ねこ吉のよしなしごと

どうでもいい事ばかり書いていますが・・・。

「白蓮れんれん」と「北斎漫画」と・・・。

2014-07-30 17:39:16 | 映画 ドラマ 観劇 展覧会 読書
本日、7月24日に買いに行ったソファーが配達されてきた。

前のソファーは、グリーンだった。
今回買ったソファーは、ベージュというかグレーというか・・・。
カーペットの色と似ているから、あまり存在感を主張しないところが気に入った。

大きさ、値段も気に入った。
真ん中の背もたれを前に倒せば、小さなテーブルになる。
背もたれを全部後ろに倒せば、ベッドに早変わり・・・。

大体、我が家のソファーは、人様より、物が座っていることが多い。
人様は、ソファーの前に座ってテレビを観ている。

何しろ安物なので、布の肌触りがイマイチ。マァ、仕方ないか・・・。



図書館に予約していた「白蓮れんれん」が、今日やっときた。

花子とアン」で仲間由紀恵が演じる「蓮子様」のモデル「柳原白蓮」の話だ。

何年か前に、借りて読んだはずなのに、物語の筋は全く思い出せない。
前回は、すぐ借りれたのに、今回は「花子とアン」のお蔭でずいぶん待った。

色々な人の手を経てきたせいか、本がかなりくたびれている。

表紙には題名が書いてない。背表紙に書いてある。ユニークな装丁だ。

テーブルに、伊右衛門カフェで買った冷茶を入れて、さあ、読むぞ!

もう一冊は、「北斎漫画2 森羅万象」だ。

「北斎漫画1」は、もう返却した。

昨年は、伊藤若冲にハマり、現在は葛飾北斎に興味を持っている。

さあ、見るぞ!

目次を見て、第1章 鳥獣蟲魚とある。

このまま見ては、ねこ吉の嫌いな幼虫が載っているに違いない。

まずは、

「先に見て、虫の絵の所に栞しておいて。」とたぬ吉に頼んだ。

栞は3か所。

気をつけて見ないとエライことになる。

間違って、ページをめくりそうで怖い。
コメント

最近、思うこと・・・。

2014-07-28 22:55:15 | 映画 ドラマ 観劇 展覧会 読書
6月に歯が痛くなった。
泣く泣く歯医者に行ったら、2年前に治療したところを再治療。
先週で治療は終わったのに、まだ痛い。熱いものを食べると沁みる。

再度歯医者に行ったけど、先生は原因が判らないという。暫く様子を見ることになった。
マァ、正直な先生だとは思うけど、原因を追究して治してほしい。
首の左側が痛い。治っていない歯の影響か・・・。
足も痛い。外反母趾の影響か・・・。

嗚呼、体のあちこちが老化。思い知らされる。
人間は嫌でも老いていくのは判っているけど、緩やかに老いていきたいものである。
なだらかな坂を下って行くが如く・・・。

が・・・。

なかなか現実は厳しいものである。

Nさん曰く、「老化は階段を降りて行くようなもの。途中踊り場があるのよ。」

ねこ吉は4月頃、踊り場から次の階段を降りはじめた気がする。
その階段は、段差がきつい。階段というより、ちょっとした崖?かも知れない。
手すりを持って慎重に降りて行こうとしても、何しろ足元がおぼつかないから転びそうになる。


息子の高校の世界史の教師の言葉を思い出す。

「人生、崖あり。谷あり。」(なんと、救われないんだ。いい時はないのか・・・。)
息子から聞いたときは、「人生厳しいんだから、そのくらいの覚悟で臨まないとね。」と返事したけど・・・。

以来、息子の座右の銘だとか・・・。


話はそれたけど、何と老いとは厳しいものか!

気力をなくす。体力をなくす。記憶をなくす。ないない尽くしやわ。

何事も半分やったら上等で、「残りは、明日。」と先延ばし。
その「明日」がくる保証は、だんだん危うくなってきているというのに。

そんな鬱状態から、少しでも脱出したくて、Amazonでプチ・ニコラのDVDを買った。

本日、午後から「ミッドサマー・シアター」と名付けて一人で鑑賞。
ねこ吉好みの、可愛い少年が山ほど出てた。

フランスでは、第二弾が出てるそうだ。配役はガラッと変わったらしいが。当然かな・・・。

少年の日は短い。時とは残酷なものだ。






コメント

「こころ」を読んでいる・・・。

2014-07-27 00:06:09 | 日常のこと
(帰り道で見つけた、蝉が鈴なりに留まって鳴いていた木。写真の中に何匹いるでしょう?)

昨日は、香里園まで早目に、母のお墓参りに行ってきた。
東西線に乗って京橋まで行く。そこから京阪電車で香里園まで。いつものルートだ。
各駅停車だから、空いている。

ゆったり座って、i pad を出して、行きがけにibookで落としてきた夏目漱石の「こころ」を開く。
著作権の切れた本は無料だからね。有難いことだ。

現在、朝日新聞に「100年ぶりに掲載」として、月曜から金曜まで載っている。
面倒臭いから、読んでない。
若いころ?  当然読んでない。文学少女じゃなかったし・・・。
何しろ、便覧人間だから、小説「こころ」作者「夏目漱石」としかインプットされていない。

旧仮名遣いじゃないので助かる。
漢字は読み仮名がついてるので判るけど、「Qさま」のクイズに出てくるような難しいのが一杯。

内容は、ねこ吉好みではないから、脳内に入らず。
目から入って、果たして何処に抜けて行っているのやら・・・。

でも、ねこ吉にとって、少々背伸びして、いいカッコして車内でi padで読むということに意義があるのだ。

隣に、かなり年上と思われるお爺さんが座った。
横顔のシミの多さで、70歳はかなり過ぎていると思われる。

リュックから、おもむろに取り出したものは、i padだった。
ねこ吉の、ipad miniではなく、もっと大きい。i pad airかも・・・。

シュ、シュ、シュ、シュ、ウニョ~ンと指で操作して、お爺さんは、新聞を読んでいた。

「オヌシ、やるな・・・。」

京橋までの何処かの駅で、お爺さんは降りて行った。

「こころ」の読みなれない漢字に疲れたねこ吉は、i padをバックにしまった。


京橋から香里園へ・・・。

お寺の庫裏は改築中。呼べども、呼べども誰もいない。

ご住職がひょっこり工事の様子を見に来たらしく助かった。塔婆料を渡してお盆の御供養をお願いした。

ねこ吉が困っていたので、お母さんがご住職を呼んできてくれたんだね。

お墓はかんかん照りの熱々で・・・。

汗がポタポタ落ちて、辛抱たまらず、掃除もそこそこに。
いつもは、たっぷりいう願い事や、泣き言もはしょって・・・。

「お母さん、今日はもう帰るわ。続きはお彼岸にするわ。」



上の写真の蝉の数は9匹でした。









コメント

この実、何の実?

2014-07-24 20:33:50 | 植物
今日も暑い、暑い一日だった。

阪神大震災後、リビングに置いているソファーが、真ん中の縫い目が裂け、何か所か破れて、みすぼらしいったらありゃしない。

遂に、ニトリに探しに行くことにした。値段、色、大きさ、まずまずの物を見つけて、配達日を指定。

あまりの暑さに、クラッセの風月堂でかき氷を食べて、涼しかったのは一瞬だけ。

駅から家まで、汗を拭き拭き歩いていた。

ふと見れば、

「何なの?このストッキングに飴玉を詰めたような実は・・・。」

「この実、何の実?気になる実ぃ~!」とこの木なんの木のパロディで歌いながら、写真を撮った。




家に帰って、樹木図鑑を調べたけど判らない。

ネットで、「ストッキングに入ったような実」で検索、ストッキングという言葉で、何か変なページも出て来てパス。

「不思議な実」と入れて画像検索してスクロールしていくと・・・。

「あった、あった!」

同じ写真をクリックすると、辛夷の実だということが判った。

辛夷(コブシ)の名は、この実が握り拳に見えるとこからきているらしい。
そういえば、そんな気もする。

このストッキング状の物が破れると、中に赤い実が入っているそうだ。

ああ、何の実か判ってスッキリした。ネットの有難さ、便利さ・・・。

「不思議な実」がキーワードだった。

コメント

あれは何?

2014-07-23 19:15:05 | 日常のこと
(二楽園に売っていたハイビスカス。この花特有のメシベは、まるでキノコみたいです。

上の写真は、本文と何ら関係は無いのですが・・・。

梅雨明けで、今日も朝から暑かった。

用事を済ませて、足のリハビリを済ませて、三宮から帰って来た。

駅から家まで、遠いわぁ~。暑いわぁ~。

2号線の交差点を渡って、日傘をさしてヘロヘロになりながら歩いていたら、向うから見慣れない車がやって来た。

そして、目の前を奇妙な車が通り過ぎって行った。簡単な屋根はあったけど、ボディはスカスカ、風通し抜群。

「あれは、何?」

一瞬の事で、携帯で写真を撮ることも出来ず・・・。

向うの信号が赤だったので、しばらく停まっていたみたい。
追っかけて、証拠写真を撮ればよかった。

車の後ろに国旗がはためいていた。かなり大きな国旗だった。

「確か、あれはタイの国旗だわ。」

帰ってから、「タイの乗り物」で検索したら、トゥクトゥクとかいうらしい。
バンコクなどでタクシーの代わりの三輪自動車だそうだ。

タイ人が運転してたのだろうか?
料金を払えば、乗せてくれるんだろうか?

嗚呼、返す返すも写真を撮らなかった事が悔やまれる。

また、2号線で出会えるといいけど・・・。



コメント (2)

ヒマワリが一杯。

2014-07-21 21:13:45 | 植物
一週間ぐらい前からスーパーの花屋さんに、色々なヒマワリが売ってる。
ヒマワリフェアだって。
ヒマワリって夏の花だね。8月も近いわ・・・。

花屋さん、ゴメンね。
ねこ吉は買わないで、いつもこっそり写真だけを撮る。

これも花盗人の一種かも知れない。



最近のヒマワリは、レモン色のものもあるんだね。



緑色のものもあったよ。
多分、緑色の染料を吸い込ませているんじゃなおかなぁ・・・。
あんまり好みじゃないけど。



今日、買い物に行ったとき見つけたヒマワリ。
モネのヒマワリだって・・・。
ヒマワリの真ん中は、焦げ茶色と思い込んでるねこ吉だけど、最近は真ん中も黄色のものがあるんやね。

そういえば、モネの画集でこんなのを見たような気がする。



こっちは、ゴーギャンのヒマワリだって!

ところで、ゴッホのヒマワリは無いの?



追伸

今日、スーパーに行ったら、ヒマワリフェアのヒマワリは格段と減っていた。
でも、「ゴッホのヒマワリ」があった。

やっぱりね。モネ、ゴーギャンのヒマワリがあって、かの有名なゴッホのヒマワリが無いはずはないわな・・・。



3つのヒマワリの違いは・・・。

形的には、みんな似てる。
中心部の茶色さ加減が違うんだよね。

ゴッホのヒマワリがいちばん焦げ茶色。








コメント

だんだん、意地悪ばあさんに・・・。

2014-07-19 21:46:18 | グルメ、スィーツ
写真はトロピカーナから新発売されたココナッツウォーターだって。

店頭で試飲販売をしていた。
ちょっとヤンキーぽい女の人に勧められて、ねこ吉も飲んでみた。

ココナッツジュースではないので、白くないし、あっさりしている。
特別美味しいとも思わなかったけど、体にいいと言われると最近は弱い。

熱中症対策にもいいかもね。買ってしまった。

「あのセレブも飲んでいる。」と書いてある。

ヤンキーぽい姉ちゃんに、

「あのセレブって、誰の事ですか?」と聞いてみた。

「あ!、色々のセレブです。」

何や、知らんのか!返事のピントがずれてるよ。



4月からの消費税値上げで、材料費が上がったとかで、実質8パーセント以上の値上げで、生活が厳しい。
そんな中、いつも行くスーパーは、消費税が上がっても、便乗値上げをせず、105円だったパンは108円で売っている。

せちがらい世の中に、見上げた志だと感心していたけど、スライスした食パンを買うとヘタが入っている物が増えた。
先日、ヘタを下に向けてあるので、気づかずに買ってしまった。
カゴから袋に入れるときに気が付いて、サービスカウンターに行って、ヘタの入っていない食パンと交換してもらった。

以来、食パンを買うときはよく見て買っている。

一昨日、たぬ吉が、ヘタの食パンを焼いて食べていた。

「ヘタの入ってない食パンを買ってきたのに、何でヘタが入ってたんやろ・・・。」

「あんな~、真ん中にヘタが入ってたで。」

「やられた~!」

「お前みたいに、ヘタの入ったパンを交換してくれという奴がおるから真ん中に入れたんちゃうか。」

「やらしいなぁ~。」



ねこ吉の老化は加速度がつき、もううんざりするほど、シミ、口の周りの皺が増えた。
あ~、やだ、やだ!梅干し婆、意地悪ばあさんみたいだ。

性格も、だんだん、いや、一層ひねくれて、意地悪くなってきているような気がする。
年は取りたくないもんだ。



コメント

今日は祇園祭の前祭(さきのまつり)でした。

2014-07-17 20:13:59 | 旅行 お出かけ
祇園祭は今年から、前祭と後祭が分れて巡行することになったそうです。49年ぶりだとか・・・
観光客が混雑するのを緩和させるためでしょうが、今日は物凄い人出だったことでしょう。

今日は、前祭の山鉾巡行の日です。
随分暑かったと思います。

写真は、14日に買った「祇園ちご餅

祇園祭にちなんだお菓子です。



串に刺した柔らかいお餅が3本入ってた。

「何故、2本なのか?」

写真を撮る前に、たぬ吉が1本食べてしまったから・・・。
コメント

お一人様、祇園祭レポート(その2)

2014-07-15 19:25:08 | 旅行 お出かけ
ランチを食べて、菊水鉾の前までやって来た。
この鉾では、祇園祭のお菓子と言われる「したたり」という琥珀羹を売っていた。

祇園祭限定の販売だったお菓子も、今では一年中買えるらしい。

最近では、ありがたみが薄れて買っていない。お値段も高いし・・・。

粽を買ったら、鉾に上げてくれる(長刀鉾など女人禁制の鉾もある。)けど、何処でも鉾に上がってたら、
お金が果てしなくかかるので、ねこ吉は、長刀鉾の粽と鯉山の粽を買うことに決めている。



鉾には大きな車がついている。格子の隙間から見えた。ハッとして写真を撮った。
気づかないようなところにも、行き届いてます。さすが・・・。



鯉山は、後の祭りで巡行だけど、粽は1時から販売だって!



細い、細い路地を奥へ、奥へ・・・。



絢爛豪華なタペストリーは、16世紀ベルギー・ブリュッセルで織られ、図柄はホメロスの叙事詩「イーリアス」だそうです。
鎖国されていたのに、長崎から入って来たのかな?何か不思議な感じがするわ・・・。


粽とお守りを買って、さあ、お一人様はそろそろ帰ろうかな・・・。



霰天神山だって?ふらふら歩いてたら出くわした。
無料ということで入ってみる。



何と、舞子さんが粽などを売っていた。皆写真をバチバチ撮っている。

「ツイッターでも、フェイスブックでも、皆宣伝してあげてぇ~。」と周りの人が言っている。
お言葉に甘えて、ねこ吉も写真を撮らせてもらう。
綺麗というより、可愛いねぇ。年はいくつぐらいなんだろう・・・。名前も知らないけどね。



何にも買わずに、写真を撮らせてもらっただけ・・・。カメラ目線を有難う。

ねこ吉もブログで宣伝しておきますわ。







コメント

お一人様、祇園祭レポート

2014-07-14 21:52:57 | 旅行 お出かけ
昨年は、たぬ吉と曳き初めをした祇園祭。
たぬ吉は、長刀鉾と函谷鉾、ねこ吉は函谷鉾を曳き、近くでお稚児さんや禿を見て、大満足だった。

たぬ吉など、2つの鉾を曳いた自慢を半年はしていたような・・・。

今年は、曳き初めの日は土曜日。たぬ吉は仕事の日になってしまった。
ねこ吉は、大混雑を考えると一人で行く自信がなかった。

今年から、先の祭りと後の祭りを分けて開催するとか・・・。
祇園祭は大きく変わったようだ。

本日、ねこ吉は古い粽を納めて、新しい粽を買いに烏丸に向かった。

お天気がイマイチで、雨が降っていた。

長刀鉾で、粽を買って町会所の2階に上げてもらう。



去年、ねこ吉が曳いた函谷鉾だ。

烏丸で電車を降りた時から気づいたんだけど、今年はホームで祇園囃子が聞こえなかった。
鉾の近くに行っても、あまり聞こえない。

イマイチ盛り上がりに欠ける。

鯉山の粽は1時から販売とか・・・。

先に昼ご飯を食べに行こう。

今日はお一人様だけど、やっぱり伊右衛門カフェに行こう。



祇園祭と言えば、鱧どすえぇ~。
鱧の天ぷらを注文した。

ここの抹茶入り玄米茶は美味しい。
3杯もお代わりして、お土産に同じお茶を買った。



今回は入り口を入って、すぐの席。奥の席の方が好きなんだけどなぁ・・・。
やっぱり、お一人様だから。

前で、外国人カップルがお茶を飲んでいた。
様になってる。加工アプリで撮った写真をアンティーク風に・・・。

続きは明日。





コメント

フランシアアオキのフルーツケーキは・・・。

2014-07-12 20:28:53 | グルメ、スィーツ
阪急御影の駅前にある果物屋「フランシアアオキ」のフルーツケーキを頂いた。

限定一日30本とか・・・。
なかなかGETできないらしい。

さすが果物屋さんのケーキだ。

スポンジケーキに生クリームたっぷり、カスタードクリームも入って、
その中に、新鮮なメロン、パイナップル、オレンジ、キーウイ、マンゴーたちがゴロゴロ入っている。

4時ごろ、たぬ吉と遅めのおやつに、分厚く切って食べた。

「美味しいぃ~!」

夕飯を食べて、デザートにもう一度食べても、まだ余る。

「本日中にお召し上がりください。」

嗚呼、食べきれん!


そこで、ねこ吉は娘にメールした。

「美味しいフルーツケーキをもらってんけど、食べる?
     駅前まで持って行ってあげるけど・・・。」

うちに帰ってきてケーキを食べて、また娘のマンションに戻るのは面倒だから、中間地点で渡そうとと思ったからだ。

「もらうわ。今から会社出るとこ。」

暫くして、駅に到着する時間をメールしてきた。

残りを3切れに切って、娘の分をより分厚く切って、ラップに包んで保冷剤入れて・・・。

「駅まで持って行ってやって。」

たぬ吉に頼んだら、携帯電話も持たずに出て行こうとする。

「携帯電話持っていって!」

「ストラップが切れかかってるねん。」

「今、言われても直されへん。早く行ってよ。」

玄関に置いてあったケーキの包みを持たないで出て行きかけた。

全く!何処へ、何をしに行くつもりなん!


コメント

E.H.BANKで・・・。

2014-07-11 20:49:09 | グルメ、スィーツ
去年の4月、mixiで出会った高校の同級生Tamiさん。

43年ぶりに姫路城で会って以来、昨日で4回目の再会。

Tさんは、ご主人の郷里の岩手に8月末引っ越すんだって・・・。

急遽、2人で送別会。

三宮で出会って、ランチして、Tさんのご希望でE.H.BANKへ向かう。

生憎、台風接近で、雨が降っていた。

居留地を歩いていたら、凄く激しい雨。

ビチャビチャになりながら、やっとたどり着いた。

入り口の重い回転ドアを開けたら、高い吹き抜け天井。
ねこ吉は、暫く来てなかったけど、レトロな建物は変わらず。素敵です。



最初、この一番奥の席に案内された。

店内は、お客さんが誰もいなかった。



せっかくだから、ねこ吉のお気に入りの席、背もたれが高くて一見カウチのようで、落ち着く空間。

「こっちの席に座らせてください。」と言ったら、快く変更してくれた。

何といっても、お客さんはねこ吉たち2人だもんね。



注文したのは、紅茶とティラミス。

いろいろ、いろいろ、延々喋って、お店を出ると、あんなに激しく降っていた雨もあがっていた。

Tamiさん、今は大変な日々でしょうけど、昨日の雨の様に、どんなに激しく降っていてもいつかは止みます。
そして、陽も差してきますよ。きっと・・・。
なんて、ねこ吉はちょっとエラそうなことを言ってますが・・・。

どうぞ、お体に気をつけて。






コメント

ウリ坊ぉ~!

2014-07-09 16:34:34 | 動物、昆虫
(1匹だけ、ポツンといるウリ坊)

昨日、友人と天上川沿いを歩いていると、大きな雌イノシシが2匹、それぞれ1匹ずつ子供を連れて、寝ているのが見えた。

かなり大きな親イノシシは、子がオッパイをねだってても起きようともしない。
子に背中の縞模様は、もう無かった。

それを見た友人は、

「このイノシシ達は、ママ友やね。」と言っていた。

そうやね。ねこ吉もそう思う。
カルガモのお母さんも、イノシシのお母さんも、人間のお母さんの子育てを見て学んでるんだろうか・・・。
結構、手を抜けるところは手を抜いて、自分を生活を大事にしているように見える。

高いところから、イノシシ達を見ていただけで、写真は撮らなかった。
つまり、親はあまりにふてぶてしく、子は、かなり大きくなって可愛くなかったからだ。



川を下って行くと、一人ぼっちのウリ坊がいた。

友人は、2,3日前にもこのウリ坊を見たそうで、どうも孤児らしい。
元気がなかったそうで心配してたんだって。

「親とはぐれたんやろか?可哀想やねぇ。」と言いながら見てたら、対岸に袋を持ったお爺さんがやって来た。

フェンス越しに、パラパラとドッグフードを撒いている。
ウリ坊は嬉しそうに食べている。

お爺さん、餌付けしたらダメなんよ。東灘の条例で決まってるんですよ。
先日、天上川の近くで4,5日続けてイノシシに襲われてけが人が出たんです。
各局のローカルニュースで放送してたでしょ。

「餌付け禁止」の幟をもって、ボランティアがパトロールしてたよ。
ねこ吉もイノシシに追突されて怪我をしたから、イノシシは嫌いだ。

でも、やっぱりウリ坊は可愛い。
親がいなくて、餓死しそうになってたら、お爺さんはほっておけずに餌をやりに来ているんだろうな。
そんな可愛いウリ坊もすぐ大きくなって、ふてぶてしくなって、やがて人を襲うようになる。

お爺さんが撒いた餌は、ウリ坊が食べ残した分を、他のイノシシが食べる。
袋を持った人を見たら、餌が入っていると思って襲って取りに来る。

買い物帰りのスーパーの袋を持った人が襲われる。

難しい問題やわ~。
ウリ坊を見て、「餌はやらない!」と意を決して実行するのは、心の中の葛藤と戦わないといけません。

コメント

ヘアダイ、失敗した・・・。

2014-07-07 21:36:08 | 日常のこと
          (写真はハスの花。リビングコープで鉢植えを売っていた。レンコンの片鱗が見える。)

ねこ吉は染めなかったら、かなりの白髪と思われる。普段はヘアマニキュアで染めていた。

緑がかった茶色、アッシュベージュという色が気に入っていた。

ベタ~っと同じ色に染まるより、多少の染めムラも、ニュアンスということで・・・。メッシュのつもり。

白髪染めではなく、若い人が使う緑のヘアマニキュアを混ぜて染めたり、ねこ吉なりの工夫?をしていたつもり。

娘と一緒に日向を歩いていたら、

「お母さん、頭が緑色っぽいよ。赤毛のアンじゃないんだから止めた方がいいんじゃない?」

と言われた。

アンは、自分の赤毛が嫌で、黒髪に染まる毛染めを買って、髪が緑色に染まったんだよね。

「娘が言うのも最もだ。」と思って、緑は止めた。

最近、アッシュベージュが廃番になったのか、売っていない。
気に入った色が見つからない。どの色もイマイチ。

いっそ、染めるのを止めようかと思ったりも・・・。

しかし、辛抱が無いねこ吉は、白髪と染めた髪が、だんだら模様になるのが我慢ならない。
そして、結局また染める。その繰り返し・・・。

2,3日前、ダイエーで好みの色の白髪染めを見つけた。

髪の毛の色見本は、緑系アッシュ。

「ええやん、これ買おっと。」

昨日、お風呂場で挑戦。ヘアマネキュアと違って手間と時間がかかる。

2液を混ぜ合わせ、頭に塗ってサランラップで包んで20分待って、シャンプーして乾かす。

ガァ~ン!

出来上がった髪色は、ベターっとした黒。
何ということ・・・。

まるでカツラを被っているみたいで、より老けて見える。

嫌やぁ~、嫌やぁ~!こんな頭は嫌やぁ~!

おまけに髪が傷んで、キシキシする。

残った液を箱に入れようとしたら、箱を見てびっくり。
メイド・イン・タイランドだった。

判ったわ。この髪色は、タイ人の黒髪やったんやわ。



コメント

謎です!事件です!

2014-07-06 22:40:24 | バードウォチング
7月4日に、ツバメの雛のブログを書いた。写真も動画も7月2日に撮ったものだった。

4日に洋裁に行った帰り道、店の前を通ったら、雛たちはピー、ピーと鳴いて元気だった。

小さい子供を連れたお母さんは、子供に指をさして教えてた。
スマホで写真を撮っている人もいた。

順調に育っていると、ホッとして家に帰って来た。

今日、リビングコープに行く途中、雛を見ようとセブンイレブンの前を通ると、1羽もいない。

「どうしたの?何処へ行ったの?」

写真を撮った日よりは成長しただろうけど、まだ全部が巣立っていったとは考えられない。

毎年、雛がいる巣が、何者かに壊される。無残な巣を見て怒りがこみ上げる。

不思議なことに、セブンイレブンの巣は壊されてはいなかった。

忽然と雛たちだけが消えてしまった。

一体どうしたんだろう?

防犯カメラにきっと犯人?が写っているはず。
でも、「ツバメの雛誘拐事件」など、警察は捜査してくれません。

コメント