銅版画制作の日々

ぼちぼち更新致します。宜しくお願いします!

WALL・E ウォーリー リベンジです!

2008-12-20 | 映画:シネコン

 

WALL・E ウォーリー ウォーリー~~!というあのフレーズが忘れられません。

リベンジです。二度も鑑賞しました。実は(^_^;)最初は爆睡状態zzzzz。半分しか観れなくて。情けない話ですが・・・・・。実はアレルギーの薬を服用していたこともあってだと思います。

二度目はばっちり鑑賞しました。過去にPIXARの作品は、「カーズ」、「レミーのおいしいレストラン」を鑑賞しましたが、今回の「WALL・E」は今までとは一味違うものでした。前半はほとんどセリフがなく、ウォーリーの動きだけです。そして小さな金属のゴキブリが彼と行動をともにしています。広い雑然とした地球で700年の間、たった一人ぼっちのウォーリーががれきのなかでごみ処理をする毎日という情景です。ロボットなのですが、表情や動きも結構豊かです。観ているほうも、彼の姿にほほ笑ましさを感じてしまうほど。映像の素晴らしさももちろんのこと、言葉なしで、見せるという凄さには本当に驚きです。ストーリーはシンプルですが、環境問題などのメッセージ性も高く、子どもから大人まで幅広く観れる作品だと思いました。改めてPIXARアニメの完成度の高さにう~ん参りました!

ウォーリーはまだ知らないーーーーーー

人類がなぜ姿を消したのか・・・・・

ある日、ピカピカの《天使》が

彼の前に現れた。

地球の未来を変える。

驚くべき《秘密》と共に・・・・

 

STORY

彼の名はウォーリー

地球型ゴミ処理ロボット。

700年もの間、人間のゴミを片付け続ける

ーーーーどんなときも、たったひとりで。

29世紀の地球ーーーー。地上は荒れ果て。どこもかしこもゴミだらけ。人の姿も、生き物や植物も見当たらない。

無人の高層ビル群と、ゴミの塊の間を、一台の小さなロボットがせわしなく動いている。ウォーリーだ。彼の生活は規則正しい。

毎日ゴミを片付けるうち、ウォーリーは“感情” が芽生えた。そんなウォーリーの楽しみは、ゴミの山から“宝物”を見つけること。

古いオモチャ、食器、指輪のケース、ライターなどなど・・・・。お気に入りの物を見つけては、自分の家に持ち帰る。今日は小さな植物を見つけた!!

ある日、ウォーリーの目の前に真っ白に輝くロボットが現れた。彼女の名前はイヴ。

ちょっと乱暴なところもある彼女に、ウォーリーは一目惚れ。彼女はウォーリーに見向きもせず、何かを探している。彼女の気を惹こうと、ウォーリーは毎日彼女の後をついて歩く。

ある日、ウォーリーはイヴを自分の家に招待する。嬉しさのあまり、自分の宝物を次々と見せるウォーリー。しかし・・・・・

ウォーリーが最近見つけた“宝物”=「植物」」を見せた途端、イヴのお腹がぽっかり開き、「植物」を飲み込んだ。それっきりイヴは動かなくなった。停止状態のイヴを連れて、ウォーリーは散歩する。イヴがまた動き出すことを願って・・・・・。

イヴがどんな状態でも、一緒にいられれば幸せ・・・・・。

宇宙船がイヴを迎えに来た。このままイヴと別れるなんてイヤだ!!ウォーリーは宇宙船にしがみついた。気がつくと、そこは宇宙だ・・・・・。

宇宙へ飛び出したウォーリーを待つものは・・・・。

たどり着いた場所は、地球を捨てた人間たちが暮らす宇宙船「アクシオム」。見たこともない世界に驚きながら、大好きなイヴの後を追いかけるウォーリー。

修理スペースで分解されそうなイヴを守ろうとしたウォーリーは、イヴと共にアクシオムの「危険ロボット」にされてしまった!!

イヴはウォーリーを地球に帰そうと宇宙船に乗せる。宇宙船には、植物が隠され、自爆装置が作動していたから大変!!

イヴはウォーリーを追って宇宙へ飛び出した!!

危機を脱したウォーリーとイヴは、アクシオムの艦長のところへ植物を届けた。艦長は初めて目にした植物に心を奪われ、故郷《地球》に帰ることを決意する。

だが、それを阻もうとするヤツが現れ・・・・・。

ウォーリーとイヴ、そして地球の運命は

宇宙船アクシオムの行方は・・・・・。

アクシオム艦長の行く手を阻むオートはアクシオムのパイロットである。忠実だったはずが・・・・。地球へ戻ろうとする艦長の邪魔するのだ何とか地球に戻るために、イヴは助ける決意で行動。

途中ウォーリーは壊れてしまうイヴは彼を何とか助けようとするが・・・・。

さて、イヴはウォーリーを助けられるのか?そして無事に宇宙船アクシオムは地球の大地を踏めるのか?

監督:アンドリュー・スタントン 

製作:ジム・モリス

サウンド・デザイン・ウォーリーの声:ベン・バート

イヴ:エリサ・ナイト   アクシオム・コンピューター:シガーニー・ウィーヴァー

アクシオム艦長:ジェフ・ガーリン  BNL会長:フレッド・ウィラード

 

「WALL・E /ウォーリー」記者会見リポートはこちらからご覧下さい。

 

オフィシャル・サイト
http://disney.go.com/disneypictures/wall-e/ (英語)

そして本編「WALL・E」の前に上映される短編映画「マジシャン・プレスト」もなかなか面白いですよね。

20世紀初頭を舞台に活躍するプレストは偉大なマジシャンだが、相方のウサギのアレックに餌を与えるのを怠ったため、反撃を受けるはめに・・・・。

 マジシャン・プレストの舞台の顛末はいかに???

12月17日、MOVX京都にて、字幕版で鑑賞しました。

 


 

Comments (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その土曜日、7時58分 | TOP | 恋愛上手になるために★The G... »
最新の画像もっと見る

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2008-12-20 16:47:30
突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2008-12-20 16:49:25
突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
こんばんは♪ (ミチ)
2008-12-21 23:56:00
おお、リベンジでしたか~。
抗アレルギー薬の眠気には勝てませんよね。
私はリベンジではないですけれども、冬休み中にもう一度見に行きたいな~と思ってます。
年末年始はあまり目玉作品もないですし(汗)
よかったですww (さくびん)
2008-12-22 13:15:10
リベンジしていただいてよかったです♪
ウォーリー~~! というあのフレーズ 忘れることできないですよね

TBありがとうございました
消してください!! (さくびん)
2008-12-22 13:17:58
ごめんなさい~~
TBできていないと思っていっぱいしてしまいました・・・どうぞ、消しておいてください~~

すみませんでした。
Unknown (さくびん)
2008-12-22 13:53:39
mezzotintさん、コメもありがとうございますww
京都ですかぁ~うらやましい。。。(今朝イギリス製作の舞妓さんのドキュメントを見入っちゃいました)
関東なので修学旅行で行っただけ。ゆっくり、のんびり秋か春に旅行してみたいですぅ♪
昨日はTVで (sakurai)
2008-12-22 17:33:34
駅伝をずっと眺めてました。
30何位・・で、あまり胸ははれませんが、彼らはとっても頑張っていたので、うれしかったです。来年はいくぞ!!

で、これ。
よかったですね。あの無機質なものに、命を吹き込むうまさ!!いつもながら感心しますが、ピクサーつっても、みんな同じじゃなく、監督によってカラーがあるので、おもしろいですね。
あたしが好きなのは、やっぱこのアンドリューとラセターさん。
レミーのブラッドさんの作品は、ちょっとどっか違う感がぬぐい去れません。
休み中にもっかい行きたいです。
斬新さ (メビウス)
2008-12-23 20:15:28
mezzotintさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ピクサー作品が毎回ヒットしてるのは、引き込まれる内容や魅力的なキャラクターも然る事ながら、作品ごとに何か斬新なアイディアを取り入れてる部分もありますね。
本作もピクサーでは珍しい(?)実写映像も取り入れていましたし、殆どセリフ無しというのも斬新。でもちゃんとストーリーが成立していて、感情表現も分かりやすくて観る者に伝わるのも凄いですね。
Unknown (Nakaji)
2008-12-23 21:38:02
こんにちは
TBありがとうございます。
すいませんTBが反映されていないようですのでコメントにて失礼します。

本当にロボットなのですが彼をみていると、せつなくもなりほほえましくもなりましたね。
すごいアニメの完成度に感動させられるとは。。。
またおじゃまします
こんばんは (michi)
2008-12-27 17:39:47
最後の、イヴの献身ぶりに涙、涙でした。
最初は猟奇的な彼女だっただけに尚更ギャップにやられました!
まるで人間のように感情豊かだった気がします。

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン