いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

4月・卯月・心の健康

2018年04月01日 17時18分38秒 | 心に留めた言葉
 言葉に出せば、重荷を背負った胸が軽くなる(フリードリッヒ・フォン・シラー ドイツの詩人・歴史家1759~1805)

「解説」何事にもすぐ弱音を吐くものは困り者だが、悩みを一人で抱え込んでも、決して良い結果は生まれない。ドイツの詩人、シラーはそんな風に教えます。
 兵器を装いガンバ過ぎてしまう人は、心と体がいつも緊張しています。ゴムを強い力で引っ張り続けているのと同じ状態で、いつかは切れてしまいます。そうなる前に、適度に力を抜くことが必要です。
 まずは、信頼できる人に胸の内を話してみませんか?それだけでずいぶんと楽になるものです。そのときついでに、息を大きくフーッと吐き出してしまいましょう。そうすれば、新鮮な空気を胸いっぱい吸い込むことができ、心にも体にも元気が満ちてくるはずです。


「幸せのヒント」心と体はつながっています。辛いときはストレッチなどで体をほぐせば、不思議と心も軽くなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月・弥生・心の健康

2018年03月01日 07時29分36秒 | 心に留めた言葉
 人生とは 未知の自分に 挑戦することだよ。(日野原重明 1911~2017)・聖路加国際病院名誉医院長

「解説」「シニアは75歳から。74さいまではジュニアです!」。100歳を超えても現役医師として活躍した日野原重明さん。ライフワークとした「新老人会」でマイクを手にこう言ったところ、会場はドッと沸いたそうです。
    その半生を予防医療の普及に捧げました。「病気になってから病院に行く」のが当たり前の時代に、人間ドックを開設。「成人病」を「生活習慣病」という名前に改めたのも日野原さんです。自宅での血圧測定やウオーキングなど、今では当たり前となった「健康管理」の考えが根付いたのも、日野原さんの功績と言えるでしょう。
 若さの秘訣は「新しいことに挑戦し続ける」。100歳近くで俳句を始めるなど、超高齢社会での生き方を身をもって教えてくれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月・如月・心の健康

2018年02月07日 09時10分41秒 | 心に留めた言葉
 人生は八合目からがおもしろい(田部井淳子・登山家1939~2016)

「解説」エベレストに女性で世界初登頂、七大陸最高峰も女性では世界で初めて制覇した、田部井淳子さん。周りからは四六時中、山に登っていると思われていたそうですが、「60歳までは『主婦ときどき登山家』だった」と語っています。
 子育てが一段落した60代から、田部井さんは本格的に再始動。これまでに登った海外の山約170のうち、半数は60歳以降に挑戦しています。6000~7000メートル級の山は、60歳を過ぎてからの方が多く登ったそうです。
 また、64歳でシャンソンを習い始めるなど、登山以外にもさまざまなことにチャレンジ。「60代、70代になったら『やらず嫌い』はもったいない。ピピッときたら、飛びついてみる」。これが田部井さん流の人生を楽しむ秘訣でした。

 *しあわせのヒント
  人の誘いにはまず乗ってみましょう。知らないことに出会えるきっかけになるかもしれませんよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月・睦月・心の健康

2018年01月02日 10時04分39秒 | 心に留めた言葉
 幸福の鍵は、健康と健忘ね。(イングリット・バーグマン スウェーデン出身の女優1915~1982)

「解説」物事をわすれてしまうことには、良いイメージがないかもしれません。でも、それが幸福の鍵だとバーグマンは言いました。私たちが辛かったことをいつまでもおぼえていたとしたらどうでしょう?それが失恋だったなら、いつまでたっても新しい恋人はできないし、世界中のあちこちでため息が聞こえ続けることでしょう。
 「忘れる」というのは、人に与えられた大切な能力です。忘れるから幸せに生きられるとも言えます。過去にとらわれて、クヨクヨするなんてもったいない。大らかに、時には忘れぽっくていいのです。探していたメガネを自分の頭に見つけたって大丈夫。笑われて周りが楽しくなるくらいがちょうどいいかもしれませんよ。今年は「健康と健忘」で楽しいとしにしましよう!

 *しあわせのヒント
  「私って忘れっぽい……」と嘆くより、「幸せに生きる才能があるのよ!」と大いに胸を張りましよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月・師走・心の健康

2017年12月04日 09時46分44秒 | 心に留めた言葉
 人間万事塞翁が馬

「解説」この世のことは、何が幸せとなり、何が不幸になるか分からない。人生は予測が立たないことを例えた、中国の故事に由来する言葉です。
  昔、中国北方の国境近く、砦に住む老人の馬が逃げ出しました。しかし数か月後、一頭の駿馬を連れて帰ってきます。息子がその馬に乗って落ち大けがをしたものの、おかげで兵隊にとられずにすみ、親子ともに仲良く暮らしたという話です。
  人生には不幸と思ったことが幸せにつながる場合があります。何事にも一喜一憂せず、あるがままに受け入れることで、災いもいいことが始まるきっかけになるでしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月・霜月・心の健康

2017年11月01日 10時55分04秒 | 心に留めた言葉
 笑うことは、もっとも簡単な成功法。(斉藤茂太・精神科医、随筆家1916~2006)

「解説」この言葉を残したモタさんこと斉藤茂太さんは、周りの人々から「先生は忙しいのに、いつもニコニコ楽しそうだ」と言われていたそうです。これには理由がありました。父であり歌人の斉藤茂吉は、いつも苦虫をかみつぶしたような顔で、家族は常にぴりぴりしていたとか。子ども心に「それではいけない」と思い、いつもニコニコ顔でいようと心にきめたのだすです。
 笑顔は相手を快くするだけでなく、笑うことで脳の活動が高まることもわかっています。そして何より、自分の心もときほぐしてくれます。「笑顔は人のためならず」これもモタさんの言葉です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月・神無月・心の健康

2017年10月02日 09時37分13秒 | 心に留めた言葉
 人の一生は、重き荷を負うて、遠き路を行くが如し。急ぐべからず。(徳川家康・江戸幕府初代将軍・1543~1616)

「解説」人生は思いどおりにいかないものだから、あせってはいけないという意味です。この言葉は家康の遺訓の一節と言われ、「不自由を常と思えば不足なし」、「おのれを責めて人を責むるな」などの言葉が続きます。
 家康と言えば「忍耐の人」。今川義元の人質として過ごした幼少期の不遇な経験から、堪える力を身につけたと言われています。織田信長らが天下取りに奔走する姿を見ながらも、家康は好機が訪れるのをじっと待ちます。忍耐を重ね、ついには天下統一を果たし、泰平の世を築きました。まさに、家康の生き様そのものを表す言葉です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月・長月・心の健康

2017年09月01日 08時23分01秒 | 心に留めた言葉
 世界は苦しみに みちているけれど それは、苦しみを乗り越える機会にも満ちているということ。(ヘレン・アダムス・ケラー アメリカの教育家1880~1968・来日3回)

「解説」 ものの見方を変えてみれば、世界はまったく違うように捉えられるということです。辛いことやかなしいことにうつむくままなのか、それをすべて受け入れて、前向きな気持ちでがんばるのか、結果はまったくちがったものになるでしょう。
 2歳のときに熱病にかかり、視力と聴力を失ったへレン・ケラーは、障害があったからこそ、障碍者の教育や福祉に力を注いだのです。この言葉からも困難を乗り越えた彼女の生き様が分かります。つらい目にあえばそれを乗り越えられる機会が与えられらということ。うまくいかないことも、考え方次第では奮起するチャンスになるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月・葉月・心の健康

2017年08月01日 09時03分05秒 | 心に留めた言葉
 振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない。(寺山修司歌人、劇作家1935~1983)

「解説」よく「私は昔、こんなことをした」と、昔語りをする人がいます。思い出やこれまでに成し遂げてきたことはもち路大切です。しkし、もっと大切なことは、これからをどういきるかではないでしょうか。
 また、「自分にはこんな夢がある」と、希望を語る人を見ると、周りの人も元気をもらえ、明るく前向きな気持ちになるはずです。
 自分の目指す道が険しく、曲がりくねっていても、向かう方向だけをしっかりとみつめること。そうすれば、険しい道でもきっと迷いなく進んでいけるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月・文月・心の健康

2017年07月04日 11時51分33秒 | 心に留めた言葉
 寝床につくときに 翌朝起きることを 楽しみにしている人は 幸福である。

「解説」子供のころ、明日は遠足と思うとワクワクして眠れなかった経験はありませんか?大人になると、心躍らせることが少なくなるのにはいろいろな理由があるでしょうが、決して年齢のせいだけではないでしよう。
 たとえ若くても物事に対する興味や関心が薄れれば、精神的には年を取っていると言えます。対照的に、何事も楽しむ心があれば、それこそが本当の「若さ」なのではないでしょうか。
 楽しみの種はささやかなことでいいのです。庭の花はもう咲くころかな、明日は久しぶりに友達に会いに行こうなど、毎日の中に楽しみを見つけることが、元気の源になるはずです。

 私は8月に発行される機関紙への投稿随筆文章の最後に「…先人曰く『生まれた時が80歳で、それからだんだん18歳になっていくのだったら、人生は果てしなく楽しいことだろう』と。思うに、楽しみは日常生活の中にあり。吾の一つに、
 楽しみは心に留めし浮世絵にナンバ姿を見出した時。」と記した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月・水無月・心の健康

2017年06月01日 09時15分02秒 | 心に留めた言葉
 ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙を みせたっていいがな 生きているんだもの(相田みつを 詩人、書家1924~1991)

「解説」がんばっても、がんばっても、どうしようもない。自分の力ではどうにもならない。そんなときには「辛い」と言っていいんだよ。苦しいのに平静を装ったり、一人で悩みを抱え込むことはない。泣いたっていい、ダメな自分を見せたっていい、それが人間なんだよと、相田みつをは私たちにやさしく語りかけています。
 そして、どうしようもないときは、周りに人が走っていても、早足で歩いていても、立ち止まっていいのです。心と体を少し休めることで、きっとまた、前にすすんでいるはずです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月・皐月・心の健康

2017年05月01日 09時56分35秒 | 心に留めた言葉
 明日は味方(山本一力・作家・1948~)

「解説」どんな人にも明日はやってきます。明日を味方にするか敵にするか、それによって、私たちの生き方はまったく変わってくるでしょう。
 作家の山本一力は「自分の人生は自転車操業。でも、どんあときでも漕ぎ続ければいい。それを忘れたとき人は倒れる」と言いました。明日を信じ、ひたむきに努力したことで、50歳を過ぎて作家としてデビュー、遅咲きの花を咲かせたのです。
 明日をどう生きるかは、自分の心持ち次第です。たとえ今日、よくないことが起こったり、落ち込むようなことがあっても、「明日は味方」と思えば、勇気がわいてきませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月・卯月・心の健康

2017年04月03日 09時43分24秒 | 心に留めた言葉
 喜びを人に分かつと 喜びは二倍になり 苦しみを人にわかつと 苦しみは半分になる(クリストフ・アウグスト・ティートゲ・ドイツの詩人1752~1841)

「解説」いいことがあると、一人で喜ぶより誰かに一緒によろこんでもらえると、何倍もうれしく感じませんか?一緒に喜んでくれら人もまた、幸せ分けてもらったような気持ちになるはずです。
 また、苦しいときは悩みをきいてもらうだけでも、気持ちはずいぶん楽になります。たとえば、友人が苦しい状況にあったなら、ただそばにいるだけでも、辛さを分かち合うことはできるでしょう。
 人間は結局、一人では生きていけません。うれしいとき、辛いとき、それをともに分かち合う、周りの人々を大切にしたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月・弥生・心の健康

2017年03月01日 09時10分26秒 | 心に留めた言葉
 我々が未来に 信頼を持つには、まず 我々自身を信頼することである。(ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ アメリカの政治家・第35代大統領1917~1963)


「解説 思いがけないことが起こったり、先の見通しが立たないときには、誰しも不安を感じます。明るい未来を描けないのも無理ありません。
 でも、現状を何とかしたいと思ったとき、壁を破るのは他ならぬ自分です。そして、実際に行動するのはじぶんしかいないのです。
 これまでどりょくしてきたことは、自分が一番しっています。そのことは、いざ事に臨むとき「あれだけやったんだから大丈夫」と、自分を信じるよりどころになるはずです。必ずなしとげるんだという強い意志を以て、自分自身を誰よりも信頼する。これこそが未来を拓くカギなのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月・如月・心の健康

2017年02月02日 09時28分16秒 | 心に留めた言葉
 困難を予期するな。決して起こらないかも知れぬことに心を悩ますな。常に心に太陽を持て。(ベンジャミン・フランクリン アメリカの科学者、政治家1706~1790)

「解説」よくないことが続くと、私たちはつい事が起こる前に先回りして、あれやこれやと心配しがちです。しかし、どんなに気をもんでいても、この先起こる状況を、今、解決することはできません。
 胸にかかる雲を払うには、心に太陽を持つことだと、フランクリンは教えます。実業家、科学者などを経て政界へ転身。アメリカで最も尊敬される政治家と言われますが、悲観的な考えでは決してこのような人生は歩めなかったでしょう。
 物事を悪い方に考えないためにも、いつも心に太陽を持ちましよう。そうすれば、いろいろなことがきっとうまく運ぶはずです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加