ねこ吉のよしなしごと

どうでもいい事ばかり書いていますが・・・。

久しぶりの甲子園浜は・・・。

2008-04-29 23:00:28 | バードウォチング
今日は「昭和の日」でお休み。
たぬ吉と久しぶりに甲子園浜に行った。
1月4日に行って以来。
あの時は粉雪が舞ってすごく寒かったけど、今日は暑いぐらいのお天気。
嗚呼、月日の経つのは早いもの。

「キュルル、キュルルル」

あ、この声はコアジサシやぁ!去年も今頃香枦園浜にもいたね。代表的な夏鳥やね。
顔の黒くなったユリカモメとよく似てるけど、一回り小さくて、顔がとがってるよね。
ホバリングして狙いを定めて、水面に、ほぼ直角に突っ込んで魚を採っている。

ホバリングして餌をねだるユリカモメとは大違いやね。

コアジサシの空中写真は、ねこ吉には無理だった。
遠くの岩に留まっているのを撮ったけど、ピンボケ。



南にむいてる窓を開け~
Wind is blowing from the Aegean
          女は海~

と「魅せられて」を歌いながら?鵜が羽を乾かしている。んな訳無いか・・・。



飛び立っていくアオサギ。
大きいだけに迫力があるなぁ。



アンタは誰?夏羽のメダイチドリかな?



右の3羽はハマシギみたい。
片時もジッとしてないから、すぐファインダーから出て行ってしまう。



嗚呼、アンタはいったい誰?
ハマシギよりちょっと大きい。遠くてピンボケで、細かいところが判らない。
シギ類は似たようなのが多いから、図鑑で調べても判りにくい。
キアシシギかなぁ・・・。それともイソシギか?

4月5月の甲子園浜は、シギ類保護のため、海岸の左側にロープが張ってある。
ねこ吉のカメラでは倍率が悪いので、あまりはっきり写らない。



もう帰ろうと北に向かって歩いていたら、三脚を担ぎ、デジスコ、一眼レフを
持った人たちとすれ違った。
最後の女の人が

「シマアジだったら、飛んで行きましたよ。」

「え、シマアジ?」

それは魚ではなく、土曜日に甲子園浜にやって来た珍しいカモらしい。
まだまだ修行の足りないねこ吉であった。

堤防のハシゴを上って覗いてみると、ユリカモメと一緒にスズカモがいた。
冠羽が無いので、たぶん間違ってないと思うけど・・・。

アンタも早く北へ帰らないとアカンよ。






コメント

カルガモの雛を探しに行ったけど・・・。

2008-04-27 21:01:39 | バードウォチング
昨日一人で香枦園浜に行ってみた。
もしかしてカルガモの雛がいるかも知れん・・・。

河口に着くと何やら人が一杯。何でやろ?

おじいさん、おばあさん達がボランテァで海岸を掃除していた。
かなり賑やかなせいか、カモたちはほとんどいない。
もう北へ旅立ったかな?

去年の今頃、ユリカモメは高く舞い上がり、降りても沖のほうにいて、
何かよそよそしい様子で、旅立つ準備していた。
昨日見たユリカモメは、パンを撒きに来た人の周りに騒がしく群がって、
鳩を蹴り散らし、パンを独り占めして貪り食っている。

「ちょっとアンタら、去年と随分違うやん!ダイエットせんと旅立たれへんで。」

去年も夏になっても、居残ってるユリカモメがいたけど、
だんだん北に帰らないユリカモメが増えていくのかも知れないなぁ・・・。

まだ早かったらしく、カルガモの雛どころか、カルガモの親もいない。
せっかく来たのになぁ・・・。





変わり映えもしないコサギも



フォトショップでこのように・・・。



まだ顔が白いユリカモメもたくさんいて・・・。



水彩画風にして遊んでみた。


コメント

ダージリン急行を見てきた。

2008-04-25 22:59:19 | 映画 ドラマ 観劇 展覧会 読書
昨日、新聞を見ていたら、シネ・リーブルで「ダージリン急行」を上映していることが判った。
開演時間は12時30分から…
銀行に行ったついでに、見に行くことにして電車に乗った。
電車の中で
「あっ!今日洋裁の日だった。」
2時から洋裁だけど、間に合わないから休むことにした。
先生すいません。

まずはチケットを買う。
そうしたら、映画館の近くのカフェのデザート券をくれた。
せっかくだから、そこでランチを食べよっと…

居留地「商船三井ビルの向かいのビルの2F
店の名前は忘れてしまった。



本日のパスタ、鶏肉とアスパラのトマトソース、サラダ、パン、ドリンクバー付き



そしてこれが、おまけのデザート。これに吊られてやって来たようなもの。
コーンフレークの上に、ピーチシャーベット、イチゴ添え。
タダと思えば余計に美味しい。
その上、期限が今日までだった。

「ダージリン急行」は、男の三人兄弟がインドを旅する話。三人ともそれぞれ訳アリ・・・。
最初に「ホテル・シュバリエ」という短編映画付き。
訳が判らない。
ねこ吉的には次男役のエイドリアン・ブロディが好み。
末っ子役の男の人はどこかで見たことがあると思っていたら、
「マリー・アントワネット」でルイ16世をやってた人だって。

「ダージリン急行」って本当にあるのかなぁ・・・。
雑然としているけど車内にシャンデリアがついている。ミスマッチ!
兄弟が持っているトランク、バッグに象の模様がついてるのが面白かった。
何度も列車に乗り遅れて、走って飛び乗っていた。
インドの列車ってあんなのかな。日本では考えられないこと。

抱腹絶倒というほどではないけど、何となく可笑しい。
そんな映画だった。


コメント

百花繚乱!

2008-04-22 21:29:45 | 植物
今日は友人に誘われて王子公園までランチに行った。
行く途中の公園に咲いていた牡丹桜。「枝もたわわに」ってこういうことをいうんだろうな。



ピンクの濃淡が綺麗!



駅へ行く途中、大きなお屋敷の門のそばにあるハナミズキ。



岡本駅のホームに上がると大阪行きのホームの屋根の上に藤が咲いているのを発見!
花房が短いから、ちょっと地味だけどね。



これはねこ吉が食べたランチ。ここにも花が咲いてる。
桜餅のように見えるのは、もち米の中に鯛が入ってた。
タラの芽、筍、などの天ぷら、カツオと蛸のお刺身・・・
このほかに茶碗蒸しと味噌汁、土鍋で炊いたご飯。
ご飯はわざと焦がしたおこげが、香ばしくて美味しかった。

昼間美味しいランチを食べて、おなか一杯になって夕飯を手抜きする。

後ろめたさをちょっと感じるねこ吉だけど、今日はたぬ吉は飲み会だし、
昨日も飲んで遅くに帰って来た。
ねこ吉のランチぐらい許されるよね。

コメント

咲いたぁー、咲いたぁー!

2008-04-18 21:51:11 | 植物
この間、香里園にお墓参りに行ったら、お寺の前の畑にチューリップが咲いていた。

「咲いたぁ、咲いたぁ チューリップの花が
     並んだ、並んだ、赤、白、黄色」

昔、息子まだ4歳ぐらいだった頃、近所のお家の花壇の前で

「咲いたぁ、咲いたぁ チューリップの花が
        並んだ、並んだ、赤、白は無い、黄色」
と歌った。

確かにその花壇には白のチューリップは無かったので
ねこ吉は妙に納得したけど、ちょっと恥ずかしかった。



真ん中に地味に咲いている、濃い紫のチューリップは、もしかして黒いチューリップ?

ストーリーは全然覚えてないけど、昔アラン・ドロンが「黒いチューリップ」という
映画に出ていたような気がする。
この間、SMAP×SMAPのビストロスマップで、何か食べて好き放題語ってた。
年はとったけど、健在って感じ。



最近のチューリップはこんなんもある。
ずいぶん種類が増えたもんだ。

コメント

ついに・・・。

2008-04-12 22:45:16 | 日常のこと
ついに、たぬ吉が定年を迎えた。
長い間お疲れ様!

昨日、現役最後の出勤。
5日ぐらい前から、大風邪ひいて、咳き込み熱まで出して大騒動やったけど・・・。

たぬ吉は3月下旬から、有給休暇を消化するため会社はずっと休んでいた。
ねこ吉は、もう「亭主元気で留守がいい」状態。
このままなら、「亭主在宅症候群」に突入か・・・。

たぬ吉は、毎日パソコンゲームを意味も無くズゥーッとやり続け、
夜中までテレビを見てた。
だらけた生活を送り、ねこ吉が注意したら
「うるさい!」グズグズしているうちについに風邪を引いた。

マア、いろいろ考えるところもあるんやろけど、
ねこ吉の言うことを聞かんかったんだから自業自得やね。

昨日は同期が開いてくれた送別会、いやお祝いの会か?
今日も、パーティとか言って出かけていった。
たぬ吉、まだ風邪も治らないのに、ずいぶん忙しいネェ・・・。

家族でのお祝いは6日の日曜にやった。
その席で、たぬ吉は娘から「ウォーターマンの万年筆」をプレゼントされて喜んでいた。

「お父さん、シャツのポケットに入れたまま洗濯籠に入れんといてよ。
お母さんも、籠に入ってる洗濯物を調べもせんとダイレクトに洗濯機に
ほりこんだらアカンよ。」とキツイ一言。

ねこ吉は、気づかずたぬ吉の万年筆を洗い、息子の時計を2回洗った前科持ち

14日からまた同じ会社で、また仕事をするから、
ねこ吉は「亭主在宅症候群」には、しばらくは罹らずにすみそう・・・。

昨日、家に帰って来たたぬ吉が、

「明日からタバコ止めるわ。」と宣言した。

ねこ吉も、息子も、しかと聞いた。

「ホンマやな!」

25,6年前一度禁煙して失敗したたぬ吉。今度こそ絶対禁煙してや。
大丈夫かなぁ・・・。たぬ吉は意思が弱いから。


コメント

今年の桜。

2008-04-08 08:30:17 | 植物
今年の桜も昨日の雨で終わりかな・・・。

土曜日に夙川で見た桜・・・。
カメラを上に向けて花見客が入らないように写す。



ケヤキの新芽もきれいです。



アップで撮ったねこ吉お気に入りの写真。



シベリアンハスキーもお花見です。
コメント

久しぶりの香枦園浜(ユリカモメ編)

2008-04-07 09:52:29 | バードウォチング
夙川と海が交わるところから、少し沖合いにチュウサギ?と一緒にユリカモメたちが群れている。
真冬に見たときより、数が減っている。もう北に帰ったのもいるやろね。



手前のユリカモメは顔が真っ黒。すっかり夏仕様の顔になっている。
奥のユリカモメは、まだ白いまま・・・。この差は何処から出てくるのか?



うつむき加減でトボトボ歩いているユリカモメ発見!

「どないしたん?元気ないやん。」



「夏仕様に変わる途中で、顔がマダラで恥ずかしいねん。」

ホンマにエライ顔やなぁ・・・。



去年5月の初めに来た時、ユリカモメは空高く上がっては降りるを繰り返し、
旅立つ準備をしていた。
厚かましさ、人懐っこさは全然なく、むしろよそよそしかったユリカモメ。
ねこ吉が撒いたかっぱえびせんにも、見向きもしなかった。
長旅に備えてダイエットしてたみたい。

今年もマダラ顔のユリカモメの顔が真っ黒になった頃、一団となって高く高く舞い上がり、
風に乗って北へ旅立つんやね。




コメント

久しぶりの香枦園浜(出会った鳥たち編)

2008-04-06 17:25:29 | バードウォチング
昨日、お天気がいいのでお花見を兼ねて、たぬ吉と香枦園浜に行った。
家を9時に出るというのは、寝坊のたぬ吉にしては、かなり頑張った出来事・・・。

香枦園の駅は、早いのにもかかわらず人が多い。
夙川沿いを歩こうとしたら、一面のブルーシート。

「何事?」
花見の場所取りらしい。
名前を書いたブルーシート、その上で座って番をしてる人、もしくは毛布に包まって寝てる人。

昼前になれば、飲めや、唄えの大騒ぎになるんやろか・・・。

早めに川岸に降りてくだっていくとブルーシートは、さすがに無かった。
普通世の中の人は、夙川へは花見に来るんだよね。
ねこ吉たちのように鳥を見に来る人は稀です。

最初に出会ったのはツグミ。
相変わらず、2、3歩進んでは停まって胸を張ってる。
アンタも、もうすぐ北へ旅立つんやねぇ・・・。しばらく会えないね。



次に出合ったのはコガモの夫婦。
夙川で会ったのは初めてやね。
アンタ達ももうすぐ北へ行ってしまうね。



河口近くに行くとアオサギがいた。
アンタは年がら年中いてはります。
香枦園浜に来て、アオサギに会わないことは、まず無いね。常連さんです。



河口には、まだユリカモメがかなりいた。
船が鳴らした「パン、パン。」という音に反応していっせいに飛び上がる。
ユリカモメの話は、また別に書くからこれくらいにして・・・。



「右岸に何か違うカモがいそう!」
潮が引いているので飛び石の上を渡ったら、ねこ吉は、案の定渡り損ねて
スニーカーが濡れた。
マァ、転ばなかっただけましか・・・。

「キンクロハジロがいてる!」
香枦園浜では初めて見たよ。
ねこ吉が近づけば、キンクロハジロの夫婦はドンドン沖のほうにいってしまう。
昆陽池のキンクロハジロのように近くでは撮れない。

頭のリーゼントが決まってるやん!目つきは悪いし、ヤンキーの兄ちゃん風・・・。
そんなアンタらも、もうすぐ北へ行ってしまうね。
また秋になったら、香枦園浜においでよね。



「さあ、お好み焼食べて帰ろう。」
秋に鳥を見に来た帰り、見つけたお好み焼やさんに、すっかりハマッタたぬ吉は、
さっさと帰る準備をしている。

「ソバ焼き定食」を食べて深江まで帰って来た。

家に帰る途中の空き地にタンポポが花盛り。
ムクドリが2,3羽やってきていた。

アンタらは年がら年中いるよネェ・・・。

コメント

桜の花の満開の下で・・・。

2008-04-03 20:28:37 | バードウォチング
今日はゴミを出す日。
ゴミ捨て場のそばの桜の木は、七分咲きといったところか・・・。

「あ、メジロが来てる!」

ねこ吉はゴミを捨てた後、慌ててカメラを取りにいった。

戻ってみると・・・。
「せっかくカメラを持ってきたら、スズメ一匹いてないわ!」

仕方がないので、道路沿いの南側の桜の前に行ってみた。こちらはほぼ満開!

「メジロはいてないけど、おデブのヒヨドリが桜の花に顔を突っ込んでいる。」

蜜を吸った後、食いちぎるらしく、ポトンと桜の花が落ちる。
散る前の桜が1,5cmぐらいの茎をつけたままたくさん落ちている。
どうして食いちぎるのかなぁ・・・。



「おい、ヒヨドリ。桜の花を食いちぎったらアカンやん!」

「うるさい!ねこ吉。」

ヒヨドリににらまれた気がする。
コメント