銅版画制作の日々

ぼちぼち更新致します。宜しくお願いします!

アイム・ノット・ゼア♪6人のボブ・ディラン

2008-05-15 | 映画:ミニシアター

6人のキャストが演じる、それぞれのボブ・ディラン

5月8日、京都シネマにて鑑賞。そういえば、ボブ・ディランは今も健在なのだ!実は私もボブ・ディラン世代?でもファンではなかったが。日本のフォークシンガーにとっては神様のような存在だったので、彼のことを歌にする人が多かったのは、印象深い。

そんな私ですが、何と一度ボブ・ディランのコンサートに友人たちと出かけたことがあります。このころは、もう生ギターを使わずエレキギターで演奏していました。大きな割れる様な音だったことはよく覚えています。友人たちは皆、彼のファンだったので、凄く感動していましたね。「風に吹かれて」は彼の代表作。このときも、この歌を披露していいましたね

 

66歳の今も現役トップミュージシャンであり、詩人。そんなボブ・ディランの生ける伝説を6人の豪華キャストがそれぞれのボブ・ディランの人物像を描き出した、ちょっと抽象的な雰囲気の作品です。

 

 STORY

華麗なるロックンロールスターをケイト・ブランシェットが演じます。

何といっても、女優ケイトが演じるボブ・ディラン像はなかなかさまになっていたこの作品では、ジュードという華麗なるロックン・ロール・スターフォーク・フェスティバルなのにロック観客しちゃ、怒るはずだよね。フォークソング聴きたいファンばかりだから凄いブーイングなのだ。ロンドンでの記者会見ではくだらない質問にへぇ~ってな感じで・・・・。煙に巻いちゃうし。なつかしのビートルズ4人組も登場。そしてそして、ニューヨークの人気モデル、ココ・リヴィングトン(ミシェル・ウィリアムズ)と出会い会話を交わすなど・・・。何か60年代の懐かしい場面がよみがえるよう

とにかく、マスコミに追いかけられ、そのうえにくだらない質問攻めにうんざりそして切れちゃうわけだ。ドラッグの乱用による睡眠不足、誰からも理解されない孤独感は少しづつ彼の肉体と精神を蝕んでいくそして彼はバンドメンバーやココに悪態をつきロックンローラーの最期の結末は・・・・・・。けだるくて、何かに取り付かれたジュードの姿はやっぱりロックンローラーそのものなのかも。

 

65年から66年にかけて、アコースティックからエレクトリックにと華麗に変身した時期  私が観たのはそれから10年後くらいだったと思います。

 

 人気モデル、ココ役 ミシェル・ウィリアムズ

「ブローバック・マウンテン」で共演したヒース・レジャーと結婚したが、別れている。可愛いけど、ちょっと意地悪そう

 

 

 

ボブ・ディランは新進シンガーソングライター&ゴスペルを歌う教会の牧師???

ここではクリスチャン・ベイルが演じます。時は60年代前半、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジを拠点に盛り上がりをみせたプロテスト・フォークの世界に現れたジャック・ロリンズという新人シンガー。彼は女性シンガーソング・ライターのアリス・ファビアン(ジュリアン・ムーア)とともに“新しい時代の声”として中心的存在となっていく。しかしある事件で、理解者から反感を買うことに。その後大衆の前から姿を消す。

約20年後、西海岸のカトリック教会でジャックは“ジョン牧師”と名乗り、キリスト教の伝道活動にいそしんでいた。プロテストフォークは歌わない!というジョンは、信者たちを前に、祈りにも似たゴスペルナンバーを力強く演奏しはじめる。

 

 ジャックとのことを語るアリス。

今でこそ、ゴスペルは広く知られるようになり、ひとつのジャンルとして確立されているけれど。きっかけはこんな素晴らしい教会音楽を世に送り出したフォークシンガー たちが伝承したことクリスチャン・ベイル、歌が上手いので驚き

 

 

リチャード・ギアが西部開拓時代のアウトロー、ビリーを演じます。

ボブ・ディランは66年にバイク事故を起こした後、ニューヨーク近郊の田舎町、ウッド・ストックに身を隠すようにこもり、生活していたそうです。このころにレーコディング音源はのちの75年に「地下室(ザ・ベースメント・テープス)」として発表された。ビリーがたどり着いた開拓時代の西部の町、リドル(Riddle=「謎なぞ」の意味)はディランの曲中にしばしば登場する“アメリカの神話世界”の象徴となっている。この中に「パット・ギャレットとビリー・ザ・キッド」がある。

ビリーは犬ヘンリーともに町“リドル”の人里離れた一軒の小屋で隠居生活を送っていた。ある日、久しぶりに町に出ると住民たちに退去命令が出され、棲家を追われていた。中には自殺者も出ているという悲惨な状態だったこの黒幕は、町の権力者にして、自分の宿敵でもあるギャレット長官であることを知る。汚職にまみれたギャレットの悪行を声高く非難したビリーは牢獄に入れられる。このことがきっかけで、町民たちは自らの権利を守るために一斉蜂起を開始するビリーは仲間の助けによって脱走果たした。そして新たな旅先へ向かうこと決意し、貨物列車に飛び乗った彼が抱えた古びたギターケースには「ファシストを殺すマシーン」と書かれていた。

 

 

 

ハリウッド・スター/偽りの結婚生活ではヒース・レジャーが新人俳優、ロビーを演じています。

ここではボブ・ディランの私生活に触れています。ボブには彼の人生に大きな影響を与えた二人の女性がいたそうです。彼女たちは、彼の歌詞のモデルとなったと言われています。スージー・ロトロ、(フリーホイーリン・ボブ・ディラン)という彼の有名なアルバムジャケットで、ボブに寄りかかっている女性。そしてサラは65年~77年にかけてディランと結婚した元妻。ディランとの間に4人の子どもがいる。

 

 クレア

 

そんな彼の恋愛をここではロビーという俳優の人生と重ねています。クリスチャン・ベイルが演じたフォーク・シンガーのジャック・コリンズを題材にした映画で、ロビーは主演する。そんな彼がフランス人の美大生クレア(シャルロット・ゲンズブール)と出会い、たちまち恋に落ちてしまい・・・・・。すぐに結婚しかし順調な結婚と思われた結婚生活は・・・?ロビーは俳優として成功を収め、クレアは二人の子育てに追われるにつれ、少しづつ破綻しはじめるふたりの間には感情のすれ違いが多くなってしまう。73年、おりしもベトナム戦争で米軍が撤退したというニュースをテレビで見ていたクレアはロビーとの9年に及んだ偽りの結婚生活に終止符を打つことを決心するロビーの初主演映画「砂の粒」の中でジャックがフォーク・シーンとの訣別をアリスに告げるシーンが写っていた。

 

自らをアルチュール・ランボーと名乗る象徴詩人をベン・ウィショーが演じます。

 

19世紀フランスの象徴詩人として知られるアルチュール・ランボーはときに難解とされるディランの作詞世界に大きな影響を与えたらしい。ベンが演じるランボーは劇中でカメラに向かって語る多くは、65年のディランのインタビューで記者たちに煙を巻くかのように答えたものを引用しているそうだ。

ベンの出番はそんなに多くない。そのかわり、この映画のナレーター的な役割を務める。観客からは見えない“背広姿の男たち”から「何故?プロテスト・ミュージックを書くのをやめたのか?」という質問を受け、アルチュールは、詩人のヴィジョンでモノローグを語り続ける。ーーーーその言葉は“他の5人のディラン”が繰り広げる事件のバックグラウンドを解き明かすためのキーワードでもある。

 

 “ウディ・ガスリー”という名の11歳の黒人少年。

マーカス・カール・フランクリンが、ウディを演じます。

おぉ!ウディ・ガスリーやあ~~。懐かしい名前に・・・・・。そうフォークシンガーなんですよね。ボブは62年にデビューしたんだけど、そのデビュー前の若きディランは、ウディ・ガスリーをはじめとするフォーク・シンガーやロバート・ジョンソンに代表される黒人ブルース・シンガーの歌をコピーして、ソングライティングの技術を学んでいた。アメリカ各地を旅しながら、オリジナルのヴィジョンを模索していた時期だったらしい。

1959年、「ファシストを殺すマシン」と書かれたギターケースを抱えた黒人の少年が貨物列車に飛び乗る先に無賃乗車していたふたりの放浪者に向かい、ウディは自分のこれまでの半生を語り始める。黒人のブルースシンガーのに転がり込んだウディは、「過去の世界ではなく、今の世界のことを歌いなさい」という老母の言葉にショック受け、再び貨物列車で放浪の旅に出る。そんなウディは列車内で強盗団に襲われるあわよく白人女性に助けられ、その家族や友人から“天才ギター少年”と持ち上げられるそのとき、ミネソタ州の鑑別所から一本のが。実はウディ、その鑑別所の脱走者だったのだ過去を背負って生きることが嫌になったウディは、次のステージへ進むために、病床にいた本当のウディ・ガスリーの元を訪れる決意をするのだった。

 

 (解 説) 

「エデンより彼方に」「ベルベット・ゴールドマイン」のトッド・ヘインズ監督が、アメリカ音楽シーンの生ける伝説ボブ・ディランの激動の半生を映画化した音楽伝記ドラマ。ボブ・ディランのさまざまな側面をフィーチャーした6人のディランが登場、それぞれクリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、リチャード・ギアら6人の俳優たちが演じ分ける実験的なスタイルが話題に。同役に女優で唯一キャスティングされたケイト・ブランシェットがヴェネチア国際映画祭で女優賞を獲得するなど賞賛された。
 詩人のランボーに傾倒する青年が男たちにプロテスト・ソングを止めた理由を問われ、詩人らしい言葉で応じていく。ウディ・ガスリーに憧れる黒人少年が放浪の末に一人のブルース・シンガーの家に転がり込むが…。その他、プロテスト・フォークの世界で時代の寵児となる新人シンガー、仕事の成功と裏腹に結婚生活で破綻を迎える映画スター、フォーク・ソングと決別し観客から裏切り者と罵声を浴びるロックスター、田舎で隠遁生活を送るアウトローといった様々な人格のボブ・ディランが登場し、彼の多面性と波乱に富んだ人生が多彩なスタイルで描かれていく。(allcinemaより)

 

60年代~70年代の記憶がうっすら蘇る。ボブ・ディランは日本のフォークシンガーにとっても、崇拝される神様ような存在だった。彼の名をグループ名にしていた“ディランセカンド”、吉田拓郎も彼のことを歌にしていたと思う。そしてこの時代の歌は宗教的、政治的、哲学的な要素を含んだメッセージソングのようだった。これも、ボブ・ディランの大きな影響を受けていると思うのだ。時は流れ、時代は変ってしまい・・・。今ではフォークソングも聴かないけど。この時代に生きた私にとっては、懐かしさを感じる。今まさに、6人の俳優によって、再びボブ・ディランが蘇ったのかも。

 

 

アイム・ノット・ゼア(英語)のサイトです。

 

 

 

 

Comments (4)   Trackbacks (42)   この記事についてブログを書く
« ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃな... | TOP | ゼア・ウィル・ビー・ブラッ... »
最新の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバどうもでした (くまんちゅう)
2008-05-15 22:00:50
コンサート行ったんですか!?
羨ましすぎ・・・
おいらはS&Gの東京コンサートに行きましたがディランは無いです。
この映画ではケイトとベールが素晴らしかったですね、ヒースはディランには似てませんでしたけど、ベトナム戦争当時の雰囲気が出てました。
「日本人にも影響与えた」で真っ先に思い出すのは学生街の喫茶店です「片隅で聞いていたボブ・ディラン」
>時は流れ、時代は変ってしまい・・
上手い!時代は変わるをさりげなく持ってくる辺り詩的ですね
TB、ありがとうございました。 (オリーブリー)
2008-05-16 17:06:10
あら、コンサート行かれたのですか?
凄いわ♪♪
私も「風に吹かれて」とガロしか知らなかったです(苦笑)

豪華俳優さんたちでしたね♪
ディランをよく知らなくても、
それだけで見応えはありました。
ヒースが亡くなったなんて、やっぱり信じられない思いで帰宅しました…
mezzotintさん★ (とんちゃん)
2008-06-08 22:44:35
(^o^)コ(^-^)ン(^0^)バ(^-^)ン(^0^)ハ
トラコメ、有難うございました★

ケイトの扮するジュードが、とてもかっこよかったです。
ヒースも拝めたし、余は満足じゃ?^^

映画自体は、ボブ・ディランを知らないので
イマイチ判らなかったのですが、中盤辺りから面白くなってきて、結果楽しめましたv(*'-^*)bぶいっ♪
Unknown (nal)
2010-08-22 05:18:40
ディランのファンですが、DVDレンタルしましたが、ちょっと見てやめました。
つまらなくて。
ディランの魅力は
ビートたけしです。ひとと同じ土俵で勝負しなんです。コンサートなら下手に歌って感動させることを考えます。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

42 Trackbacks

「アイム・ノット・ゼア」トッド・ヘインズ (Mani_Mani)
I'm not there. 2007アメリカ 監督:トッド・ヘインズ 脚本:トッド・ヘインズ、オーレン・ムーヴァーマン 出演:クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、マーカス・カール・フランクリン、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、ベン・ウィショー、ジュリア...
アイム・ノット・ゼア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『詩人・無法者<アウトロー>・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター 全てボブ・ディラン 6人の豪華キャストが演じる、生ける伝説』  コチラの「アイム・ノット・ゼア」は、まさに生ける伝説、っつ~か生ける神様?ボブ・ディランをモデルにした6人の人物を...
アイム・ノット・ゼア/I'M NOT THERE (我想一個人映画美的女人blog)
え~?リチャード・ギアがボブ・ディラン{/eq_2/} なんて最初聞いた時はびっくりしたけれど、 よくよく聞くと、クリスチャン・ベールやヒース・レジャー、ベン・ウィショーはいいとして 黒人の子供{/eq_1/} 果ては女まで(ケイト・ブラシェット)いるよ{/eq_1/} ...
アイム・ノット・ゼア~イ奄はネ申 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット、リチャード・ギア、クリスチャン・ベイル。まるで死ぬ瞬間に見るという自分の人生の巻き戻しの夢を映像化したようなボブ・ディランの伝記ドキュメンタリーのようなモキュメンタリーのような。
【映画】 アイム・ノット・ゼア (Coffee and Cigarettes)
今回は、映画「アイム・ノット・ゼア」 1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行...
「アイム・ノット・ゼア」 答えは風に舞っている (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 あらゆる芸術の中で“詩”というものは言葉の壁がもっとも高いジャンルだと思います。 ボブ・ディランといえば、名前は知っているし、有名な曲は「あぁ、あれね」と思いつく程度に何曲かは知っています。 ただ、彼がこうまで高い評価を得ている...
『アイム・ノット・ゼア』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:I'MNOTTHERE監督・原案・脚本:トッド・ヘインズ出演:ケイト・ブランシェット、クリスチャン・ベイル、リチャード・ギア、マーカス・カール・フランクリン、 ヒース・レジャー、 ベン・ウィショー鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<Story>195...
アイム・ノット・ゼア 31点(100点満点中)08-140 ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
千の風に吹かれて 「そこにー わたしはー いませんー♪」 公式サイト アメリカのカリスマミュージシャン、ボブ・ディランをモチーフとしたオムニバス映画。 監督のトッド・ヘインズは以前にも、『ヴェルヴェット・ゴールドマイン』という映画にて、実在の有名ミ...
感想/アイム・ノット・ゼア (EDITOREAL)
アイキャン・ノット・アンダースタンド。『アイム・ノット・ゼア』4月26日公開。今なお多くのアーティストたちに影響を与え続ける、生ける伝説ボブ・ディラン。彼の生涯を6つのキャラクターに投影して6人の俳優たちが演じ分けた。ロックスターであり、牧師であり、映画ス...
「アイム・ノット・ゼア」 (えいはち@十二社の行動)
有名人の伝記映画はいろいろあるようだが、ほとんど見た記憶がない。 「ボブ・ディランの伝記映画」とされているこれはさすがに、 ファン歴30余年、筋金入りのディラン・フリークの僕としては、 やはり見ておくべきかな、程度に考えていたのだが、意外にも、 過去数回体...
アイム・ノット・ゼア (eclipse的な独り言)
 東京に行ってきました。目的はシティ・ボーイズのライブです。しかし、映画ブロガー
『アイム・ノット・ゼア』 (めでぃあみっくす)
この映画はボブ・ディランに心酔した人以外には難解すぎる映画だと思います。私なんぞはボブ・ディランといえば様々な分野に影響を与えた偉大なるミュージシャンで、彼の音楽は「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」ぐらししか知りませんでしたので、正直最後までこの映画に...
『アイム・ノット・ゼア』 (ラムの大通り)
(原題:I′M NOT THERE) ----この映画って話題になっているよね。 確か、ボブ・ディランをいろんな俳優が演じているんでしょ? 「そう。 なかでもケイト・ブランシェットね。 全米映画批評協会賞を始め、 数多くの助演女優賞を受賞している」 ----へぇ~っ。女優まで...
「アイム・ノット・ゼア」 (てんびんthe LIFE)
「アイム・ノット・ゼア」シネカノン有楽町2丁目で鑑賞 たぶん、私ってボブ・ディラン世代というか、若い頃毎日のように聞いていたアーティストだったと思う。 そして今でもボブ・ディランは大活躍。 そんなボブ・ディランをリスペクトして、作られた作品。 しかし...
「アイム・ノット・ゼア」映画館レビュー 何故に (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕は夢の中で、この映画に出てくる、世間からは総じてボブ・ディランと呼ばれる人物について、なぜ共感できないのかと、多くの人を敵に回していた。
アイム・ノット・ゼア (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ここまで個性的でシュールな伝記映画は珍しい。現役のトップ・ミュージシャン、ボブ・ディランを、人種、年齢、性別までもバラバラの6人の俳優が演じ分ける。これはディランの多面性の表現形態だ。6人全員が名演だが紅一点のブランシェットの存在感は群を抜く。ただ役名...
アイム・ノット・ゼア (心のままに映画の風景)
1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、 病床の本物のウディに会いに行く。 社会派フォーク歌手として人気が...
アイムノットゼア (シネマ日記)
ケイトブランシェットが好きで、彼女がアカデミー賞にノミネートされた作品だから、やっぱり劇場で見ておきたくて、見に行きました。いやー、ごめんなさい。ボブディランのことなんて何にも知らなくて、曲も「風に吹かれて」「ライクアローリングストーン」「天国への扉」...
「キャンディ」+ちょこっと「アイム・ノット・ゼア」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
最近、ボブディランを数人の役者さんが演じる「アイム・ノット・ゼア」を見たものの、みごとにおいてきぼりをくらってしまい、異様に2時間...
「アイム・ノット・ゼア」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
「アイム・ノット・ゼア」公式サイト 夜、急に思い立って有楽町イトシアの中にある劇場にボブ・ディランの映画「アイム・ノット・ゼア」を観に行く。 うん、最高に面白かった! 実はね、そんなに期待してなかったんだけど、観て良かったよ。 劇場の売店にそりゃもうウ...
アイム・ノット・ゼア(映画館) (ひるめし。)
詩人・無法者・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター 全てボブ・ディラン
アイム・ノット・ゼア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
詩人、無法者(アウトロー)、映画スター、革命家、放浪者、ロックスター全てボブ・ディラン__ 6人の豪華キャストが演じる、生ける伝説! 1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行く。社会派フォーク歌...
「アイム・ノット・ゼア」:寿三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}「大熊象牙」っていうのもなかなか凄い迫力のある名前だな。 {/hiyo_en2/}それより私は象の寓話を思い出したわ。 {/kaeru_en4/}象の寓話? {/hiyo_en2/}目の見えない人が集まって、ある人は象の足だけ触り、ある人は象の鼻だけ触り、ある人は象のしっぽだけ...
アイム・ノット・ゼア (knockin' on heaven's door)
I'm Not There ボブ・ディランをモチーフに、ロック・ドキュメンタリーと詩的なドラマ性を融合させた、ユニークな音楽映画。 僕はそこにはいない・・・一人の人間の多面性を投影させた6人の人物を、6人の俳優たちが演じる。これまでにない斬新な試みで描く、不思議....
アイム・ノット・ゼア◆フィクションで描くディラン伝説 (好きな映画だけ見ていたい)
        「アイム・ノット・ゼア」 (2007年・アメリカ)    ボブ・ディランについて知っていること――60年代アメリカのポップカルチャーのカリスマ、フォーク・ロックの草分け、プロテストソングの旗手、俳優、シンガーソングライター、ドラッグ濫用者・・・...
アイム・ノット・ゼア (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”I’m not there”監督=トッド・ヘインズ。脚本=トッド・ヘインズ、オーレン・ムーヴァーマン。撮影=エドワード・ラックマン。6人の俳優によって演じられる様々な人格のボブ・ディランが登場。☆☆☆☆
67●アイム・ノット・ゼア (レザボアCATs)
ボブ・ディランというと、「ロックの歴史を早めた男」のイメージだった。もうすでに'90年代から、彼の名前は歴史そのものだったしね。サブカル、カウンターカルチャーの父、みたいな・・・正直、自分の手に届かない、途方もないイメージがあったんだ。
アイム・ノット・ゼア (小部屋日記)
I'm Not There(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本: トッド・ヘインズ 出演:クリスチャン・ベイル/ケイト・ブランシェット/マーカス・カール・フランクリン/リチャード・ギア/ヒース・レジャー/ベン・ウィショー/シャルロット・ゲンズブール 詩人・無法...
アイム・ノット・ゼア:各人の認識に対する無数の問いかけに満ちた作品 (犬儒学派的牧歌)
★監督:トッド・ヘインズ(2007年 アメリカ) 京都シネマにて。 ★解説(Yahoo!映画より引用...
アイム・ノット・ゼア (シャーロットの涙)
私はひとりの他者である・・・
「アイム・ノット・ゼア」 (寄り道カフェ)
I'M NOT THERE 2007年8/アメリカ/136分/PG-12 私が音楽に興味を持ち出した頃、ベトナム戦争を背景に巷では反戦フォークが溢れ、ジョン・バエズが、ボブ・ディランが、ピーター・ポール・アンド・マリーたちの歌をよく聞いていた。 「風に吹かれて」「時代は変わる」...
「アイム・ノット・ゼア」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「I'm Not There.」2007 USA/ドイツ 6人の豪華俳優がボブ・ディランを演じる、ボブ・ディラン伝記物語。 フォーク・ソングに別れを告げたロック・スター ジュードに「エリザベス:ゴールデン・エイジのケイト・ブランシェット。 フランス人の美大生と結婚したムー...
「アイム・ノット・ゼア(I’m Not There)」 (オバサンは熱しやすく涙もろい)
実はワタクシ、ボブ・ディランについての知識は全くと言っていいほどございません。 だもんで、そう言った意味ではこの映画・・・ワタクシにとってはちょっとキツイ映画でございました。 勿論彼の名前はよく耳にしますし、歌も何曲かは耳にしたことがありますが、プロ...
お望みの答えは得られたかな? (CINECHANの映画感想)
129「アイム・ノット・ゼア」(アメリカ)  詩人のランボーに傾倒する青年が男たちにプロテスト・ソングを止めた理由を問われ、詩人らしい言葉で応じていく。1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床のウディ・ガスリーに会いに...
アイム・ノット・ゼア (とんとん亭)
「アイム・ノット・ゼア」 2008年 米 ★★★★ ヒースに会えた歓びは、映画の良し悪しよりも私の中で大きい。 とはいえ・・・ボブ・ディランを知らない(名前ぐらいは知ってますが^^)とこの 映画はキツイかも^^ う~ん、私ももっと色んなジャン...
アイム・ノット・ゼア■60年代から70年代の物語 (映画と出会う・世界が変わる)
彼の代表作のひとつ「風に吹かれて」のジャケットのこの写真。これと同じシーンが登場する。ただし、正面からではなく、俯瞰で捉えられている。リチャード・ギア演じるビリーとは当然、ビリー・ザ・キッドのことで、ボブ・ディラン自身が俳優としてペキンパの「ビリー・ザ...
映画『アイム・ノット・ゼア』を観て (KINTYRE’SDIARY)
44.アイム・ノット・ゼア■原題:I'mNotThere■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:136分■字幕:石田素子■鑑賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:トッド・へインズ□脚本:オーレン・ムヴァーマン□製...
アイム・ノット・ゼア (あず沙の映画レビュー・ノート)
2007 アメリカ 洋画 ドラマ 伝記 作品のイメージ:カッコいい、スゴイ、ためになる 出演:クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ヒース・レジャー、リチャード・ギア ボブ・ディランの6つの顔を6人の俳優が演じているという風変わりな作品。バイオグラフィ...
「アイム・ノット・ゼア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」に続く、 「ケイト・ブランシェット特集」の第3弾。 この作品・・・6人の俳優がいろんな人格としての伝説的歌手ボブ・ディランを演じる・・・って趣向。 去年亡くなったヒース・レジャーも、その1人として出演してたの...
『アイム・ノット・ゼア』 (『映画な日々』 cinema-days)
アイム・ノット・ゼア アメリカ音楽シーンの生ける伝説ボブ・ディランの 激動の半生を6つの側面から描いた伝記映画 【個人評価:★★】 ...
アイム・ノット・ゼア (Addict allcinema 映画レビュー)
詩人・無法者(アウトロー)・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター 全てボブ・ディラン 6人の豪華キャストが演じる、生ける伝説
『アイム・ノット・ゼア』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行く。社会派フォーク歌手として人気が出たジャックだがシーンから消えた20年後、牧師としてキリスト教の布教にいそしんでいた。伝記映画の主役を演じ成功し...