まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

イギリス王エドワード4世愛妾 エリナー

2017-07-29 09:28:37 | 王の寵姫・愛妾
少年王の悲劇を招いた(かもしれない)愛妾
エリナー・タルボット


生年不詳〜1498/1461〜1464

エリナーは、愛人盛りだくさんのエドワード4世の愛妾のひとりです。
シュルーズベリー伯ジョン・タルボットの娘です。
13歳ぐらいでスードリー男爵ラルフ・バトラーの息子トマス・バトラーと結婚しました。

1461年にトマスが亡くなると、スードリー男爵は、結婚した時に息子に譲った領地を
エリナーから取り上げてしまったんだけど、結局継承させる人がいなくて
エドワード4世に没収されてしまいました。

エドワードが女たらしと評判になっているのを知ってか知らずか
エリナーは「領地を返してくださいませ」とお願いしに訪ねて行きました。

エドワードはさっそく自分のお相手をするようにと言ってみたんだけど、エリナーは拒否。
それで「結婚するから…」と口説いたわけですね。
やっぱりエリナーの作戦に思えない?
           
ところが、エドワードはこっそりエリザベス・ウッドヴィルと結婚しちゃいます。
エリザベスも「結婚してくれないなら…」作戦だったけど、何が勝敗をわけましたかね?

エドワードはエリザベスと結婚予告もなしに結婚しています。
エリナーに知られる前に、と結婚を急いだかららしい… 恐ろしい女性だったんですかね?

しかしこれは事実ではなくて、エドワードは当時の権力者で従兄弟の
ウォーリック伯リチャード・ネヴィルをはじめとする相談役の激怒を恐れていたからでした。
少しはエリナーを恐れていたのかもしれないけど…

結局、エドワードの極秘結婚はウォーリック伯にバレちゃうんだけど
エリナーはその後も「私はエドワードと結婚したんだってば!」と主張していました。
そう言い続けたまま1468年に亡くなり、ノリッチの修道院に葬られました。
エドワードもエリザベスも胸をなでおろしたことでしょう。

ところが、事はそう簡単には終わりませんでした。
はしょるけど、エドワードがエリナーと結婚を約束して関係を結んじゃったことが
王室の行方を大きく変えることになります。

1483年、エドワード4世の死から数週間後、ひとりの聖職者が
エドワードはエリザベスの前にエリナーと挙式していた、と証言しました。
これはグロースター公リチャード(3世)の策略だとも言われてますが
この証言でエドワードとエリザベスの結婚は無効になり
したがって、少年王エドワード5世は廃位され悲劇的な結果をまねきます。

ちなみに、チューダー王朝に入ってからの記録は、エドワードが挙式したのは
他の愛人エリザベス・ルーシーだったとなっています。
彼女にはエドワードのとの間に庶子ライル男爵アーサー・プランタジネットがいました。
結婚が正式なものなら後継者は彼だから、リチャード(3世)は正式な王ではない!と
いうことになって、ヘンリー7世がリチャード3世を倒した大義名分になるわけね。

ほいほい愛人作ったことが、その後の王家の流れを変えてしまったわけですね。
王様ともなると、よーく考えて行動せねばなりませんね。

(参考文献 森護氏『英国王室史話』 Wikipedia英語版)

これさえあれば、あなたも英国王室通
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね

  

ひとことK-POPコーナー
今年もSMTOWNに行って来ました〜! 1日だけだったけど。 しゃをる棒… 会場で急いで制作してみました

3ヶ月ぶりのSHINee、最後の最後に5人を近くで見られて嬉しかったです
EXOのD.Oも至近距離で見られた! かわいかった〜  とにかく楽しい4時間超でした
やっぱり、ドンへとウニョクが登場した時は少し涙がでちゃったよね、おかえり! ユノとシンドンもおかえりなさい


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント

イギリス王エドワード4世愛妾 ジェーン

2017-07-24 20:51:21 | 王の寵姫・愛妾
エンタメ界もだまってない “ 性悪女 ”
ライモン夫人 ジェーン ・ショア


1445〜1528/愛妾 1475〜1483

ヨーク家初の王、エドワード4世は、人妻大好き!の浮気者で
数多くの愛妾をかかえていて、ジェーンもそのひとりでした。

しかし、王自身が「この王国で最も軽薄で狡猾で手におえない売春婦だ!」と
言い放ったお相手でした。
いったいどんな女性だったんでしょうね?

ジェーンは、ロンドンで成功していた商人ジョン・ランバートの娘でした。
エリザベスと名付けられましたが、ミドルネームのジェーンの方が知られているようです。
     
ジェーンは父親の店のおかげで上流の人々と会える機会が多く、マナーも覚えていきました。
とても知的だと言われ、美しさも “ ロンドンの薔薇 ” と讃えられるほどでした。

そりゃあモテモテだったでしょうよ!
ジェーンの数多い讃美者の中には、エドワード4世の親友ヘイスティング男爵もいて
結婚するまでお付き合いをしていたようです。

かなり若い頃、15歳ぐらい年上の商人ウィリアム・ショアと結婚しました。
ウィリアムはかなり裕福でハンサムだったのですが、ジェーンは夫を愛せなかったようです。
夫の申し立てで離婚する1476年の1年ぐらい前から、エドワード4世の愛妾になっていました。

しかし、王様の愛妾になっただけでは満足しなかったみたい。
エドワード4世妃エリザベス・ウッドヴィルと前夫との長男ドーセット候トマス・グレイと
付き合ったり、ヘイスティング男爵と再燃したりしてます。
  
ちなみに登場人物の相関図はこんな感じ… すごいっすね!

ところが、手におえないと言ってみたり、こんなに奔放なところを見せられても
エドワード4世はジェーンを捨てることはなく、死ぬまで愛妾にしてました。

1483年にトマス・グレイとヘイスティング男爵は反逆罪で処刑されます。
その際、ジェーンが逃走中のトマス・グレイを匿ったという罪で
リチャード3世から公開懺悔を命じられ、日曜日の町をひきまわされました。
下がその時の様子です。 よっぽど有名な話なのか、他にも何枚か絵が残ってます。

           

もし当時ワイドショーとかタブロイドとかあったら、毎日大にぎわいだったでしょうね!

でもこれで終わらないのが “ THE 女 ” として生きる女性のすごいとこ!
石で打ち殺された というのは嘘で、姦通罪で監獄に入っている間に
王室弁護士トマス・ライモンを誘惑して恩赦で出所すると、まんまと結婚しちゃいました。
ちなみに、ライモンは周囲の人に結婚を止めるようかなり説得されたそうですけど…

そんなライモンに恥をかかせちゃいけない!と思ったのでしょうか?
それとも娘さんの誕生を機に改心したのかしらね?
結婚後は立派な中産階級婦人として生きたみたいです。

(参考文献 森護氏『英国王室史話』 Wikipedia英語版)

これさえあれば、あなたも英国王室通
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね

  

ひとことドラマコーナー
『ごめん、愛してる』が始まりましたね。 わたしは韓国版はギブアップしちゃったんですけど日本版はどうでしょう?
と思ってたけど、日曜日が休みじゃないことが多いので2話しか見てない… 今のところダンナさんが見続けてます


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント

『ヘミングウェイ全短編1』後半汗臭いぜ!

2017-07-18 22:21:26 | アメリカの作家
THE COMPLETE SHORT STORIES OF ERNEST HEMINGWAY 
アーネスト・ヘミングウェイ

うーんと、ヘミングウェイはずっと読まず嫌いだったのね。
それで『キリマンジャロの雪 他12篇』で少しいいかもと思い
『ヘミングウェイ短篇集』で慣れた気になって手を出した一冊ですが
また当分読まないかもしれない…

『われらの時代(IN OUR TIME)』と『男だけの世界(MEN WITHOUT WOMEN)』の
二部構成に、他一編がおさめられている一冊ですが、男らしいわぁ…

私は、けっして男性目線の物語がキライというわけではありませんが
登場人物が(むさくるしそうな)男ばっかり… というのは、やっぱり苦手かもしれないです。

『われらの時代(IN OUR TIME)』は、ニックという男性を主人公にした連作みたいです。

31篇という多くの物語の中から、好きかなぁ… と思えるものをしぼり出してみました。

『兵士の故郷(Soldier's Home)/1925年』
クレブズが故郷に戻った時には、すでに兵士への歓迎ムードは終わっていた。
武勇伝を語る日々も終わり、クレブズは読書や散歩をして過ごす。
ある日、母親からやんわり働くように促される。

親や近所の人たちも、最初は生きて帰って来てくれただけで… って思うのでしょうが
喉もと過ぎれば… で、いつまでもブラブラされてたら、イラつくかもしれませんね。
そのうち「怠け者」なんて言われたりして… 今みたいにPTSDとか無かっただろうし。

『エリオット夫妻(Mr. and Mrs. Elliot)/1925年』
ヒューバート・エリオットは25歳で、40歳のコーネリアと結婚してから
できるだけのことをして子づくりに励んでいるが、上手くいかない。
コーネリアはひと夏シャトーを借りたトゥレーヌへ、ボストンから女友達を呼び寄せた。

なんだか主旨がうまく掴めない話しなんだけど、キライじゃないですね。
ちなみにコーネリアは大金持ちとか、そういうことではないです。
どっちかっていうと男性の方が裕福… そうか! 夢がふくらむ話しだから好きなのか!

『北ミシガンで(Up in Mishigann)/1925年』
ジム・ギルモーは、カナダからホートンズ・ベイへやって来て、鍛冶屋を買った。
食事はD・J・スミスの店でとった。
スミスの店で働くリズは、ジムが大好きだったが、ジムはつれなかった。

ある夜、ジムはどうしてもリズが欲しくなっちゃって… って話しなんですけど
これまでのつれなさはフェイクか、それとも出来心かは謎です。
リズはいい娘さんみたいだし、上手くいくといいですね。

文章とか、話しの流れとかは決して嫌いじゃないんだけど、どうしてかなぁ…?
テーマがダメなのかなぁ、背景かな、登場人物かな?
自分でもさっぱりわかりませんが、ヘミングウェイ・ファンにはなれないみたいです。

ただ、女性が出てくる話しは比較的好きでしたね。
男らしさを描いているようで、「しかたないわね… 」目線で男性を許しちゃう
女性陣の方に強さを感じられたりしました。

ひとことワイドショーコーナー
もう、あの動画を地上波で流すのやめません? 朝起きたらどこつけてもあの動画… 一日が台無し気分
どこにいたっていいじゃん、だいたい。 見たい方はYouTubeで思う存分見ていただくってことで…


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント

イギリス王ジェイムズ2世愛妾 キャサリン

2017-07-03 10:42:16 | 王の寵姫・愛妾
ジェームズ2世好み その2
ポートモア伯夫人 ドーチェスター伯 キャサリン・シドリー


1657〜1717/愛妾 1673〜1704

かなり長い間ジェイムズ2世の愛妾だったキャサリンは
劇作家の男爵チャールズ・シドリーの娘でした。
ジェイムズがまだヨーク公時代、メアリー・オブ・モデナの侍女をしていて
愛妾になりました。

ジェイムズがキャサリンを選んだ時、彼女自身も「え? なんで?」って感じだったそうですが
美形ではなかったみたいです。
ただ、(でました!)ウィットには富んでいて、才媛として知られていました。
        
1686年、キャサリンはドーチェスター伯に叙位されました。
これは世間のものすごい怒りを買ってしまい、キャサリンは一時アイルランドに避難します。
でもこれはキャサリンだけのせいではないかもね。
すでにプロテスタント派からの、ジェイムズ2世に対する反感は高まっていましたから。

1696年、39歳のキャサリンは、デヴィッド・コリアー卿と結婚しましたが
ジェイムズと切れたわけではなさそうです。
コリアーは1703年にポーツマス伯に叙位されました。

1688年にジェイムズ2世が亡命する際に、自分の領地を下院に取り上げられた時は
自ら下院に乗り込み阻止したり、メアリ−2世がキャサリンの宮廷への出入りを拒んだ時は
異議を唱えたり…と、勇ましい一面があったようです。
でも宮廷からは追い払われたけどね。

ジョージ1世の時代になってから…ということは、もう50歳後半ですけど
宮廷への出入りを許されたみたいで、そこでルイーズ・ケロワール
エリザベス・ヴィリアーズと出会ってます。
こうみると女性って長生きね。 それとも王様が若い愛人ばっかりつくってたから?

嬉しい宮廷復帰から3年後、バースで亡くなりました。
原因はわかりませんが、温泉地だから療養でもしてたのかしらね?

(参考文献 森護氏『英国王室史話』 Wikipedia英語版)

これさえあれば、あなたも英国王室通
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね

  

ひとことK-POPコーナー



テミンペンRちゃん待望の TAEMIN The 1ST STAGE NIPPON BUDOKAN に行って来ました
SHINeeとは違う独特の世界観があってステキでした。 短かったけど… 全力投球だったんだね、きっと
でも、オニュとジョンが同じ会場にいたのに〜〜 席がVIP席の真上でひとっつも見られなかった〜〜 おーひおひおひ


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント