない。以下の事柄がその証しである。
 @菅前総理…民主党の新エネルギー政策担当最高顧問に就任している。
 @枝野前官房長官…「直ちに放射線の影響はない」と発表し国民を混乱させた枝野幸男氏は、原子力行政を統括する経済産業相に就いている。
 @細野前首相補佐官…菅前総理の補佐官として、東電の全面撤退といったことを流布した細野豪志氏は、原発事故担当相に納まっている。菅官邸の首脳陣は誰も何の責任もとっていない。

 今、野田総理が進めている「消費税増税」先行には絶対に反対である。憲法違反状態にある議員定数すら是正できない政権が消費税増税後の社会保障制度を改革できると国民は思っていない。意見を出してください。議論をしましょう。民意を聞きましょう。こんなことで痛みが伴う改革など出来る訳がない。尖閣にしても何の戦略もなく唐突に国が取得すると選挙目当ての口先ばかり。民主党政権の得意芸で論理も恥もなく政権維持のためであればなんでもあり。全く信用できない政権である。早急に解散を!
                
 原発事故調最終報告に「ひどすぎる!!これでは日本国民がかわいそうじゃ!」エンマ様も驚く「無責任・無謀・無反省」体質(山田 紳氏作)
コメント

清水港に富士の寿司!

2012年07月23日 09時22分32秒 | 兎に角書きたいの!
 今朝の新聞に「駿河湾に巨大津波の恐れ」の大きな見出しが目についた。津波を巨大化させかねないひずみがたまっている場所が静岡市の清水港まで約10キロと近くに存在すると。清水港近くには、清水すし横丁、ちびまる子ちゃんランド、観覧車、ショッピング、レストラン、映画館などが設置されている。

 清水港からはミニクルーズが三保桟橋まで運行され三保の松原を堪能することもできる。また清水港内にフエンスで囲いをつくりミニ海水浴場もある。いずれにしても駿河湾で大きな滑りがあると、湾内でも場所によっては10メートル以上の津波になる恐れがあると内閣府の中央防災会議では警告を発している。
      
   
コメント

守宮(やもり)が来宅!

2012年07月20日 07時38分40秒 | 兎に角書きたいの!
 昨晩、守宮が我が家のガラス窓にへばりついていた。4月頃外で見かけたときは5㌢ほどであったのが10㌢に成長した我が家の守り神である。毎年現れてその姿を見るとホッとする。やもりは夜行性・食虫性で、鳴くものもいる。トカゲに似て平たく全体が暗灰色をしている。足は吸盤構造で壁や天井などにつかまっている。夜出て、昆虫を捕食する。写真に収めたので我が家の守り神を紹介しよう。
                    
コメント

アルゼンチン・タンゴコンサート

2012年07月19日 09時19分29秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、妻と「西塔祐三とオルケスタ・ティピカ・パンパ~アルゼンチン・タンゴコンサート~」へ横浜みなとみらいホールへ出かけた。菅原洋一氏も出演し満席であった。バンドネオンの音色が響く中で演奏、唄、語り、ダンスなどで人を魅了させる構成で暑い日の爽やかなコンサートであった。第一部12曲、第二部13曲でファイナレーはお馴染みの「ラ・クンパルシータ」で締めくくった・
 帰路、動く歩道に留まり周りの景色をゆったりと眺めていたら妙な建物が目に入った。錯覚ではないだろう、そのビルはどう見ても傾いている。カメラを向けた。どのような構造になっているのかそのビルを確かめることはなかったがいずれ訪れ傾いたビルに入ってみようと思っている。
                                        
コメント

なでしこジャパン世界制覇!

2012年07月18日 07時46分54秒 | 兎に角書きたいの!
 平成23年7月18日。丁度1年前に「なでしこ世界制覇」の号外が発行されその驚き喜びが全国に響きわたった日であった。サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会において決勝で米国と対戦、2対2からPK戦を3-1で制し初優勝を飾った。加えてMVPと得点王は沢穂希選手が獲得した。

 いよいよロンドン五輪開催を控え女子サッカーの選手はそれぞれに最も色の良いメダルを獲得すると自信と希望を語って出発した。再び「なでしこ世界制覇」金メダル獲得の号外に期待したい。
                     
コメント

国宝 久能山東照宮

2012年07月17日 08時46分42秒 | 兎に角書きたいの!
 先日バスツアーを利用して妻と静岡市の「久能山東照宮」鑑賞に出かけた。平成9年~21年3月まで述べ86ケ月、費用億円をかけて12棟について漆塗及び彩色、飾り金具などの修理を行なった。建物等は驚くほどの彩色で桃源郷へ飛び込んだような感覚を受ける。今回は、色つきの狛犬を見たくて見たくてその願いが叶った。平成10年に見た狛犬が見事に変身していた。

 平成27年(2015)4月17日、家康公賀亡くなって400年の節目を迎えて、400年記念大祭が執り行われる。今回はじっくりと鑑賞できなかったので今度は電車とバスで時刻表を見ながら堪能したいと思っている。
    こrは平成10年に撮影したものである。今回の映像は次のとおりでその変身ぶり改修工事が如何に大々的に行われたかこの狛犬から想像してみて欲しい。
        
コメント

 100年瓦(1911年)の配付

2012年07月15日 05時48分11秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、横浜赤レンガ倉庫に於いて赤レンガ倉庫で使用された「瓦」の限定300個の販売が行われた。横浜赤レンガ倉庫は1911年に創建され1994年に始まった改修工事の際に、1号倉庫、2号倉庫の屋根瓦14万枚全てが新しい瓦に葺き替えられた。今回はそのうちの枚である。瓦は愛知県産の「三州瓦」で現在全国の67%を生産している。

 横浜の歴史を見つめ続けた瓦、この100年瓦を手元に置くことができた。その写真の一部を紹介したい。これから静岡県の久能山まで出かける。陶器でカラーの狛犬を見てくる。
コメント

これまでに経験したことのないような大雨

2012年07月14日 07時50分16秒 | 兎に角書きたいの!
 熊本県、大分県、佐賀県、宮崎県など九州全域が記録的短時間大雨で甚大な被害を受けている。きしょうちょうは12日、短文で災害への危機感を換気する「記録的な大雨に関する気象情報」を6月下旬の運用開始後、始めて発表された。横浜でも今朝方雷鳴を轟かせながらの大雨が襲った。短い時間で今は雨は上がっている。この降り方が続いたら横浜でも被害が生じただろう。

 自然災害は恐ろしい。大震災から1年4ケ月が経過した。この災害の教訓として横浜市内に「海抜○○メートル」の標識版があちことに設置された。お住まいの地盤の海抜を知っておくことも生活防衛のひとつだと思う。
                   
コメント

美しい蝶の姿

2012年07月13日 08時21分11秒 | 兎に角書きたいの!
 今日は彼岸の入。墓地にはよく蝶が飛んでいる。ひらひらと庭でも紋白蝶が飛び回っている。なんとも優雅な姿で時の流れが止まったような思いを抱かせてくれる。先日、バラ園で見かけた蝶を写真に収めたがじっくり眺めると驚くほどの美しい羽模様をしている。余りにも美しいので見ていただきたいと思う。
 夕方にお迎え火をたいてご先祖様が家でゆったりと過ごしていただくために仏壇を磨きお供えをしおいでをお待ちする。
                  
コメント

世界一の「純金製大判」

2012年07月12日 09時22分47秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日横浜高島屋で世界一の純金製大判を見てきた。重さ20キロ、縦1メートル、横60㌢、2億万円で売りに出されている。「慶長大判をモチーフにしたもので店頭に飾られている。購入者が現れるとといいなぁと思う。日本の元気力を見てみたいものである。写真撮影は断られたのでその姿をお見せすることができず残念である。5Fに展示されている。サマージャンボ宝くじも売り出されている。お参りして購入するといいことがあるかもしれない。

 純金製大判の写真に変わって、横浜西口及び東口のモニュメントをランダムに掲載してみる。
        
コメント

「坂の上の坂」藤原和博氏講演会

2012年07月11日 09時24分02秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、横浜技能会館で200名定員の講演会を妻と共に聴衆した。「坂の上の坂~55歳までにやっておきたい55のこと」刊行記念講演であった。藤原氏は2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区和田中学校長を務めた。2008年、当時の橋下大阪府知事の特別顧問をも務めたかたで講演、執筆、ラジヲなどで大活躍をされている時の人である。

 講演方式が非常に個性的で講師と参加者そして参加者同士が触れ合える進行であった。「他人の人との一致点を探ってください」の課題を出されその指示にもとづき私は隣の女性と1分間言葉交換を行った。その女性は離婚しお子さんを育てフラダンスに興味を持ち職に恵まれ今は幸福の真最中の昭和18年生まれの情報を得た。このような課題が二つ出されて館内は活気に満ち溢れた。

 「正解主義」から「修正主義」への進展、すなわち情報処理力から情報編集力への変遷がこれからの人生を豊かなものにする。バブル期の1997年までは物事の正解を求めたが1998年からは納得の世の中に突入した。と言うことは、これまでは物事の処理は正解を求めてきたがこれからは多様な方法を持って納得の世の中になってきていると言う。

 そして、聴衆に各人の「人生のエネルギーカーブ」(横軸人生の歩み。縦軸そのエネルギー量)の図を書かせ隣の人と話し合いをさせる。グラフは大抵山あり谷ありで人はその人の「谷」に興味を持ち話が進展する。この形態は概略「自分史」を作成するようなものである。

 この本の章立は「世の中を信じる」「幸せは自分の中にある」「”いい子”は、もうやめる」「会社を利用し尽くす」「消費の作法」「コミュニティをシフトする」「パートナーと向き合う」「本当に必要な備えをする」
       
コメント

食卓の変化

2012年07月10日 11時28分12秒 | ""飾り窓””妻の想い
 食卓に飾られている花一輪!豪華ではなく質素な佇まいが我が食卓にはマッチしている。今朝も花一輪が変化していた。活けられた花の種類は異なるが花瓶は同じである。

 同じ花瓶でも向きを変えただけで思わぬ光景を映し出す。花を愛でる気持ちがそのような状態を作り出すのだろう!
           から
コメント