ねこ吉のよしなしごと

どうでもいい事ばかり書いていますが・・・。

ビワの実がなる頃

2019-05-22 20:30:08 | 植物


うちの近くのビワの木、これは5月5日に撮った写真。
もう実ができているんだなぁと気づいた。
まだ緑で小さかった。



スーパーに行く途中にビワの木があるので、しばらく買い物がてら観察してみることにした。



5月16日、実がうっすらオレンジ色になっている。
急成長した気がする。



5月21日、かなり実も大きくなってオレンジ色になった。



ビワの実のお尻。ねこ吉は可愛いと思う。

もしかして、もう食べられる?

いや、まだ鳥が来ていないな。

熟し加減、食べ頃は鳥が一番知っている。
もうすぐスズメやムクドリが食い散らかす。

カラスは器用にビワをもいでくわえて飛んでいく。

きっと何処かに貯め込んで、ドライフルーツを作っているんだろうな。
コメント

桐の花を見に・・・。

2019-05-07 19:51:28 | 植物
先日、のだふじ巡りに行くために駅に向かう途中、県営住宅にある1本の桐の木に花が咲き出していた。

もうすぐ満開になりそうだから、写真を撮りに行こうと思っていたのに、10連休、その他諸々でうっかり忘れていた。

今日買い物に行く前に写真を撮ろうとカメラを持って行った。



う~ん・・・。

イマイチな咲具合。
蕾はありそうだから、また見に来ようか・・・。

桐の木と言えば、ねこ吉が思い出すのは「花札」

小さい頃、お正月に京都の親戚の家に遊びに行ったら、いとこたちと集まって花札をした。
一人っ子のねこ吉には、子ども同士ワイワイ、ガヤガヤ、楽しい時間だった。

ふんだんにおやつも置いてあった。

思い出すのは、「河道屋の蕎麦ぼうろ」や「泉屋のクッキー」「パインアメ」など、etc...

美味しい、美味しい記憶。

今でもすぐ手に入るのはパインアメなので、たまに買って食べているけど。



昔、本山のダイエーの近くの天井川のたもとに1本の桐の木があった。
かなりの大木で、近くのレンガ造りのビルのツタが絡まり風情のある木だった。

一度満開を見たことがあって、それは、それは、見事だった。

来年も見に行こうと思って忘れてしまい、気がついて行ったら花は咲いた後で残念だった。

数年前、レンガ造りのビルが壊され、ツタがなくなってしまった。
桐の木は残ったけど、工事などで根が傷ついたのか、勢いは無くなり、花が減ってしまった。

最近、そのあたりに行かなくなってしまったけど、今も桐の木はあるのかな・・・。

コメント

桜の蕾もふくらんで・・・。

2019-03-26 20:03:35 | 植物


(公園の桜、陽のよく当たるところに数輪開花してる。)

今日はとてもいいお天気になった。
思い切り洗濯をして、買い物をさっさと済ませて、洋裁の宿題をする予定だった。

洗濯はしたけど、銀行に出かけたついでにマッサージに寄ったので予定は大きく狂った。
公園の桜は開花宣言?
あっという間に満開になるんだろうな。

ボヤっ~としてたら、お花見に行きそびれてしまいそう・・・。



枝垂れ桜はかなり咲いて、風にユラユラ揺れていた。
こういうのを「可憐」と言うのかな?



雪柳は満開!

お天気になったら一斉に春が来た!

家に帰ってきたら、部屋は何となく寒いわ。
洋裁の宿題は、裁断だけしか出来なかった。

今日一日やるべき事を、前日に決めておいたけど半分も出来ないまま日が暮れた。



コメント

ミモザ

2019-02-10 20:33:32 | 植物


今日は、かなり寒い日だった。

北海道は記録的大寒波とか・・・。

暖冬傾向だったこの冬。

先日、ベランダで洗濯を干しながら、いつになく暖かい日に「このまま春になるの?」とひとり言を言ってみた。

現実は甘くはないよね。

季節は、しっかり帳尻をあわせる。
そこまで来ていたように見えた春も足踏みしてる。



今日は図書館に本を返却に行った。
お天気はいいけど風が冷たい。

今まで暖かくて甘やかされていたねこ吉の身体には堪える。
耳の奥が痛い。

何処にも寄らず、何も買わずに帰ってきた。



写真は2月8日センター街の居酒屋の前に大きな花瓶に生けられていたミモザ。


最近できた居酒屋は、昼間からお酒が飲めるようになっているらしく、そこそこ人も入っているようだ。
飲んでいる人が、通り過ぎる人に見えないようにするために生けてあるようだ。
いいアイデアだね。

春らしい綺麗な黄色。
ねこ吉はミモザが大好き。
フランスかぶれだから。

ミモザの花の咲く頃、フランスに行ってみたいな。

夢、夢、あくまで夢です。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タンポポ

2019-02-06 22:43:07 | 植物


写真は、2月4日立春の日に咲いていたタンポポ。

毎年、立春とは名ばかりで震え上がるような日を過ごしているけど今年は暖かかった。

「ちょっと咲いてみるか?」って感じで顔を出したタンポポ。

5日に同じ場所に行ってみたら咲いていなかった。
誰かが摘んだのかな?

実は友人が飼っているウサギのピョンタ君が、このところ食欲がないらしい。

昨年11月に歯が伸びて口内炎になって痛くて、餌を食べることが出来なくなった。
獣医さんで歯を削ってもらって、食欲が戻ったらしいけど、最近また歯が伸びて食べなくなったらしい。

そのピョンタ君の好物がタンポポなので、ねこ吉はタンポポを見て「ピョンタ君を思い出した次第・・・。

友人は11月にタンポポを探しに行ったけど咲いていなかったといっていた。

立春で目を覚ましたタンポポは、これからどんどん咲くと思うよ。
ピョンタ君、今度ねこ吉がタンポポを摘んで持って行ってあげるから元気出してくださいね。

コメント

ネジバナが咲いてた。

2018-06-29 21:19:31 | 植物
出かけた帰り道、近くの駐車場でネジバナが咲いているのを見つけた。

手を伸ばせばもう少しなんだけど届かない。やっぱり手が短いんだなぁ・・・。

グル~っとまわって、駐車場の中に入って摘んできた。

右巻きと左巻き。花によってねじれる方向が違うんだね。

毎年、今頃、目立たないところに1,2本咲いている。

摘んだのは今年初めてだけど・・・。
青いガラスの小さな花瓶に生けた。

嗚呼、明日は6月30日。

6月も終わりだね。

毎度使い古した言葉だけど、怒涛のように過ぎ去った。

今月は色々嫌なこともあったし、長年蓋をしたまま知らないふりしていた出来事も突然動いた。
地震もあったし、取りたくない年も取った。1つどころか、3,4歳老けた気分。

久しぶりに旅行もして楽しい思いもした。

抗っても7月がやってくる。
関東、甲信越では梅雨が明けたとか・・・。

夕方、雷が鳴っていた。関西も梅雨明けかな。

暑い、熱い、夏がやってくる。耐えられるかな?
コメント

のだふじ巡り2018

2018-04-20 16:42:17 | 植物
去年初めてのだふじ巡りに行った。

若干ピークを過ぎていたので、今年は「後れを取るまい。」と昨日出かけて行ったんだけど、阪神野田駅前の藤棚は、去年に比べて五分咲きぐらい。

ちょっと残念。



でも、藤棚の中に入って見上げたら、藤色の雨が降ってくる様。



のだふじ発祥の地、春日神社は長い花房の藤が綺麗だったのに、まだ三分咲きといったところ。ああ、残念。



都会のど真ん中にある下福島公園。
老人の団体?がお弁当を食べていた。



ここの藤は背が低い。
甘い匂いに誘われて、クマバチがホバリングしながら一杯飛んでいる。

忙しく蜜を集めまわっている奴もいる。



花にしがみついて蜜を吸ってる奴もいる。


追記

Eテレ「昆虫すごいぜ」でクマバチの特集が5月3日にあるらしい。

カマキリの被り物をした香川照之が面白おかしく解説する「昆虫すごいぜ」を、ねこ吉は凄く見たい。
「タガメ」のときは録画して見た。

しかし、次がモンシロチョウだったので、予告編も見れず。

そう、ねこ吉の最も苦手な幼虫が出てくることは必至です。

今回、クマバチ、藤の花との共生など、興味ある話なので録画しようかと思い、ネット検索。

番組の解説をみたら、「夏に向けてカブトムシの幼虫さがし」がセットで放送されるらしい。

アカン!何故にそんな物をセットでつけるんだ。

誰か、クマバチだけ見れるように録画を編集してくれないか!
ねこ吉の周りにそんな人は何処にもいない。










コメント

藤の季節

2018-04-13 21:01:14 | 植物
桜が散ってしまったと思ったら、近くの児童公園の藤棚の藤がほぼ満開だって!

昼ご飯を済ませて、カメラを持って行ってみた。

園児と母親たちが、ブルーシートを敷いてお弁当を食べていた。
ねこ吉がピントを合わせていたら、近くを走り回ってる。

園児達は、藤の花なんて興味ないもんね。



ズームで一眼レフ風の写真を撮りたいんだけど、なかなかうまくいかない。
最近、カメラを持って出かけないから、腕が鈍ってる。もともと腕などないけどね。



時計を入れてみたけど、イマイチかな・・・。



いた、いた。多分クマンバチ

藤の花の甘い香りに誘われて、あちらこちらで花の蜜を吸っている。

この蜂はあまり攻撃的ではないらしい。
藤の花の蜜さえ吸ってりゃご機嫌だって。



コロッと、マルっと、可愛いクマンバチが上手く写せなかったけど、ねこ吉はこの蜂が好き!

そして、藤棚の下と言えばお約束の「女学生」を歌わないとね。
ねこ吉、カラオケの定番です。

1964年のヒット曲 安達明「女学生

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

旅立ち寸前・・・。

2017-11-12 21:59:40 | 植物
急に思い立って香櫨園浜に行った日

駅に行く道で見つけた。

ねこ吉はタンポポの綿毛が好きだ。

綺麗だなぁ。左下に何か虫が留まってるけど。

旅立ち寸前・・・。



少し離れた場所では、3分の1?いや、半分ぐらい旅立った後。
何処に行ったんでしょう?

種子たちは、どのくらい遠くに行ったかな・・・。

新天地に着地して、しっかり根付いて花を咲かせてね。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント

恐るべし、ランタナ。

2017-10-11 21:00:11 | 植物
昨日、ヨウシュヤマゴボウとランタナの話をブログに書いた。
買物に行く途中、ヨウシュヤマゴボウは実を摘み取られ、ランタナは花を摘み取られていたことは追記した。

今日は昼から尼崎に行って来た。その話はまた書くとして、帰り道余りのランタナの花盛りにびっくり!



県営住宅は補修中らしく、フェンスの向こうは車両がせわしなく出入りしているみたい。

そんな事ものともせず、延々と咲き誇るランタナ。

やっぱり、アンタは強い!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント

アンタは強い!

2017-10-10 22:07:24 | 植物
写真は、上がランタナ、下がヨウシュヤマゴボウだ。

ランタナは、以前園芸店でよく見かけたけど、「世界の侵略的外来種ワースト100」に挙げられたとかで最近はあまり見かけなくなった。
驚異的な速さで増えるらしい。
スーパーマーケットの入り口にもいつの間にか一杯咲いている。
実は青くて光っていてなかなかユニーク。

多分スーパーのランタナの種が飛んできて、ここで発芽したらしい。
クスノキの並木の根元なら判るけど、何とアスファルトの割れ目から生えている。もうすぐ花も咲きそうだ。
驚異の繁殖力だ。

さすが、「世界の侵略的外来種ワースト100」というだけあるね。

そして、その下はヨウシュヤマゴボウが・・・。葡萄状の緑の実は、やがて濃い紫に熟す。
ブルーベリーに似ている。

息子の理科の宿題で色水を作るとき、ねこ吉は松戸の原っぱに探しに行った。見つけられなかった。
綺麗な綺麗な紫の色水が出来るらしい。レモンを入れると青色に変わったような遠い記憶。

根はゴボウに似ているので食べた人がいるらしい。中毒症状が出て救急搬送になったらしい。
実も根も有毒なんだって!

そんな超問題ありの植物だからこそ、アスファルトの割れ目から入り込み、根を張り、花を咲かすんだ。
しかし、駆除しなくていいのかな・・・。まぁ、食べなきゃ大丈夫だね。

ねこ吉は、それぞれの強さに感心する。
いつ引っこ抜かれるか、毎日のように見ている。

たとえ、誰かに引っこ抜かれても、きっと何処かで根を下ろし、しっかり生きて行くだろう。

追記

10月11日、買物の前に見に行ったら、咲いていたランタナの花は摘み取られ、ヨウシュヤマゴボウは葡萄状の実だけがとられていた。
根も葉も残っているから、まだまだしぶとく生きて行くだろう。





コメント

本日は晴天なり。

2017-10-09 21:46:18 | 植物
買い物に行った帰り、クスノキの並木の下を歩いていたら、ひときわ目立つ赤い落ち葉を見つけた。

ねこ吉は長い間、「クスノキは常緑樹だから、秋になっても落葉しない。」と思っていた。
葉っぱが古くなると、赤くなって葉が落ちるんだね。

ツルッとしていてワックスがかかっているみたい。
毎年秋に落葉するサクラやモミジとは、葉っぱの感じがちょっと違うね。

余りに青空だから、葉っぱをかざしてみた。

綺麗だねぇ・・・。

今日は、日差しもきつくて汗ばむぐらいのお天気。
ユーミンの「悲しいほどお天気」をBGMで・・・。

もうすぐ、サクラやケヤキ、モミジが紅葉して落ち葉になって、あっという間に季節が秋から冬に変わるよね。

追記

今日(10月10日)ベランダで洗濯物を干してたら金木犀の香り。
昨日はかすかに香っている程度だったのに・・・。

「金木犀でぇ~す。満開でぇ~す。」強烈な香りで凄いアピールです。

判ってます。ちょっと控えめにしてください。
ねこ吉は、強い香りは苦手です。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント

あのアザミは・・・。

2017-07-03 20:54:53 | 植物
先日、スーパーに咲いていたアザミは、すっかり咲き終わって、フワフワ、モフモフの綿毛になっていた。
ちょっと渦を巻いているみたいだ。

ねこ吉は、綿毛を見ると吹きたくなる困った性分。



買物を済ませた帰り道、思い切り吹いて綿毛を旅立たせてやった。
遠く遠く飛んでいけ~。

かなり肺活量がいった。
綿毛の一つ一つが大きい。アザミの棘にしがみつきなかなか飛んでいかない。

ダメだよ。風に乗り遠くに行って自立して暮らさなくちゃ・・・。

コメント

綺麗だな・・・。

2017-06-12 21:21:11 | 植物
スーパーに買物に行った帰り、一輪だけ咲いているアザミを見つけた。

蕾も葉っぱも凄い棘だらけ。
ちょっと触ってもチクチクする。
アンタも肩ひじ張って生きているんだね。

濃いピンクの花も、棘のような花びらが放射状に密生した様は美しい。



多分、夏水仙

涼しげな花だな・・・。

近くには、もうすぐアガパンサスも咲きそうだ。

一昨年、アガパンサスの名前を度忘れして、我ながら情けなかったわ。

梅雨入りした途端、お天気続き。

雨は降らない方がいいな。


追記

先日、自分のアルバムを整理していて思い出した事・・・。

ねこ吉が幼い頃着ていた浴衣は、白地にアザミの柄だった。
長い袂の浴衣を着て、オカッパ頭のすましたねこ吉が写っている。5歳くらいか・・・。

母が、「アンタのオシメにしようと思ったんやけど。」

使わないまま反物でおいてあったらしい。
オシメが浴衣に?そんな浴衣嬉しないわ!


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント

五月のバラ(2017年版)

2017-05-24 22:36:40 | 植物
風爽やかな5月といわれる割には、やたら暑かったり、今日のように雨が降ったり・・・。

ゴールデンウィークが終わった途端、気がつけば24日だよ。全く!


何年もブログを書いてきて同じ話を書かないためにも、昔描いたブログを読み直すことがある。

「あっという間に過ぎていく。」という文は、5月に限らず、毎月月末が近づくと書いている。
何か使い古した慣用句のようで・・・。
つくづく、自分の文章力の無さを思い知らされるわぁ。

もう一つ、You Tubeの塚田三喜夫の「五月のバラ」をBGMに貼りつけている。ワンパターンだわ。

五月のバラ」(2014年版)です。

といいながらも、今年もYou Tubeで「五月のバラ」を聞く。そして、声を張り上げ、思い入れたっぷりに歌ってみる。年中行事か!

今年は、岩出和也という人の「五月のバラ」を聞いてみた。
演歌歌手らしいけど、なかなかねこ吉好みです。



写真は、近くのマンションの庭に咲いていたバラだけど、グラデーションの感じが何とも素敵!

昔見た映画「秘密の花園」に出てきたバラみたいだ。
もう一度見たいなぁ・・・。TSUTAYAにDVDあるかなぁ。

どんよりとしたねこ吉の気持ちを晴らすべく、「秘密の花園」の本を引きずり出して読んでみようか・・・。
バーネット作 岩波少年文庫だよ。
この年になっても、「小公女」と「小公子」「秘密の花園」は「赤毛のアン」「昔気質の一少女」とともに未だにねこ吉の愛読書。

ねこ吉は永遠の少女です。なんて、自分で言って、自分に恥ずかしくなる。
成長しないまま、年寄りになってしまった。嗚呼!

さぁ、もう一回「五月のバラ」を歌って、お風呂に入って寝るわ・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメント