トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ニホンカワトンボ

2018-07-10 | 虫類


4月中から現れる春のトンボで7月頃まで見られる
オスの翅は無色型と橙色型があるちょっと変わったトンボ
地域や固体による変異が激しいトンボで翅色も無色透明 橙色 茶色 乳白色など様々で別種に分類されているものもある

細い流れやその周辺の林で見られ オスは流れの付近の小枝や葉上に止まり縄張りを作る
翅に明るい色彩を持つ個体ほど明るい場所を好んで縄張りを張ると言われている
羽化後未成熟な個体はメタリックな青緑色をしているが成熟すると青白い粉で覆われる
大きさは6cm程
コメント