まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

ボヘミア王イジー妃 クンフタ

2018-05-23 20:44:03 | ボヘミア王妃
お若いのにしっかり者だったらしい
イジー妃 クンフタ・ゼ・シュテンベルカ


1425〜1449/在位せず

ラジスラフの後は「ハプスブルク家の王なんて許せるか!」ってなわけで
オーストリア軍を敗ったボヘミア貴族の中から王になったポジェブラト家のイジーです。
       
即位前に結婚したのが、ボヘミア貴族のスミル・シュテンベルクの娘クンフタでした。
結婚から3年後の1444年に、19歳にしてポジェブラティに病院を設立。
20世紀初頭までクンフタの名がついていいました。
若者の教育や学校建設、囚人の社会復帰などに尽力し、システムを確立したらしい。

ものすごく立派なお妃様にみえますが、エピソードが少ないですね。
どこかの王家の王女じゃないからでしょうか?

1449年、24歳の誕生日の翌日、双子の出産の後亡くなりました。
お子様は6人で、次女カテリーナはハンガリー王マーチャーシュの妃になりました。



              
いよいよ最終回
イジー妃 ヨハナ・ズ・ロジェミタール


1430〜1475/在位 1458〜1471

クンフタを亡くしたイジーは翌年、ヨハナと再婚しました。
       
20歳のヨハナは、イジーをものすごくサポートし、国事にも打ち込みました。
けれども子供が生まれてからは母親の役割を優先したようです。

1470年、義理の娘カテリーナの嫁ぎ先だったハンガリーのマーチャーシュが攻めてきました。
ヨハナはチェコ軍を率いたそうですよ!
たぶんイジーも戦いに明け暮れていたと思うので、夫が不在の時はわたくしが!と
奮闘していたのでしょうね。

1971年、イジーが死去しました。
ヨハナは、ボヘミア王の未亡人が代々隠遁してきたムニェルニークに移り
1475年に亡くなりました。

死後は、庶民の教会に葬ってほしい、あるいは、聖ヴィトゥス教会のイジーの隣がいい…と
希望していたそうですが、どこに埋葬されたんでしょうね?

ヨハナの葬儀の喪主は息子のザクセン公ヴィルヘルム3世ではなくて
次の王になるハンガリー王ウラースロー2世でした。
一応イジー支持派から選ばれて王になったようなのですが、他所者なので点数稼がねばね!

             
            Jarmily Haldovéさん作ヨハナ

この後ボヘミア王位はヤゲロン家、そしていよいよハプスブルク家へ…
続きはそちらからどうぞ

(参考文献 Wikipedia英語版)
コメント

ボヘミア王ヴァーツラフ4世妃 ゾフィエ

2018-05-15 20:14:11 | ボヘミア王妃
未亡人になってからEnjoy?
ヴァーツラフ4世妃 ゾフィエ・ヴァボルスカー


1376〜1428/在位 1389〜1419

前妃ヨハナを飼い犬に殺されちゃった(らしい)ヴァーツラフ4世は
ヨハナの従妹にあたるゾフィエと再婚しました。
従姉にフランス王シャルル6世妃イザボー・ド・バヴィエールがいます。
        
ヨハナの死から2年後、育ての親バイエルン公フリードリヒ1世に連れられて
プラハに向かい、翌年結婚しました。

ゾフィエは狩猟が大好きで、夫婦共通の趣味があったせいか仲は良かったそうです。
ヴァーツラフ4世は愚王として名高かったそうなのですが
一方ゾフィエは経済方面で有能だったらしいです。
もしかしたら影で夫を操っていたかもしれませんね。

1419年、ヴァーツラフ4世が亡くなりました。
相変わらず継承者をねらう人が多数いる中、お子様がいなかったゾフィエは摂政をしながら
義弟ジグムントを支持することでボヘミアからの保護を得ることにしました。

ゾフィエも43歳、故国に返されてもねぇ…
それとも他にボヘミアに残りたい理由でもあったのでしょうか?

めでたく王になったジグムントとゾフィエは契約を交わしました。
ゾフィエは権力は手放しましたが、なぜかジグムントと二人で領地を仕切っていました。
二人はお付き合いしている… というもっぱらのうわさでした。
ジグムントは「ゾフィエはポーランド王ヴワディスワフ2世と再婚する予定だから!」と
言い訳していたようですが、再婚することなく1428年に亡くなりました。
    
旦那さんが亡くなってから、次の王様、例えば弟とか義理の息子なんかと
ウワサになる王妃って多いような気がする… すぐには思い出せないけど。

まぁ、未亡人といってもお若いですからね…

               
              Jarmily Haldovéさん作ゾフィエ

で、噂のお相手ジグムント妃はマリア・ウヘルスカバルボラ・チェリスカでした。       
               
              Jarmily Haldovéさん作バルボラ

その後はハプスブルク家のアルブレヒト、王妃はアルジェビェタ・ルクセンブルスカ
ラジスラフ(未婚)と続いていきます。

ボヘミア王妃編、もうすぐ最終回です。

(参考文献 Wikipedia英語版)
コメント

ボヘミア王ヴァーツラフ4世妃 ヨハナ

2018-05-09 21:38:10 | ボヘミア王妃
死因はなんだって
ヴァーツラフ4世妃 ヨハナ・バヴォルスカー


1362〜1386/在位 1378〜1386

カレル1世の次男で後を継いだヴァーツラフ4世の妃は
下バイエルン公アルブレヒト1世の公女です。
母マルガレータはヴァーツラフ2世王女マルガリェタを祖母にもちます。
父方の祖父は神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ6世です。
       
8歳の時、結婚のためにハーグからプラハに旅立ちました。
ヴァーツラフは9歳でした。

ルクセンブルクとバイエルンの繋がりを強くするための結婚でしたが
ヴァーツラフの最初のお妃候補は、ホーエンツォレルン家の
エリーザベト・ニュルンベルクでした。
しかし、エリーザベトがプファルツ家のルパートと結婚したので
ヨハナと結婚することに。

ちなみに、ドイツ王というのは神聖ローマ皇帝候補みたいなもので
ヴァーツラフもドイツ王になります。
この時代、各名家が陣取り表みたいなものを広げて縁談を考えてたとしか思えないですよね。

二人の結婚生活は16年に及びましたがお子様はいませんでした。
一説によるとヴァーツラフはアルコール依存症気味で、不能だったらしいです。

ヨハナは23〜24歳で亡くなるのですが、言い伝えによると…
ヴァーツラフの猟犬に攻撃されたってことです。

でもさ、独りでフラフラと犬舎っていうの? 猟犬がウロウロしてるところに行くわけないし
なんか臭いません? 猟犬放たれちゃったとかさ…

ヴァーツラフはジェブラーク城内で、それはそれは壮大な葬儀を行いました。
これは本当に悲しんでのことなのか隠蔽孝作か… 最近疑りぶかくなっちゃっていかんね。
葬儀後プラハ城に埋葬されました。
ヴァーツラフはその後、ヨハナの従姉妹のゾフィエと再婚します。

ヴァーツラフは、1400年にドイツ王を廃位されてプファルツ家のルパートにもってかれます。
お嫁さんも王位もとられちゃってね…

                
                Jarmily Haldovéさん作ヨハナ

(参考文献 Wikipedia英語版)
コメント

ボヘミア王ヤン妃 ベアトリクス

2018-05-04 18:55:54 | ボヘミア王妃
国民に無視された王妃
ヤン妃 ベアトリクス・ブルボンスカー


1320〜1383/在位1334〜1346

1330年、ヤンの王妃エリシュカが結核で亡くなりました。
ヤンは、それはそれは悲しんだそうです、真偽はともかく。
自分はよそ者で亡くなったのはボヘミアの王女だから、まわりの目も気にしないとね。

ポーズだかどうだか、エリシュカの死後4年間再婚しなかったヤンですが
フランス王フィリプ6世が親交を深めようと再婚をおススメしてきました。
相手はブルボン公ルイ11世の末娘ベアトリクスです。

おススメはいいけど、ベアトリクスはすでに、ターラント公フィリッポと婚約してて
そちらは破棄されてしまいました。
       
16歳で結婚したベアトリクスは、年上の継子カレルの妃ブランカ
お世話してもらうことになりました。
出身が同じフランスだから心強いですね。 でもヴァロア家とブルボン家だけど…

ベアトリクスは、ブランカとやけに比べられちゃってつらかったみたいです。
ブランカ、エピソードがあまりないけど、できた人だったのでしょうか?

ベアトリクスはというと、冷たそうで傲慢で、チェコ語を嫌悪していたということで
国民には不人気でした。
ブランカはその逆だったのかしら?
たしかに、ボヘミア王女だった王妃の後妻というのは、キツい立場かもね。

それにしても肖像画、なんとかならなかったのでしょうか?
不人気でもしかたない雰囲気が充満していますね。
もう少し明るそうなお顔で描いてもらえばよかったものを…

1337年、王子ヴァーツラフが誕生し、その3ヶ月後豪華な戴冠式が行われましたが
市民たちに無視されたらしい…
そのせいか、ベアトリクスは息子を残してプラハを発ち
その後はめったにボヘミアにやって来ることはありませんでした。

1346年にヤンがクレシーの戦いで戦死しました。
ほとんど国にいなかった王妃でしたが、継子カレル1世はベアトリクスに年金を与えました。

ヤンの死後1年ぐらいしてグランシー卿ユーダス2世と再婚しました。
1383年、息子のヴァーツラフより15日長生きして亡くなりました。
パリのジャコバン派の修道院に葬られましたが、今は残っていません。
胸像がパリのサン=ドニ大聖堂にあるそうです。

                
               Jarmily Haldovéさん作ベアトリクス

ヤンの後は長男カレル1世で、後に神聖ローマ皇帝カール4世にもなります。
王妃は、ブランカ・ヴァロア、アンナ・フラツカー、アンナ・スヴィドニカ
エリシュカ・ポメランスカーの四人です。

    
Jarmily Haldovéさん作 左から、ブランカ・アンナ・アンナ・エリシュカ

(参考文献 Wikipedia英語版)
コメント

ボヘミア王ヤン妃 エリシュカ

2018-04-30 18:59:00 | ボヘミア王妃
陰謀好きだったらしい
ヤン妃 エリシュカ・プシェミスロヴナ


1292〜1330/在位 1310〜1330

エリシュカは、ジンドリフ妃アンナ同様、ヴァーツラフ2世とグータの王女でした。
両親を早く亡くし、13歳の時には兄ヴァーツラフ3世も暗殺されて、残ったのは四姉妹だけ。

母を亡くしたエリシュカは、父方の伯母にあたるクンフタからすごく影響を受けていて
彼女とともにプラハ城近郊の女史修道院で過ごしました。
アンナ、義母エリシュカ・レシュカ、義理の姉ヴィオラも一緒でした。
       
で、アンナの時にも書いたんだけど、ヴァーツラフ3世が暗殺された時
未婚だったのはエリシュカだけで、ボヘミア王位を狙う各国から熱い視線が注がれました。

ジンドリフとアンナは、自分たちに有利になる縁談をいくつか持ちかけましたが
エリシュカは、1310年、神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世皇子ヨハン(ヤン)と結婚しました。
ヤンはボヘミアを制圧したばかりで、姉夫婦たちの痛いところをついたわけです。
18歳の若さで、姉夫婦のウラをかくとは…

王女は生まれましたが、王子が生まれずつらい思いもしたようですが
6年後、後の神聖ローマ皇帝カルロス(4世)も生まれて任務も果たしました。
慈善などに勤しみ大人しくすごしていれば、穏やかな人生が送れたと思うんだけど…

エリシュカは政治好きだったみたいなのね。
それで、ヤンとだんだん意見が食い違っていくようになります。
「わたくしのおかげで王になれたんじゃぁなくて?」なんて思ったのかしら?

1319年、ヤンを退位させてカルロスを即位させようという陰謀が噂されました。
ヤンは首謀者とされる人物を罰しましたが、エリシュカのことも疑っていたのか
子供たちの教育からエリシュカを遠ざけることにしました。

エリシュカはムニェルニーク城に移され、カルロスは投獄された後フランスへ送られました。
母子は二度と会うことはありませんでした。

ボヘミアの王女なのに政治からは遠ざけられ、味方も失ったエリシュカは
バイエルンに渡りました。
なぜバイエルンかしら? 長女マルケータがバイエルン公妃になりますけど、もっと後だし…
1323年に双子の女の子が生まれてるのよね! これは誰の子? ヤンの子?

ボヘミアを出たエリシュカを、ヤンは一切支援しませんでした。
エリシュカはヤンとボヘミア貴族たちへの恨みつらみを隠しませんでした。
もし、当時ネットがあったら、ブログとかTwitterで動画バンバンアップしたりして…
そして呆れられたりして…

1325年、エリシュカは結核にかかりボヘミアに戻りました。
5年間生き延び、1330年に亡くなりました。
離婚はしていなかったので、亡くなるまで王妃のタイトルは持っていました。

三男四女のお子様がいました。
次女ジェトカは、フランス王ジャン2世の妃になっています。

               
              Jarmily Haldovéさん作エリシュカ

(参考文献 Wikipedia英語版)
コメント

ボヘミア王ジンドリフ妃 アンナ

2018-04-15 19:06:26 | ボヘミア王妃
                Jarmily Haldovéさん作

思い通りにならない妹にイラつく
ジンドリフ妃 アンナ・プシェミスロヴナ


1290〜1313/在位 1307〜1310

ヴァーツラフ3世は若くして亡くなり、王妃ヴィオラとの間に嫡子はいませんでした。

そこでボヘミア王には、ヴァーツラフ2世王女アンナの夫ジンドリフが
選挙で選ばれました。
ジンドリフは、ケンテルン公でオーストリア名はハインリヒです。
1306年にアンナと結婚していました。

もちろん、父王や祖父同様ポーランドの王座もほしいところですよね?
しかし、ポーランドはピアスト家のヴワディスワフ1世が王座を奪い返しました。

そればかりか、ボヘミアの実質的な権力も、ヴァーツラフ2世王妃エリシュカ・レシュカ
再婚した、ハプスブルク家のルドルフにもっていかれてしまいます。
        
この、ハプスブルク家が囲い込んじゃってる感、すごいよね!!

アンナとジンドリフは、ひとまずケンテルンに逃れてチャンスをうかがいます。
ルドルフはボヘミア王になるんですが、1年足らずで亡くなり
ジンドリフは再びボヘミア王になりました。

でも安泰じゃないですよね、なんとかせねば!
そこで二人が目をつけたのは、未婚の妹エリシュカです。
彼女の婚姻で味方を作ろう、というわけでいくつか縁談をもちかけました。

ところが、エリシュカったら言うことを聞きやしない!!
それどころか、名家ルクセンブルク家のヤン(ヨハン)と結婚しました。
ヤンは1310年にボヘミアを占拠し、ボヘミア王になりました。
ジンドリフとアンナはまたまたケンテルンに逃げ帰り、姉妹は訣別しました。
アンナはもともと美しいエリシュカに嫉妬していたみたです。

妹の仕打ちにうちひしがれたのか、アンナは23歳の若さで亡くなりました。
ジンドリフはその後、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家のアデレードと再婚、
サヴォイ家のヴェトリーチェと再々婚しました。

ちなみに短命だったルドルフ1世ですが、エリシュカ・レシュカと結婚する前に
フランス王フィリプ3世王女ブランカと結婚していました。

(参考文献 Wikipedia英語版)
コメント

ボヘミア王オタカル2世妃 クンフタ

2018-04-07 19:22:05 | ボヘミア王妃
再婚のミステリー
オタカル2世妃 クンフタ・ウヘルスカー


1245〜1285/在位 1261〜1278

1260年に、マルケータとの結婚を無効にしたオタカル2世は
翌年の1261年にとっとと再婚しました。
お相手は、マチョー公ロスチスラフの公女クンフタです。
マルケータより41歳若い花嫁でした。
        
クンフタのお母様は、ハンガリー王ベーラ4世王女アンナで、父方の祖父は
最後のキエフ大公ミハイル2世でした。

ミハイル2世の死後ハンガリーに移りました。
1261年、祖父ベーラ4世とオタカル2世が同盟を結び嫁ぐことになりました。

けれども、この同盟は10年後に破られて、クンフタの叔父イシュトヴァーン(5世)に
攻め込まれました。

オタカル2世は1278年にマルヒフェルトの戦いでドイツ王ルドルフ1世に敗れ亡くなります。
これは、前妃マルケータとの結婚で手に入れた公領をめぐる争いですかね?
その上、ボヘミア王の支配下にあったモラヴィア公領は、ルドルフ1世に制圧されました。

幼王ヴァーツラフ2世の摂政になったクンフタでしたが、コントロールできるのは
プラハ近郊ぐらい… 行く末が不安ですね。

でも大丈夫!
ヴァーツラフは、ルドルフ1世の王女グータとの結婚が決まりましたよ〜
迫りくるハプスブルク家の影…

クンフタは、ヴァーツラフの結婚で肩の荷が降りたのか
同年、ボヘミアの大物政治家ファルケンシュティン卿ザーヴィシュと再婚しました。
ところがですよ、クンフタは数週間後に急死してしまいます。

ザーヴィシュは3年後にハンガリー王イシュトヴァーン5世王女エルジェーベトと
再婚するんだけど… なにか勘ぐりたくなりますよね。

                
               Jarmily Haldovéさん作クンフタ

危なげに見えたヴァーツラフ2世の治世でしたが、ボヘミア王国を維持したばかりか
選挙でポーランド王になり、さらに祖母の系統からハンガリー王にもなりました。

ヴァーツラフ2世は、グータの死後、ポーランド王プシェミスゥ2世王女
エリシュカ・レシュカと再婚しました。

           
       Jarmily Haldovéさん作グータ  Jarmily Haldovéさん作エリシュカ

その後を継いだのは、ヴァーツラフ2世王子ヴァーツラフ3世で、王妃はヴィオラです。

                 
                Jarmily Haldovéさん作ヴィオラ

(参考文献 Wikipedia英語版)
コメント

ボヘミア王オタカル2世妃 マルケータ

2018-03-30 20:22:18 | ボヘミア王妃
継承のためなら!の歳の差婚
オタカル2世妃 マルケータ・バーベンベルスカー


1204〜1266/在位 1253〜1260

父王ヴァーツラフに対して反乱をおこし、投獄されたオタカルでしたが
1253年にめでたく王に就くことができました… 5年ぐらい待てばよかったのにね。

結婚は2回しているのですが、1回目のお相手は26歳年上
オーストリア公レオポルト6世公女マルケータでした。
すごいね! 26歳年下… 見てるだけでいいや。

実は21歳ぐらいで、ドイツ王ハインリヒ7世と結婚していました。
けれども、オタカル同様、ハインリヒも父親の神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世に対して
反乱をおこし、失敗して1242年に亡くなりました。

マルケータはその後静かに隠遁生活を送っていたのですが
そうもしていられなくなりました。
       
ちょっと入り組んでるから、上手く説明できるかどうか… いきますよ!

マルケータの弟フリードリヒ2世が、1246年に嫡子無しで死去したため
オーストリア公領とシュタイアーマルク公領に対して
マルケータか姪のゲルトルード、どちらの夫も権利を主張できる立場になりました。

そこでヴァーツラフ1世は、長男ヴワディスワフをゲルトルードと結婚させて
この継承争いにくいこんでいきました。
ところが、結婚の翌年の1247年にヴワディスワフが亡くなります。

ゲルトルードの再婚相手バーデン辺境伯ヘルマン6世が1250年に亡くなると
ヴァーツラフ1世の野望は再燃します。
次男オタカルとゲルトルードを結婚させる作戦だったのですが
オタカルが兄の未亡人との結婚を断固拒否しました。

倫理上の問題なのか、兄さんのおさがりなんて!! というプライドだかはわかりませんが
7歳年上のゲルトルードとの結婚を断り、26歳年上のマルケータとの結婚を承諾しました。
       
1252年に結婚はしてみたものの、マルケータはもうすぐ50歳(一説には50歳以上)です。
嫡子が生まれるわけない! ということで、オタカルは
1254年、マルケータの侍女だった愛妾アニェス・クネリングとの間に生まれた息子を
教皇に認めてもらおうとします。

これに失敗すると、オタカルはマルケータとの結婚の失効を訴え、1260年に許されました。
            
でもさ、オーストリア・シュタイアーマルク公領は手放さないのよ、どう思う?
(後にドイツ王ルドルフ1世に奪われます)

結婚を無効にされたマルケータは、オーストリアに帰っていきました。
帰国後は “ ローマ王妃 ” と呼ばれていました。

没年は1266年か1267年で、希望どおり父親が建てたリリエンフェルト修道院の
父の隣に埋葬されました。

静かな生活から引っぱり出しといてなんなのよ!
26歳年上ってことは、最初からわかってたじゃないか!!

マルケータ自身がどう思っていたのか、まったくわからないのが残念ですね。
何度も言うけど、わたしは見てるだけでいいです。 できたら歌って踊ってほしい…

                
               Jarmily Haldovéさん作マルケータ

(参考文献 Wikipedia英語版)
コメント

ボヘミア王ヴァーツラフ1世妃 クンフタ

2018-02-22 21:37:13 | ボヘミア王妃
                Jarmily Haldovéさん作

どさくさでお葬式をあげてもらえず…
ヴァーツラフ1世妃 クンフタ・シュタウフスカー


1202〜1248/在位 1230〜1248

オタカル1世の後、オタカルの叔父さんにあたるブレチスラフ3世(ジンドリフ)が
一瞬ボヘミア公になりました。
この方はプラハで司教をしていたみたいで、未婚のようです。
        

次にオタカルの弟ブラジスラフ3世がボヘミア公になります。
ヘイルヴィダ(?)という妃がいましたが、詳細はわかりません。

                
             この方らしいです Jarmily Haldovéさん作          

で、王位を継いだのはオタカル1世の王子ヴァーツラフ1世でした。

お妃はドイツ王フィリップの王女クンフタでした。
お母さまはビザンツ皇女イリーナで、姉に神聖ローマ皇后ベアトリーチェがいます。

6歳ぐらいの時に父親が殺害され、数ヶ月後に母親が出産で死去します。
その時にはすでにヴァーツラフと婚約していたみたいで
両親の死後すぐにプラハに向かいました。
結婚は、それから16年後…長いあいだ婚約者だったんですね。
        
1230年に王妃になりました。
これまでの王妃同様、いくつか修道院を建てました。

1247年に、後継者である長男ヴワディスワフが亡くなったのですが
その翌年、次男オタカル(2世)が、不満を抱えた貴族たちにかつがれて
ヴァーツラフ1世に反乱をおこしました。
後継者に決まったのに、なぜ待てなかったのかしらね?

クンフタはその反乱の最中、プラハで亡くなりました。
46歳ですね… 病気なのか、息子の反乱にショックを受けてかよくわかりません。
息子に対してどんなアクションをおこしたのか知りたいところですね。

なにせ反乱の最中だったもので、夫も息子も葬儀を行おうとしませんでした。
どちらかが喪主になったとしても、もう片方は出席できないよね? かわいそう…

反乱は、クンフタの死去後、ヴァーツラフ1世が息子を投獄して終わりました。
せめてその後でもいいからお葬式をあげてあげればよかったのにね。

(参考文献 Wikipedia英語版)

ひとこと平昌オリンピックコーナー
4年に一度しか見ないような競技が多いのですが、やはり燃えますね! メダルも過去最多だそうでおめでたいですね
でも、まったくスポーツができないわたしから見ると、出るだけでもすごいですよ〜 選手のみなさん
メダルが取れなくて悔しがるのはいいのですけど、落ち込んだりしないでね


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント

ボヘミア王オタカル1世妃 コンスタンツィエ

2018-02-19 10:22:29 | ボヘミア王妃
プロフィールに偽りあり?
オタカル1世妃 コンスタンツィエ・ウヘルスカー


1180〜1240/在位 1199〜1130

「血縁があるから」と、前妃アデレータに離婚を言い渡したオタカルですが
同年に再婚したコンスタンツィエはバリッと親族関係にあります。

コンスタンツィエは、ハンガリー王ベーラ3世とアンナ・シャティヨンの王女でした。
兄姉に、ハンガリー王イムレ、アンドラーシュ2世、ビザンツ皇后マルギトがいます。
     
オタカル1世の治世中、コンスタンツィエはオタカルの共同寄贈者として
多くの教会や修道院を寄進したと記録が残っています。

それは良いことなんですが、それ以外がけっこう胡散臭いかんじ?

ある書簡によると、ブジェツラフとオロモウツの解放が認められるようサポートしたと
されているのですが、どうやらこれは偽文書みたいで
同じようなエピソードが聖イシュトヴァーンにあるらしいです。

また、ホドニーンに “ 偉大なるチュートン人(銅像?) ” を立てたってことになってますが
これはねつ造らしい…

どうしてそんな嘘をつきましたかね? 聖人にでもなりたかったのでしょうか?

1930年、オタカル1世が亡くなりました。
1931年、ローマ教皇グレゴリウス9世が、教皇の権威のもと
コンスタンツィエと彼女の持参金を保護下におきました。
中には、ブジェツラフを含む6つの領地も含まれていました。

これは良いことなんだろうか? 悪いことなんだろうか?
言葉通り保護してくれるのかしら? それとも横取りされちゃったってこと?
ちょっとよくわかりません。

コンスタンツィエは、1232年にティシュノフ近郊にポルタ・チェリ修道院を建て
そこの尼僧になりました。
1240年に亡くなり、そのままそこに埋葬されたようです。

ちなみに、オタカル1世は聖ヴィート大聖堂に葬られています。

                
         Jarmily Haldovéさん作コンスタンチェ 上の画の場面かしら?

(参考文献 Wikipedia英語版)

ひとことK-POPコーナー
SHINee WORLD THE BEST 2018 -FROM NOW ON- 
京セラドームに行ってきました
スタートから涙が出てラストまで止まりませんでしたが
メンバーたちと一緒に泣ける時間を与えてもらえてよかったと思っています
東京ドームでもきっと泣くと思う… でも5人に「ありがとう」を伝えに行きたいと思います


そしてグリコの看板を撮ったらオーブが写りました
やっぱりジョンも大阪に来ていたんだね… と思えて泣けてきた


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント

ボヘミア王オタカル1世妃 アデレータ

2018-02-08 21:18:31 | ボヘミア王妃
王妃の座は降りるもんか!!
オタカル1世妃 アデレータ・マイシェンスカー


1160〜1211/在位 (公妃)1192〜1193、1197〜1198 (王妃)1198〜1199

コンラト2世のあとを継いだのは、ソビェスラフ1世の公子ヴァーツラフ2世でしたが
すぐにオタカル1世にその座を奪われ、ラウジッツで捕らえられて
1192年に亡くなるまで投獄されていました。 未婚かもしれません。

オタカルが継承したのですが、ドイツ方面の争いにクビをつっこみ失墜します。
一瞬、叔父さんにあたるジンドリフがボヘミア公になります。 未婚らしいです。

次に弟のヴラジスラフ3世がボヘミア公になりましたが
1年でオタカルに取って代わられました。
ヘイルヴィダという妃がいましたが、チェコ語が読めず詳細はわかりません。

                
              この方らしいJarmily Haldovéさん作

そして再度オタカル1世がボヘミア公になり、ボヘミア王になります。
オタカル1世妃は、マイセン辺境伯オットー2世の娘アデレータです。
      
二人はオタカルの追放中、1170年に出会っています。
政治的な理由も無いとは言えないが、どうやらアデレータが妊娠しちゃって
結婚を強いられたみたいです。
1178年に結婚するのですが、すぐにヴラチスラフが生まれちゃってます。

1192年にボヘミアへ戻りましたが、1193年には廃位されボヘミアを去ることになります。
アデレータは兄弟のもとに身を寄せ、オタカルはドイツの公爵の傭兵になりました。
この時、アデレータがオタカルに「どこかで働いてよ!」と傭兵になることを
すすめたことから、夫婦は仲違い中でした。

1197年、オタカルはボヘミア公に返り咲き、さらに1198年にボヘミア王になると
1199年、血縁を理由にアデレータとの離婚を決心します。
わたくし、一生懸命探してみたのですが、どこが血縁なのか辿りつけませんでした。
さらにオタカルは、一男三女の子供たちとも縁を切ろうとします。
これはものすごくリスキーですね。 跡取りがいなくなっちゃう。
家族全員が嫌いだったってこと? つまはじき父さんだったのでしょうか?

オタカルはアデレータに離婚を宣言するとすぐに
ハンガリー王ベーラ3世の王女コンスタンチェと再婚しました。
さては離婚前から決まっていたか?
ちなみに、オタカルとコンスタンチェは遠い親族にあたります。

アデレータは1205年に娘のマルケータを連れて、ボヘミアに一時帰国します。
オタカルがマルケータとデンマーク王ヴァルデマー2世との結婚を決めたからで
アデレータはマルケータとボヘミアを発つと、その後は戻りませんでした。

教皇はとっくにオタカルとアデレータの結婚の無効を言い渡していましたが
アデレータはあきらめず、ずっと王妃を名乗って争っていました。
けれども1210年に敗れ、ガックリしてしまったのか1211年にマイセンで亡くなりました。

どうせ返り咲けないなら第二の人生を歩めばよかったのにね。
そんなに王妃のタイトルが惜しかったのでしょうか?
イヤらしい話しになりますが、王の未亡人になると年金がいただけたらしいので
そういうのも関係していたのかしら?

                
               Jarmily Haldovéさん作アデレータ

(参考文献 Wikipedia英語版)

ひとことハンドメイドコーナー
何年か前、分冊もの ロビ を作っただんなさんが、今回は『ねこあつめ』の羊毛フェルトに挑戦するそうな!!
初回のしろねこさんが上手くできたら定期購読するらしい


これです
作ってみたいな!という方は下の画像をクリックしてね




<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント (2)

ボヘミア公ソビェスラフ2世妃 エリシュカ

2018-01-13 21:06:08 | ボヘミア王妃
                Jarmily Haldovéさん作
どうも前妃とくらべちゃってねぇ・・・
ソビェスラフ2世妃 エリシュカ・ポルスカー


1152?〜1209/在位 1173〜1178

1173年に、一度ベジドフを敗ってボヘミア王になったソビェスラフ2世の妃は
ポーランド公ミェシュコ3世とエルジェビエタの公女エリシュカです。

実はエリシュカは、生年がはっきりしていないばかりか
本当に王女だったのかどうかも定かではないんです。

だけど名前が一緒だからエルジェビエタの娘だと信じられているらしい…
今ツっこみましたよね? 名前みんなおんなじじゃん!! と

1173年に結婚しました。
     
1178年、ベジドフがプラハを包囲した時、エリシュカは城にいて逮捕されました。
けれどもすぐ解放されました。

ソビェスラフは1179年に再度蜂起するんだけれども、ベジドフに完敗します。
夫婦はポーランドではなく、ハンガリーに亡命しました。

1180年にソビェスラフ2世が亡くなるのですが、ポーランドへは帰らず
すぐにラウジッツ辺境伯コンラト2世と再婚しました。
あやしーね… なにかを勘ぐりたくなってしまうわたし…

その後の記録はないのですが、1209年に夫コンラト2世が、エリシュカの義兄
ポーランド大公ヴワディスワフ3世をレブスの戦いで敗っていまして
これは、エリシュカの死に捧げれたものだと言われています。

夫コンラト2世は1210年に死去しました。
エリシュカはドーベルルーク修道院、夫はヴェクセルブルク小修道院に埋葬されています。
なぜかしら? 一緒じゃないんだね。


               
                Jarmily Haldovéさん作
なにもわからない若妻
コンラト2世妃 ヘリチャ・ズ・ヴィッテルスバハ


1160〜1198/在位 1189〜1191

コンラト2世は、ヴラジスラフ2世が一生懸命つながりを求めた
神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世の引き立てで、まずは初代モラヴィア辺境伯に叙されます。

そして1189年に、フリードリヒ1世と地方貴族たちの後押しでベジドフを敗って
ボヘミア公になりました。

コンラト2世の妃は、プファルツ伯オットー7世の娘ヘリチャです。
           
1176年、16歳ぐらいで、25歳ぐらい年上のコンラトと結婚しました。

コンラトはナポリ包囲中の1191年に亡くなるんですが
その後ヘリチャがどうしていたのかわかりません。
30歳前後なので、再婚しようと思えばじゅうぶんできる年なんですけどね。

子供がいないと記録もないとは… 王妃の人生って寂しいものですね。
1198年に亡くなっています。

(参考文献 Wikipedia英語版)

<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント

ボヘミア公ベジドフ妃 アルジェビタ

2018-01-03 09:53:57 | ボヘミア王妃
                Jarmily Haldovéさん作
戦場で旗を振る王妃
ベジドフ妃 アルジェビタ・ウェルスカー


1145〜1189/在位 1172〜1173 1178〜1189

あけましておめでとうございます
今年1年が皆様にとって夢と希望と妄想にあふれた1年でありますように…

ボヘミアの継承問題は混沌を増していきますよぉ
退位・復位の繰り返しで、順番がよくわかんないよーーー!!

とりあえず、父王ヴラジスラフ2世から指名されてボヘミア公になったベジドフ。

ベジドフの妃は、ハンガリー王ゲーザ2世とエウフロジーナの王女アルジェビタです。
1157年か、1159年に結婚しました。

アルジェビタは2回、ベドジフの不在中摂政を務めました。
一度はソビェスラフ(後の2世)からプラハを守ることに成功しています。
ソビェスラフとの関係はこんな感じ
          
この争いの最中、アルジェビタは戦場に現れたらしいよ! それも旗持って!!
白旗じゃないですよ、旗を振って戦士たちを鼓舞したんですよ。
君主の妃みずから… 士気があがりますよね。

1184年には、同じような状況でコンラト(2世)に勝利しました。

コンラトとのつながりはこんな感じ
            
しかし、1189年にはコンラトに降伏しました。
その時に捕らえられて亡くなったのか、その後亡くなったのかはわかりませんが
1189年に45歳ぐらいで亡くなっています。 処刑じゃなければよいのだが…

いくら旗を振って励ましても、こんなに攻めてくるんじゃね… しかも親戚ばっかり。
戦わされる兵士たちもいい迷惑ですよね! 親族会議で決めてほしいよ。

お子様は一男六女ですが、男の子はたぶん成人していません。
成人していたら、今後の一族の争いに加わっていたかもしれないですね。

(参考文献 Wikipedia英語版)

ひとことK-POPコーナー
去年の12月18日にとても悲しい事があって、仕事にはなんとか行って、考えると泣けてくるので仕事に集中して
でもやはり夜になると泣けてきて… という感じで、なにも手につかない年末を送りました
まだ辛くて歌声は聞けないし、映像も見られません
でも新しい年がやってきたし、現実をうけとめていかなくてはね…

ジョンヒョン、6年間、辛い時や悲しい時、支えになってくれてありがとうございました
あなたがくれた歓びは忘れません  ご冥福をお祈りします


ひとこと年越しコーナー

で、本当は行こうかどうしようか迷ったんだけど。せっかく当たったし、旦那さんも楽しみにしてたし…というわけで
今年も東急ジルベスターコンサートで年越ししてきました
『展覧会の絵』のカウントダウンはピタッとキマって気持ちがよかったです 少し前むきになれました


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント

ボヘミア王ヴラジスラフ2世妃 ユディタ

2017-12-14 10:00:52 | ボヘミア王妃
                Jarmily Haldovéさん作
歴史的な橋に名を残した王妃
ヴラジスラフ2世妃 ユディタ・ドゥリンスカー


1135〜没年不詳/在位 1158〜1172

ブラジスラフ2世が、前妃ゲルトルーダの死から3年後に再婚したのは
チューリンゲン方伯ルートヴィヒ1世の娘ユディタです。
ユディタは、ブラジスラフより15〜20歳ぐらい年下で18歳ぐらいでした。

歴史家によれば、ものすごく美しく、知的で品格があり、ラテン語も話せて
政治的な知識も持ち合せていたようです。

結婚の最大の理由は、ユディタの兄チューリンゲン方伯ルートヴィヒ2世の奥さまが
神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世・バルバロッサの義理の妹にあたるということ。
どんなに “ 親戚の親戚 ” 的に薄い繋がりでも、もっておきたかっのでしょうね。
       
結婚後、2年ぐらいして男の子が誕生しました。
この時ユディタは、二十歳さこそことは思えない世渡り上手ぶりを発揮します。

中世では、母親が子供の名前をつけるのが一般的だったそうなのですが、ユディタは息子に
一族の伝説的な創始者である、プシェミスルという名をつけようと考えました。
(オタカル1世の正式名称は、プシェミスル・オタカル です)
貴族たちや国民たちの♥をつかみそうなアイデアですね!

やはり神聖ローマ皇帝を手に入れる一家の出、女性も帝王学を学ぶのかもしれません。
ブラジスラフの不在中は、君主の代理を務めるほどの手腕だったようです。

そんなユディタなのですが、1158年にブラジスラフが王になった後も
王妃として戴冠したという記録がないんだって!

ブラジスラフ2世の治世中、ヴルタヴァ川の橋の建設が始まりました。
これは中世初の石造りの橋で、ユディタ橋と呼ばれていました。
この橋は1342年に洪水で流され、1357年に神聖ローマ皇帝カール4世が再建
現在はカレル橋として有名です。

夫を支えてきたユディタですが、継承争いでは意見がわかれました。
ユディタはオタカルを強く推しましたが
ブラジスラフは前妻ゲルトルーダとの息子ベジドフを指名しました。
ま、長男ですからしかたないか…

1172年、ヴラジスラフ2世が退位すると、一緒にチューリンゲンへ亡命しました。
ユディタには里帰りになりますね。

2年後、ヴラジスラフはドイツ・ザクセン州のメラーネで亡くなります。
残念なことに、ユディタがいつ、どこで亡くなったのかは知られていませんが
息子オタカルの治世まで生き延び、1210年に75歳で亡くなったという説があります。

1160年頃にユディタがチェコのテプリツェに設立した
ベネディクト派の修道院に埋葬されているのが、後に見つかっています。

ヴラジスラフ2世の王子たちは、どちらもハンガリーの王女たちと結婚してますね。
ハンガリー、よっぽど味方にしときたかったんだろうか?
     
橋の名前にまでなった王妃の没年がわからないとは… 亡命した王一族の悲哀が感じられます。
せめて墓所だけでもわかってよかったですね。
でもヴラジスラフ2世の墓所はプラハのストラホフ修道院で、二人は別々なの。
こちらはヴラジスラフ2世が設立したものです。

(参考文献 沼野充義氏『中欧』 Wikipedia英語版)

ひとことK-POPコーナー

行って来ましたよ! 東京ドームの
BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 LAST DANCE
 
ファンミからの    ステージ
1日BIGBANGを楽しんで来ました。 席はアリーナの真ん中後方付近で、サブステが真上を通るとこ! 
4人を近くで見られたよ〜!! スタンドのはしからはしまで一杯の東京ドーム中が大興奮でした
でも最後は号泣… 京セラにもハワイのテソンのイベントにも行けないわたしは、本当に見納めになっちゃうの…?
去り際の「また会えるよ」という言葉がグッときました


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション      
コメント

ボヘミア王ヴラジスラフ2世妃 ゲルトルーダ

2017-11-30 21:27:52 | ボヘミア王妃
夫に福をもたらした若妻
ヴラジスラフ2世妃 ゲルトルーダ・バーベンベルスカー


1118〜1150/在位 (公妃)1140〜1150 (王妃)せず

ご無沙汰しておりました。
家庭の事情で今月はなかなかアップできず、マルッと空いてしまいました。
ボヘミア王妃編の続きからいってみます。

お父様ヴラジスラフ1世に、後継者に指名されなかったヴラジスラフは
ボヘミア公になり、後にボヘミア王になりました。

最初の妃はオーストリア辺境伯レオポルト3世の娘ゲルトルーダです。
母はローマ皇帝ハインリヒ4世皇女アグネスで、ドイツ王コンラート3世とは義理の兄妹です。
この結婚は、ブラジスラフにとって願ったり叶ったりでした。
        
プラハ城がブルノ公コンラト2世に包囲されている時、ゲルトルーダは
義理の弟デオポルドの援護で城を守り抜きました。
その時、ブラジスラフはコンラート3世に助けを求めようとしていたらしい。

義理の弟が善い人でよかったよ。

ブラジスラフ2世は、ボヘミアなりのキリスト教を確立しようと模索中でした。
ゲルトルーダは夫を励まし、助けました。
その結果、ブラジスラフは海外から宗教を取り入れ、目指すものを作り上げたそうです。
キリスト教には詳しくないんですが、ロシア正教とかギリシャ正教とかありますよね?
それのチェコ版ということでしょうか?
           
夫を支えたゲルトルーダは、30歳ぐらいで亡くなりました。
王妃にはなっていません。

               
             Jarmily Haldovéさん作ゲルトルーダ

(参考文献 Wikipedia英語版)

ひとことお相撲コーナー
お相撲にはまったく詳しくなく興味も無いんだが、私がブログを始めた同じ頃に、日馬富士もブログを始めてて
いったいお相撲さんて何を書くんでしょう?と思ってフォローしてた事がありました。 なので、ちょっと悲しいです


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント