銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

タイピスト!(2012)**POPULAIRE

2013-08-19 | 映画:ミニシアター

 現代のオードリー・ヘップバーンの登場!

こんにちは。久々の更新です。日曜日久しぶりに映画鑑賞。実は事前に何もチェックせず観に行って来ました。そしたらなんと満席ぎりぎりで滑り込みという状態でした。しばらくして満席となり、立ち見もできるという盛況ぶりで・・・・。驚きです。

自宅へ帰って調べたら、この作品、あの「オーケストラ」や「アーティスト」を手掛けたスタッフ作品だったことを知り、なるほどそういうことだったのかと・・・・。その割には一番大きなシアターを使わず、100人弱収容のシアターで上映。もう少し集客率のため一番大きなシアターを使えばいいのにと。開けてみたらこんな結果だったのかな。そういえば「最後のマイウェイ」も意外に集客率良いのに一番小さなシアターだったなあと。

さて映画はタイトルどおりタイピストの女性のお話です。時代は1950年代のフランス。一番好感が持てたのは主人公のファッションかしらね。現代のオードリーとまではいかないけど可愛い女性です。デボラ・フランソワという女優さん。

ヘアスタイルに衣装、靴も良いですね。自分は着たくないけど、観ているにはとてもお洒落で素敵。そうそう後半で打つタイプライターもピンク色でお洒落です。
田舎娘という設定ですが、そんな風には見えないわ。タイピングと言えばパソコンも打ち込むのは難しいけど、タイプも大変でしょうね。観ているだけでため息がでましたわ(笑)

最初は一本の指で打ち込むという主人公ローズ、やはり10本指で打ち込まなければ話ならないと「巨人の星」じゃあなけど憧れの上司から特訓を受けることに、、、、。

 何故かランニングも、、、。必要なのか?

その上にピアノも習う羽目に。確かにピアノは両手を使いするからね。タイプのキーボード色と指の爪色に合わせて打ち込む。なるほど考えたものだ。
まあお話は世界トップのタイピストを目指して勝負に挑む田舎娘のど根性話。特に変わったお話ではありませんが、何故か王道のお話に人間って燃えるんですよね。


打ち終えると紙をさっと抜きまた紙を入れるという作業。一秒の無駄もなく手を動かす姿は何か素敵というものを感じました。単純ですね。


鬼コーチとのロマンスも見もの。


鬼コーチルイの親友の妻との関係も微妙?よく見ればこの人妻はアーティストの女優さん、ベレニス・ベジョでした。

 あらすじ(Movie Waklerより)

1950年代のフランスでは、社会進出しようとする女性たちの間で一番花形の職業は秘書だった。田舎から出てきたローズ(デボラ・フランソワ)もそんな一人で、保険会社を経営するルイ(ロマン・デュリス)の秘書となる。ドジで不器用すぎるため1週間でクビを宣告されるが、ローズにタイピングの才能を見出したルイは、彼女にある提案をする。当時秘書の中で、タイプライター早打ち大会で優勝することはステイタスとなっており、一大競技として人気を誇っていた。ルイはローズと組んで、タイプライター早打ちの世界大会で優勝を目論んでいた。地方予選に出場したローズは、初めて触れる試合の空気に飲み込まれあえなく敗退。ルイは1本指ではなく10本の指を使ったタイピングをするよう矯正し、難解な文学書のタイプやジョギングなどのハードなメニューを課して、ローズを特訓する。その甲斐あって地方予選を1位通過したローズだが、全仏大会には2連覇中の最強の女王が待ち構えていた……。

メディア 映画
上映時間 111分
製作国 フランス
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2013/08/17
ジャンル コメディ
映倫

G

 

解説(allcinemaより)

1950年代のフランスを舞台に“タイプライター早打ち世界大会”に挑むヒロインを描くエンターテインメント作品。脚本・監督は本作が長編映画デビューとなるレジス・ロワンサル。製作は「オーケストラ!」のアラン・アタル。撮影は「アーティスト」でアカデミー賞にノミネートされたギョーム・シフマン。主演は「ハートブレイカー」のロマン・デュリスと「ある子供」「譜めくりの女」のデボラ・フワンソワ。

 

http://typist.gaga.ne.jp/

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (7)   この記事についてブログを書く
« ペーパーボーイ 真夏の引力... | TOP | 版画展のお知らせ*** »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (めえめえ)
2013-08-20 23:08:03
こんばんは。
観に行きたいと思っていたのですが、
シネマ1では無いのですね…
1時間前で大丈夫かな~
私も見ました (きさ)
2013-08-21 23:07:03
今日見てきました。良かったですね。
都内で1館しかやっていないので混んでいるという情報は得ていたので昼頃に劇場に行ったのですが、何と最後の回しか席がありませんでした。それも最前列。
さて映画はデボラ・フランソワがきれいでした。
お話は確かにそれほどひねりはないですが、こういう王道のお話もいいですね。
ヒロインもいいですが、コーチ役のロマン・デュリスのちょっと屈折したキャラが話を盛り上げていました。
来週からは渋谷でも上映されるそうで少しは見やすくなるかな。
めえめえさん☆★ (mezzotint)
2013-08-27 19:44:53
こんばんは★☆
コメントが遅くなりすみません。
行かれましたか?かなり人気があるようで、、、。
私が観た場所はシアター2でした。
あれだけ人気があるなら、1にするほうがいいと
思うんですけどね。
あ!今はどうかわかりませんが、1時間前では
やばいかもです。
デボラ・フランソワ♪ (mezzotint)
2013-08-27 19:49:15
きささん
今晩は☆★
東京でも大人気なんですね。上映されるシアターが
複数あると良いのですが、残念ながらこちらでは
1シアターのみ、、、、。この感じで行くとしばらく込みこみ
かもです。
デボラ嬢、おきれいですが、やはりオードリーまでは
いきませんね。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

Similar Entries

7 Trackbacks

『タイピスト!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「タイピスト!」□監督 レジス・ロワンサル □キャスト ロマン・デュリス、デボラ・フランソワ、ベレニス・ベジョ、ミュウ=ミュウ■鑑賞日 8月24日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0....
タイピスト! (あーうぃ だにぇっと)
タイピスト!@ヤクルトホール
タイピスト! (ダイターンクラッシュ!!)
2013年9月6日(金) 19:00~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(ハッピーフライデー) パンフレット:未確認 正しい古典的ロマンティック・コメディ 『タイピスト!』公式サイト ヒロインが、いまいち可愛くないことを除けば、すべてにおいて正しい...
タイピスト! / Populaire (勝手に映画評)
フランス映画祭2013の最高賞の観客賞を受賞。 舞台は1950年代のフランス。戦後と言う時代背景が上手く描かれています。先ず出て来るのは、当然、先の大戦の話。ルイがレジスタンスだったとか、ボブがアメリカの空挺隊員で、降下した先でマリー(ベレニス・ベジョ)に出会...
タイピスト! (にきログ)
さて、こちらはフランス映画で評判が高かった作品 系統としては一人の女性の成功物語ですね フランス映画ですが話のすじとしては王道スポ根ラブコメで安心してみることが出来る作品ですね 明るく楽しく見...
世界最速のマドモワゼル~『タイピスト!』 (真紅のthinkingdays)
 POPULAIRE  1959年、ノルマンディー地方の田舎町。雑貨店の娘、ローズ・バンフィル (デボラ・フランソワ)は憧れの 「秘書」 になるべく、保険会社の面接に臨 む。オーナーのルイ・エシャール(ロマン・デュリス)はローズの持つタイピン グの...
タイピスト! (いやいやえん)
とてもチャーミングな映画でした。田舎者の天然娘がレディへと成長していくスポ根映画でもあります。 ヒロインはデボラ・フランソワさん、キュートなファッションやオシャレなインテリアや髪型でとっても可愛い。ロマン・デュリスさんは「ハートブレイカー」での嘘泣...